緑の光線

Top Page › Category - ドラマのこと
2021-02-24 (Wed)

『知ってるワイフ』

『知ってるワイフ』

『知ってるワイフ』 아는 와이프   2018年 韓国ドラマ今、日本でこのドラマのリメイク版が放送されていますね。(私は日本版は見ていないのですが・・・)このドラマは、チソンが主演ということもあり(チソンが出ていれば見る!)何よりも、好きな脚本家さんのドラマだったので、見る機会があれば絶対に見ようと思っていました。私は非科学的なものはあまり好きじゃなく、タイムスリップとか、そういう非科学的なものが出て...

… 続きを読む

『知ってるワイフ』 아는 와이프   2018年 韓国ドラマ

今、日本でこのドラマのリメイク版が放送されていますね。
(私は日本版は見ていないのですが・・・)
このドラマは、チソンが主演ということもあり(チソンが出ていれば見る!)何よりも、好きな脚本家さんのドラマだったので、見る機会があれば絶対に見ようと思っていました。

私は非科学的なものはあまり好きじゃなく、タイムスリップとか、そういう非科学的なものが出てくると、それだけでもう引いてしまうのですが、脚本が良ければ、そんな「ありえない」設定も全然気にならなくなり、そういう「ありえない」設定にも意味があるのだと思えてきます。
このドラマはまさに後者でした。

結婚して子供ができて、自分の奥さんがすっかり変わってしまい、なんで俺がこんなに苦労しなきゃならないんだ~~と不平不満だらけの男性がいまして、そうしたら、あるきっかけで、過去にタイムスリップしてまうんですね。「もうあんなワイフは嫌だ!他の人と結婚しよう!」と目論み、無事別の人と結婚するのですが・・・・そこでなぜ奥さんがあんなに変わってしまったのか、自分の何がいけなかったのかに気づいていく、というお話。

やっぱり、脚本がいいです。何気ない会話に深い意味が込められていることが伝わるし、視聴者を飽きさせないユーモアも満載だし。
このドラマの脚本家さんは、ヤン・ヒスンという方でして、この方が書いたドラマ、
『ナイショの恋していいですか』『ああ、私の幽霊さま』『恋のゴールドメダル』
どれも大好きです。
特に『ああ、私の幽霊さま』は、これもありえない設定なのですが、(車に轢かれて死んでしまった女の子が成仏できずに幽霊になる、というお話)すごくいいんです。泣けます。このドラマを見ると、「ちゃんと生きよう」「後悔しないように生きよう」って思えます。
あ、話が逸れましたね。

出演しているチソンとハン・ジミンがまたよいのです。
チソンは、安定の演技力、シリアスな演技もコミカルな演技も、本当に自然で、「この人は根っからの役者なんだな~」と思えます。何しろ演技をすることをとても楽しんでいるように見えます。
チソンは1977年生まれで、今43歳なんですね。若い!!このドラマで大学生の頃を演じていますが、全く違和感がありません。
チソンとハン・ジミンは、2003年の『オールイン』で共演しているんですね。
共演といっても、ハン・ジミンは、チソンの片想いの相手ソン・ヘギョの高校生時代を演じているので、二人が一緒に演技しているシーンはないのですが・・(このときハン・ジミンはまだ20歳!)
ふたりとも、本当にお若いです!!
f1318189608958006980.jpg

現実の世界ではタイムトリップは出来ません。
私たちは、いろんなことを見落としていたり、気づけないままでいたりしているのかもしれません。
不平不満を言う前に、自分の言動や振る舞いを振り返ってじっくり考えてみることも必要かもしれません。
スポンサーサイト



相手の気持ちも * by おんだなみ
『知ってるワイフ』って韓国のドラマがオリジナルなんですね、
過去に行って、失敗した事を修正すると言う設定は良くありますが
夫婦関係をネタにすると言うのは、イマドキな感じです。
人間関係って、どちらがイイ、悪いではなく、結局お互いの
行動に問題があるんでしょうね。そんな時は相手に問題解決を
求めるのではなく、自分の行動を見直す必要がありそうです。
ただ、その努力が実を結ぶかは未知数ですが(;^_^A

