緑の光線

Top Page › Archive - 2019年07月
2019-07-25 (Thu)

息子、無事8キロ完泳。

息子、無事8キロ完泳。

昨日、防衛大学校1年の息子、夏の遠泳訓練の日でした。ここのところ気温の低い日が続いていて、プールの水も、海の水も冷たく、水泳授業はかなり辛かったかと思いますが(息子は、水の冷たさには慣れたと言ってましたが)昨日は、梅雨が明けたかのような青空で、気温も30度を超えました。波もわりと穏やかで、遠泳日和(そんなものがあるのか?)だったのではないでしょうか・・・9時頃、走水海岸から入水したとのこと。私はお...

… 続きを読む

昨日、防衛大学校1年の息子、夏の遠泳訓練の日でした。
ここのところ気温の低い日が続いていて、プールの水も、海の水も冷たく、水泳授業はかなり辛かったかと思いますが(息子は、水の冷たさには慣れたと言ってましたが)昨日は、梅雨が明けたかのような青空で、気温も30度を超えました。波もわりと穏やかで、遠泳日和(そんなものがあるのか?)だったのではないでしょうか・・・

9時頃、走水海岸から入水したとのこと。
私はお昼頃に現地に到着。
馬堀海岸駅から、馬堀海岸の方へ歩いていくと、声が聞こえます!
P1013131.jpg
船に乗っている教官の檄を飛ばす声、それに応える学生たちの「お~~」という声が聞こえます。
(泳ぎながらでもあんな声が出せるなんて!)

海上を8キロ泳ぐわけですが、4時間以上はかかるとのこと。
私は時々双眼鏡で海を眺めて「今頃どの辺を泳いでいるんだろう」と、学生たちが帰ってくるのを待ちます。

午後1時過ぎ、第一陣が帰ってきました。
学生たちは、みんな真っ黒に日焼けしています。(そりゃそうだろうな~~~)
でも、みんなとっても元気そう。
私は、みんな泳ぎ疲れてへとへとで、立てない子とか、歩けない子とかいるんじゃないかと心配していましたが、みんな晴れ晴れとした顔をしています。
中には、「余裕だったよな」とか、「16キロもいけるんじゃない」なんて言っている子もいます。
すごいな~~~~

そして1時半頃、息子たちの団が帰ってきました。
P1013133.jpg
あともう少し、頑張れ~~~~
P1013134.jpg
足が届くところまで来ました。
お疲れ様~~~~

息子は海岸にあがり、手を振る私を見つけ、元気に笑顔で手を振り返してくれました。
あ~~無事完泳できてよかった!
息子の顔もみんなと同じく、くっきりとゴーグルの跡が(笑)逆パンダ状態です。まるでマンガみたい。

特に水泳教室に通ったことがあるわけでもないのに、これだけ泳げるようになるんだな~~~
しかも4時間半以上も、波のある海で!
なんだかびっくりです。

子どものころに近くの市民プールによく友達と泳ぎに行ってたけど、海水浴には小さい頃からよく連れて行ってたし、何度かシュノーケリングの経験もあるし、海にはわりと慣れてたのかな?
息子よ、お疲れ様~~~

そんな息子、今週の土曜日から夏休みで、久しぶりに我が家に帰ってきます。
スポンサーサイト



No Subject * by いとこいさん
こんばんは
立派な息子さんですね。見ていてはらはらしますよね。
親はいくつになっても 子供のことが心配ですよね。
たくましくなった息子さんの姿まぶしいですね。
お疲れさまでした。

すごいなぁ~ * by おんだなみ
8km、4時間の遠泳をやり切るって、凄いですね。
久しぶりに帰って来る、息子さん、楽しみですね。

Re: すごいなぁ~ * by green
おんだなみさん。ほんと、すごいですよね~~~
我が息子ながら、そんなことができるようになったのかと驚くばかりです。

いとこいさん。 * by green
本番の遠泳だけではなく、本番に向けての練習から、親としては心配のし通しでした。
親の心配をよそに、本人は案外けろっとしていて・・・・
ただし、しばらくもう海は見たくもないって言ってました(笑)

