緑の光線

Top Page › Category - ドラマのこと
2021-05-03 (Mon)

旅に出かけたくなるドラマ『恋のパッケージツアー』

旅に出かけたくなるドラマ『恋のパッケージツアー』

『恋のパッケージツアー』とは、韓国のドラマなのですが、ドラマのほとんどがフランスロケです。パッケージツアーに参加した人たち、そしてパリでツアーガイドをしている女性の、人生あれこれを旅行を通して垣間見ることができます。そして、なんといっても、フランスの観光地の美しさ!年齢的に、もうヨーロッパに旅行することなんてないだろうな~~と諦めていたのですが、このドラマを見ていたら、無性にフランスに旅行したくな...

… 続きを読む

『恋のパッケージツアー』とは、韓国のドラマなのですが、ドラマのほとんどがフランスロケです。
パッケージツアーに参加した人たち、そしてパリでツアーガイドをしている女性の、人生あれこれを旅行を通して垣間見ることができます。
そして、なんといっても、フランスの観光地の美しさ!
年齢的に、もうヨーロッパに旅行することなんてないだろうな~~と諦めていたのですが、
このドラマを見ていたら、無性にフランスに旅行したくなりました。
poster10.jpg
ドラマに出てきた街は、まずはパリ(当然ですね)、それからモン・サン・ミッシェル、サン・マロ、ドーヴィル、オンフルールです。(ほかにもあったかもしれませんが)
(↑この写真の後ろに見えるのはモン・サン・ミッシェルですね♪)

私の初めての海外旅行は、大学3年生のときの、ロンドン・パリでした。
その時に買った「地球の歩き方」を引っ張り出して(’87~’88版)、ドラマに出てきた街のページをめくりました。(そんな古い「地球の歩き方」を未だに捨てないでとっています)
私が若い頃は、海外旅行といえば、「地球の歩き方」でしたが、今の若い人って、「地球の歩き方」なんてもう読まないのかな・・スマホがあれば、欲しい情報はすぐ手に入るもんね。「地球の歩き方」は、実際に旅した人の口コミ情報なんかが載っていて、読むだけで楽しかったな~~
P5030001.jpg
ドラマに出てきた街の美しさに惚れ惚れしてしまった私は、夜な夜なグーグルマップのストリートビューを使って、フランスのいろんな街を散策しています。今は旅行に行けないので、グーグルマップで我慢、我慢です。

モン・サン・ミッシェル、行ってみたいな~~~~
スポンサーサイト



No Subject * by おんだなみ
若い頃に買った「地球の歩き方」を大事にしてるんですね、
スマホがあれば、必要な情報が手に入ると言っても
バッテリーが無ければ使えません、紙の本の方が
ダイレクトでイイですよね。
『恋のパッケージツアー』・・不安と期待の海外旅行の中で
同じ様な年齢の男女が過ごしてると、自然に恋愛感情も
芽生えそうです。

Re: No Subject * by green
おんだなみさん、やっぱり紙の本は安心感がありますよね。
海外旅行で恋が芽生える・・これっていわゆる「吊り橋効果」ってやつでしょうか(笑)

2021-03-28 (Sun)

NHK朝ドラ『澪つくし』

NHK朝ドラ『澪つくし』

過去の朝ドラ再放送枠の『澪つくし』が終わってしまいました~~~とってもとっても良いドラマでした。かなりはまりました。最初はもっとのほほ~~んとしたドラマなのかと勝手に想像していましたが、主人公かをるの人生と、それを取り巻く人たちの人生の、あまりの波乱万丈さに、見てる方も大波に呑まれてるような気分になってしまいました。かをると惣吉さんが夫婦として仲睦まじく一生を添い遂げる話かと思いきや、惣吉さん、遭...

… 続きを読む

過去の朝ドラ再放送枠の『澪つくし』が終わってしまいました~~~
とってもとっても良いドラマでした。かなりはまりました。
最初はもっとのほほ~~んとしたドラマなのかと勝手に想像していましたが、主人公かをるの人生と、それを取り巻く人たちの人生の、あまりの波乱万丈さに、見てる方も大波に呑まれてるような気分になってしまいました。
かをると惣吉さんが夫婦として仲睦まじく一生を添い遂げる話かと思いきや、惣吉さん、遭難からの記憶喪失状態での生還、梅木さんとの熾烈な三角関係、韓国ドラマさながらの展開です!!
惣吉さんが記憶を取り戻してからの(あっという間に記憶が戻ったので、そこは突っ込みたくなりましたが)惣吉さんの辛さ、梅木さんの辛さ、そしてかをるの辛さが、もう痛いほどわかって、
私は画面に向かって、何度も「惣吉さ~~~~ん」「梅木さ~~~~~ん」と呼び掛けてしまいました。
でも、かをるさんは、ほんとうに偉かったですね。
惣吉さんのお母さんからも「あんたは偉いね」と何度も言われていましたが、本当にそうだと思います。
辛い現実をつきつけられても、きちんとそれを受け止め、何をすべきかをちゃんと考えて判断して行動します。なかなかできることじゃありませんが、私もそうありたいと思いました。
一番愛していたのは、心の中にいつまでも強く残っているのは、惣吉さんだったはず。
それでも、「私は梅木の妻」であることを貫き通しました。なぜそうしなければならないのかを惣吉さんにもきちんと説明をし、惣吉さんもそれを理解しました。ふたりとも本当に偉いです。
ふたりが別れるとき、かをるが最後に言った言葉「惣吉さん、もう私の夢に現れないでね」
これって、私は今でもあなたを想っています、という気持ちを暗に伝える言葉ではありませんか!!