Re: 相手の気持ちも * by green
おんだなみさん、お互いの行動に問題がある、確かにそうですね。
このドラマでは、夫が自分の行動を省みることにスポットがあてられていましたが、
妻にも問題があるんですよね。そこがあまり描かれていなかったのが残念でした。

2020-09-21 (Mon)

NHK朝ドラ『はね駒』

NHK朝ドラ『はね駒』

過去の朝ドラ再放送『はね駒』、先週で最終回となりました。見ごたえのあるよいドラマでした。昭和61年の放送当時は全く見たことがなく、今回初めて見ました。なんといっても、樹木希林さんが演じる、おりんのお母さん、やえさんがよかったです。やえさんの何気ない言葉の中に、大事なことがたくさん詰まっていて、やえさんの言葉を聞きながら、思わずメモをとりたくなるほどでした。おりんが松浪先生(沢田研二)を家に連れてき...

… 続きを読む

過去の朝ドラ再放送『はね駒』、先週で最終回となりました。
見ごたえのあるよいドラマでした。
昭和61年の放送当時は全く見たことがなく、今回初めて見ました。

なんといっても、樹木希林さんが演じる、おりんのお母さん、やえさんがよかったです。
やえさんの何気ない言葉の中に、大事なことがたくさん詰まっていて、やえさんの言葉を聞きながら、思わずメモをとりたくなるほどでした。
おりんが松浪先生(沢田研二)を家に連れてきたとき、松浪先生を見てぽーっとなっているやえさんが可愛かったです💛(「じゅり~~~~」って言わんばかりでした)

お父さんもよかったですね。ちょっぴり照れ屋で、でも筋はきちんと通す人で、厳しいんだけど、底には優しさがある、そういう人です。お父さんが丁寧に淹れたコーヒー、さぞかし美味しいだろうな~~

一番泣けたのは、やっぱりおみっちゃんかな・・・
おみっちゃんが嫁ぎ先で辛い目に遭っていることを知り、おりんとお父さんがおみっちゃんを引き取りに行き、家に連れて帰るシーンは、もう涙が止まりませんでした。

それから、渡辺謙さん、かっこよかったですね!

このドラマの時代は明治でした。ドラマを通して明治がどんなどんな時代だったのかを知ることが出来ます。それも朝ドラの良さですね。

今日から『澪つくし』が始まりました。
「恋は危険な訪問者である」というナレーションで始まるんですよ~~~
どんな恋愛ドラマが始まるのでしょうか!?
楽しみです♪


No Subject * by おんだなみ
『はね駒』、出演者がみんな若くて、ビックリ、
朝ドラは、当時の時代状況も細かく描いていて、
歴史の勉強にも成ります。
次は、『澪つくし』ですか、初々しい沢口靖子さんが
見られますね。

Re: No Subject * by green
おんだなみさん、若い頃の渡辺謙さん、独眼竜正宗でしか拝見したことがなく、
今回のおりんの夫、渡辺謙さんはとても新鮮でした。
凛々しさが際立っていたと思います。
『澪つくし』は大正時代の日本が見られますよ♪

No Subject * by green
「はね駒」、斉藤由貴さんがヒロインをつとめられたドラマですね。(*^-^*) 私も観たことがなかったのですが、樹木希林さん&沢田研二さんが出演されていたとは。やっぱり「ジュリー~~」を思い出します(笑笑)

Re: No Subject * by green
greenさん、私も斉藤由貴さんが主人公、ということだけは知っていたのですが、
今回視聴して、樹木希林さんや沢田研二さんを始め、小林稔侍さんや矢崎滋さんなど、名優が出演されていて
毎日楽しく見ることができまし^^

2020-04-09 (Thu)

『第3の魅力』

『第3の魅力』

『第3の魅力』(제3의 매력)は、2018年の韓国ドラマです。男女が出会ってからの12年間の軌跡を丁寧に描いた、とてもよいドラマでした。脚本、演出がとてもよかったです。前半は、コミカルな場面が多く、楽しく笑って見られたのですが、後半からだんだんシリアスになり、見ていて何度も涙が流れました。まず、登場人物の中に嫌~~な人がいない!ソ・ガンジュン演じるジュニョンの両親、イ・ソム演じるヨンジェのお兄さん、...