素晴らしい‼️ * by もも
本当に素晴らしいですね❗️
母としては到着するまで心配だったと思いますが、到着した無事な姿を見たときは安心と共にとても嬉しかったですよね(*^^*)
やはり目的を持って進んだ道は厳しくても達成感もありますし頑張ることもできますよね。
うちの生ぬるい息子(連日の暑さにへたれております)に爪の垢を煎じて飲ませてやりたい気分です(^-^;

Re: 素晴らしい‼️ * by green
ももさん、我が息子ながら、短期間でこんなに泳げるようになるのかとびっくりしています。
達成感、きっと感じてると思います。
ところが!夏休みで帰ってきている息子。あっという間にダラダラ息子に逆戻りです^^

2019-07-23 (Tue)

アクスヘッドのキルト、完成。

アクスヘッドのキルト、完成。

アクスヘッドのキルト、キルティング作業、パイピング作業が終わり、完成となりました!古いカメラのせいか、なんだかぼーっとした色合いに見えますが、実際はもっと鮮やかではっきりしています。あ~~新しいカメラが欲しい・・・このキルト、最初に手をつけたのはいつのことだろう??もう思い出せないくらいです。カーブとカーブを縫い合わせるのが難しくて、しわが寄ったりギャザー寄ったりしています・・今だったらもうちょっ...

… 続きを読む

アクスヘッドのキルト、キルティング作業、パイピング作業が終わり、完成となりました!
古いカメラのせいか、なんだかぼーっとした色合いに見えますが、実際はもっと鮮やかではっきりしています。あ~~新しいカメラが欲しい・・・
P1013128.jpg
このキルト、最初に手をつけたのはいつのことだろう??
もう思い出せないくらいです。
カーブとカーブを縫い合わせるのが難しくて、しわが寄ったりギャザー寄ったりしています・・
今だったらもうちょっと上手に縫えるかな~~~

パイピングは、これまでのキルト作成で中途半端に余ったバイアステープをつなぎ合わたものを使いました。だからこんな風になっています。
P1013129.jpg
やっぱり針を動かしているときが一番心が落ち着く・・・
好きな音楽を聴きながら・・とか、好きなドラマを見ながら・・とかだったら、なおのこと幸せ感が増します。

No Subject * by いとこいさん
こんばんは
完成おめでとうございます。
お疲れさまでした。
素晴らしい出来栄えですね。
色々なプリンと柄がかわいくて しかも形がかわいいパーツをつなぎ合わせて素敵です。

いとこいさん * by green
ありがとうございます。
作りかけのものがたまっているので、きちんと完成させられると、すっきりした気持ちになり、
さらに創作意欲がわきます♪

完成おめでとうございます! * by はなまめ
パイピングに色々な布を使うと、また表情が出て素敵ですね。
これだけのカーブのピーシングは手間がかかったでしょうね~

ブログ、アメブロに引っ越しました。
最近は手芸の記事がないのですが…これからもよろしくお願いします。

はなまめさん * by green
使い残しのバイアステープを使えてよかったです。
カーブの縫い合わせは本当に難しかったです。

お引っ越し先のブログにも遊びにいかせていただきますね!

No Subject * by おんだなみ
力作の完成、おめでとうございます。
コツコツと進めたモノが完成すると、嬉しですね。
何かの作業に集中出来るのが、イイです。 

おんだなみさん * by green
ありがとうございます。
長年放置しておいた作りかけの作品。やっと完成させることができて、
作品自体も喜んでるのではないかと思います(笑)

No Subject * by greengreen
ああ、きれいなキルト模様!と同時になんて細かい作業なのでしょうか。じっくり拝見すると隣り合った色や模様の組み合わせも考えながら配色されているご様子。全体としては淡い色合いが多くてお花畑をみているかのようです。

greengreenさん * by green
ありがとうございます。
布をつなぐときは、色の濃淡くらいしか考えていないんですよ~~~
偶然で生まれた布の組み合わせなんです^^
そこがパッチワークのおもしろいところなんですね。

2019-07-16 (Tue)

実家の母のこと。(その3)

実家の母のこと。(その3)

デイサービスの利用がうまくいかなかったのが、4月ごろ・・・この頃から、母の一日がどんどん前倒しになっていきます。どういうことかというと、寝る時間がどんどん早まり、それに伴い、起きる時間もどんどん早くなっていったのです。お昼ご飯を食べ終わると、「お風呂、お風呂」とお風呂に入りたがり、(父は、なるべく遅い時間にお風呂に入れようと、あの手この手を使うのですが、母のわがままが激しくなり、母の思うようにさせ...

