緑の光線

Top Page › Archive - 2019年05月
2019-05-22 (Wed)

パンドラの箱、トップの完成。

パンドラの箱、トップの完成。

パンドラの箱のパターン、全部つなぎ終わりまして、トップの完成となりました。サイズは約180cm×180cmです。以前、ひとつだけパターンをつなぎ間違えたと書きましたが、ぱっと見、わからないので、もうこのままにします💦さて、あとはキルティングですね。裏布はもう用意してあるのですが、キルト芯がない!キルト芯を買わなければ・・・通販で買おうかな~~~同時進行で、随分前にトップだけ完成していた、アク...

… 続きを読む

パンドラの箱のパターン、全部つなぎ終わりまして、トップの完成となりました。
サイズは約180cm×180cmです。


以前、ひとつだけパターンをつなぎ間違えたと書きましたが、
ぱっと見、わからないので、もうこのままにします💦

さて、あとはキルティングですね。
裏布はもう用意してあるのですが、キルト芯がない!
キルト芯を買わなければ・・・通販で買おうかな~~~

同時進行で、随分前にトップだけ完成していた、アクスヘッドのパッチワーク、
キルティングを始めました。






これは落としキルトだけなので、
わりと早く完成させられるかな・・・・

いったん縫いだすと、
勢いがつきます!
完成に向けて、レッツゴー♪
スポンサーサイト



No title * by karasu
ナイス

No title * by green
karasuさん、ナイスコメントありがとうございます!

No title * by おんだなみ
おめでとうございます! またまた大作完成ですね。
一つだけ間違えたパターンのつなぎ、全然分かりませんよ~

No title * by はなまめ
次々大作の制作が進んでいますね~。
微妙なグラデーションがとってもきれいです。
やっぱりワンパッチは奥深くていいですね。

No title * by green
おんだなみさん、本当の完成ではないのですが・・・これからキルティング作業をして完成となります。
本当の完成までには、まだまだ道のりが長いですが、頑張ります!

No title * by green
はなまめさん、そういえば、両方ともワンパッチですね!
シンプルなだけに、バリエーションが多様で、そこが面白いですよね。

素敵! * by greengreen
こんにちは。(*^-^*) 私も遊びに伺いました。ブログはすっきりしていてきれいなレイアウトですね。

そしてこの大作!素晴らしいですね。どこが間違っているのか私にはまったくわかりません(^-^; アート作品を目にしているようです。大きなベッドやソファをすっぽりくるめるくらい? 温かな愛情を感じるインテリアになりそうですね。

Re: 素敵! * by green
greengreenさん、遊びに来てくださりありがとうございます。
新しいブログにまだ慣れず、四苦八苦しています。
キルト、本当の完成ではないのですが、
これからキルティング作業に入り、しっかり仕上げたいと思っています。

2019-05-16 (Thu)

秀樹さんの一周忌なので・・・

秀樹さんの一周忌なので・・・

昨日から、台所に立っている間、ずっとヒデキのCDをかけて、ヒデキと一緒に大熱唱しています♪ヒデキの声、しびれるな~~~うっとりするな~~~~ビブラートがたまらないな~~~明日はDVDを見ようかなきーみーはいま ぼーくのむねで ちょうにかわるよ・・・...

… 続きを読む

昨日から、台所に立っている間、ずっとヒデキのCDをかけて、
ヒデキと一緒に大熱唱しています♪

ヒデキの声、しびれるな~~~
うっとりするな~~~~
ビブラートがたまらないな~~~

明日はDVDを見ようかな

きーみーはいま ぼーくのむねで ちょうにかわるよ・・・
No title * by おんだなみ
そう、もう1年ですね、月日が経つのは早いです。
じゃ、私は持ってるシングル「ラストシーン」でも歌いましょか。

No title * by green
おんだなみさん、是非「ラストシーン」熱唱してください!!

