緑の光線

Top Page › Archive - 2018年08月
2018-08-31 (Fri)

ルーブル美術館展に行ってきました。

ルーブル美術館展に行ってきました。

今年の夏休みは、予備校生がいることもあって、家族での旅行は無しになりました。夏休みだからといって、特別におでかけするわけでもなく、私の実家にちょっと帰省したくらいです。今週、仕事が思いのほか少なく、自由な時間が持てたので、以前から気になっていた、新国立美術館での『ルーブル美術館展』に思い切って行ってきました。開催期間終了間近だし、夏休みも終わりに近いし、そんなに混んでないだろうと思いきや、入場まで...

… 続きを読む

今年の夏休みは、予備校生がいることもあって、家族での旅行は無しになりました。
夏休みだからといって、特別におでかけするわけでもなく、
私の実家にちょっと帰省したくらいです。

今週、仕事が思いのほか少なく、自由な時間が持てたので、
以前から気になっていた、新国立美術館での『ルーブル美術館展』に思い切って行ってきました。
開催期間終了間近だし、夏休みも終わりに近いし、そんなに混んでないだろうと思いきや、
入場までに20分待ちで、入場制限がかかるほどでした。
(東京の美術館って、ほんとうに人が多い!)

鑑賞する人が多かったですが、ひとつひとつの作品を、説明もちゃんと読みながら
じっくりと見ることができました。

今回の『ルーブル美術館展』は、
肖像芸術 人は人をどう表現してきたか というのがテーマです。


















死人の肖像、神に捧げるための肖像、権力者の肖像、貴族の肖像・・・
などとテーマごとに、彫刻、絵画による肖像の作品の数々・・・

ギリシャ・ローマ時代の大理石の肖像(彫刻)をいくつも見ましたが、
あの時代の権威ある人って、布をまとってるでしょ。
その、薄い布を体にまとった感じ、布のひだの感じ、布のやわらかさ、みたいなのが、
大理石でよく表現できるなって、感嘆の連続でした。

絵画でも、貴族の方が着ているお洋服のビロードのなめらかさ、襟元のレース、よく油絵で表現できますよね。
絵を通して、着ている洋服の素材がわかっちゃうんです。すごいな~~~

肖像ですから、顔にも注目ですよね。
肖像から、その人の性格なんかも伝わったりしますよね。
穏やかな表情だな~~とか、眉間にしわが寄っていて気難しそう、とか・・・

フランス王妃マリー=アントワネットの胸像もありましたが、それはそれは高貴な表情で、
今にも「お~~ほっほっ」って笑いだすんじゃないか、という表情でした(ただの私の先入観かもしれませんが)

久しぶりの美術館、やっぱり絵や彫刻を見るのは楽しいですね~~
少しだけ感性が豊かになったような???

せっかく東京に出たので、足を延ばして銀座に行ってみました。
結婚する前までは、毎週末のように銀座をぶらぶらしていたのですが、
子どもが出来てからまったく行けなくなり、
およそ19年ぶりくらいの銀座です。

大好きだった、銀座三越に行ってみました。
以前の三越に比べて、格段に高級感が増したような・・・・
前は、気軽に三越で洋服やバッグ、靴を買っていたのに・・・
今の三越では何も買えない・・・・
私、お呼びでないよね・・・・と心の中でつぶやきながら、
高級感だけを味わって、三越を後にしました。

それからシネスイッチ銀座にも行ってみました。
すっかり建物が新しくなっていて、昔の面影は薄れていましたが、
入り口が2か所になっているのを見て、とても懐かしかったです。
今度時間があるときに、ここでゆっくり映画をみたいな~~
中も綺麗になってるんだろうな~~~

たった一日でしたが、私だけの夏休みとなりました。
思い切って出かけてよかったです♪
スポンサーサイト



No title * by おんだなみ
東京の有名な美術展は、ホント大混雑ですよね、
見たい気持ちはありつつも、つい、敬遠してしまいます。
そんな中、しっかり説明も含め見られたのは、良かったです。
銀座に行くと、それだけで、何となく都会の人になった気がして
私も大好きな場所です、買わなくても、見ているだけで、
ちょっと裕福に成った気分に成りますね。
今度は、映画鑑賞でしょうか。

No title * by green
おんだなみさん、敬遠したくなる気持ち、わかります。
地方出身の私からすると、美術館に入るのに列を作るなんて、ちょっと考えられないです(笑)
銀座、高級店がたくさん並んでて、通りを歩くだけでも、なんだか楽しいですよね。
今度は、銀座で映画を観たいです!