… 続きを読む

デイサービスの利用がうまくいかなかったのが、4月ごろ・・・
この頃から、母の一日がどんどん前倒しになっていきます。どういうことかというと、寝る時間がどんどん早まり、それに伴い、起きる時間もどんどん早くなっていったのです。
お昼ご飯を食べ終わると、「お風呂、お風呂」とお風呂に入りたがり、(父は、なるべく遅い時間にお風呂に入れようと、あの手この手を使うのですが、母のわがままが激しくなり、母の思うようにさせるしかありませんでした)
お風呂に入ると、寝室の雨戸を閉め、布団を敷き始めます。
ひどいときには、夕方の5時くらいから布団に入ってしまいます。すると当然夜中に目が覚めるわけです。ひとりで目が覚めてひとりで起きる分にはいいのですが、父を起こしてしまうのです。一緒に起きてほしいと・・・
仕方なく父も一緒に起きて付き合います。すると、母はどこかに外出したくなるのです。この頃、父は母を車に乗せ、毎日のように親戚の家に連れて行ってました。親戚の家に行けば、みんな優しくしてくれるので、母はそこに行きたがるのです。
「まだ時間が早いから」「今日は、〇〇さんところは行かれないよ」なんて説明しても母には理解できないし、理解できてもすぐに忘れてしまいます。

そんなある日、父がふと目を離したすきに、母はひとりで家を出てしまったのです。
慌てて、近所を探しますが、どこにもいなくて、とうとう警察に捜索願を出すことに・・・
その日は1時間くらいで自分で帰ってきました。

ところが、ほどなく2度目の家出(徘徊というのでしょうか)です。
今度は待てども待てども帰って来ません。警察も必死に探してくれました。母が家を出てから4時間ほど経って、自宅から約5キロ離れた国道沿いで近くの警察署に保護されたと連絡が入りました。
どうやら親戚の家に行きたかったようで、いつも車で走っている国道をひとりで歩いたようなのです。もうびっくりです。

この頃から、父は施設への入所を考えるようになりました。親戚の伯父や伯母も入所させた方がいいと強く父に勧めていたようです。

私も、とにかく帰らなければと、6月に帰省しました。父から母の様子を聞いてはいましたが、昨年末に帰ったときから、一気に症状が進んでいると実感しました。とにかく父と母を離さなければ、と考えました。

そして、7月に入ってすぐ、3度目の家出(徘徊)です。この日も朝早くに目が覚めた母は、「まだ早いから」という父の説明も聞かずに、父が布団の中でうとうとしている間に、ひとりで家を出てしまったのです。今度も自宅からかなり離れた距離のところで警察に保護されました。このときは、家を出てから、7時間くらい経ってたので、何かあったらどうしよう、事故にあったらどうしようと、気が気ではありませんでした。

そして、父は母を施設に入所させることを決心しました。

元々、先週の1週間、私は帰省する予定だったのですが、ちょど私がいる間に入所することになりました。母にどう説明しよう、父とあれこれ相談しました。施設に入る、なんていっても母は理解できないですし、第一絶対に嫌がることはわかっていたので、入所の2~3日前くらいから、「お母さん、こんど新しい病院ができたみたいだから、そこで検査受けようね」なんて言いながら、お母さんは少しの間入院する、という雰囲気に持っていこうと頑張ってみました。(母には伝わってなかったと思いますが)
入所の当日、予想通り、初めて来る場所に母は不安になり、「帰る、帰る」と言い出しました。
なんとかなだめ、スタッフの人に母をお願いしました。若い男性スタッフが母を部屋に連れていってくれ、母の状態が少し落ち着いたころ、私は母をぎゅっと抱きしめ、「お母さん、私ちょっとトイレに行ってくるね」と言って、父とふたりで部屋を後にしました。もう、無理やり置いてきたという感じです。

