緑の光線

Top Page » Next
2021-02-24 (Wed)

『知ってるワイフ』

『知ってるワイフ』

『知ってるワイフ』 아는 와이프   2018年 韓国ドラマ今、日本でこのドラマのリメイク版が放送されていますね。(私は日本版は見ていないのですが・・・)このドラマは、チソンが主演ということもあり(チソンが出ていれば見る!)何よりも、好きな脚本家さんのドラマだったので、見る機会があれば絶対に見ようと思っていました。私は非科学的なものはあまり好きじゃなく、タイムスリップとか、そういう非科学的なものが出て...

… 続きを読む

『知ってるワイフ』 아는 와이프   2018年 韓国ドラマ

今、日本でこのドラマのリメイク版が放送されていますね。
(私は日本版は見ていないのですが・・・)
このドラマは、チソンが主演ということもあり(チソンが出ていれば見る!)何よりも、好きな脚本家さんのドラマだったので、見る機会があれば絶対に見ようと思っていました。

私は非科学的なものはあまり好きじゃなく、タイムスリップとか、そういう非科学的なものが出てくると、それだけでもう引いてしまうのですが、脚本が良ければ、そんな「ありえない」設定も全然気にならなくなり、そういう「ありえない」設定にも意味があるのだと思えてきます。
このドラマはまさに後者でした。

結婚して子供ができて、自分の奥さんがすっかり変わってしまい、なんで俺がこんなに苦労しなきゃならないんだ~~と不平不満だらけの男性がいまして、そうしたら、あるきっかけで、過去にタイムスリップしてまうんですね。「もうあんなワイフは嫌だ!他の人と結婚しよう!」と目論み、無事別の人と結婚するのですが・・・・そこでなぜ奥さんがあんなに変わってしまったのか、自分の何がいけなかったのかに気づいていく、というお話。

やっぱり、脚本がいいです。何気ない会話に深い意味が込められていることが伝わるし、視聴者を飽きさせないユーモアも満載だし。
このドラマの脚本家さんは、ヤン・ヒスンという方でして、この方が書いたドラマ、
『ナイショの恋していいですか』『ああ、私の幽霊さま』『恋のゴールドメダル』
どれも大好きです。
特に『ああ、私の幽霊さま』は、これもありえない設定なのですが、(車に轢かれて死んでしまった女の子が成仏できずに幽霊になる、というお話)すごくいいんです。泣けます。このドラマを見ると、「ちゃんと生きよう」「後悔しないように生きよう」って思えます。
あ、話が逸れましたね。

出演しているチソンとハン・ジミンがまたよいのです。
チソンは、安定の演技力、シリアスな演技もコミカルな演技も、本当に自然で、「この人は根っからの役者なんだな~」と思えます。何しろ演技をすることをとても楽しんでいるように見えます。
チソンは1977年生まれで、今43歳なんですね。若い!!このドラマで大学生の頃を演じていますが、全く違和感がありません。
チソンとハン・ジミンは、2003年の『オールイン』で共演しているんですね。
共演といっても、ハン・ジミンは、チソンの片想いの相手ソン・ヘギョの高校生時代を演じているので、二人が一緒に演技しているシーンはないのですが・・(このときハン・ジミンはまだ20歳!)
ふたりとも、本当にお若いです!!
f1318189608958006980.jpg

現実の世界ではタイムトリップは出来ません。
私たちは、いろんなことを見落としていたり、気づけないままでいたりしているのかもしれません。
不平不満を言う前に、自分の言動や振る舞いを振り返ってじっくり考えてみることも必要かもしれません。
スポンサーサイト



相手の気持ちも * by おんだなみ
『知ってるワイフ』って韓国のドラマがオリジナルなんですね、
過去に行って、失敗した事を修正すると言う設定は良くありますが
夫婦関係をネタにすると言うのは、イマドキな感じです。
人間関係って、どちらがイイ、悪いではなく、結局お互いの
行動に問題があるんでしょうね。そんな時は相手に問題解決を
求めるのではなく、自分の行動を見直す必要がありそうです。
ただ、その努力が実を結ぶかは未知数ですが(;^_^A

Re: 相手の気持ちも * by green
おんだなみさん、お互いの行動に問題がある、確かにそうですね。
このドラマでは、夫が自分の行動を省みることにスポットがあてられていましたが、
妻にも問題があるんですよね。そこがあまり描かれていなかったのが残念でした。

2021-02-17 (Wed)

『遥か群衆を離れて』

『遥か群衆を離れて』

『遥か群衆を離れて』    1967年 イギリス・アメリカ映画 監督 : ジョン・シュレンジャー 出演 : ジュリー・クリスティ、テレンス・スタンプ、ピーター・フィンチ、アラン・ベイツ映画を観始めて数分、この雰囲気、前にも味わったことがあるな~~と思ったら、原作は『テス』を書いたトマス・ハーディでした。映画『テス』でも見られた、イギリスの少し寒々しい田舎の風景が広がります。こんなにも女性主人公に共感で...

