緑の光線

Top Page › Archive - 2018年10月
2018-10-31 (Wed)

高尾山へ一人山ガール?!

高尾山へ一人山ガール?!

いい歳して、山ガールだなんてスミマセン・・・息子から速攻「山ガール???山おばさんでしょ!」ってつっこまれそうです。確か、今年の年始のブログで、今年やりたいこととして、高尾山登山を挙げていたような気がしますが、昨日、それを実行してきました。仕事が入らず、急に時間がとれ、しかもお天気がとってもよかったので、思い立ったら即実行で行ってきました。我が家から、高尾山口駅まで電車を乗り継ぎおよそ一時間。結構...

… 続きを読む

いい歳して、山ガールだなんてスミマセン・・・
息子から速攻「山ガール???山おばさんでしょ!」ってつっこまれそうです。

確か、今年の年始のブログで、今年やりたいこととして、高尾山登山を挙げていたような気がしますが、
昨日、それを実行してきました。
仕事が入らず、急に時間がとれ、しかもお天気がとってもよかったので、思い立ったら即実行で行ってきました。

我が家から、高尾山口駅まで電車を乗り継ぎおよそ一時間。
結構短時間で来られます。
ケーブルカーに乗って、高尾山駅に到着します。
このケーブルカー、ものすごい急傾斜で、確かアナウンスで日本一の勾配だとか言ってたような・・・
垂直に近いくらいの傾斜でぐんぐん登っていきます。

ケーブルカー降りて、初心者でも大丈夫な王道コースを歩いて山頂を目指します。
途中高尾山薬王院に立ち寄り、息子の合格祈願です。




















合格させてください、ではなく、息子にやる気のパワーがみなぎりますように・・・
息子が本来の実力を発揮できますように・・・とお祈りしました。
(神様、どうかお願いします)
息子に合格祈願のお守りを買い、再び山頂を目指します。

ケーブルカーを降りて、40分くらい歩いたのかな・・・
頂上に到着しました。























そして、頂上まで頑張ったご褒美として、
私を待っていたのは、富士山でした。






















富士山、やっぱり美しい~~~~
この富士山を眺めながら、自分で握ってきたおにぎりをほおばり、自分で入れてきたコーヒーを飲みました。
昨日は、本当に見事な秋晴れで、富士山もくっきり!
私のデジカメが古すぎて、秋晴れのすっきり感をうまくお伝え出来ないのが残念ですが・・・

帰りは、来た道とは、違うコースを歩いてケーブルカーの駅まで下山です。
途中こんな吊り橋も渡りました。




紅葉はまだそこまで進んでいませんでしたが、鳥のさえずりが聞こえたり、赤く染まったもみじが見られたり、
大きな杉の木に圧倒されたり、
大いに自然を満喫してきました。

今回は行きも帰りもケーブルカーに乗りましたが、
次回は、帰りを全部歩きにしてみるとか・・・
少しずつハードルを上げて、
そしてゆくゆくは、
往復歩きでの登山に挑戦してみたいな~~~なんて。

歩きのコースも、いろいろとあるみたいので、また是非来たいです!

スポンサーサイト



No title * by おんだなみ
紅葉の時期には、まだ早いのでしょうけど、この緑は気持ちいいですね。
最初ですから、ケーブルカーを使っての登頂は、いいですね。
これから、徐々に、色んなコースを巡る楽しみもあるし。
合格祈願、実りますように。

No title * by green
おんだなみさん、いずれは高尾山、徒歩での登頂を目指したいです!
ま、いつのことになるやら・・ですけど(笑)

No title * by はなまめ
お天気も良くて、紅葉・富士山も楽しめて良かったですね~。
ケーブルカーを利用すれば、1時間かからずに登れるんですね。
息子さんが合格なさって、お礼参りが出来ますように♪

No title * by green
はなまめさん、そうですね!是非合格お礼参り、行きたいです!
実現するといいけど・・・

No title * by なるみ
greenさん

初コメントになりますm(._.)m
山ガールならぬ山ミセス?
不適切な発言ですかね??
こういう時期なら山は気持ちいい
でしょうね。
もうすぐで潮時かもですが (^_^;)

No title * by green
ぬるくまさん、初めまして。コメント、ありがとうございます♪
山ミセス、いいですね~~
山おばさんって言われるよりも、断然響きがいいです!
定期的に高尾山に通いたいなと思っているところです。

2018-10-25 (Thu)

DEF LEPPARD - Hysteria - PERFORMED IN ITS ENTEIRETY & MORE

DEF LEPPARD - Hysteria - PERFORMED IN ITS ENTEIRETY & MORE

昨日、DEF LEPPARDの武道館公演を見てきました。楽しかったです♪今回の公演は、1987年に発売されたアルバムHYSTERIA を全曲再現する、というものでした。アルバムのトラック順通りに全12曲やってくれました~~メンバー全員50代後半です。ギターのフィル・コリンなんか、60歳だし・・・(でも、フィル・コリンは、いつも上半身裸で、60歳とは思えない筋肉です)さすがにボーカルの衰えは感じないでもないですが、やっぱり彼...