お父さん役の津川雅彦さんの演技も素晴らしかった。
そして、葛西聖司さんの淡々としたナレーションも本当によかった。
そして何より、ジェームス三木さんの脚本が素晴らしかったです。
いろいろなことを深く深く考えさせられたドラマでした。

No Subject * by おんだなみ
これ、存在は知りつつも、見ませんでした。
時代設定が大正から終戦後の昭和まで、舞台が銚子と
とても興味を感じますが、何で見なかったのか、
この記事を読んで、思いました。

今日からは、「あぐり」が開始ですね。

Re: No Subject * by green
おんだなみさん、澪つくしは、昭和元年から終戦までの約20年という歳月を描いたもので、
他の朝ドラに比べて、その年月が短かった分、時代背景が丁寧に説明されていたように思います。
歴史の勉強にもなりました。
このドラマを見て、銚子電鉄にのって外川まで行ってみたくなりました!!

2021-03-18 (Thu)

『ここは今から倫理です。』

『ここは今から倫理です。』

先週最終回を終えたNHKの深夜ドラマです。倫理の授業にスポットをあてた学園ドラマです。「倫理」に興味を引かれ見始めましたが、なかなか見ごたえのあるドラマでした。いろいろと印象に残るエピソード、シーンがありましたが・・・その中のひとつ。ある男子高校生、お兄ちゃんと二人暮らしをしています。お兄ちゃんは優しくって、ご飯を作ってくれたりします。でも、お兄ちゃんは何かやばいことをしているのではないかと薄々感...

… 続きを読む

先週最終回を終えたNHKの深夜ドラマです。
倫理の授業にスポットをあてた学園ドラマです。
「倫理」に興味を引かれ見始めましたが、なかなか見ごたえのあるドラマでした。


いろいろと印象に残るエピソード、シーンがありましたが・・・
その中のひとつ。
ある男子高校生、お兄ちゃんと二人暮らしをしています。
お兄ちゃんは優しくって、ご飯を作ってくれたりします。
でも、お兄ちゃんは何かやばいことをしているのではないかと薄々感じています。
時々お兄ちゃんから頼みごとをされます。
きっとこれもやばいことなのでは・・と気にはなりつつも、優しいお兄ちゃんの頼みだからと気軽に応じます。ま、いいか。なんかやばそうだけど、考えるの面倒だし・・・・
そうこうしているうちに、お兄ちゃんのせいで自分の身にも危険が及びます。

どうしてこういうことになってしまったんだ?という先生の問いかけに男子高校生は答えます。
「なんかよくわかんなくて」
彼は、なんだかよくわからないことをそのままにしておいたんですね。よくわからない・・考えるのは面倒だ・・つまり思考停止です。
この時先生は本気で叱ります。「ちゃんと考えなさい!!」

「ちゃんと考える」大事ですよね~~~~
うちの息子も「ちゃんと考える」ことをしなかったことが原因で、いろいろと失敗しました。


番組では一話ごとに名言が紹介されます。
最終回で紹介されたのは、誰もが知っているパスカルの有名な言葉「人間は考える葦である」です。

今の私たち、物事をじっくり深く考える機会を持てなくなっているような気がします。
特に若い子たちは、あふれかえる情報の波に飲まれ、情報を目にするだけで終わり、そこからの思考が欠けてしまっているのではないかと不安になります。

あまりに漠然としていて、普段じっくり考えたことがないようなテーマについて、こういう倫理の授業を通して深く考える機会を、もっと多くの若者が持てるようになればいいのにと思います。



観れば良かった~ * by おんだなみ
このドラマ、主役の山田裕貴って、結構気に成る役者で
気にはなっていたんですが、結局は観ずに終わってしまいました。
再放送しないかな~。

