緑の光線

Top Page › Archive - 2015年08月
2015-08-31 (Mon)

2015年、我が家の夏休み。

2015年、我が家の夏休み。

今日で8月も終わりですね。先週の中ごろから、急に涼しくなり、なんだかいきなり夏が打ち止めになったみたい・・・・子どもたちの学校も始まり、ようやく日常生活が戻って来ました。今年の夏休みを振り返ってみると・・・・お兄ちゃんは、高校生になり、漫画研究部に入りました。文化部ということで、部活動で毎日学校に行く、なんてこともなく・・それでも、週に1~2日くらいは、学校に行って、漫画好きの部員とまったり絵を描...

… 続きを読む

今日で8月も終わりですね。
先週の中ごろから、急に涼しくなり、なんだかいきなり夏が打ち止めになったみたい・・・・

子どもたちの学校も始まり、ようやく日常生活が戻って来ました。

今年の夏休みを振り返ってみると・・・・

お兄ちゃんは、高校生になり、漫画研究部に入りました。
文化部ということで、部活動で毎日学校に行く、なんてこともなく・・
それでも、週に1~2日くらいは、学校に行って、漫画好きの部員とまったり絵を描いていたみたいです。

弟くんは、中学生になり、バスケ部に入りました。(お兄ちゃんの影響かな?)
毎日の部活と、大量の宿題を抱えて、毎日忙しくしてました。
ほんとうに宿題が多くて、親もびっくり! お兄ちゃんのときよりも多いような・・・・

家族では・・・群馬県に行きました。
まずは、水上でラフティングです。
私はやりませんが、我が家の男子3人は、ラフティングで急流をすべり大興奮でした。
そして、草津温泉にも行きました。
映画『テルマエ・ロマエ』に出てきた湯畑を見て、またまた興奮です。
草津のお湯は、とろ~んとしていて、なんだかお肌がしっとりするような・・・・
とにかく、温泉は気持ちいいです!
別途、旅行記事を書ければいいな~と思ってます。

それから、先週、私と二人の息子と一緒に、私の実家に帰ってきました。
一年に一度、孫を連れて帰るのも、親孝行のひとつかな?

さあ、暑さのせいで止まっていたキルティングを、そろそろ再開させなきゃ~~~
デイジーのパッチワークは、ただいまアイリッシュチェーンをピーシング中。
こちらはぼちぼち進んでます。

では、今日はこの辺で!


スポンサーサイト



No title * by はなまめ
充実の夏休みでしたね!
ラフティング!若い時に何度かやりました。すっごく楽しかったので、またやりたい~。水上でできるんですね。
学校が始まると、ご自分の時間が増えるでしょうか?
キルティング楽しんでくださいね~

No title * by green
はなまめさんは、ラフティング経験者なんですね!
私は、乗り物酔いしやすいのと体力に自信がないのとで、やめておきました(笑)
自分の時間、増えるといいですけど・・・・

2015-08-05 (Wed)

『舟を編む』(本) 三浦しをん 著

『舟を編む』(本) 三浦しをん 著

『舟を編む』  三浦しをん 著前回映画の方の記事を書きましたが、映画を観終わった後で、原作を読みました。私は、毎日お風呂の中で5~10分程度読書をしているのですが、この本もお風呂の中で読みました。お風呂の中で読むのは、読書に没頭できる、という良い点もありますが、デメリットもあります。それは、わからない単語が出てきたときに、すぐに辞書が引けないところです。この『舟を編む』、辞書作りがテーマだからかど...

… 続きを読む

『舟を編む』  三浦しをん 著

前回映画の方の記事を書きましたが、
映画を観終わった後で、原作を読みました。

私は、毎日お風呂の中で5~10分程度読書をしているのですが、
この本もお風呂の中で読みました。

お風呂の中で読むのは、読書に没頭できる、
という良い点もありますが、
デメリットもあります。
それは、わからない単語が出てきたときに、
すぐに辞書が引けないところです。



この『舟を編む』、辞書作りがテーマだからかどうかわかりませんが、
辞書で意味を確認したくなるような単語がよく出てくるんですよ~~~
もしかしたら、著者が意図的に、辞書を引かそうとしている?? と深読みしてしまったくらい(笑)

まさか、お風呂場に辞書を持ち込むわけにもいかず、
辞書で意味を確認したい単語が出てきたら、「お風呂からあがったら辞書を引こう」なんて思うんですけど、
お風呂からあがって、なんやらかんやらしているうちに、
辞書を引くことをわすれてしまい、そのまま・・・という状態になっています。

ですから、これはお風呂以外で、もう一度ちゃんと読む必要があります。
もちろん、辞書をそばに置いて(笑)

三浦しをんさんの文章はとても読みやすいです。
重すぎず、軽すぎずで、ほどよい刺激を与えてくれます。

今、下の息子がお薦めしてくれた、『神去なあなあ日常』を読んでいますが、
これは、『舟を編む』よりもワンランク文章が軽妙になっているような気がします。
うちの息子は、小学校6年生のときに読みましたが、すごくおもしろかったようで
あっという間に読んでしまいました。
「お母さん、絶対読んで、おもしろいから~~」
という息子のお墨付きです。