緑の光線

Top Page › Archive - 2014年04月
2014-04-30 (Wed)

日本語教育の勉強、行き詰っています・・・

日本語教育の勉強、行き詰っています・・・

去年の12月の終わりくらいから、日本語教育能力検定試験に向けての勉強を始めました。まずは教科書を読み、理解することから始めました。私が買ったのは、ヒューマンアカデミー社の『日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド第2版』です。 第5部に分かれているので、一部読み終わるごとに確認問題で復習をしながら、大事なところをノートにまとめる、というスタイルで勉強しています。といっても、ひたすら知識の詰め込みに...

… 続きを読む

去年の12月の終わりくらいから、日本語教育能力検定試験に向けての勉強を始めました。
まずは教科書を読み、理解することから始めました。
私が買ったのは、ヒューマンアカデミー社の『日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド第2版』です。
 
第5部に分かれているので、一部読み終わるごとに確認問題で復習をしながら、大事なところをノートに
まとめる、というスタイルで勉強しています。
といっても、ひたすら知識の詰め込みに近い状態で、覚えた端から忘れる・・・みたいになっております。
なんとも非効率的!!
年齢が年齢ですから、非効率的になるのは当たり前・・・
とにかく時間をかけて繰り返し繰り返し頭に叩き込むしかありません。
 
で、行き詰っているというのは、音声学です。
音声学、つまり音の出し方ですね~~~
これがね、なんだか全然頭に入らないんですよ~~~
 
音というのは、口の中のどこを妨害して、どういうふうに呼気を外に出すのかによって違いが生じるんですね。
「ゼ」と「チェ」や、「ショ」と「ソ」は、何の違いによって生じるのかとか、
そういうのを、きちんと言葉で説明できないといけません。

さらに、口腔断面図を見て、
これはどの音を発音するときの
断面図なのかをわかっていないと
いけません。
 
とにかく、一度さらっと勉強しただけじゃ、全然頭に入らないのです。
 
少しずつ少しずつ、
確実に理解していくしかありません。
 
 
 
 
 
 
 
道をひとりで歩いているときとか、
台所でご飯の支度をしているときとか、
「セ」とか「ぜ」とか「ジェ」とか「チェ」とかぶつぶつ言って、
自分の舌の位置を確かめています。
 
あ~~~~~
まだまだ道のりは遠い・・・
でも、頑張る!!
スポンサーサイト



No title * by okacheru
うわぁ~、何だか大変そうですね。
頑張ってください!

No title * by はなまめ
う~ん、こういう理屈と体感をつなげて覚えるのは大変そう~~
頑張ってくださいね!

No title * by green_green
こんばんは。日本語教師の勉強をされているのですね!普段、普通に喋っているからといって「教える」となると全く次元が違う話になりますよね。これは本当に難しいと思います。でもきっとやりがいがあると思います。頑張ってください(#^^#)

No title * by green
okaさん、ありがとうございます!
日本語教育は、範囲がとても広く、様々な知識を身につけることが
要求されます。
すごく大変なのですが、とりあえず試験を受けるまで頑張ります!

No title * by green
はなまめさん、普段無意識にやっていることが専門用語で説明されていると、頭の中が???になってしまいます。
コツコツ頑張ります!

No title * by green
Greenさん、そうなんですよ~~普段無意識にやっていることを、それをうまくできない人に教えるのって、ほんとうに大変です。
発音しかり、文法しかりです。
日本語を別の面から見ることが出来るので、勉強は楽しいのですが・・

No title * by imama
音声学はおもしろそうですね。

普段説明できないようなことを説明するのが語学教育なのでしょうね。

No title * by green
imamaさん、少しずつではありますが、ようやく頭に入ってくるようになりました。
外国人が間違えやすい発音を把握して、なぜ間違いが起こるのかを説明できなければなりません(><)

No title * by green
内緒さん、そうなんですよ~~~
まさに地道な努力、それのみです。
繰り返し繰り返し、教科書を読み、自分で書き、頭の中で反復・・
それの繰り返しです。

2014-04-22 (Tue)

新聞小説「こころ」

新聞小説「こころ」

朝日新聞で、夏目漱石の「こころ」が初めて連載されたのが、100年前の4月20日だったとか・・・そして100年後の今年、4月20日より、再び「こころ」の連載がスタートしました。 「こころ」・・・・読んだ記憶と、なんとなく面白かった、という記憶はありますが、小説の内容はほぼ覚えていません これはよいきっかけだ~~と思い、連載の「こころ」を読むことにしました。 画像に写っている文庫本は、当時...