… 続きを読む

『遥か群衆を離れて』    1967年 イギリス・アメリカ映画
 監督 : ジョン・シュレンジャー
 出演 : ジュリー・クリスティ、テレンス・スタンプ、ピーター・フィンチ、アラン・ベイツ

映画を観始めて数分、この雰囲気、前にも味わったことがあるな~~と思ったら、原作は『テス』を書いたトマス・ハーディでした。

映画『テス』でも見られた、イギリスの少し寒々しい田舎の風景が広がります。

こんなにも女性主人公に共感できない映画も珍しいのではないかと思います(笑)
この映画には、バスシバという女性と、3人の男性が登場します。
3人の男性・・・
ひとりは、真面目で誠実で勇敢で行動力もあるガブリエル。農場の雇われ人です。
もう一人は、お金持ちで紳士で、でも少々内気で、好きな人には一途になるボールドウッド、地主さんです。
そしてもうひ一人は、女にだらしなくって、今でいうところの「ちゃらい」トロイ軍曹。

傍から見ていて、絶対この人は選ばないだろうと思えるのがトロイ軍曹なのですが、なぜかバスシバが結婚相手に選ぶのはトロイ軍曹なんですね。
え??なんで??そんな、恋人をあっさり捨てるような、賭け事のために奥さんにお金を無心するような、そんな男をなぜあなたは選ぶ??
絶対にガブリエルさんでしょ~~~~
ガブリエルさんは働き者だよ。みんながお酒を飲んで酔っ払ってる時でも、ひとり嵐の中干し草を守ってくれた人だよ。羊のこともよく知ってる頭のよい人だよ。

冒頭、ガブリエルがバスシバに求婚するシーンがあるのですが、
ガブリエルが、結婚したらこうしよう、ああしよう、と誠実な態度で言ってくれてるのに、
それに対しバスシバは、「あら~~~素敵!」なんて喜んでおきながら、
「でも、あなたとは結婚できないわ~~だって、あなたのこと愛してないもの~~」と笑顔で答えます。なんと罪作りな女。後にガブリエルの求婚を断った理由は「物足りないから」と言っています。

一番かわいそうなのはボールドウッドさん、バスシバがいたずら半分で送ったカードのせいで、すっかりバスシバのことを好きになってしまい、バスシバのせいで運命狂わされてしまいました。本当に罪作りな女だよ~~~

最後はガブリエルと結婚するバスシバですが、(最初からそうしておけばいいのに!!)果たしてこの二人、うまくいくのでしょうか・・・・
最後にスクリーンに映ったのは、トロイ軍曹が贈ったオルゴール。
なぜ、最後の締めがこのオルゴールなのか・・・不吉な予感がします。

ガブリエルを演じた、アラン・ベイツさん、素敵だったな~~~
The Roseにも出てたらしいが、記憶にありません💦

今調べてみたら、『遥か群衆を離れて』は、2015年にも再度映画化されているらしい・・・
う~~ん、ちょっと気になるかも・・・
No Subject * by おんだなみ
うわ~、こんな女性に惚れたら最悪だ~
と思いつつ、それが魅力的に映る事もあるんでしょうね、
最後に出てくるオルゴールは、その後を暗示している感じです。

Re: No Subject * by green
おんだなみさん、この女性、確かに綺麗だし利発的なんだけど、
どこか詰めが甘いというか、抜けてるというか・・・
三人の男性に想われる、なぜ??でした(笑)

2021-02-13 (Sat)

『新解さんの謎』赤瀬川原平

『新解さんの謎』赤瀬川原平

あるラジオ番組でリスナーさんがお薦めしていた本です。辞書の本と聞き、興味が湧き借りてみました。普段図書館で本を借りた後、そのままバスに乗って家に帰るわけですが、借りてきたばかりの本を「どんな内容だろう、どんな出だしだろう」とわくわくしながら、座席に座るなりページをめくるときのわくわく感、たまりませんね^^この本も、図書館で借りた後、早速バスの座席に座りすぐにページをめくり読み始めました。いや~~~~...