… 続きを読む

昨日、DEF LEPPARDの武道館公演を見てきました。
楽しかったです♪

今回の公演は、1987年に発売されたアルバムHYSTERIA を全曲再現する、というものでした。
アルバムのトラック順通りに全12曲やってくれました~~

メンバー全員50代後半です。
ギターのフィル・コリンなんか、60歳だし・・・(でも、フィル・コリンは、いつも上半身裸で、60歳とは思えない筋肉です)

さすがにボーカルの衰えは感じないでもないですが、
やっぱり彼らの音楽は人をひきつけます。
私は、どちらかというと、もっとダークな音楽の方が好みで、
DEF LEPPARDのギターのリフや音質は、そんなに好みというわけではないんだけど、
でもなぜか好きなんです・・・
楽曲全体に優しさがあるというか、エモーショナルなんですよね。

アンコールでは、HYSTERIA以外のアルバムから、ヒット曲をがんがんやってくれました。
LET'S GET ROCKEDや、ROCK OF AGES・・・
最後の締めはPHOTOGRAPHでした♪

お客さんは、やっぱり私と同年代の方が大半で、
ロックおじさん、ロックおばさん、日ごろの疲れをふっとばすかのように、
みんなでDEF LEPPARDを楽しみました^^




No title * by おんだなみ
好きなアーティストのライブで盛り上がれるのって、
何だか、羨ましいです。
50代後半でもパワフルな演奏なんでしょうね。

No title * by green
おんだなみさん、音楽やっている人ってみんな若いような気がします。
60、70過ぎてもパワフルなアーティスト、たくさんいますよね。
私はそんなアーティストの姿を見て、元気をもらっています♪

2018-10-23 (Tue)

『アフリカの日々』アイザック・ディネーセン著

『アフリカの日々』アイザック・ディネーセン著

『アフリカの日々』 アイザック・ディネーセン著これは、映画『愛と哀しみの果て』(Out of Africa)の原作です。著者が、アフリカにやってきて、農場主として過ごした日々を綴っています。最初は夫の道楽に付き合わされる形でアフリカにやってくるわけですが、夫はコーヒー園経営をとっとと諦めて帰ってしまいます・・・著者は、ひとりアフリカに残り、アフリカの人々と時にぶつかり、彼らを理解しながら、アフリカでの日々を過...

… 続きを読む

『アフリカの日々』 アイザック・ディネーセン著

これは、映画『愛と哀しみの果て』(Out of Africa)の原作です。
著者が、アフリカにやってきて、農場主として過ごした日々を綴っています。
















最初は夫の道楽に付き合わされる形でアフリカにやってくるわけですが、
夫はコーヒー園経営をとっとと諦めて帰ってしまいます・・・
著者は、ひとりアフリカに残り、アフリカの人々と時にぶつかり、彼らを理解しながら、
アフリカでの日々を過ごします。

アフリカといっても、いつくもの部族があるわけです。
ヨーロッパとアフリカでは価値観が異なる・・というのはたやすく想像できますが、
アフリカの部族によっても、価値観が異なるんです。
何か事件が起きると、まずその価値観の違いがことをさらにややこしくします。
ですが彼女は、相手の価値観をとことん理解しようとします。
そして、決して相手の価値観を頭から否定するのではなく、うまく折り合いをつけて解決していく・・・
グローバル化が進む現代の私たちに必要な姿勢なのではないかと思いました。

映画では、デニスとの恋愛が中心でしたが、この『アフリカの日々』では、彼女の回顧録の一部となっています。
彼は、彼女にとって、特別な友人、よき理解者であったようです。

様々な登場人物とそれにまつわるエピソードが紹介されていますが、
名前をなかなか覚えられなくて、
(あれ、こては誰のお父さんだっけ?この人はキクユ族だっけ?ソマリ族だっけ?)
と、登場人物がごちゃごちゃになり、わからなくなると少し読み返して・・を繰り返し、
読み進めるのに、少し苦労しました(笑)