… 続きを読む

朝日新聞で、夏目漱石の「こころ」が初めて連載されたのが、
100年前の4月20日だったとか・・・
そして100年後の今年、4月20日より、再び「こころ」の連載がスタートしました。
 
「こころ」・・・・読んだ記憶と、なんとなく面白かった、という記憶はありますが、
小説の内容はほぼ覚えていません

 
これはよいきっかけだ~~と思い、
連載の「こころ」を読むことにしました。
 
画像に写っている文庫本は、
当時私が買ったものです。
発行月日が昭和59年となってました。
私が高校生の頃ですね~~~
読んだのは、大学生のときだったような
気もするんですが、高校生だったのかな・・
(紙がすっかり赤茶けています)
 
文庫本があるのならば、わざわざ
新聞小説なんて・・という気もしますが、
朝の日課にしてしまえば、
自然と一冊本を読んだことになるんですよね。
 
いや~~~言葉の使い方というか、漢字の使い方が面白いですね~~~
お~~~この単語には、こんな漢字を使うのか!とか・・・
今は外来語となっている言葉は、もともとこういう日本語だったのか~~とか・・
日本語の美しさや、漱石さんの文章の歯切れのよさ、みたいのものを感じられます。
 
夏目漱石といえば・・・・
高校の現代国語の教科書に「文鳥」が載ってたな~~~~
 
というわけで、現在の私の朝の楽しみは・・・・
朝ごはん食べて、コーヒー飲みながら新聞をめくり、この連載「こころ」を読むこと。
そして、7時半からの、NHK朝ドラ「花子とアン」を見ることなのでした。
 
朝ドラを見るのは、「ちゅらさん」以来なので、とっても久しぶりなのです。
 
学校に出かける前の子どもたちと一緒に見ています。
子どもたちよ、勉強できることのありがたさを、少しは感じておくれ~~~~~
No title * by うーこ
こういう純文学(というのかな?)は、ほとんど読んだことがない私です…今日、すっごいすっごい長い記事を書いたんですが(^^;)私はずっと外国の児童文学的なものしか読んだことがなくて。
(今は、映画やドラマの原作ばかり読んでますが。)
夏目漱石、おもしろいんかな~。

No title * by green
内緒さん、コメントくださって嬉しいです!
私も当時は、あまりよくわからずに読んでたのかもしれませんが、
「よかった」という感想を持ったことは覚えています。
漱石さんの書いた文章に触れるだけでも楽しいですよ!

No title * by green
うーこさん、逆に私は、あまり児童文学は読んでこなかったような気がします。
そして、現代ものよりも、古い小説のほうが好きです。
夏目漱石、すっごく久しぶりに読みますが、読み終わったら、
面白かったかどうか、また感想書きますね^^

No title * by Tatsu
僕も朝日を取っているので読み始めています。
夏目漱石は中学時代かなりはまって読んでいて、よくノートや教科書に「則天去私」と書き込んでいました。
「花子とアン」は何となくgreenさんのイメージとかぶりますよね。^^

No title * by imama
「こころ」は大好きです!
再び朝日新聞で連載されているとはなんて素晴らしいのでしょう。
わたしのころは高校の国語で読みました。

No title * by green
Tatsuさんもお読みになってるのですね!
中学生で夏目漱石とは、Tatsuさんは大人な中学生だったのですね。。
則天去私ですか、、自分を捨てるのは難しいですよね~~~
「花子とアン」私とかぶるだなんて、嬉しいですぅ・・・
花子さんみたいに勉強熱心ではありませんでしたけどね^^;

No title * by green
imamaさん、朝日新聞では、当時の年月日つきで連載されています。
「こころ」毎日少しずつ、じっくりと読んでいきたいと思います。

2014-04-18 (Fri)

BEAST WORKS 2009-2013

BEAST WORKS 2009-2013

私が知らない間に、BEASTのBEST版が出てた!といっても・・・・私にとっては、BEASTのBEST版なんて、意味がない~~~だって、どの曲もすべてがBESTだから! だから、別に買わなくても・・・ってよ~~く見たら、이럴 줄 알았어 が収録されている!もう、この曲、大大大好きなの!! 私、気持ちが沈んだときとか、なんとなく誰かに慰めてほしいときとか、2012年のBEAUTIFUL SHO...