No title * by はなまめ
東京はいい美術展が次々開催されるのですが、どこも混むので見に行くのにも気合が要りますよね。涼しくなったらまた出かけたいです。
久しぶりの銀座も堪能されたんですね~。

No title * by green
はなまめさん、そうなんですよね~~~
人と人の間から作品を見てる気になります。
出かけた日も、猛暑、いや酷暑でした。
秋になったら私もまたちょっと足を延ばしたいです。

2018-08-29 (Wed)

資産運用セミナーに行ってきました。

資産運用セミナーに行ってきました。

いつもお世話になっている銀行主催の、資産運用セミナーに行ってきました。題して、誰でも簡単!”つみたて”ではじめる資産運用 よりよい明日のためのお金の使い方 ~今こそつみたて投資~ま、運用するほど、たいして資産もないのですが・・・こころのところ、よく耳にするつみたてNISAにちょっと興味がありまして、勉強のためと思って参加してみました。お話してくださったのは、コモンズ投信株式会社の社長さんでして、とっても...

… 続きを読む

いつもお世話になっている銀行主催の、資産運用セミナーに行ってきました。
題して、
誰でも簡単!”つみたて”ではじめる資産運用 
よりよい明日のためのお金の使い方 
~今こそつみたて投資~

ま、運用するほど、たいして資産もないのですが・・・
こころのところ、よく耳にするつみたてNISAにちょっと興味がありまして、
勉強のためと思って参加してみました。

お話してくださったのは、コモンズ投信株式会社の社長さんでして、
とってもわかりやすい説明だったので、いろいろと勉強になりました。

最初に、運用する資産がない、と書きましたが、
日本人の場合、60歳代になってから、まとまったお金、つまり退職金を運用する・・・
というパターンが多いらしいです。
対して、アメリカ、イギリスなどでは、60歳までに、しっかり資産運用、つまり投資をしてお金を増やすんだとか・・

資産運用、ていうと、一部の富裕層がやるものだというイメージがありますが、
一般の人が銀行に預けている預貯金を、個人がしっかり運用して増やしていけば、日本の経済はもっと活性化するというお話でした。
そういうわけで、NISAつみたてNISAという制度ができたんでしょうね。

今回は、”つみたて”に的を絞ったお話でしたので、
”つみたて”で投資することのメリットなどを曖昧ながらも理解することができました。
それから、企業の見方、良い企業をどう判断するか、についても、勉強できたように思います。
世界市場で競争力がある企業、
企業理念、企業文化がしっかりしている企業、
社会貢献にきちんと取り組んでいる企業・・・・
そういう企業を長期的な視点で判断しなくてはならないようです。

ま、難しいことはよくわかりませんが・・・・
とりあえず、つみたてNISAを始めてみようと思います。
来週あたり、銀行窓口で、具体的な話を聞こうかなと思っています。

我が家のふたりの子どもの学費・・・・
結構な金額になります。
私は、銀行の定期預金でコツコツ貯めてきましたが、つみたて投資信託だったら、もうちょっと増えてただろうにな・・とか思ったり・・・

そうそう、今回のセミナー、参加者は10名ほどだったのですが、
ほぼ男性でした。
女性は私ひとりかと思いきや、小さなお子さんを連れた若いお母さんもひとりいらっしゃって、
若いうちから、しっかりお金のこと考えているんだな~~と感心しちゃいました。



2018-08-15 (Wed)

阿久悠リスペクトコンサートを見て。

阿久悠リスペクトコンサートを見て。

1か月近くブログを書けないでいました・・・子どもが夏休みに入るとね・・なんとなく生活のリズムが狂って・・・例年以上に暑い日が続いていますが、なんとか元気にやっています。2週間前くらいだったかな・・・NHKのBSで、二日間にわたって、阿久悠さんのリスペクトコンサートが放送されていたので録画して見ました。(実際のコンサートは去年行われたもので、放送自体も再放送だったみたいですが)いろんな歌手の方が次々に阿...

