緑の光線

Top Page › Archive - 2018年04月
2018-04-27 (Fri)

『たのもしき日本語』吉田戦車・川崎ぶら

『たのもしき日本語』吉田戦車・川崎ぶら

『たのもしき日本語』 吉田戦車・川崎ぶら以前、ここでご紹介した、『ことばの分析から学ぶ科学的思考法』の著者、畠山雄二先生が、同書の巻末で、お薦め本として挙げていた中の一冊です。畠山先生いわく、「つまらない言語学の本を50冊読むならこの本を寝ころんで、でも舐めるように1回だけ読む方がずっとためになる」のだそうです。それは本当かどうかわかりませんが(笑)、とても楽しめました。吉田戦車、川崎ぶら、お二人と...

… 続きを読む

『たのもしき日本語』 吉田戦車・川崎ぶら


以前、ここでご紹介した、『ことばの分析から学ぶ科学的思考法』の著者、畠山雄二先生が、
同書の巻末で、お薦め本として挙げていた中の一冊です。

畠山先生いわく、「つまらない言語学の本を50冊読むならこの本を寝ころんで、でも舐めるように1回だけ読む方がずっとためになる」のだそうです。






それは本当かどうかわかりませんが(笑)、とても楽しめました。
吉田戦車、川崎ぶら、お二人とも、初めて聞くお名前でした。
吉田戦車さんは漫画家だそうで、川崎ぶらさんは、漫画の原作などを書かれている方のようで・・・

おふたりが、あいうえを順に日本語を一語ずつ取り上げ、その言葉について深く語り合う、という本。
その言葉が持つ意味にとどまらず、言葉が人に与えるイメージ、影響力みたいなものを、
ああでもない、こうでもないと、おふたりが熱く語り合っています。

普段何気なく使っている言葉でも、「なぜそういう言葉なんだろう」みたいな言葉ってありますよね。
例えば、「ろくでなし」
「ろくでなし」が、どういう場合に使われるのか、だとか、
「ろくでなし」の「ろく」って何なのか、だとか、そういうことを検証しています。
所々に描かれている吉田戦車さんのイラストが笑いを誘います。
電車やバスの中で読んでたら、思わず吹き出して恥ずかしい思いをするかもしれません(笑)

第二章の、「たのもしき外来語」もなかなか面白かったです。
特にオランダ語・・・
江戸時代には、オランダ語を学ぶお役人さん、学者さんもいらっしゃったわけで、
日本とはお付き合いの長い言語ですよね。
ですから、オランダ語が語源の日本語もたくさんあります。
たとえば、「ズック」。
「ズック」というと、私たち世代は、子どものころに履いていた、布製の靴が頭に浮かびますよね。
きっと今の若い人に「ズック」なんていっても、「何それ?」って言われそうですけど。
元々「ズック」というのは、「亜麻糸や木綿糸などの太いより糸で織った厚い布」という意味だそうで、
つまい、「ズック」は素材だったんですね。
その素材で作られた布製の靴が、いつしか「ズック」になったんですね~~

あと、びっくりしたのが、「ノルマ」という言葉・・・
「ノルマ」って聞くと、あんまりいい気持ちにはならないですよね。
なんだか押し付けられているような、嫌~~な気持ちにさせられるような言葉ですよね。
これ、語源はロシア語なんですが、「規範」「規定量」といった意味の言葉のようです。
この言葉、旧ソ連で労働者に課せられた労働の基準量、として使われていたそうです。
そして、シベリアに抑留された日本兵が日本に持ち帰り、その後日本で広く使われるようになったのだとか・・
そんないきさつがあったなんて、知りませんでした。

とまあ、いろいろ学べたりもする、楽しい本です。

スポンサーサイト



No title * by おんだなみ
吉田戦車、結構好きな漫画家です。
図書館で検索したら蔵書されていたので、早速予約しました。
知っている様で知らない言葉の由来を知るのは楽しいですね。