… 続きを読む

私が知らない間に、BEASTのBEST版が出てた!
といっても・・・・私にとっては、BEASTのBEST版なんて、意味がない~~~
だって、どの曲もすべてがBESTだから!
 
だから、別に買わなくても・・・
ってよ~~く見たら、
이럴 줄 알았어 が収録されている!
もう、この曲、大大大好きなの!!
 
私、気持ちが沈んだときとか、
なんとなく誰かに慰めてほしいときとか、
2012年のBEAUTIFUL SHOWのライブDVDを見るんだけど。。。
 
 
 
でもゆっくり見る時間もなくて、
そういう時は、この이럴 줄 알았어をチョイスして聞きます。
そしてもう一曲、必ずDVDでチョイスする曲。
それは、ギグァンヒョンスンのLET IT SNOWです。
これもほんとうに大好きで・・・・
ギグァンの声にヒョンスンの声が重なり、ヒョンスンの声にギグァンの声が重なり・・・
声質の違う、ふたりの甘い声が重なり合っていくところが、たまらなく好きなんです。
そんなLET IT SNOWもBEST版に収録されているじゃないの!!
LET IT SNOWをCDで聞けるなんて!! 感激!!
 
で、CDでLET IT SNOWを聴いて気づいたんだけど、
ドゥジュンのコーラスが入ってるんだね!!
そしてハイトーンのコーラスはヨソプくんだよね!
(ドンウンは参加しなかったのかな?)
最初のLET IT SNOWのところの、ドゥジュンのOH YEAH~~~がたまりません。
ドゥジュンのOH YEAH~~だけで、おなかがいっぱいになりそうです。
 
CDで聴くLET IT SNOWもやっぱりいい!!
なんていうかねぇ・・・聴いてるとね、押し倒されそうな気分になるんだよね。
 
というわけで、이럴 줄 알았어 と DISC2を繰り返し繰り返し聴いています


 
BEST版になって、アルバムとは違う曲順で聴くと、なんだか違和感を感じる・・・・
だって、アルバムって、曲順も重要でしょ、曲順も含めてアルバムとしての作品なんだと思うんだよね。
だから、ヒョンスンが SAY NO! って叫んだ後は、
ちゃ~ん、ちゃちゃららら~~んってピアノのイントロが聞えてこないと、なんだか落ち着かないのです。
 
ところで、春のJAPAN TOUR、行きたかったな~~
NHKホールだなんて、ちょうどよい大きさ。
いつか이럴 줄 알았어 を生で聴きたい・・・
6人の歌声を生で聴きたい・・・
 
 
 
 
 
No title * by tibimama
こんばんは((o(´∀`)o))
私も買いました!
でも、視点が全然違うので
こちらの記事を元にもう1度聞いてみようと思いましたよー(笑)

No title * by green
まぁちゃんさん、お返事遅れてごめんなさい(><)
まぁちゃんさんの視点はどこでしょう?
やっぱりヨソビくん視点でしょうか^^
6人のそれぞれの声、やっぱりみんな好きだな~~と
改めて惚れ込んでいるところです。

2014-04-16 (Wed)

甥っ子の幼稚園グッズ&アクスヘッドのパッチワーク。

甥っ子の幼稚園グッズ&アクスヘッドのパッチワーク。

妹から、甥っ子の幼稚園グッズを作って欲しいと頼まれていました。妹はミシンをもっておらず、去年は、手縫いで巾着を作ったとか・・・それに、進んで針仕事をするタイプではありません(笑) 布は妹のチョイスです。お弁当袋と箸袋、そして体操服入れです。(あ、箸袋に使った、恐竜柄の布は、うちにあった布です。次男の体操服入れがこの布!)巾着は、ただ普通に縫っただけのとってもシンプルな作りなので、お見せするほど...