… 続きを読む

あるラジオ番組でリスナーさんがお薦めしていた本です。辞書の本と聞き、興味が湧き借りてみました。

普段図書館で本を借りた後、そのままバスに乗って家に帰るわけですが、借りてきたばかりの本を「どんな内容だろう、どんな出だしだろう」とわくわくしながら、座席に座るなりページをめくるときのわくわく感、たまりませんね^^
この本も、図書館で借りた後、早速バスの座席に座りすぐにページをめくり読み始めました。
いや~~~~マスクをしていてよかった!!
最初っからおもしろすぎて笑いをこらえられませんでした!!
(マスクをしていなかったら、本を読みながら吹き出しそうになっていのがバレバレです)

新明解国語辞典という三省堂が発行している辞書のお話です。
私はこの辞書を持っておらず、実際に引いたこともありません。
ただ、「おもしろい辞書だ」というのをどこかで何となく耳にしたようなことがあるくらい。
ですが、こんな辞書だとは知りませんでした!!
P2130021.jpg
新明解国語辞典(通称「新解さん」というらしい」の言葉の説明は、かなり具体的で、私からすると、それは客観性に欠けるのでは?作者の主観が入っているのでは??と思わされるものもあります。
また、用例もかなり独特です。辞書では、言葉の説明の後に、用例が記載される場合があります。実際にどういうふうに使うかの例文ですね。私の手持ちの辞書だと、用例の大半は文献からの引用で、必要に応じて作例が記されています。いずれにしろ、例文はごく簡潔で短い文です。
ところが、新解さんでは、この例文がかなり具体的で長いのです。そこまで書いていいのか!と突っ込みたくなるほどです。

最初に紹介されているのが、「恋愛」です。
「恋愛」とは何ぞや?新解さんはこう説明しています。

れんあい【恋愛】特定の異性に特別の愛情をいだいて、二人だけで一緒に居たい、出来るなら合体したいという気持ちを持ちながら、それが、常にはかなえられないで、ひどく心を苦しめる・(まれにかなえられて歓喜する)状態。

いやいやいや、これはかなり限定的すぎじゃありませんか??
恋愛している人の中には、新解さんが説明している状態ではない人もいるのでは??

中には、今のご時世、批判、お叱りを受けるのでは??という説明も・・・
おんな【女】㊀人間のうち、雌としての性器官・性機能を持つ方。㊁一人前に成熟した女性。〔やさしい心根や優柔不断や決断力の乏しさがからまり存する一方で強い粘りと包容力を持つ〕

え~~~~!!こんなに限定していいのでしょうか??優柔不断って決めちゃっていいの??
(女性の怒る姿が目に浮かぶようです)
女性のお怒りを買うような用例として、こんなものも・・・
なまじ(副)㊀十分な成果が期待できないのに、何かをあえてすることを表す。「-〔=つい〕口を出したのが悪かった・-〔=無理に〕女の子が柔道など習ってもしようがない」

女性柔道家に背負い投げされそうです!

中には、う~~~~んと深く考えさせられるような説明も・・・
よのなか【世の中】㊀同時代に属する広域を、複雑な人間模様が織り成すものととらえた語。愛し合う人と憎しみ合う人、成功者と失意・不遇の人とが構造上同居し常に矛盾に満ちながら、一方には持ちつ持たれつの関係にある世間。
じっしゃかい【実社会】実際の社会。〔美化・様式化されたものとは違って複雑で、虚偽と欺瞞とが充満し、毎日が試練の連続であると言える、きびしい社会を指す。〕

世の中、実社会の中で生きて行くのは、大変だな~~~

用例の中には、小説の中の一節を抜き出したようなものも・・・
ぼさっと(副)しなければならない事を忘れていたり仲間からひとり取り残されたりして、しまらないことを表す。「駅から花屋に出る四つ角には交番があるのだが、管内の出来事には鈍感な警官がー立っているだけであった」

この警察官の日常や人柄をあれこれ想像してしまいます・・・

というわけで、新解さんの説明、解釈は、本当に独特で、これを辞書と言っていいのだろうかと疑問視したくなるほど。ていうか、主観、入りすぎてませんか??
ま、読んでて面白かったですけどね^^

この『新解さんの謎』が書かれたのは、1999年、新明解国語辞典の第四版までが発行されている時期です。
調べてみると、2020年の11月に新明解国語辞典の第八版が発売となっているようです。
第四版までの傾向とは変わりないのでしょうか?