こんなふうに母を置いていくようなことはしたくはなかたのですが、仕方ありません。
母もしばらくは辛いかもしれませんが、施設の人に優しくしてもらい、いろんな方と関わりながら暮らしていけば、家で父と二人きりでいるよりは、穏やかな気持ちでいられるのではないかと、そう思うようにしています。

入所当日の夕方遅く、ケアマネージャーの方が施設に母の様子を見に行ってくださいました。
最初、帰る、帰る、と取り乱すようなことがあったらしく、晩御飯も食べない、と言ってたらしいのですが、それでも、何度かスタッフの方がご飯を食べましょうと声をかけてくださり、食事もきちんとできたそうです。母が窓の外をじっと見つめていたので、ケアマネージャーの方が、「何が見えるの?」と声をかけると、「お父さんが来ない」と言ったので、「お父さんは、お仕事でしばらく来れないみたいよ」と言うと、母は「ふ~~ん」と答えたそうです。表情は落ち着いていて穏やかだったそうです。少し安心しました。

どうか、母が施設での暮らしに慣れてくれますように。
私のことなんか、もう忘れていいから、心おだやかに安心して暮らせますように。
No Subject * by いとこいさん
こんばんは
施設に預けられて・・・気持ち複雑ですよね どうぞ穏やかな生活を過ごされることを願っています。
お母さまの体をぐっと抱きしめてあげて・・・たくさん抱きしめてあげてくださいね。
お辛いですね。

我が家の場合も施設に行くと 母がいつも求めてきました。私と離れて寂しかったのだと思っていました。私の仕事中一人になるので 病院の先生の勧めで施設でお世話になることになった母でした。


いとこいさん * by green
確かにとても辛い選択、決断でしたが、父がとても辛そうでした。
これはお母さんにとってベストな選択なんだよ、と父に言いました。(父のためにも)
母の手を握ったり、体をさすったり、ハグをしたり、母とたくさんスキンシップをしました。

辛い決断 * by おんだなみ
辛い決断でしたね。
それでも、このまま家族が疲弊して行く可能性を考えれば、一つの選択だと思います。
お母様も落ち着いて過ごせる事を願うだけです。

* by もも
こんにちは

お辛いですよね
大切な家族の病気は本当に辛いものです
ましてや遠方ですぐ駆けつけることができないところでしたら看病するお父様の事も御心配だと思います
お母様の施設の入所も苦渋の決断かとは思いますが、なんと言っても看護する人の心身の健康があってこそだと思います。

お父様の無理の無いよう、そして何よりお母様が健やかで穏やかに過ごされることを心から祈っています
そしてgreenさんも無理をなさらずお父様とお母様を支えて差し上げてください

おんだなみさん * by green
はい、辛い決断でしたが、現時点ではこれがベストな選択だったと思っています。
周りの方にも、取り返しのつかにことになる前に、と言われました。
もしうまくいかなければ、またそのとき考えたいと思います。

ももさん * by green
はい、とても辛い帰省でした。
ですが、今のままでは父が倒れてしまいそうで、それが非常に心配でした。
辛い選択でしたが、これが父にも母にもよい選択であるよう、今はただ祈るばかりです。
私も悔いの残らないよう、精一杯のことをしたいと思っています。

No Subject * by はなまめ
お辛い決断でしたね。
お父さまの体調も考えると、必要なことなのだと理性で分かっているのと、気持ちはまた別でしょうから…。
お母さまが施設に馴染んで、穏やかに過ごせますように。

はなまめさん * by green
ここ最近、「辛い」「でも仕方ない」のふたつが頭の中をぐるぐるしています。
色々とまだ問題があって、私たち姉妹も父もなかなか落ち着きません。