… 続きを読む

妹から、甥っ子の幼稚園グッズを作って欲しいと頼まれていました。
妹はミシンをもっておらず、去年は、手縫いで巾着を作ったとか・・・
それに、進んで針仕事をするタイプではありません(笑)
 
布は妹のチョイスです。
お弁当袋と箸袋、そして体操服入れです。
(あ、箸袋に使った、恐竜柄の布は、うちにあった布です。次男の体操服入れがこの布!)
巾着は、ただ普通に縫っただけのとってもシンプルな作りなので、
お見せするほどでもないのですが・・・・・
お弁当袋は、封筒タイプ。
妹が用意した布がキルティングだったので、
画像では見えませんが、裏側の縫い代部分には、バイアステープを縫い付けて
縫い代が見えないように一応工夫してみました。

 
 
時間があれば、もっといろいろ工夫したかったんだけど、
なにせ忙しく・・・・
名前を刺繍して縫い付けてあげようかと思いましたが、
どうにもうまくいかず断念しました。
 
ごめんよ~~~~
 
 
久しぶりに縫い物に励んだのですが、
やっぱり布で何かを作るのは楽しいな~~と実感。
急に、あれこれ巾着やら手提げやらを作りたくなってきました。
 
お着替え入れとか、おむつ入れとか、巾着はいくつあっても
いいですよね。
今度休みがとれたら、たくさん巾着を作ろうとただいま計画中!
 
 
 
そして・・・
昨年末あたりにつなぎ終えた、アクスヘッドというパターンのパッチワークです。

テレビにひっかけて
撮影しました。
 
いつ頃から縫い始めたのか
まったく記憶がありません。
少しずつ繋いで、ようやく
一枚になりました。
 
ひたすら曲線!
曲線と曲線を縫うのは、
ほんとうに面倒~~~
 
 
 
 
 
 
 
 
早く、キルティングに仕上げたいです!!
No title * by はなまめ
アクスヘッドの曲線、大変だったでしょうね~~
ワンパッチは本当にかわいいですね。
いつか作ってみたいのですが、とにかく曲線が苦手なもので…

No title * by うーこ
お弁当入れ、すごくかわいいですね~!
わかります。やると楽しいんやけど、つい始めるまでがめんどうですよね~。
パッチワーク、ほんとにかわいい!!こういういろんな布を使ってるパッチワーク、大好きです。基本な気がして♪

No title * by green
はなまめさん、曲線の縫い合わせ、よ~~く見ると、変にギャザーが寄ってたりします(笑)待ち針打ちまくりでした。
早くキルトに仕立てたいです。

No title * by green
うーこさん、最近縫い物ができていなかったので、久しぶりのミシン作業、楽しかったです。
今、妹のためにかわいい巾着を作ろうと計画しています。
端切れを寄せ集めたワンパッチ、かわいいですよね~~

2014-04-14 (Mon)

「レ・ミゼラブル」

「レ・ミゼラブル」

「レ・ミゼラブル」 ヴィクトル・ユゴー 全5巻読み終わってから1か月以上経ってしまいました。全5巻、長かった~~~結局一年ほどかけて読んだことになります。 登場人物の生き方がどうとかよりも、私は、作家ユゴーの情熱をひしひしと感じました。「書きたい!残しておきたい!」そういう熱い思いが感じられます。 ていうか、そういう熱いものがなければ、こんな長い小説、書けませんよね。 これって、小説と...