この辞書、買ってみたいような、使ってみたいような、そんな気もしますが、何かの言葉を調べようとしてページをみくったら、辞書を引くというよりは、辞書を読むことにどっぷりはまってしまい、他の作業がはかどらなくなりそうです。

ちなみに、この本の後半には、「紙々の消息」という、紙にまつわる筆者の考察分が収められています。これは、いま一つだったかな・・・
紙にまつわるあれやこれやですが、これが書かれた時と、今とでは紙事情がかなり違いますからね。
今の若者がこれを読んでもあまりピンと来ないかもしれません。




No Subject * by おんだなみ
赤瀬川原平さんは大好きなんですが、あくまでライトなファンなので、
この本は知りませんでした。
確かに、この解説は今だったらもろ攻撃の的に成りそうです。
ま~辞典と言うより、その体を成した読み物と言う感じなんでしょうね。
地元にもあったので、機会があれば借りて見たいと思います。

Re: No Subject * by green
おんだなみさん、私はこの本で赤瀬川原平さんを初めて知りました。
著作数も多いみたいですね。
新解さんは「読んで面白い辞書」と評価されているみたいです。
こんなユニークな辞書があるのかと、私はかなり驚きでした。

2021-02-09 (Tue)

最後のお弁当(予定)

最後のお弁当(予定)

我が家の次男、先週から大学の入学試験を連日受けまくっております。もう、受験料だけでもバカになりません。そして今日が(おそらく)最後の受験、そして私が息子にお弁当を作るのも今日が最後となりました。なぜ(予定)なのかというと、もし、すべての受験に不合格となった場合、どやら後期日程というのがあるみたいで、後期試験をやっている大学の試験を再度受けることになるらしい・・(試験制度が複雑すぎて、私にはよくわか...

… 続きを読む

我が家の次男、先週から大学の入学試験を連日受けまくっております。
もう、受験料だけでもバカになりません。
そして今日が(おそらく)最後の受験、そして私が息子にお弁当を作るのも今日が最後となりました。
なぜ(予定)なのかというと、もし、すべての受験に不合格となった場合、どやら後期日程というのがあるみたいで、後期試験をやっている大学の試験を再度受けることになるらしい・・(試験制度が複雑すぎて、私にはよくわかりません!!)

幼稚園に始まり、長男と次男がともに小学校に通っていた3年間を除いて、ずっとお弁当を作ってきました。といっても、本当に申し訳ないくらい毎度同じメニューの繰り返しで、子どもたちは、飽きずによく食べてくれたと感謝しております。こったおかずを入れたこともないし、もちろんキャラ弁など論外です(笑)
それでも、うちの息子は(私に気を遣っているのかどうかわかりませんが)
「今日のから揚げ、めっちゃ美味しかった~~」とか
「生姜焼き弁当最高、毎日でもいい」とか言ってくれるんです(涙)
いやいやいや、いつも同じよ~~に同じおかずを作っているだけですが💦

今日も、最後だからと言って、特別何かを作るわけでもなく、いつもと同じおかずのお弁当。
月並みですが、試験に勝つ、ということで、トンカツにしました。
学校に通っているときは、ステンレス製のわりと大きめなお弁当箱でしたが、試験のときはそんなに食べられないかもしれないから、ということで、小さめなお弁当箱。
P2090022.jpg
プチトマトさんには、大変お世話になりました。
とりあえずプチトマトを入れておけば彩りがよくなる、ということで、毎度登場のプチトマト。

あ~~~どうか、これが最後のお弁当になりますように!!
来月あたりに、「これが本当に最後のお弁当」なんていうタイトルのブログ記事を書かなくてすみますように!!


No Subject * by いとこいさん
長年お疲れさまでした
ちょっと寂しい感もありますね。
毎日のメニューにも悩まれましたね。
しかし息子さんの一言 うれしいですね。
そういう気づかいにできる子素晴らしいですね。
試験のご検討 お祈りしています。

私も仕事には毎日お弁当持参していました。
定年退職最後の日のお弁当は もう作らなくていいという安堵がうれしかったです。

ホントに最後 * by おんだなみ
もう弁当を作らなくてもいいと思うと、
肩の荷が下りた様な、何となく寂しい様な感じですね。
弁当作りってほぼ毎日の事で、かなり大変だと思います。
私も当時は当たり前の様に食べていましたが、
今更ながら、頭の下がる思いです。
「これが本当に最後のお弁当」の記事を書かなくて済むとイイですね。

No Subject * by はなまめ
長い間、本当にお疲れさまでした。
毎日のことなので、大変だったと思います。
息子さんたち、本当にいつも優しいですね。
息子さんのご希望が叶って、これが最後のお弁当になりますように!