No title * by green
予約されたのですね!!
お好きな漫画家さんの本なら、余計に楽しめそうですね~~
雑学が楽しく身に付きます♪

2018-04-25 (Wed)

お弁当入れと巾着袋。

お弁当入れと巾着袋。

先週は仕事がお休みで、時間に余裕があったので、下の息子のお弁当入れを作ることに・・・中学までは、お弁当を100円ショップで売ってそうなバンダナハンカチで包んでいましたが、そういうハンカチみたいな布に包んで持ってくる人はほとんどいなくて、みんなお弁当専用のトートバッグに入れて持ってきているらしいです。「バンダナで包んでいるのは俺くらいだ」と半ば不服そうにしていました。高校生になったということで、トート...

… 続きを読む

先週は仕事がお休みで、時間に余裕があったので、
下の息子のお弁当入れを作ることに・・・
中学までは、お弁当を100円ショップで売ってそうなバンダナハンカチで包んでいましたが、
そういうハンカチみたいな布に包んで持ってくる人はほとんどいなくて、
みんなお弁当専用のトートバッグに入れて持ってきているらしいです。
「バンダナで包んでいるのは俺くらいだ」と半ば不服そうにしていました。

高校生になったということで、トートバッグくらい作ってあげるか、と重い腰をあげて、
手持ちの布で作ってみました。
息子は、「えっお母さんが作るの?」と、若干嫌そうな雰囲気・・・どうやら買って欲しかったらしい。
ま、買えばね、おしゃれで素敵なもの、周りのみんなと同じようなものが手に入るでしょう。
ですが、作ろうと思えば作れるものを、お金を出して買うのは、「私の哲学に反する!」と(笑)
半ば強引に作っちゃいました。(ピンぼけですみません)


















意外にも息子は、「想像以上の出来!」だったらしく、まあまあ満足しているようでした。
(巾着と一体化しているところに、びっくりしてました。)
ただ、内側の布が赤のチェックであることがちょっと引っかかるらしく、
「青系がよかった・・」と言ってました。
もう一個くらい作ってあげるかな~~~今度は内布を青系のチェックにしよう!

このトートバッグを作るときに、布の整理をしていたら、
かなり前に、余ったデージーのパッチワークを麻布にアップリケしたものが出てきました。
巾着袋でも作るつもりが、そのまま放置してしまったものです。
せっかくなので、巾着袋に仕立ててあげることに・・・


















ミシンかけが苦手な私は、すべて手縫いで仕上げました。
何かを完成させるのって、気持ちいいですね。
布の整理をしていたら、パッチワークがしたくなってきましたが、
それよりもまずは、今キルティング中のキルト完成を目指して頑張ります!


No title * by おんだなみ
お母さんの優しさがあふれた、いい感じの出来上がりですね~
いや、もう息子と言うものは、せっかく作ってくれたのに、
色に文句を言うなんて~と思ってしまいます。自分もそうだったのに(笑)

No title * by はなまめ
完成おめでとうございます!
息子さんにも気に入ってもらえて良かったですね~。
最初は「手作りのものを持つ」のが気恥ずかしかったのでしょうか…。
手縫いでここまできれいに仕上げるって、凄いです。

No title * by green
おんだなみさん、母親が作ったものを学校に持って行く、ってこと自体が、少々恥ずかしいようです。まあ、気持ちわかりますけど・・・
私としては、母親が作ったものを堂々と持って行けるくらいの高校生であって欲しいんですけどね(笑)

No title * by green
はなまめさん、とりあえず、毎日学校に持って行ってくれています。
今度、お兄ちゃんの分も作ろうと思っています。
手縫いで作ったのは巾着袋のほうで、さすがにトートバッグはミシンで縫いました^^;

2018-04-24 (Tue)

『夢みる少年の昼と夜』福永武彦 

『夢みる少年の昼と夜』福永武彦 

『夢みる少年の昼と夜』  福永武彦 著福永武彦の短編集です。この文庫本、私が高校を卒業する頃、ある人からプレゼントされました。これまで、折に触れては読み返してきた本です。久しぶりに読んでみたくなり、また読んでみました。前にも、福永武彦の作品をここでご紹介した記憶があります。確か『忘却の河』だったかな・・・福永武彦の作品は、どの作品もそうですが、人間の心の奥深い深いところにあるもの、普段の生活では気...