… 続きを読む

「レ・ミゼラブル」 ヴィクトル・ユゴー 全5巻
読み終わってから1か月以上経ってしまいました。
全5巻、長かった~~~
結局一年ほどかけて読んだことになります。
 
登場人物の生き方がどうとかよりも、
私は、作家ユゴーの情熱をひしひしと感じました。
「書きたい!残しておきたい!」
そういう熱い思いが感じられます。
 
ていうか、そういう熱いものがなければ、
こんな長い小説、書けませんよね。
 
これって、小説というよりは、
歴史書みたいです。
とにかく補足説明みたいなのが多いんです。
 
あの、酒屋の主人テナルディエと、マリユスの父は、
ワーテルローの戦いでつながっているんですが、
そのワーテルローの戦いの説明の長いこと!!
誰々さんがどうして、誰々さんがどうしたとか、
○○軍がどうして、△△軍がどうしたとか、
そりゃあもう、こと細かに説明してあります。
地理、地形の説明も細かくて、
私はかつてベルギーに旅行に行ったときに、
ワーテルローの戦場に行ったことがあるので、
その時のことを思い出しながら読んだりしましたが、
正直、ここを読んでいるときは、寝そうになりました(笑)
そして、最後の最後に、テナルディエが出てきて、
「お~~~ここでつながるのか~~~~」とほっとしたものです。
 
とにかく、「この物語とは関係はないのだが、読者のみなさんに説明しておこう」
みたいな部分が多くて・・・・
 
でも、これって大切な記録なんでしょうね。
今の時代がどういう時代なのか、人々がどう生きているのかを、
ユゴーさんは、後世の人たちに、どうしても伝えたかったんでしょうね。
 
肝心の物語についてですが、
まあ、いろいろ感じることはありますが、
私は、ジャベールもかなり哀れな人だと感じました。
「法は正義だ」「法は常に正しい」と信じて、自分の仕事を忠実に全うしようとした人です。
なのに、「法は常に正しい」という理念が、逆に自分を苦しめることになるのです。
今まで自分が信じてきたものが、崩れてしまうのです。
なんだかその最後がすごく哀れでした。
 
 
あ~~~いつか「レ・ミゼラブル」のミュージカル版を見てみたいな・・・・
 
 
 
No title * by imama
読破おめでとうございます!
大好きな作品でありながら、わたしにはいまだにすべて読む忍耐がない理由がよくわかりました!
やっぱり難しいんですね。
物語以上に背景を事細かに読まなければならないとなると、歴史的背景に対する強い関心まで持たないとなかなか読みきれない気がします。
でもベルギーに旅行されていたというのはよかったですね。
小説としては読むのに難しい作品でしょうが、いつか再度挑戦してみたいですね。

No title * by うーこ
すごいすごい!こんな長い話、読み終わってすごいです!よっぽど勢いがあれば読み進めたくてしょうがなくなるけど、こういうお話だと、途中でかなりダレますよね…ちゃんと読み終わって立派だと思います~!

ところで、本の書庫をさかのぼって見させていただいたんですが、本はいつも買ってますか?よく本を読む人って図書館を利用している人も多く見かけるんですが、私は買う派なんですよね。。で、ぐり~んさんも買う派な感じがしてて!
あと、本屋さんがつけてくれるカバーはいらない派ですか?
って、しょーもない質問ばっかりですみません(^^;)

No title * by green
imamaさん、忍耐力、必要でした・・・・
フランス語の隠語の説明なんかもあるんですが、(この隠語の説明、いつまで続くの・・)なんて思いながら、必死に耐えて読みました(笑)
幼い頃に、児童文学として読んだ「レ・ミゼラブル」とは別物でした。
フランスの歴史に詳しい人が読めば、また違った面白さがあるかもしれませんね。

No title * by green
うーこさん、これはもう、「読み切る!」ことを目標に読んだようなものです(笑)

前の記事も読んでくださったのですね。ありがとうございます。
本は、基本的に「買い」ですね~~~
図書館で借りてもいいのですが、今あまり読書に費やせる時間もないので、返却期限までに読み切れないのです(笑)
といっても、読みたい本を新品で買うとお金も結構かかりますので、
私はもっぱら、amazonの中古本です。
「レ・ミゼラブル」も、上の写真を見てもわかると思いますが、表紙が違います。これは、一冊ずつ中古で買ったので、出版されていた時期によって表紙が違うんですね。
すぐに読んでしまえるような、例えばエッセーなんかは図書館で借りたりします^^
カバーですが、学生のころは、だいたいつけてもらってましたが、
今は「カバーは要りません」と言っています。主婦になったからかしら?
といっても、最近本屋さんで新しい本を買ったことがあまりありません(笑)

No title * by うーこ
おお!そうなんですね!中古本なんですか~!なるほど!
本は、特に文庫本で感じるんですが、昔よりかなり高くなりましたよね~。ハードカバーと変わらないぐらいのお値段のものも…

カバー、私も昔はつけてもらって、ずっとつけていたんですが、
ある時、ほぼ全部取ってしまって、それからはつけてないんですよ。(主婦になったからなんでしょうか?)