… 続きを読む

『第3の魅力』(제3의 매력)は、2018年の韓国ドラマです。
男女が出会ってからの12年間の軌跡を丁寧に描いた、とてもよいドラマでした。
脚本、演出がとてもよかったです。
前半は、コミカルな場面が多く、楽しく笑って見られたのですが、後半からだんだんシリアスになり、見ていて何度も涙が流れました。
第三の魅力
まず、登場人物の中に嫌~~な人がいない!
ソ・ガンジュン演じるジュニョンの両親、イ・ソム演じるヨンジェのお兄さん、
ヨンジェが働く美容院の院長、ヨンジェのことが好きになる美容整形外科医、
ジュニョンのことが好きになる女性巡査・・・
みんな人間味があって、好感が持てる人たちばかりでした。

歯の浮くようなセリフがないのもよかった!(笑)
男女が出会い、恋をし、愛し合い、別れて、再会して・・・
ごく普通の人生を生きる私たちに寄り添ってくれるようなドラマだったような気がします。

ジュニョンが旅したリスボンの街並みがとっても可愛くて素敵だったな~~
ジュニョンが開いた작은 테이블(小さなテーブル)というレストランのインテリアもとっても素敵だった・・

恋愛関係って、思うようにはいかない・・人の心は繊細で複雑で、相手への思いやりが強いからこそうまくいかないこともある。

最終回のある場面・・・ジュニョンとヨンジェがふたりで歩きながら話します。
ジュニョン:不思議だな(生きていて)思い通りになることは少ない
ヨンジェ :だから努力するのよ
印象に残った言葉でした。

最終回、もう一度見たくて、録画を消せずにとってあります。
叶わない恋こそ * by おんだなみ
確かに恋愛関係って思うようには行かないモノですね。
特に若い時は、自分の気持ち優先で、
相手への思いやりが不足していた気がします。
好きだった女性との再会って、ほぼ無かった私ですが、
そんな出会いが有って、お互いフリーなら恋が
再開するのかなぁ~・・・
なんて予告編を見ながら思いました。

Re: 叶わない恋こそ * by green
予告編、見ていただいたのですね!
このふたりも、お互い好き合っているのは確かなんだけど、だからといって、
ずっとうまくいく、ってわけでもないんですよね。
変に嫉妬したり、気を遣ったり、思いが強すぎて疲れちゃったり・・
でも、時間が経つと、またふたりの関係も変化していたりして。。
色々と考えさせられるドラマでした。

2020-03-23 (Mon)

連続テレビ小説『おしん』

連続テレビ小説『おしん』

先週土曜日に、NHKBSで再放送されていた、連続テレビ小説『おしん』が最終回となりました。去年の4月、ついつい第一回を見たら、もうやめられなくなって、とうとう最終回まで、一話も見逃さずにすべて見ました。おしんが放送されていたのは、1983年、この当時、朝ドラは母が毎日見ていて、私は土曜日や学校が休みのときにちらっと見るくらいでちゃんと見ていませんでした。『おしん』も、おしんのお母さん役泉ピン子さんが雪が降り...