… 続きを読む

『夢みる少年の昼と夜』  福永武彦 著

福永武彦の短編集です。
この文庫本、私が高校を卒業する頃、ある人からプレゼントされました。
これまで、折に触れては読み返してきた本です。
久しぶりに読んでみたくなり、また読んでみました。

前にも、福永武彦の作品をここでご紹介した記憶があります。

確か『忘却の河』だったかな・・・

福永武彦の作品は、どの作品もそうですが、
人間の心の奥深い深いところにあるもの、
普段の生活では気づかないでいる、言葉にはできないでいるもの、そんなもののことを考える機会を与えてくれます。


いつも読んで思うのは、結局は人間孤独なんだな~~
ってことです。
愛する人がそばにいても、家族と一緒に暮らしていても、
絶対に共有し合えないもの、解りあえないもの、
ってありますよね。

心の奥底にしまい込んでいる記憶とか、言葉にはできないような思いとか・・・
(あ、でも、そういうものって、他の人と共有しようとは思わないか・・・)

そういうものを密かに抱えて生きているのが人間なんだな~~ってことです。

『忘却の河』の記事でも書いたような記憶がありますが、
家族仲良く暮らしていても、私には、私だけの記憶、思い、があり、
父には、父だけが心に秘めている記憶や思いがあり、
母も同じくそうで、
それに気づけたとき、父を、父親ではなく、一人の男性として、
母を、一人の女性として見ることができるようになった気がします。

この短編集の中に、『死後』という作品があります。
その中の一節・・・・
・・・人には誰にでも、一人ずつの日常がある。一人の男と一人の女が結婚すれば、そこには共通の日常が
生れて来る。それは次第に積み重なる。それは次第に腐蝕する。しかし誰が悪いのでもない。それは
日常というものが、それ自体持っている作用なのだ。しかし積み重ならないもの、共通の要素を持たない
もの、それもある。魂だ。・・・・


No title * by おんだなみ
確かに、親、兄弟、伴侶といくら親しくても、お互いの事を全て知ってる訳では
無いですからね。

No title * by green
おんだなみさん、だからこそ、人は人と関わろうとするし、人との関りがないと生きていけないんだな~~と思います。

2018-04-20 (Fri)

『キルト・フェスタ2018』に行ってきました。

『キルト・フェスタ2018』に行ってきました。

今週の水曜日、キルト・フェスタ2018に行ってきました。長年お付き合いさせていただいている、はなまめさんの作品を含め、それはそれは素晴らしい作品の数々でした。はなまめさんの素敵な作品はこちら→https://blogs.yahoo.co.jp/hanamame7701/72360718.htmlブログで、キルトが出来上がっていく過程を拝見させていただいていたのですが、出来上がった作品を実際に目にすると、その素晴らしさ、丁寧さ、細やかさ・・・が伝わり...

… 続きを読む

今週の水曜日、キルト・フェスタ2018に行ってきました。
長年お付き合いさせていただいている、はなまめさんの作品を含め、
それはそれは素晴らしい作品の数々でした。


















はなまめさんの素敵な作品はこちら→https://blogs.yahoo.co.jp/hanamame7701/72360718.html
ブログで、キルトが出来上がっていく過程を拝見させていただいていたのですが、
出来上がった作品を実際に目にすると、その素晴らしさ、丁寧さ、細やかさ・・・が伝わります。
パッチワークの色のグラデーションや、ホワイトキルトのトラプントデザインノの美しさに、ただただ見とれてしまいました。

私はひとりで見に行ったのですが、ひとつひとつの作品に目が釘付けになりながら、話し相手もいないのに、
作品の感想が、つい声に出てしまう!!
声に出して、誰かにしゃべりたくなるような、そんな作品ばかりだったんです。