でも、一度読んだだけでは、読み取れてない部分が残っているような気がして・・・
時間をおいて、また読んでみたいと思っています。




No title * by おんだなみ
映画と小説で、大分、内容が違ってるんですね、
小説から入るのは、人によっては難しいのかな、
多くの人に見て貰う為に、テニスと恋愛を中心にしつつ、
エッセンスは残したのかも知れないですね、
それを感じた人が、もっとその世界を知りたくなって読む感じなのかも。

No title * by はなまめ
映画は恋愛ものとして見ましたが、原作は違うんですね。
色々な価値観の人と、程よく折り合いをつけて共存していくって、いつの時代でも大事なことですね。実践は言うほど簡単ではないですが。

No title * by green
おんだなみさん、文学作品や漫画の映画化の場合、原作に忠実な映画もれば、原作をベースにアレンジを加えた映画もありますよね。『愛と哀しみの~』は、まさしく後者ですね。
私は、基本、映画を観てから原作を読むパターンが多いですが、この作品の場合、どちらが最初でもそれぞれに楽しめそうな気がします。

No title * by green
はなまめさん、映画は確かに恋愛が中心でしたね。
アフリカは、国で成り立っているというよりは、民族で成り立っているのだと感じました。

2018-10-16 (Tue)

パンドラの箱、モチーフを横につないでいます。

パンドラの箱、モチーフを横につないでいます。

パンドラの箱、モチーフ559枚縫い終わりまして、ただいま横につないでいます。全部縫い終わったモチーフを、色合いを見ながら一応全部並べてみて配置を決めました。ですが、それを広げっぱなしにしておくわけにもいかないので、一列ずつ右側から重ねて、番号を振って、輪ゴムでとめています。こういう作業は全然苦になりません。夜な夜なドラマを見ながら、チクチクです。あ~~~楽しい~~~~...

… 続きを読む

パンドラの箱、モチーフ559枚縫い終わりまして、ただいま横につないでいます。
全部縫い終わったモチーフを、色合いを見ながら一応全部並べてみて配置を決めました。
ですが、それを広げっぱなしにしておくわけにもいかないので、
一列ずつ右側から重ねて、番号を振って、輪ゴムでとめています。
こういう作業は全然苦になりません。
夜な夜なドラマを見ながら、チクチクです。
あ~~~楽しい~~~~



No title * by おんだなみ
これだけの種類の生地を集めるのも大変だし、それをつなげるのも
根気が要りそうですね。
どんな作品になるのでしょうか。

No title * by はなまめ
これから一気に大きくなりそうですね~。
色合いのバランスを見ながら並べたりって楽しいですよね。

No title * by green
おんだなみさん、確かに根気が要りますが、楽しい作業です。
全部つながったら、また記事にしますので、見てやってください^^;

No title * by green
はなまめさん、並べるのも楽しいですし、少しずつつながっていくのも、また楽しいです♪

No title * by まぁちゃん
何ができあがるんですかー?
すごいですー!
できあがりを楽しみにしています!

No title * by green
まぁちゃんさん、180×180cmのキルトが出来上がる予定です。
何に使うかはまだ未定ですが・・・
出来上がりをここで紹介できるよう、頑張ります!

2018-10-12 (Fri)

大学入試センター試験、出願。

大学入試センター試験、出願。

今日は、大学入試センター試験、志願表提出締切日です。うちの長男が受ける予定です。去年は高校がまとめて提出してくれましたが、今年は浪人生ですので、個人で出願しなくてはなりません。試験料の納付もあるので、息子には、9月末あたりから、「早めに準備して」と、何度も何度も声をかけましたが、うちの息子、ほんと~~~~にギリギリにならないと動かない!!そして私のイライラが募る!!私がしつこくしつこく「早く準備し...

… 続きを読む

今日は、大学入試センター試験、志願表提出締切日です。
うちの長男が受ける予定です。




















去年は高校がまとめて提出してくれましたが、今年は浪人生ですので、
個人で出願しなくてはなりません。
試験料の納付もあるので、息子には、9月末あたりから、「早めに準備して」と、何度も何度も声をかけましたが、
うちの息子、ほんと~~~~にギリギリにならないと動かない!!
そして私のイライラが募る!!