Re: No Subject * by green
いとこいさん、長年お弁当を作ってくると、もうメニューもマンネリ化、固定化してしまって、
子どもたちもそれにすっかり慣れてしまって、メニューに悩まないようにさえなってしまいました。
それでも、「おいしかった」と言ってくれるのは、本当にありがたいです。
いとこいさんもお弁当を作られていたのですね。
いとこいさんが作るお弁当は、健康的で美味しいだろうな~~と想像します💛

Re: ホントに最後 * by green
おんだなみさん、息子に「これでお弁当を作るのも最後か~~」というと、
「いや、わかんないよ~~~」と人を不安にさせるような言葉を返されました💦
そんなことがないように切に祈ります!

Re: No Subject * by green
はなまめさん、いつもいつも同じおかずばっかりで、楽ちんお弁当ばかりで申し訳なかったような
気もしますが、それでも「おいしかった」と言ってくれて、ありがたかったです。
ここまで記事に書いてしまったので、正直なところ、もう作りたくないです~~~~

2021-02-06 (Sat)

『飢餓海峡』

『飢餓海峡』

『飢餓海峡 』   1965年 日本映画 監督 : 内田吐夢 出演 : 三國連太郎、左幸子、伴淳三郎、高倉健原作は、水上勉の小説『飢餓海峡』です。映画は1965年の制作ですが、作品は戦後間もない昭和22年の日本を描いています。タイトルが表す通り、作品の中で起こる事件の裏にあるのは「貧しさ」です。昭和22年の日本がどういう状況だったのか、なかなか想像できません。左幸子さん演じる八重さんの人生が、とても悲しかった...

… 続きを読む

『飢餓海峡 』   1965年 日本映画
 監督 : 内田吐夢
 出演 : 三國連太郎、左幸子、伴淳三郎、高倉健

原作は、水上勉の小説『飢餓海峡』です。
映画は1965年の制作ですが、作品は戦後間もない昭和22年の日本を描いています。
タイトルが表す通り、作品の中で起こる事件の裏にあるのは「貧しさ」です。
昭和22年の日本がどういう状況だったのか、なかなか想像できません。
左幸子さん演じる八重さんの人生が、とても悲しかったです。
幼い頃に奉公に出され、そして娼婦へ・・
当時、そんな道でしか生きて行くことができなかった女性がたくさんいたんだろうと思います。
ただ、八重さんって、そういう仕事をしているふうには見えなくて、とっても純粋で可愛らしい女性に見えるのです。樽見(三國連太郎)は、八重さんのそんな純粋さを感じていたのではないかと思います。
樽見の足の爪を大事に大事にとっておいて、それを取り出しては頬にあてるシーンは、見ていてちょっと辛かった(泣)
事件を追うふたりの刑事、弓坂刑事(伴淳三郎)と味村刑事(高倉健)。
この二人の刑事がとても対照的であるのが印象的でした。
高倉健演じる味村刑事は若手の刑事で、事件の真相をひたすら追います。
弓坂刑事は、すでに刑事を引退している元刑事。
ラスト、弓坂刑事が船の上で「私も花をあげるから、あなたも花をあげて八重さんを弔いなさい」といって樽見に花を渡し、そして船べりから花を投げ、厳かにお経を唱えます。
弓坂刑事の情の深さが伝わる印象的なシーンでした。

3時間という長さですが、そんな長さを全く感じさせない、引き込まれてしまう作品でした。

原作『飢餓海峡』も読んでみたくなるな・・・(長そうだけど)



3時間か~・・・ * by おんだなみ
ちょうど、2/8にBSシネマで放映されます。
観ようかどうか迷っていましたが、greenさんの感想を読んで、かなり観たくなりました。
でも3時間か~・・・

Re: 3時間か~・・・ * by green
おんだなみさん、明日放送なんですね!
私はずいぶん前に録画したものをやっと見たところでした。
確かに長いですが、見ていると引き込まれると思います。
疲れたら、休憩して、後日続きを見てもいいですし。。。