改めて思ったのですが、パッチワークキルトって、やっぱり面白いし、奥が深い!!
複雑なパターンで作られた作品よりはむしろ、単純なパターンで作られた作品に感動しました。
四角だけをつないでいるのに、布の配色だけで、人を強く引き付ける作品になる・・・
これってすごいな~~って。

作品を見て回りながら、「あ~~私も何か作りたい!! 手を動かしたい!!」という衝動にかられました。
まずは、未完成作品を完成させるところからですね!
「私も頑張ろう!」っていう気持ちになれました。

はなまめさん、ありがとうございました!
No title * by はなまめ
キルトフェスタにご来場ありがとうございました。
作品を紹介していただいて、嬉しいような、恥ずかしいような…。
greenさんの作品を見せていただくのも楽しみにしています♪

No title * by green
はなまめさん、刺激をたくさんいただき、手を動かす気満々ですが、なかなか形になりません(笑)
早くここで完成品をお見せできるよう頑張りま~す!

2018-04-16 (Mon)

久しぶりにいなり寿司を作る。

久しぶりにいなり寿司を作る。

今日横浜駅の地下街を歩いていたら、ふといなり寿司の香りがしたような気がして(笑)急に、いなり寿司が食べたくなりました。今週はお仕事が休みで、気持ちにも時間にも余裕があって、俄然いなり寿司を作る気満々になりました。帰りにスーパーで油揚げを買って帰りました。おいなりさん、作るの本当に久しぶり・・・何年か前に、子どもの運動会で作ったのが最後のような・・・普通、いなり寿司って、油揚げの中は、普通の酢飯です...

… 続きを読む

今日横浜駅の地下街を歩いていたら、ふといなり寿司の香りがしたような気がして(笑)
急に、いなり寿司が食べたくなりました。
今週はお仕事が休みで、気持ちにも時間にも余裕があって、
俄然いなり寿司を作る気満々になりました。
帰りにスーパーで油揚げを買って帰りました。

おいなりさん、作るの本当に久しぶり・・・
何年か前に、子どもの運動会で作ったのが最後のような・・・

普通、いなり寿司って、油揚げの中は、普通の酢飯ですよね。
せいぜいゴマが混ざってるくらいかな。
私の母が作ってくれたいなり寿司は、中のご飯が、五目ずしだったんですね。
ていうか、それが普通だと思ってました。
私も母の真似で、五目ずしのおいなりさんにしました。





















次男が帰ってきて、「今日のご飯、すごいじゃん、どうしたの?なんかいいことでもあった?」って言うんです。
(いつもシンプルご飯ですみませんね~~)と心の中で謝りながら、
「急においなりさんが食べたくなったから、張り切って作ってみた」と答えました。
息子は、「うまい!」と喜んで食べてくれました。
よかった、よかった!!
たまには、こういう晩御飯もいいな~~~

2018-04-13 (Fri)

『愛と哀しみの果て』

『愛と哀しみの果て』

『愛と哀しみの果て』  Out Of Africa       1985年 アメリカ映画 監督 : シドニー・ポラック 出演 : メリル・ストリープ、ロバート・レッドフォードこの映画、私の思い出の映画でして・・・・この映画が日本で公開されたのは、私が大学1年生のとき、ゴールデンウィークでしたね。実は、初めて男の人と二人で観た映画が、この『愛と哀しみの果て』だったんです。その時見て以来、なぜか再び見る機会...