私がしつこくしつこく「早く準備して!!」とせかし、ようやく一昨日の水曜日に、
試験料納付、および出願を終えました。
息子はおそらく金曜日(今日)ギリギリに出せばいい、なんて考えてたんでしょうけど、
「ねえ、もし木曜日の夜とかに私が急病で倒れたりしたらどうするわけ?出願できないよ!!」って脅すと、
「ま、なんとかなるでしょ」という、超楽観的な回答・・・
この、ギリギリにならないと動かない病、本当に痛い目に遭わないと治らないだろうな~~~~

大学入試センター試験も、あと2回で終わりますね・・・
うちの次男が大学を受験する年から、新しい試験に変わります。
つまりマークシートではなくなるわけです。
大学入試改革の意図はわかりますが、私個人的には、マークシート方式が最も合理的だと思うんですけど・・
これまでのマークシート方式では、「正解」さえできればOKでした。
しかし、これからの時代、思考力、判断力が求められるから、それじゃいかん、
試験でも、自分の考えを表現する力を問おう、というのが大学入試改革の目的のひとつですよね。
ま、そうなんですけど、
試験で、思考力、判断力を測るのは、相当困難なのではないかと・・・

私、一度だけ、高校生の国語の模試の採点をやったことがあるんですが、
(マークシートではなく、記述式テストです)
そりゃもう大変でした。
30字内で書け、とか50字内で書け、という記述の問題なんか、
部分点をどうするのか、どこまでを正解とするのか、その判断がとても難しかったんです。
どうしたって、採点者による配点の偏りがでてくるんじゃないかなと感じました。

相当数が受ける大学入試試験を記述式にすると、採点にものすごい労力、コストがかかります。
採点ミスが起こる可能性も出てきます。
リスクが大きいような気がします。

大学独自の試験(二次試験)は記述式が大半なのですから、
共通試験は、マークシートの方がいいんじゃないのかな~~~

それにしても、今の大学入試のシステム、複雑すぎます!!
入試の方法が多様化しています。
推薦入試や、AO入試があるのは知っていましたが、
今は、外部の試験を取り入れる大学もあるみたいで・・・
(例えば、英検やTOEICの結果を申請できるとか)
予備校の説明会を聴いてて思ったんですが、
こういう生徒には、こういうやり方が有利、とか、
この大学は一次と二次の配分がこうだから、数学が得意な生徒には有利、とか、
つまり、戦略が必要なんですね。
勉強に戦略が必要なのはわかりますが、
試験の受け方に戦略が必要だなんて、もうどういうこと!!って感じです。

選択肢が多いほど、自分により合った方法で受けられる、というメリットがあるんでしょうけど、
私個人としては、制度はもっとシンプルな方がいいのではと思います。

少子化とはいえ、ブランド力のある大学に受験生が集中する傾向があって、
自分が行きたい大学に受かるのは、かなり狭き門になっているようです・・・

受験生、頑張れ~~~~
No title * by まっちゃん
まあ~受験生がおられるんですね 頑張ってね、なにかと気をつかいますね

No title * by おんだなみ
余裕と言うか、のんびりしている息子さんに対し、気を揉んでいるお母さん。
何となく、分かります。
いや~、最近の受験って聞いてるだけでも、疲れそうです。

No title * by はなまめ
願書を出すといよいよ、っていう感じがしてきますね。
がんばれ~~

センター試験なくなるんですか?
採点が大変だし、不公平になるから、マークシートのままの方がいい気がするのですが…。

No title * by green
まっちゃんさん、そうなんです。しかも浪人生なので、二年連続受験生のいる生活です。
今年こそ決めて欲しいものです。

No title * by green
おんだなみさん、受験制度、ほんとうに複雑で私もよくわかっていません(笑)
2年後はさらに複雑になりそうな・・・

No title * by green
はなまめさんそうなんです。センター試験、なくなるんですよ。
しかも新しい試験がどうなるのか、まだちゃんと決まってなくて・・・
高校や予備校は対策がたいへんだと思います。もちろん受験生も!

2018-10-11 (Thu)

『ブルージャスミン』

『ブルージャスミン』

『ブルージャスミン』    Blue Jasmine     2013年 アメリカ映画 監督 : ウディ・アレン 出演 : ケイト・ブランシェット、 アレック・ボールドウィン、サリー・ホーキンス・・・久しぶりのウディ・アレン映画です。やっぱりおもしろい(笑)ケイト・ブランシェット演じる、主人公のジャスミン、まあはっきり言って、いけ好かない女性なのですが、どこか憎めません(笑)見栄っ張りで、自尊心が高くって...