… 続きを読む

1か月近くブログを書けないでいました・・・
子どもが夏休みに入るとね・・なんとなく生活のリズムが狂って・・・

例年以上に暑い日が続いていますが、なんとか元気にやっています。

2週間前くらいだったかな・・・
NHKのBSで、二日間にわたって、阿久悠さんのリスペクトコンサートが放送されていたので録画して
見ました。
(実際のコンサートは去年行われたもので、放送自体も再放送だったみたいですが)
いろんな歌手の方が次々に阿久悠さんに書いてもらった、自分の持ち歌を歌ってくれるのですが、
改めて・・阿久悠さんって、すごいですね💦
阿久悠さんは、生涯5000曲の歌詞を書いたそうなんですが、
特に70年代のヒット歌謡曲、ほとんど阿久悠さんが書いたのではないかと、思えるほどでした。

ピンクレディー、フィンガー5のヒット曲を始め、石川さゆりさんの津軽海峡冬景色だとか、
沢田研二さんの勝手にしやがれとか、八代亜紀さんの舟歌だとか、もう大ヒット曲のオンパレードです。
この曲もそうだったの?? これもそうなの??という驚きと、
阿久悠さんの歌詞の世界観というか、そのドラマ性にも感嘆しながら、70年代の素晴らしい歌謡曲の数々に
酔いしれました。

特に私の心にじ~~~んと来たのが、岩崎宏美さんの、『思秋期』という曲です。
10代終わりの、幼い恋の記憶がさ~~~っとよみがえるようなそんな気分になり、なんだか泣けてきます。
卒業式の前の日に、心を告げに来た人は、私の悩む顔見て、肩をすぼめた
この1行だけでも、女の子が返事を言いあぐねたときの想いとか、肩をすぼめるしかなかった男の子の心境なんかをいろいろ想像しちゃいます。。。
ほんとうにいい曲。

そしてもう1曲、大橋純子さんの『たそがれマイ・ラブ』という曲です。
作曲は、筒美京平さん(あの、サザエさんのオープニング・エンディングを作った人ですね。あ、もちろんそのほかにもたくさん作曲されていますが)
もう、これも本当にいい曲。
よかったら、you tubeで聴いてみてくださいね。https://www.youtube.com/watch?v=42qbdaMULwo
しびれた指、滑り落ちた、珈琲カップ、砕け散って
別れを告げられた女性の動揺が伝わりますよね・・・(と勝手に想像)
そして、大橋純子さん、本当に歌がうまい!!

改めて、70年代ってよかったな~~って思う。
ここ数年、80年代がブームになってるけど、
私は、肩パッドが入った、イケイケでキラキラな80年代よりも、
70年代の、しっとりした歌謡曲が好きです。
小学生のとき、久保田早紀さんの『異邦人』とか、渡辺真知子さんの『カモメが飛んだ日』とか、
こたつの上に立ってよく歌ってました。(あ、これは阿久悠さんではないですが)

阿久悠さんのリスペクトコンサート、
もし、ヒデキの体調が悪くなかったら、きっとこのコンサートにも出場して歌ってたんだろうなと思うと、
また悲しくなってしまった。
きっと、『若き獅子たち』を歌っただろうに・・・

ヒデキが亡くなってから3か月が経ちますが、毎日のようにヒデキの歌を聴き、歌う姿を見つめて、
泣いてしまったり、元気をもらったり・・・しています。

大橋純子さんのCDも欲しいな・・・・


No title * by おんだなみ
子供の夏休みは、お母さんにとっては更に忙しいですよね、お疲れ様です。
小学生~中学生の頃は、阿久悠さんの歌を聞かない日は、無かった気がします。
当たり前すぎて、普通に聞いていたけど、すっと心に沁みていたのか、
今でも、口ずさむ事が出来ます。
シンガーソングライターを否定するモノではありませんが、
詩を作る人、曲を作る人、それを歌う人 それぞれの職人のおかげで
力強い歌に成っていたのかも知れないと思います。

No title * by green
おんだなみさん、私の言いたいことを言ってくださいました。
本当に同感です!
シンガーソングライターももちろん素敵ですが、以前は、プロの作詞家、プロの作曲家、そしてプロの歌い手が、分離分業で素晴らしい仕事をして、素晴らしい作品が出来上がっていたように思います
そうそう、演奏も一流でしたね。
1970年代のヒット曲、今でもすらすら歌えちゃいます。