… 続きを読む

『愛と哀しみの果て』  Out Of Africa       1985年 アメリカ映画
 監督 : シドニー・ポラック
 出演 : メリル・ストリープ、ロバート・レッドフォード

この映画、私の思い出の映画でして・・・・
この映画が日本で公開されたのは、私が大学1年生のとき、ゴールデンウィークでしたね。
実は、初めて男の人と二人で観た映画が、この『愛と哀しみの果て』だったんです。
その時見て以来、なぜか再び見る機会がなくて・・・(もう一度見たい、という思いはあったのですが)
今回約32年ぶりの再視聴です。

あの時は、めちゃくちゃ緊張しながら映画を観ていたような気がしますが、
それでも、アフリカの大自然の美しさや、メリル・ストリープが物語を話すシーンなどは、
なぜか鮮明に覚えていて、見終わった後、「ふたりで飛行機に乗るシーン、よかったよね」なんていう感想を
ふたりで言い合ったこともしっかりと覚えています。















そう、ロバート・レッドフォードが、川辺で、メリル・ストリープの髪を洗ってあげるシーンも印象的でしたね。
若い頃は、ロバート・レッドフォードを見て「かっこいい」「素敵」って思ったことはなかったのですが、
今回、とっても素敵に見えました。
この年齢になったからこそ、彼の良さを知ることができた、ってことでしょうか。

当時は、アフリカの自然の美しさや厳しさ、ばかりに目が行っていたような気がしますが、
今改めて観てみると、やはり男女の恋愛感情や心の行き違い、人としての生き方なんかを
深く考えてしまいます。
ロバート・レッドフォード演じるデニスは、とても素敵な人で、多分私が同じ境遇にいても恋に落ちると思います(笑)
メリル・ストリープ演じるカレンは、とても強い女性ですが、好きな人には、「そばにいてほしい」「自分の人であって欲しい」と求めてしまいます。でも、デニスは「僕は誰のものでもない」「自由でいたい」と考える人なんですね。

デニスのお葬式で、カレンが弔辞を読むシーンがありますが、
最後に、
「彼は、誰のものでもなかった、私のものでも・・・」と言います。

あの時一緒に映画を観た彼と、もしも、もしも、また一緒に映画を観れるなら、
「デニスの生き方をどう思う?」とか、「カレンみたいな女性はどう?」なんて質問もできるのにな~~
(当時の私にはできなかったから)
なんておバカな空想をしながら、一人家のソファに寝そべって映画を観終えました。

No title * by green_green
わあ~この映画、懐かしい😆映画の好みが似ているのか?毎回取り上げられる作品が楽しみです。私も10代の頃にみたっきり。二人で飛行機に乗って前と後ろで手を繋いだ場面がとても印象に残っています。仰る通り、当時はそれ以上深いことはなかなかわからなかったけれど今、観賞してみたらもっと深い部分に共感できるのかなと思います。ロバートレッドフォードというとこのほかではギャツビー、追憶など懐かしいです。

No title * by おんだなみ
32年ぶりですか~、
同じ映画でも、年齢によって見方が変わりますね。
今の方が、色んな部分に関心が持てて更に楽しめる気もしますが、
若い時に見たキラキラした感じやドキドキ感は、
当時しか感じれないかも知れませんね。

No title * by green
Greenさんから映画の好みが似ていると言ってもらえて、なんだか光栄です♪
映画を観て、原作を読みたくなり、早速amazonで注文してしまいました。
ロバート・レッドフォードの追憶もいいですね!
見たくなりました。

No title * by green
おんだなみさん、あの頃は、確かにキラキラしていたかもしれませんね。
自分で言うのも何ですが、初々しいです(笑)
若い頃にみた映画を、今になって見返すのもまた新たな楽しみです。

No title * by はなまめ
私もこの映画、昔見ました~。
髪を洗ってもらうシーンは印象的でしたね~。
当時は、「こういう恋愛もあるのか・・・」で終わっていましたが、今見るとまた違う感想になるのでしょうね。

No title * by green
はなめさんもご覧になったのですね!
歳をとると人生観も変われば恋愛観も変わるんでしょうか??
最近は、過去に見た映画を見返すことが多くなりましたが、それも映画の楽しみのひとつですね♪

2018-04-11 (Wed)

44MAGNUM PAULさんの記事が出たので・・・

44MAGNUM PAULさんの記事が出たので・・・

先日、44MAGNUM のライブの記事を書きましたが、その時の記事が出たので、ここに紹介しておきます。パーキンソン病から復活の梅原”PAUL”達也 35周年ライブ成功の裏に壮絶手術https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/974629/よかったら見てみてくださいね。去年NHKで放送されたPAULさんの番組、私ももちろん見ました。録画していて、今もとってあります。そんなすごい手術が可能なの?っていうようなすごい手術で...