No Subject * by xiromin
こんにちは。はじめまして。おんだなみさんのところからこちらに寄らせていただきました。
私の父も施設に入っていました。脳溢血で言語中枢がやられてしまって普通に生活ができなくなり、施設に空きが見つかるまでは認知症専門の病院にもいました。外には出られないようになっていて、みんな同じユニフォームをきせられて、まるで監獄のようでした。しかも症状が重い人は寝たきりで奇声を発していたり、そうでなければ暴れまわったりしますから、言葉が上手く話せず文字が書けなくなった(だけの)父をそこに入れるのは本当に辛かったです。でも姉も私も24時間つきっきりでは父のことを看ることができず…。他に選択肢がありませんでした。
でもその病院のスタッフは看護婦さんもヘルパーさんもみんなプロ。父の症状はすごく良くなって、みなさんによくしてもらって、そうこうしているうちに施設が見つかって退院できました(その病院から元気に退院していく人は稀、ということで、父は本当によくしてもらったんだなと実感)。家族で無理して共倒れみたいになるより、プロに任せられる部分はまかせた方がみんなのためにもいいんだと思います。

xirominさん。 * by green
こんにちは。体験談をお聞かせいただき、ありがとうございます。
お父様、よいスタッフさん、医療者に恵まれたようで、本当によかったです。
家族で面倒を見るのが、本人にとっては一番いいことなのでしょうけど、実際、それはかなり難しいですよね。
やはりプロに任せるなり、福祉に頼れるところは頼ったりすることが必要だと実感しました。
実は、まだ記事にはしてないのですが、うちの母は、入所したばかりの施設から、認知症病棟への入院となってしまいました。
入院期間も、まだよくわかりません(短期間での退院は難しいようです)。

2019-07-15 (Mon)

実家の母のこと。(その2)

実家の母のこと。(その2)

去年の年末、私と妹で(妹はふたりの子どもを連れて)一緒に帰省しました。それまでは、なるべく母と会話をしようと、週に一度は電話をかけて、今日は雨だね~とか、今日は寒いねとか、今日はお出かけしたの?などと話しかけるよう心掛けていました。しかし、去年の年末あたりには、電話をかけても電話をとってくれなくなりました。もちろん母からも電話はかからなくなっていました。(おそらく電話のかけ方もわからなくなっていて...

… 続きを読む

去年の年末、私と妹で(妹はふたりの子どもを連れて)一緒に帰省しました。

それまでは、なるべく母と会話をしようと、週に一度は電話をかけて、今日は雨だね~とか、今日は寒いねとか、今日はお出かけしたの?などと話しかけるよう心掛けていました。
しかし、去年の年末あたりには、電話をかけても電話をとってくれなくなりました。
もちろん母からも電話はかからなくなっていました。(おそらく電話のかけ方もわからなくなっていて、電話をとってもちゃんと受け答えができなくなったからだと思います)

家事はほとんどできなくなっていて、唯一できるのは、洗濯物を干すこと、食事の後の皿洗いをすることでした。父はなるべく母にできることは母にやらせようとしていました。お皿を洗うといっても、洗い残しがあったりするのですが、いつも父が、母が寝た後、こっそり皿を洗いなおしていました。

妹と帰省したとき、母と私と妹と三人で、デパートにお買い物に行きました。母の洋服をふたりで選んだり、一緒に食事をしたりしました。
この頃からでしょうか・・・母が父に声を荒げるようになりました。
妹が家を出て独立して以来、父と母の二人暮らし。
いろんなことが出来なくなってきて、いろんなことがわからなくなってきて、父との意思疎通もだんだん難しくなってきて、そういう不安感や苛立ちをぶつける相手が父しかいなかったのだと思います。母がひどい言葉を父に吐く姿を見るのは、ほんとうに辛かったです。

父と母が四六時中一緒にいるのは、避けた方がいいと思うようになりました。
それまで介護認定を受けていなかった母ですが、父に、早く介護認定を受けて、介護サービスを積極的に利用したほうがいいと勧めました。そうじゃないと、お父さんが倒れてしまうからと・・・