ありがとうございました!

No title * by green
うーこさん、そうそう昔の文庫本は安かったですね~~~
今日書いた記事の、夏目漱石の「こころ」ですが、お値段260円でした。
高校生の頃、母親がお弁当を作れなかったときに昼食代をくれるのですが、そのお金で文庫本を買ったりしたものです。
あのころは、あまり食べることに興味がなかったんです・・・

2014-04-09 (Wed)

待っててよかった!!

待っててよかった!!

何を待っててよかったのかというと、それは、長男の「片づけスイッチ」です。私もまめに片づけるほうではないので、そんな親の影響もあるのかもしれませんが、うちのお兄ちゃんは、整理整頓、片付けがほんとうに苦手です。これは、幼稚園の頃から言われていました。 だから、机の上、下、周り一帯、散らかり放題です。たまに、私が見かねて片づけてあげたりするのですが、「なんか、片付いていると落ち着かない」などと生意気...

… 続きを読む

何を待っててよかったのかというと、
それは、長男の「片づけスイッチ」です。
私もまめに片づけるほうではないので、そんな親の影響もあるのかもしれませんが、
うちのお兄ちゃんは、整理整頓、片付けがほんとうに苦手です。
これは、幼稚園の頃から言われていました。
 
だから、机の上、下、周り一帯、散らかり放題です。
たまに、私が見かねて片づけてあげたりするのですが、
「なんか、片付いていると落ち着かない」などと生意気なことを言います。
 
春休みに入り、いろいろと片づけるもの、処分するものもあるだろうに、
一向に行動に移さないお兄ちゃん。
ほとんど手をつけていない、某通信教育の教材が山積み&雪崩を起こしそうな状況です。
「ちょっと~~~~ここ、片づけなよ!!新学期が始まるんだよ~~~~
「わかってるよ!!

このようなやりとりが何度も交わされました。
 
私のイライラ度もマックスに達しはじめ、勝手に片づけてやろうかという衝動に
何度も駆られましたが、私自身忙しかったこともあって、手をつけずにいました。
 
そして、春休み最終日・・・・
いつものように、ゲームやらパソコンやらでだらだらと時間を浪費し、
夜は弟とふたりでテレビを見ていました。
夜の9時を回ったころでしょうか。
明日の始業式の予定が書いてあるプリントを探し始めたお兄ちゃん。
そのプリント探しをきっかけに、突然「片づけスイッチ」が入ったのです!!
 
「これは要らない! これは捨てる!! はい~~これも捨てる!!」
「おっと~~~こんなところから、こんなもんが出てきた」
 
なんだか珍しくハイテンションです。
 
少しずつ机の空いている面積が広くなり始め、
その気持ちよさが、さらにお兄ちゃんのテンションをあげていきます。
 
「お母さん、掃除機かけていい?」
「夜だから、そっとかけてね~~」(え?あなたが自分から掃除機をかけたいだなんて←私の心の声)
「お母さん、ちょっと雑巾貸して」(え??雑巾がけまで??)
 
その後こ一時間ほど、妙なハイテンションのまま、お兄ちゃんは片づけに没頭しました。
その間、ずっと独り言を言ってました。
「うひょ~~」とか「気持ちいい~~」とか「俺ってすごい」とか・・・・
 
「俺って、やればできる子ちゃんなんだよね~~」とか言ってるし。
 
できれば、もうちょっと早めに、片付けのスイッチが入ってほしかったな~~~
 
でも、私がへんに手を出さなくて、本当によかった。
人に勝手に片づけられた机より、
自分の手で片づけて綺麗になった机のほうが、やる気もでるよね~~~
 
どうか、今の机の綺麗さをキープしていただきたい!!
そして、欲を言うならば、受験勉強スイッチも早めに入れていただきたい・・・・
 
母の願いであります。。。。