… 続きを読む

先日、44MAGNUM のライブの記事を書きましたが、その時の記事が出たので、
ここに紹介しておきます。

パーキンソン病から復活の梅原”PAUL”達也 35周年ライブ成功の裏に壮絶手術

よかったら見てみてくださいね。

去年NHKで放送されたPAULさんの番組、私ももちろん見ました。
録画していて、今もとってあります。
そんなすごい手術が可能なの?っていうようなすごい手術でした。
医学は今もどんどん進歩している。
治らない病気だって言われているけど、もしかしたら治療可能な日がやってくるかもしれません。

PAULさん、どこまでも、いつまでも、ついていきます!!
2018-04-11 (Wed)

春の強風、勘弁してください・・・

春の強風、勘弁してください・・・

春のこの時期、強い風が吹く日が多くなります。ここ1~2週間、ほんとうに風が強いです。この時期は、クレマチスが新芽をぐんぐん伸ばし、蕾をつける頃なのですが、クレマチスの若い葉っぱは、強風にとっても弱いのです。強い風にあたってしまうと、葉っぱが傷んだり、蕾をつけた若い茎が折れたりします。我が家は7階、ベランダは、ひときわ強い風が吹きつけます。可愛いクレマチスを守るために、風が強くなるたびに、こうやって部...

… 続きを読む

春のこの時期、強い風が吹く日が多くなります。
ここ1~2週間、ほんとうに風が強いです。

この時期は、クレマチスが新芽をぐんぐん伸ばし、蕾をつける頃なのですが、
クレマチスの若い葉っぱは、強風にとっても弱いのです。
強い風にあたってしまうと、葉っぱが傷んだり、蕾をつけた若い茎が折れたりします。
我が家は7階、ベランダは、ひときわ強い風が吹きつけます。
可愛いクレマチスを守るために、風が強くなるたびに、
こうやって部屋の中に避難させます。


























クレマチス同様、ブルーベリーも、部屋に避難です。
せっかくたくさん花を咲かせてくれているのに、結実する前に花が吹き飛ばされてしまいます。

今日も朝からびゅーびゅー強い風が吹いています。
あ~~~風さん、もう勘弁してください。

今年のクレマチスは、どれだけ花を咲かせてくれるかな~~~
ブルーベリーは、たくさん実をつけてくれるかな~~~
今から楽しみですが、その前に、しばらくは強風から守ってあげなければならないようです。
2018-04-09 (Mon)

BOMBARD ATTACK 44MAGNUM 35th ANNIVERSARY

BOMBARD ATTACK 44MAGNUM 35th ANNIVERSARY

ここ何年か、私の恒例行事みたいになっていますが、今年も4月4日、44MAGNUMの日にライブに行ってきました。今年は、なんといっても、44MAGNUM デビュー35周年。4月4日がANNIVERSARY の始まりです。ライブが始まり・・・最初の何曲かは、STEVIE が加入した後のアルバムからの曲で、ボーカルはPAUL とSTEVIE のツインボーカルでしたが、その後は、ほとんどPAULさん一人で歌いました。デビュー当時のオリジナルメンバーのス...