No title * by 温駄並だす!
> greenさん
はい、熱唱します(笑)

2019-05-08 (Wed)

『ある愛の詩』

『ある愛の詩』

『ある愛の詩』  Love Story        1970年 アメリカ映画 監督 : アーサー・ヒラー 出演 : アリ・マッグロー、 ライアン・オニールある愛の詩といえば、あの、もの悲しいメロディーを思い出しますよね。子どもの頃、家にピアノの楽譜があって、練習して弾いていた記憶があるような・・・というわけで、映画音楽にはとても馴染みがあったのですが、意外にも、映画は今回初視聴です。格差恋愛に不治の...

… 続きを読む

『ある愛の詩』  Love Story        1970年 アメリカ映画
 監督 : アーサー・ヒラー
 出演 : アリ・マッグロー、 ライアン・オニール


ある愛の詩といえば、あの、もの悲しいメロディーを思い出しますよね。
子どもの頃、家にピアノの楽譜があって、練習して弾いていた記憶があるような・・・

というわけで、映画音楽にはとても馴染みがあったのですが、意外にも、映画は今回初視聴です。
格差恋愛に不治の病という、まるで韓国ドラマのようなストーリー展開です。
ふたりが、雪の中で雪だるまを作るシーンがあって、なんとなく「冬のソナタ」を思い出したりしました。


ジェニーが、とても魅力的です。
きちんと自己主張するし、物怖じしないし、
ちょっと勝気なところがあるけど、
まっすぐ前を向いて生きている、って感じ。
そういう強さにオリバーは惹かれたのかな・・・

映画前半では、あのメロディーは流れないんです。
ふたりが結婚して、苦労しながらも幸せに暮らしているシーンで、あのメロディーが流れるんですけど、
それが、今後の展開を暗示しているようで・・・

ジェニーの病気がわかってからラストまでの展開がやや唐突な気がします。
病気の辛さに耐えたり、闘ったり・・そういうシーンは、この映画には不必要だったのかもしれませんね。
映画が伝えたかったのは、そこじゃないって、ことでしょうか。

「愛とは決して後悔しないこと」(Love means never having to say you're sorry.)
これは、この映画の名セリフ。
直訳すると、愛とは、謝ることではない、つまり、愛しているのなら、謝る必要はない、ということですね。

韓国ドラマでも、こういうセリフ、よく出てきます。
もしも、自分がとても愛している人から、事あるごとに「ごめんなさい」と言われたら、
それだけ、距離を感じてしまうというか、「彼女は(彼は)私のことを本当に愛しているんだろうか」って
不安になるかもしれません。
미안하지마!ごめんって言うなよ!(俺のこと愛しているのなら)←韓国ドラマあるあるです(笑)

映画の話から、韓国ドラマ話に逸れてしまいました💦





No title * by green_green
韓国映画との比較・・ヒットした時代が違うので気がつきませんでしたが、いわれてみれば「韓国映画あるある」ですね。雪のシーンも今みると「冬のソナタ」とかぶります。感傷的な音楽がとても印象深いです。

No title * by おんだなみ
子供の頃、テレビで見たっきりですが、今見ると、子供の時に感じたモノとは違う
感覚で見れるのかも知れませんね。

No title * by green
Greenさん、おっしゃる通り、時代も国も違うのですが、男女の問題って、共通なんですよね。雪だるまのシーンは、微笑ましいです^^

No title * by green
おんだなみさん、今は、過去に見た映画作品を見直すことが多くなりました。
若い頃にわからなかったことや、気づかなかったことに気づけるようになった気がします。

No title * by momo
懐かしいです~(*^^*)
「ある愛の詩」はラブストーリーの王道ですよね
ちょうど洋画がすごい人気だった頃(韓流ブームと同じですね)私は中学生で、映画音楽やブロンドと青い瞳のホリの深いヒロインがおしゃれで夢のような世界でした
懐かしいです~