そして、今年の3月、知り合いの方にケアマネージャーを紹介していただき、要介護1の認定を受けました。母は、認知の面はかなり進行しているのですが、身体のほうはどこも悪いところがなく、歩行もしっかりできます。(私より歩くスピードが速いほどしっかり歩きます)トイレもお風呂をひとりでできます。身体の方に問題がなければ、要介護の程度が低くなってしまうようです。
そして、デイサービスの利用を試みました。もし、これがうまくいけば、週に何時間かでも父がひとりでゆっくりできる時間が持てるようになると期待していました。しかし、うまくいきませんでした。最初はスタッフの方にいろいろと声をかけてもらったりして、母も穏やかにいられたようなのですが、帰宅願望が強くて、小一時間もすると、帰る!帰る!と言い出し、持っているカバンで机を叩くという行動をとってしまいました。そのため、施設の方からしばらく様子を見たほうがいいと言われ、父も母をデイサービスに連れていくことを諦めてしまいました。おそらく、父は母をひとりでデイサービスに行かせることが心配で一緒についていったのだと思いますが、父がそばにいたために、余計に帰りたい気持ちになったのかもしれません・・・

介護サービスを受けることを諦めた父は、母と家でふたりきになるのを避けるため、毎日のように親戚の家に連れていくようになりました。幸いなことに、父の兄や母の姉が同じ市内に住んでいるので、親戚の力を借りたのです。親戚の伯父や伯母は、父や母のことを思って、快く協力してくれました。伯父や伯母に本当に感謝です。

そんな中、たいへんなことが起きてしまいました。
つづく・・・

管理人のみ閲覧できます * by -

No Subject * by おんだなみ
お母様の事、とても心配ですね。
特に、離れていると、中々、対応出来ない事が辛いですよね。
私の亡くなった父も認知症だったので、お気持ち察します。
デイサービス利用の試みが上手く行かなかったのは、やはり家に居たい気持ちが強かったのでしょう。
親戚の方の協力は本当に感謝ですね。
その後の大変な事、心配です。

内緒さん * by green
内緒さんもご両親の介護をなされていたのですね。介護って、当事者になってみないとわからない苦労がありますよね。
私が近くにいてあげらればと、もどかしい思いをしましたが、とにかく今できることをしようと考えました。
今回、おじやおばがいろいろと助けてくださり、ありがたい気持ちでいっぱいです。

おんだなみさん * by green
離れて暮らしているために、なかなか父を助けてあげられないことが、本当にもどかしかったです。
父が倒れてしまったらどうしようと、それもまた心配でした。

2019-07-14 (Sun)

実家の母のこと。(その1)

実家の母のこと。(その1)

先週実家に帰ってきました。実は先月の6月にも1週間ほど帰ってました。というのも、母の認知症がかなり進み、ひとりで面倒を見ている父が限界に来ているようで、どうしても、帰って父を休ませてあげたかったのです。母が最初に病院を受診したのが5年くらい前だったかな・・・元々同じことを何度も言う人だったのですが、だんだんそれが激しくなり、親戚のおばから、お母さんを一度病院に連れて行った方がいいと言われました。お...

… 続きを読む

先週実家に帰ってきました。
実は先月の6月にも1週間ほど帰ってました。
というのも、母の認知症がかなり進み、ひとりで面倒を見ている父が限界に来ているようで、
どうしても、帰って父を休ませてあげたかったのです。

母が最初に病院を受診したのが5年くらい前だったかな・・・
元々同じことを何度も言う人だったのですが、だんだんそれが激しくなり、
親戚のおばから、お母さんを一度病院に連れて行った方がいいと言われました。
おそらく母にそういう自覚症状はなく(もしかしたらあったのかもしれないけど)
母に直接病院に行った方がいい、とは言えず、どうしたものかと悩みましたが、
母の親しいお友達のおばさんにお願いして、病院に行くように言ってもらいました。

大きな病院の、おそらく脳神経内科を受診したのだと思いますが、
そこでいろいろな検査をし、医師との面談をし、認知症と診断されました。
父が言うには、その時点で半分くらい進んでいると医師に言われたそうです。
(面談で、自分の生年月日を言えない、今日が何年何月何日か答えられませんでした・・・)

そのころから、料理が少しずつできなくなりました。
時々私のところに電話がかかってきて、「鶏のからあげって、どうやってつくるんだっけ?」
などと聞いてくるようになりました。
お金の計算ができなくなりました。
小銭を数えられないので、支払いはいつもお札を出し、カバンの中に小銭がどんどんたまるようになりました。
それでも、普通に生活できるし、父が外出してもひとりで留守番できていました。