… 続きを読む

『ブルージャスミン』    Blue Jasmine     2013年 アメリカ映画
 監督 : ウディ・アレン
 出演 : ケイト・ブランシェット、 アレック・ボールドウィン、サリー・ホーキンス・・・

久しぶりのウディ・アレン映画です。



やっぱりおもしろい(笑)

ケイト・ブランシェット演じる、主人公のジャスミン、
まあはっきり言って、いけ好かない女性なのですが、
どこか憎めません(笑)
見栄っ張りで、自尊心が高くって・・・
でも、何事も一生懸命やろうとする頑張り屋さんなところもあります。
彼女にしてみたら、自分の置かれている状況をわかってはいても、それは見てみぬふり?
それは自分のせいじゃない、私はちゃんとした女性だっていうことを必死にアピールしているように見えます。

すっからかんになったというのに、パートで働くなんてまっぴら。
自分はインテリアデザイナーになるといって、インターネット通信でデザイナー講座を受講しようとする。
だけど、パソコンのことをよく知らないから、その前にパソコン教室に通って、パソコンの勉強をしようとする。
だけど、内容が専門的過ぎてちんぷんかんぷん。それでも、ちゃんと聴こうとする。
(だって私はちゃんとした女性だから)
努力はわかるかけど、見ていてちょっとイタイ・・・

もうちょっと楽に行こうよ~~~って声をかけたくなる。
人間、現実をきちんと受け止めることが大事ですね。
見栄を張って、自分を繕っても、あとが大変になります。

ジャスミンの精神状態が不安定になるときのケイト・ブランシェットの演技がよいです♪
あと、元夫を演じているアレック・ボールドウィンの変わりようにびっくりしました。
若い頃のアレック・ボールドウィンしか知らないので・・・すっかり中年太りですね。
よく言えば貫禄が出たといいましょうか・・・

さすがはウデイ・アレンの映画作品でした。


No title * by green_green
アレック・ボールドウイン、初めてみたのは「フラットライナーズ」という映画だったと思います。女性にモテそうな色男・・という雰囲気でしたが・・・いまの彼はどんなになっているのでしょう。そういえばミッキー・ロークもすごい変わりようで、最初誰かわからず同じ名前の俳優さんかしら?と思ったほどです(笑)
この作品のケイト・ブランシェットが演じる女性は現実をなかなかみようとしない人物なのでしょうか。興味がわいてきました。機会があったら見てみたいと思います(#^^#)

No title * by green
Greenさん、アレック・ボールドウィンの変化は、ミッキー・ロークの変化と似ていると思います(笑)
ケイト・ブランシェット演じるジャスミンは、セレブな生活から財産ゼロの生活に急降下してしまうんですけど・・・セレブな頃の自分を失いたくないんですね。
そんなに見栄を張らなくてもいいのに~~って思っちゃいます。

2018-10-10 (Wed)

44 MAGNUM 35th ANNIVERSARY LIVE 2018

44 MAGNUM 35th ANNIVERSARY LIVE 2018

すっかり私の定例行事となった、44 MAGNUM ライブ、今回も張り切って行ってきました。最近、年齢のせいか、妙に体が重かったり、だるかったり、頭がくらくらしたり・・・と、どこかに必ず体の不調がある毎日なのですが・・・・ライブが始まってしまえば、そんな憂鬱な気分はふっとびます!!(ほんとに)PAULの元気な姿を見て、こっちも元気になるし、BANの優しい笑顔に癒されます・・・そして、このライブの二日前に58歳の誕生...

… 続きを読む

すっかり私の定例行事となった、44 MAGNUM ライブ、今回も張り切って行ってきました。
最近、年齢のせいか、妙に体が重かったり、だるかったり、頭がくらくらしたり・・・
と、どこかに必ず体の不調がある毎日なのですが・・・・

ライブが始まってしまえば、そんな憂鬱な気分はふっとびます!!(ほんとに)
PAULの元気な姿を見て、こっちも元気になるし、
BANの優しい笑顔に癒されます・・・
そして、このライブの二日前に58歳の誕生日を迎えたJIMMYは、相変わらずのかっこよさです。
この日のJIMMYは、黒いタイトなシャツを、ボタンひとつだけ止める、というファッション。
(私個人的に、シャツの襟がはだけても許されるのは、ヒデキとJIMMYだけです!)
PAULが、「こんな58歳おらんやろ」みたいなことを言ってましたが、ほんとうにそう!
こんな色気のあるSEXYな58歳はそうそういないと思う!
(もしかして、若返りの魔法の薬とか飲んでるのではないだろうか・・・)
最後のアンコールでは、上半身裸になりましたが、58歳の体には見えなかったよ~~~

11月27日に発表される新しいアルバムの中の曲も披露。 そして、
なんと、ACTORから、Champ と、It's All Right Now をやってくれました。
ライブでChampを聴けるとは!!