… 続きを読む

先週土曜日に、NHKBSで再放送されていた、連続テレビ小説『おしん』が最終回となりました。
去年の4月、ついつい第一回を見たら、もうやめられなくなって、とうとう最終回まで、一話も見逃さずにすべて見ました。

おしんが放送されていたのは、1983年、この当時、朝ドラは母が毎日見ていて、私は土曜日や学校が休みのときにちらっと見るくらいでちゃんと見ていませんでした。『おしん』も、おしんのお母さん役泉ピン子さんが雪が降りしきる冷たい川の中に腰をしずめ、おしんに「来るんでね~~」と叫んでいるシーンと、おしん家族が囲炉裏を囲んで大根めしを食べているシーンくらいしか、記憶にありませんでした。

今、改めて『おしん』をじっくり見直すと、明治の女性は本当に強いです。おしんさんの年代の女性は、非常に辛い時代を生き抜いてきたのではないかと改めて思わされます。特におしんは、山形の貧しい小作農家に生まれ、学校も行けずに小さい頃から奉公として働き、東京で結婚してさあこれから仕事を大きくするぞ、って時に関東大震災に遭い、佐賀で姑にいびられ、最愛の息子は戦争にとられ、夫は戦争で自殺し・・・・

本当に辛いことの連続なのです。ひとつ乗り越えると、また新たな試練がやってくる・・でもおしんさんは、へこたれないんです。そしておしんさんの一番すごいところ、絶対人のせいにしないんです。言い訳をしない、誰も恨まない、ただただ現実を受け止めて、辛抱をして、そして立ち上がり努力をするんです。見習わなくては!と思いました。

心に残るシーン、いろいろありますが、おしんさんの最愛の息子雄が、中学卒業後の進路で、士官学校に行きたいとおしんさんを説得するシーン、ぐっと来ました。結局反対するおしんさんの気持ちを汲んで士官学校は諦め高校に進学するのですが・・・
そんな雄が、結局戦争で入隊することになるのですが、異国の地ルソン島で命を落とします。
戦友の川村さんが遺品として、雄が残したノートを届けに来てくれました。そのノートを読むシーンは、本当に胸を締め付けられました。これまで、戦争の辛さというものを、本や映画、ドラマなどで感じる機会は多々ありましたが、この雄の残した言葉は、戦争のむごさを伝える、本当に重い言葉として、胸に残りました。

明治、大正、昭和は、日本の社会が大きく変わった時代です。価値観も大きく変わりました。そんな時代の流れに翻弄されながらも、強くたくましく生き抜いたおしんさんに感服です。

それから、奈良岡朋子さんの語りがとってもよかったです。
まさに美しい日本語でした。鼻濁音もきちんと発音されていたような気がします。
聴いていて、とっても心地よかったです。

私も、見ていました。 * by おんだなみ
おしんの一生を描いた、この作品は、朝ドラと言うより
もう「大河」ですね。
おしんの波乱万丈の人生が、あまりにも凄くて、
通常の朝ドラが軽く見えてしまいました。
老年期は、「嫁姑」のいざこざが「渡鬼」?と思わせます。
ドラマその物以外に、役者の若い姿も楽しめた感じです。
奈良岡朋子さん、最後の最後で本人出演がありましたね、
昨日から始まった「はね駒」の斉藤由貴、若いなぁ~

Re: 私も、見ていました。 * by green
老年期のおしんさんは、「昔は〇〇だった」という発言が多くて、あれじゃ、お嫁さんもおもしろくないだろうな・・と道子さんに同情したりもしました。
最後のお散歩シーンに出てきた女性、やっぱり奈良岡朋子さんですよね!
おしんの次に始まった「はね駒」、私も見始めました。
若かりし頃の俳優さんの姿を見られるのも楽しみのひとつですね。

2020-01-14 (Tue)

『山本周五郎ドラマ さぶ』

『山本周五郎ドラマ さぶ』

NHKで放送された『山本周五郎ドラマ さぶ』を見ました。去年のちょうど今頃小説『さぶ』を読み、もしドラマ化されたら是非見たいと思っていました。キャスティングを知り・・・杉野遥亮?? え? 栄二が杉野遥亮くん?正直なところ、ピンと来ませんでした。で、実際に見たところ・・・杉野遥亮くん、栄二を演じるには、ちょっと線が細すぎかも・・・そして、顔が綺麗すぎ(笑)もうちょっと兄貴分としての貫禄が欲しかったか...