「ちゃんと考える」って、とても大事なんですが、
自分の高校生の頃って、意外と考えずに行動してた事も多いなぁ~
と思います、大きな失敗に成らなくて良かったです。
現在は、色んな罠が潜んでいるので、しっかり対応を考えるか、
分からなければ、親や、信頼出来る人に相談する事も必要でしょう。
ただ、情報があり過ぎて、親も分からない事も多いですけどね。

Re: 観れば良かった~ * by green
おんだなみさん、山田裕貴くん、私も注目しています^^
そういえば、私も自分の高校生時代を考えると、ふわふわしていて、
きちんと考えることをしていなかったかもしれません。
ただ今に比べて世の中がそんなに複雑でもなかったですからね。
今は本当に世の中が複雑すぎて、考えなきゃならないことが多すぎです。
そういう意味では今の若い子たち、余計な苦労をするな~~とも思います。

2021-02-24 (Wed)

『知ってるワイフ』

『知ってるワイフ』

『知ってるワイフ』 아는 와이프   2018年 韓国ドラマ今、日本でこのドラマのリメイク版が放送されていますね。(私は日本版は見ていないのですが・・・)このドラマは、チソンが主演ということもあり(チソンが出ていれば見る!)何よりも、好きな脚本家さんのドラマだったので、見る機会があれば絶対に見ようと思っていました。私は非科学的なものはあまり好きじゃなく、タイムスリップとか、そういう非科学的なものが出て...

… 続きを読む

『知ってるワイフ』 아는 와이프   2018年 韓国ドラマ

今、日本でこのドラマのリメイク版が放送されていますね。
(私は日本版は見ていないのですが・・・)
このドラマは、チソンが主演ということもあり(チソンが出ていれば見る!)何よりも、好きな脚本家さんのドラマだったので、見る機会があれば絶対に見ようと思っていました。

私は非科学的なものはあまり好きじゃなく、タイムスリップとか、そういう非科学的なものが出てくると、それだけでもう引いてしまうのですが、脚本が良ければ、そんな「ありえない」設定も全然気にならなくなり、そういう「ありえない」設定にも意味があるのだと思えてきます。
このドラマはまさに後者でした。

結婚して子供ができて、自分の奥さんがすっかり変わってしまい、なんで俺がこんなに苦労しなきゃならないんだ~~と不平不満だらけの男性がいまして、そうしたら、あるきっかけで、過去にタイムスリップしてまうんですね。「もうあんなワイフは嫌だ!他の人と結婚しよう!」と目論み、無事別の人と結婚するのですが・・・・そこでなぜ奥さんがあんなに変わってしまったのか、自分の何がいけなかったのかに気づいていく、というお話。

やっぱり、脚本がいいです。何気ない会話に深い意味が込められていることが伝わるし、視聴者を飽きさせないユーモアも満載だし。
このドラマの脚本家さんは、ヤン・ヒスンという方でして、この方が書いたドラマ、
『ナイショの恋していいですか』『ああ、私の幽霊さま』『恋のゴールドメダル』
どれも大好きです。
特に『ああ、私の幽霊さま』は、これもありえない設定なのですが、(理不尽に殺されてしまった女の子が成仏できずに幽霊になる、というお話)すごくいいんです。泣けます。このドラマを見ると、「ちゃんと生きよう」「後悔しないように生きよう」って思えます。
あ、話が逸れましたね。

出演しているチソンとハン・ジミンがまたよいのです。
チソンは、安定の演技力、シリアスな演技もコミカルな演技も、本当に自然で、「この人は根っからの役者なんだな~」と思えます。何しろ演技をすることをとても楽しんでいるように見えます。
チソンは1977年生まれで、今43歳なんですね。若い!!このドラマで大学生の頃を演じていますが、全く違和感がありません。
チソンとハン・ジミンは、2003年の『オールイン』で共演しているんですね。
共演といっても、ハン・ジミンは、チソンの片想いの相手ソン・ヘギョの高校生時代を演じているので、二人が一緒に演技しているシーンはないのですが・・(このときハン・ジミンはまだ20歳!)
ふたりとも、本当にお若いです!!
f1318189608958006980.jpg

現実の世界ではタイムトリップは出来ません。
私たちは、いろんなことを見落としていたり、気づけないままでいたりしているのかもしれません。
不平不満を言う前に、自分の言動や振る舞いを振り返ってじっくり考えてみることも必要かもしれません。
相手の気持ちも * by おんだなみ
『知ってるワイフ』って韓国のドラマがオリジナルなんですね、
過去に行って、失敗した事を修正すると言う設定は良くありますが
夫婦関係をネタにすると言うのは、イマドキな感じです。
人間関係って、どちらがイイ、悪いではなく、結局お互いの
行動に問題があるんでしょうね。そんな時は相手に問題解決を
求めるのではなく、自分の行動を見直す必要がありそうです。
ただ、その努力が実を結ぶかは未知数ですが(;^_^A