ところで、スタンディングのライブに行くと、自分の背の低さがほんとうに嫌になります。
あと5cm、いや3cm身長が高ければ、楽しみも倍増するだろうに・・・・
いつも、前の人の頭、肩の間からのぞき見ています(トホホ)
MAGUNUのサイトに、ライブの写真もあがっていましたが、
そんなに広くもないライブハウスなのに、私は完全に周りのお客さんに埋もれてしまって、写っていません。
私の横にいた人はちゃんと写っているのに、まるで私はそこにいなかったかのようです。
シークレットブーツでも履いていこうかしら・・・

次回、12月2日のライブももちろN行きま~~~す!!


2018-10-05 (Fri)

『地下室のメロディ』

『地下室のメロディ』

『地下室のメロディ』  La Melodie En Sous-Sol     1963年 フランス映画 監督 : アンリ・ヴェルヌイユ 出演 : ジャン・ギャバン、アラン・ドロンアラン・ドロン好きなので、NHKでアラン・ドロンの映画が放送されれば、ついつい録画して見てしまいます。いや~~アラン・ドロンは、かっこいいですな~~~元祖イケメンですね!ジャン・ギャバン演じるシャルルと、アラン・ドロン演じるフランシスが、カジノ...

… 続きを読む

『地下室のメロディ』  La Melodie En Sous-Sol     1963年 フランス映画
 監督 : アンリ・ヴェルヌイユ
 出演 : ジャン・ギャバン、アラン・ドロン

アラン・ドロン好きなので、NHKでアラン・ドロンの映画が放送されれば、ついつい録画して見てしまいます。
いや~~アラン・ドロンは、かっこいいですな~~~
元祖イケメンですね!














ジャン・ギャバン演じるシャルルと、アラン・ドロン演じるフランシスが、カジノの売上金を強奪しようとして
失敗する、というお話。

ま、楽してお金は手に入らない、ということですね。

このシャルル、刑務所から出てきたばかりだというのに、真面目に働こうとは一切考えず、
大金を盗んで老後をゆっくり過ごそうと考えている。
しかも、自分は計画を立て、実行を指示するだけで、
一番たいへんなのは、フランシス。
運転手として無理やり犯行に加わせられたフランシスの義兄さんなんて、ほんとうは真面目な人なのに、
可哀想!

アラン・ドロン演じるフランシスは、ホテルの天井裏から建物の屋上に出て、通風孔をくぐり、金庫がある会計室に押し入るのですが・・・
アラン・ドロンがとっても身軽なのでびっくりしました。
おそらくスタントではないと思います。
アラン・ドロン、かなり身体能力の高い人だったのでは・・・

計画が失敗に終わったのは、シャルルにあるのでは???
いろいろと詰めが甘いような・・・
ていうか、そんな苦労をするくらいなら、真面目に働きましょう!

作品を通して流れる音楽が、とってもかっこいいです!



No title * by あきりん
ジャン・ギャバンが渋かったですね。それに対照的にドロンは初々しい感じがまだあって…。
(ドロンの役名はフランシスだったのでは?)
ブログを始めたばかりのころの記事ですが、TBさせてください。

No title * by green
あきりんさん、ご指摘ありがとうございます!
そうです、フランシスです。(なぜ間違えたのでしょう!)
フランシス、なんだかんだ言って、シャルルの言いなりでしたね(笑)

No title * by おんだなみ
NHKプレミアムシネマでアランドロンの映画が立て続けに放映されてますね、
私も、貯め取りして、いつ見るか思案中です。
さすがに泥棒してまでは、と思いますが、大金を得て、働かずのんびり過ごしたい
と言う願望は良く分かります。それにしても、イイ男ですな~

No title * by まぁちゃん
いろいろ観たり聴いたりしていらっしゃいますね!私も観たい作品がたまる一方で全然観れてないです~

No title * by green
おんだなみさん、そうですよね~~~アラン・ドロンの映画は結構見ているのですが、何度も見たくなるので、今回もしっかり録画です♪
アラン・ドロン、いい男ですよね。見ていて惚れ惚れします。

No title * by green
まぁちゃんさん、私も映画を何本も録画していて、たまっていく一方です。
のんびり映画三昧したいのですが、なかなか・・・・