No title * by green
ももさん、ヒロインのキャラクターがとってもよかったです。
相手との経済的な格差があるにもかかわらず、いつも対等な立場で彼と向き合っていた姿が印象的です。

2019-05-07 (Tue)

〇年がかりのキルト完成。

〇年がかりのキルト完成。

いやあ、もう、いつ作り始めたのかさえ記憶にありません。(ま、自分のブログで調べればわかるんだけど)キルティングだけで、4年くらいかかってる??特に、ボーダー部分のペイズリー柄に沿ったキルティングに手間がかかった~~ま、こればっかりやってたわけじゃないしね。時間ができたときだけ、ちくちくやってました。続けていれば、必ず完成を迎えられるのですね!!(実感)というわけで、なんどかお見せしているとは思うの...

… 続きを読む

いやあ、もう、いつ作り始めたのかさえ記憶にありません。
(ま、自分のブログで調べればわかるんだけど)
キルティングだけで、4年くらいかかってる??
特に、ボーダー部分のペイズリー柄に沿ったキルティングに手間がかかった~~

ま、こればっかりやってたわけじゃないしね。
時間ができたときだけ、ちくちくやってました。
続けていれば、必ず完成を迎えられるのですね!!(実感)

というわけで、なんどかお見せしているとは思うのですが、やっと完成品を披露できます。
(長年の作業で、かなり汚れていて、本当は早く洗濯したいところなのですが、その前にパチリと撮影)
ソファに敷いてみました。

























こちらは、斜めにさりげなくかけてみたところ。


家族よ・・ソファでお昼寝するとき、このキルトを布団代わりにしてくださいな。
(だけど、これから夏がやってくる!このキルトじゃきっと暑いよ~~)

さ、お天気のよい日に、お洗濯しようっと。

年月だけはやたらかかりましたが、とにかく、完成させることができて、
安堵、達成感を感じております。。。
No title * by karasu
ナイス
(=●^0^●=)

No title * by おんだなみ
お~っ!おめでとうございます!
ホント、大作ですね、コツコツ続ければ、しっかり完成出来ると言う事ですね。

No title * by green
Karasuさん、ナイスコメントありがとうございます。

No title * by green
おんだなみさん、ありがとうございます。
本当に終わるんだろうかと思いながらも、コツコツ続けてきました。
これって、プラモデル制作にも通じるところがあるのではないでしょうか^^

No title * by green_green
すごーい!芸術作品のようです。色のグラデーションも素敵。細かいところまできっちり作業されていて本当に素敵。この上に乗ったりするのが申し訳なく感じそう。飾っておきたいです。

No title * by green
Greenさん、ありがとうございます。
終わりが見えない作業が何年も続きましたが、「丁寧に」を心がけて作りました。
まだまだ作りかけのキルトがあるので、それもきちんと完成させたいです。

No title * by はなまめ
大作の完成おめでとうございます~~!
これだけびっしりキルティングを入れるのは大変だったでしょうね~。
このキルトに包まれてお昼寝したら、いい夢が見られそう♪

No title * by green
はなまめさん、完成させられて、本当によかったです~~~
なんだかすっきりしました。
ひとつ作り終わると、次は・・・なんて考えちゃいます。

No title * by momo
すご~い!!(^o^)
すごい大作ですね❗️
実はキルトのすごさを知ったのはまだ数ヵ月前なのです(^-^;
勤務先のお店でお客さまの作品展を開きキルト部分が手縫いだと身近で見て初めて知りました(*_*)
ミシンて塗ってあると思い込んでいました(´д`|||)
ショップの店長に思いっきり呆れ返られました
大作の完成、おめでとうございます★★★

No title * by green
ももさん、ありがとうございます。
私はすべて手縫いです^^(ミシンが苦手というのもありますが)
ミシンでキルティングされる方もいらっしゃいますが、
私は手縫いでちくちくする方が好きなんです♪