Re: 相手の気持ちも * by green
おんだなみさん、お互いの行動に問題がある、確かにそうですね。
このドラマでは、夫が自分の行動を省みることにスポットがあてられていましたが、
妻にも問題があるんですよね。そこがあまり描かれていなかったのが残念でした。

観てますよ * by もも
チソン主演の方はAmazonプレミアムで観ました。
(日本版は俳優さんに今一つ魅力を感じず2、3話観てリタイアしました)
とても面白かったです。
人生って選んだ道によって変わるのではなく気持ちの持ち方なんてすよね。
欲しいものがひとつ手にはいればまた新たに欲しいものは増えますし自分の持っているものの大切さは慣れてしまうとその大切さに気がつかなくなります
このコロナ渦で特につくづく感じます
ひとつひとつの幸せに感謝し大切にしていこうと思います

Re: 観てますよ * by green
ももさんもご覧になったのですね!
人間って欲深いですからね。今の状況にちょっと不満が出てくると、それがどんどん大きくなって
今あるものの大切さに気付かなくなってしまうんでしょうね。
私も小さな幸せを大切にしていきたいです。

2020-09-21 (Mon)

NHK朝ドラ『はね駒』

NHK朝ドラ『はね駒』

過去の朝ドラ再放送『はね駒』、先週で最終回となりました。見ごたえのあるよいドラマでした。昭和61年の放送当時は全く見たことがなく、今回初めて見ました。なんといっても、樹木希林さんが演じる、おりんのお母さん、やえさんがよかったです。やえさんの何気ない言葉の中に、大事なことがたくさん詰まっていて、やえさんの言葉を聞きながら、思わずメモをとりたくなるほどでした。おりんが松浪先生(沢田研二)を家に連れてき...

… 続きを読む

過去の朝ドラ再放送『はね駒』、先週で最終回となりました。
見ごたえのあるよいドラマでした。
昭和61年の放送当時は全く見たことがなく、今回初めて見ました。

なんといっても、樹木希林さんが演じる、おりんのお母さん、やえさんがよかったです。
やえさんの何気ない言葉の中に、大事なことがたくさん詰まっていて、やえさんの言葉を聞きながら、思わずメモをとりたくなるほどでした。
おりんが松浪先生(沢田研二)を家に連れてきたとき、松浪先生を見てぽーっとなっているやえさんが可愛かったです💛(「じゅり~~~~」って言わんばかりでした)

お父さんもよかったですね。ちょっぴり照れ屋で、でも筋はきちんと通す人で、厳しいんだけど、底には優しさがある、そういう人です。お父さんが丁寧に淹れたコーヒー、さぞかし美味しいだろうな~~

一番泣けたのは、やっぱりおみっちゃんかな・・・
おみっちゃんが嫁ぎ先で辛い目に遭っていることを知り、おりんとお父さんがおみっちゃんを引き取りに行き、家に連れて帰るシーンは、もう涙が止まりませんでした。

それから、渡辺謙さん、かっこよかったですね!

このドラマの時代は明治でした。ドラマを通して明治がどんなどんな時代だったのかを知ることが出来ます。それも朝ドラの良さですね。

今日から『澪つくし』が始まりました。
「恋は危険な訪問者である」というナレーションで始まるんですよ~~~
どんな恋愛ドラマが始まるのでしょうか!?
楽しみです♪


No Subject * by おんだなみ
『はね駒』、出演者がみんな若くて、ビックリ、
朝ドラは、当時の時代状況も細かく描いていて、
歴史の勉強にも成ります。
次は、『澪つくし』ですか、初々しい沢口靖子さんが
見られますね。

Re: No Subject * by green
おんだなみさん、若い頃の渡辺謙さん、独眼竜正宗でしか拝見したことがなく、
今回のおりんの夫、渡辺謙さんはとても新鮮でした。
凛々しさが際立っていたと思います。
『澪つくし』は大正時代の日本が見られますよ♪

No Subject * by green
「はね駒」、斉藤由貴さんがヒロインをつとめられたドラマですね。(*^-^*) 私も観たことがなかったのですが、樹木希林さん&沢田研二さんが出演されていたとは。やっぱり「ジュリー~~」を思い出します(笑笑)

Re: No Subject * by green
greenさん、私も斉藤由貴さんが主人公、ということだけは知っていたのですが、
今回視聴して、樹木希林さんや沢田研二さんを始め、小林稔侍さんや矢崎滋さんなど、名優が出演されていて
毎日楽しく見ることができまし^^