… 続きを読む

ここ何年か、私の恒例行事みたいになっていますが、
今年も4月4日、44MAGNUMの日にライブに行ってきました。
今年は、なんといっても、44MAGNUM デビュー35周年。
4月4日がANNIVERSARY の始まりです。













ライブが始まり・・・最初の何曲かは、STEVIE が加入した後のアルバムからの曲で、
ボーカルはPAUL とSTEVIE のツインボーカルでしたが、
その後は、ほとんどPAULさん一人で歌いました。
デビュー当時のオリジナルメンバーのステージをみんなに見せたかったってPAULさん言ってました。

いつものナンバーの他に・・・・
今回は、BANさんのソロ曲、JEALOUS NIGHT 
JIMMY さんのソロ曲、FLASHBACK もやってくれました。

特に、BANさんのJEALOUS NIGHT すごくよかった~~~~
BANさん、すっごく声が高いのよね。
(YOUR HEART のBANさんのコーラスも大好きです)
それから、この曲ドラムもすごくかっこよくって、ベースラインもいいんです!
もうシビレました。
家に帰って、JEALOUS NIGHT 改めて聴きなおしました(笑)

アンコールからは、STEVIEが再び加わり、なんとアコースティック演奏。
JIMMYさんとBANさんがアコースティックギター、JOEさんがパーカッション、
PAULさんとSTEVIEのボーカルです。
THIS TIME と、YOU ARE EVERYTHING TO ME です。
YOU ARE EVERYTHING TO ME ライブで聴くのは初めて!
この曲、個人的に大好きなので、とっても感激しました。

みなさんのとってもかっこいい姿を見ることができて、大満足!
いい汗かきました。

次回は、新しいアルバムをひっさげてのライブですね!
10月8日です。
もちろん、チケット申し込み済で~~す💛
2018-04-08 (Sun)

そろそろ新しい生活が。

そろそろ新しい生活が。

お久しぶりです。一か月ほどブログを更新できずにいました。3月はなんだか忙しくって、とても慌ただしかったです。ふたりの息子の卒業式、入学の手続き、夫の検査入院、私の実家への帰省・・・自分のことはすべて後回しで、家族の世話ばかり焼いていたような気がします。長男の予備校を決めるのもいろいろ悩みましたが、本人が一番気に入ったところに無事決めることができました。(ほっと一安心)いくつかの予備校の説明会に参加...

… 続きを読む

お久しぶりです。
一か月ほどブログを更新できずにいました。
3月はなんだか忙しくって、とても慌ただしかったです。
ふたりの息子の卒業式、入学の手続き、夫の検査入院、私の実家への帰省・・・
自分のことはすべて後回しで、家族の世話ばかり焼いていたような気がします。

長男の予備校を決めるのもいろいろ悩みましたが、
本人が一番気に入ったところに無事決めることができました。(ほっと一安心)
いくつかの予備校の説明会に参加しましたが、さすが教育のプロ、
というよりは、大学受験のプロですね。
大学に受けるためのノウハウを熟知していて、
予備校の教育システムの説明を聞いているだけで、
「ここで勉強すればどんな大学でも受かるのではないか」という錯覚さえ抱いてしまいそうになります。
(予備校の先生は、話がうまい!!)
早速春期講習を受けた息子ですが、講師の授業もなかなか為になったようです。
たとえば、英語の文法なんかも、
これまでの学校の授業では、教科書に書いてあることをそのまま伝えるだけだったのに対し、
予備校の授業では、
「なぜそういう構文になるのか、この言葉にはどんな働きがあるからこういう語順になるのか」
というところまで説明してくれたそうで、英語が苦手な息子も、「納得できた」授業だと言っておりました。

予備校が本格的に始まるのは、来週の半ば・・・・
息子は、春期講習の1週間を除き、超ダラダラの生活を送っています。
そんなにダラダラできるのも今週いっぱいだぞ~~~~~
来週からは、勉強漬けの毎日が待っています。

先週の金曜日は、次男の高校入学式でした。
春休みにかなりの量の宿題が出され、「宿題が多すぎる~~~」と嘆いています。
他の高校に比べても、次男が通う高校の宿題ははるかに多いようです。がんばれ~~~
そして、明日からは早速お弁当を持っての登校です。
一か月以上お弁当作りをお休みしていた私、
久しぶりのお弁当作りが始まります。

子どもたちが学校に通うようになれば、ゆっくりブログも書けると思います。
書きたいことが山積みなので(笑)
今日のところは、ここまで♪