その後、短期の記憶障害が出始めました。
少し前に話したこと、少し前に聞いたことを忘れてしまうのです。

今から3年前、父と母の金婚式の年の夏、私の家族と妹家族が一緒に帰省し、金婚式のお祝いをしました。みんなでお出かけしたりもしました。
できないことが少しずつ増えていき、記憶障害もありましたが、みんなと普通に会話ができていました。

そんな母の認知症の症状が去年の終わりごろから急に進みはじめました・・・

次回につづく・・・

No Subject * by greengreen
こんばんは。ご両親を想う優しいgreenさんのお気持ちが伝わってきます。ご実家から物理的に距離があることで頻繁にご両親のそばにいられないこと、とてもお辛いのではないかと。私の周囲の人をみていて・・なのですが実の親になるとやはりとても感情的になってしまいがちだそうです。介護する側が疲れはてて共倒れになることが多々あるので、できる限りはプロのサービスに任せるようにしたほうが良いと聞いたことがあります。離れておられるだけに心配なことも多いかと思いますがどうかひとりで多くを抱え込まないようにしてくださいね。

Re: No Subject * by green
greengreenさん、ありがとうございます。そうなんです・・なにせ遠いものですから頻繁に会いにいくことができず、父に任せきりにしていることが心苦しく、もっと近いところに住んでいれば・・と何度も歯がゆい思いをしました。これから超高齢化社会に突入します。同じような思いをしている人、もっと辛い思いをしている人、たくさんいらっしゃると思います。

2019-07-07 (Sun)

金曜日まで帰省します。

金曜日まで帰省します。

明日から金曜日まで帰省します。多分、とても辛い帰省になると思います。(意味深なことを言って申し訳ないです)私の旧ブログのタイトル(私が心惹かれるもの)の通り、ブログには、心惹かれるものやことについて書いてきましたし、これからもそうしたいと思っています。ですから、本当は辛い記事は書きたくないのですが・・・・実家から戻ってきてから、詳しく書きたいと思います。なんだか曖昧な内容で本当にすみません。...

… 続きを読む

明日から金曜日まで帰省します。
多分、とても辛い帰省になると思います。
(意味深なことを言って申し訳ないです)

私の旧ブログのタイトル(私が心惹かれるもの)の通り、ブログには、心惹かれるものやことについて書いてきましたし、これからもそうしたいと思っています。
ですから、本当は辛い記事は書きたくないのですが・・・・

実家から戻ってきてから、詳しく書きたいと思います。
なんだか曖昧な内容で本当にすみません。
No Subject * by おんだなみ
辛い帰省なんですね。
落ち着いた後、書く事で辛さが少しでも
和らぐ事もあると思います。

No Subject * by いとこいさん
お気をつけて
心置きなくゆっくり 過ごしてこられますように。

おんだなみさん * by green
実家より戻って来ました。
実家でのこと、記事にしながら心の整理をしたいと思っています。
ありがとうございます。

いとこいさん * by green
無事、実家より戻って来ました。
色々ありましたが、ここで書きながら心の整理をしたいと思っています。

2019-07-06 (Sat)

「相変わらず」という言葉の使い方。

「相変わらず」という言葉の使い方。

昨日書いたSE7ENのコンサート記事に関連するのですが・・・SE7ENは、日本語話せますが、さすがにずっと使っているわけではないので、やっぱり日本語忘れちゃいます。でも、コンサートのMCは、すべて日本語です。で、この日本語がちょっぴり変なんだけど、それがまた可愛かったりします💛今年日本デビュー14周年という話題に触れて・・・・「ぼくが日本でデビューして14年になります。14年のあいだ、あいかわらずぼくをおう...