… 続きを読む

NHKで放送された『山本周五郎ドラマ さぶ』を見ました。
去年のちょうど今頃小説『さぶ』を読み、もしドラマ化されたら是非見たいと思っていました。

キャスティングを知り・・・杉野遥亮?? え? 栄二が杉野遥亮くん?
正直なところ、ピンと来ませんでした。
で、実際に見たところ・・・杉野遥亮くん、栄二を演じるには、ちょっと線が細すぎかも・・・
そして、顔が綺麗すぎ(笑)もうちょっと兄貴分としての貫禄が欲しかったかな・・・

ただ、小説『さぶ』の冒頭部分で、栄二のことをこう紹介しています。
痩せたすばしっこそうな軀つきで、おもながの顔の濃い眉と、小さなひき緊った唇が、いかにも賢そうな、そしてきかぬ気の強い性質をあらわしているようにみえた。
確かに、痩せてて、おもながの顔に濃い眉とひきしまった唇、賢そう、これはイメージぴったりかもしれませんね。ただ、きかぬ気の強い性質、これは今ひとつだったような・・・・

小説が映像化されると、だいたい物足りなさを感じる場合が多いのですが、いいこともあります。
山本周五郎の小説では、江戸時代の服装の説明がかなり具体的です。
たとえば、、双子縞の着物に、小倉の細い角帯、色の褪せた黒の前掛け、とか・・
これが実際にどういうものなのかを映像で観ることができます。
また、栄二とさぶは表具師として働いているのですが、それがどういう仕事なのかも目で見て理解できます。さぶが得意だったのりの仕込みはこういうふうにやるんだなあとか・・

あの小説が伝えたかったことを2時間のドラマで表現するのはなかなか難しいですよね。

最後、おすえの告白を聞き、栄二は「いいんだよ」とあっさり許してしまうわけですが、
それは、あの体験があったからこそ俺はこうやって変われたんだ、という思いがあるからです。
実際のセリフでもそのようなことを言ってましたが、なぜ栄二は自分を陥れた女性を(確かにおすえは栄二が惚れていた女性ですが)あんなにあっさりと許せてしまえたのか、その理由を見ている人たちが深く納得できるような、そういう演出が欲しかったかな~~とも思います。

ドラマの最後のシーンですが、背景が、江戸時代の街並みから現在の東京の近代的な街に変わり、(どこかの橋の上でしたが)栄二とさぶが仕事に出かけるシーンで終わります。栄二とさぶの話は、江戸時代だけのお話ではない、今現在にも通じるお話ですよ、っていうことですよね。この演出はよかったですね^^

私がもし栄二をキャスティングするなら(杉野遥亮くんには申し訳ないが)・・・
桐谷健太がいいかな~~~
兄貴分、って感じがするし、きかぬ気の強い性質も十分表現できそう!

杉野遥亮くん、『ミストレス』の貴志さん役、よかったです~~~
あと、洗剤のCMの、杉野のお姉ちゃん役も大好きです~~~





No Subject * by しんべい
さぶも杉野君もよく知らないのですが、桐谷健太は好きな俳優さんです^^『まんぷく』でもちょっといい加減だけど憎めない役をされていましたね。目が優しそうで、良い感じだなぁと思います♪

うっかり * by おんだなみ
そうそう、NHK内で番宣して、見ないとなぁ~
と思っていて、忘れてました。
ラストの現代シーンの橋って柳橋だったりして。
再放送に期待です。

しんべいさん。 * by green
『さぶ』はとっても大好きな小説です。とってもいいお話なんですよ。
杉野くんは、細面のとっても綺麗な顔をした若手の俳優さんです💛
『まんぷく』見てましたよ~~口先だけの軽い人かと思いきや、確かに憎めない根は優しい役でしたよね。

Re: うっかり * by green
ラストの現代シーンの橋ですが、かなり近代的でしたよ。
きっと再放送されますよね。
今年は柳橋に行ってみようかな~~^^