… 続きを読む

昨日書いたSE7ENのコンサート記事に関連するのですが・・・
SE7ENは、日本語話せますが、さすがにずっと使っているわけではないので、やっぱり日本語忘れちゃいます。でも、コンサートのMCは、すべて日本語です。で、この日本語がちょっぴり変なんだけど、それがまた可愛かったりします💛

今年日本デビュー14周年という話題に触れて・・・・
「ぼくが日本でデビューして14年になります。14年のあいだ、あいかわらずぼくをおうえんしてくれて・・・」と、ここまで話したとき、会場からくすくす笑い声が・・・・

「えっ? おかしい? あいかわらずじゃない?」と、会場の反応にとまどうSE7EN。
会場から、「『あい』がいらない」という声があがります。
「えっ? あいがいらないの? そっか。じゃあもういっかいね」といって、
「ぼくが日本でデビューして14年になります。14年のあいだ、か・わ・ら・ずぼくをおうえんしてくれてありがとうございます」
会場からは「お~~~~~」と拍手がおこりました。

確かに、「相変わらず応援してくれる」は、ちょっと違和感を感じるかな~~~
でも・・・よくよく考えると、別に「相変わらず応援してくれる」でもいいんじゃないかなという気もします。
私の手元にある辞書をひいてみると、
「相変わらず:以前と同じさま」 とあります。
以前と同じように僕を応援してくれる、という意味でOKだと思うのですが。

ネットで「相変わらず」を検索してみると、ビジネスの場や目上の人には避けた方がよい表現だとありました。確かにそうかもしれませんね。

それに、「相変わらず」って、否定的な場面でもよく使われますよね。
「以前と変わりない」つまり「進歩がない」ときなんかに、
「あなたって、相変わらず無愛想ね」のように。

私が想像するに、SE7ENは、韓国語の여전히を言いたかったんじゃないかな~~
여전히を辞書で引くと「相変わらず」が一番に書いてあるからね。

いや~~~日本語は難しいね。
SE7ENのおかげで、ひとつの言葉についてあれこれ考えることができました!

No Subject * by おんだなみ
確かに、「相変わらず」は、いい意味での変わらずでは無い印象ですよね。
日本語は、難しい~
でも、そんな間違いもSE7ENなら許せる?

おんだなみさん * by green
もちろん許せますよ!
そういうところも含めて好きなんです^^

2019-07-05 (Fri)

SE7EN LIVE TOUR IN JAPAN 7+7

SE7EN LIVE TOUR IN JAPAN 7+7

昨日は、約半年ぶりのSE7ENのコンサートでした。毎年7月7日は7dayで、ファンミが行われるのですが、今回はジャパンツアー+ファンミです。東京公演は、zepp tokyoで行われました。今回のジャパンツアーポスターです。↓いや~~~今回も、超超楽しかったです!SE7ENのファンになってもう長いですが、だんだんSE7ENを身近に感じるというか、スターでありながらも、その飾らない性格というか、人柄に、ますます惹かれていくような...

… 続きを読む

昨日は、約半年ぶりのSE7ENのコンサートでした。
毎年7月7日は7dayで、ファンミが行われるのですが、今回はジャパンツアー+ファンミです。

東京公演は、zepp tokyoで行われました。
今回のジャパンツアーポスターです。↓
P1013125.jpg
いや~~~今回も、超超楽しかったです!
SE7ENのファンになってもう長いですが、だんだんSE7ENを身近に感じるというか、スターでありながらも、その飾らない性格というか、人柄に、ますます惹かれていくような気がします。

今回は、(SE7EN曰く、ここ4か月くらい、すご~~~~く練習を頑張った)ピアノ演奏を披露してくれました。
SE7ENの緊張ぶりが半端なくて、私たちファンも固唾をのんでSE7ENの演奏を見守りました。
最初に演奏してくれたのは、1st アルバムの一番最後の曲、너이길 바래(君であることを願う)です。
イントロ部分、ちょっぴり間違えてしまいました。(←多分緊張しすぎたせい)
それでも、最後まで演奏、そして歌い切りました。
私は、心の中で(どうか間違えないで弾けますように!)と祈りながら聞いてました。
ちょっぴりミスったけど、素晴らしい演奏、そして素晴らしい歌声に、ファンのみんなからの
惜しみない拍手!!
演奏が終わったSE7EN、すごく悔しそう、ほんとうに悔しそう、
「リハーサルではすごくうまく弾けたのに~~~」
みんなから、「もう一回!」という声があがり、
歌なしで、ピアノ演奏だけもう一度弾いてくれました。
そして、今度はノーミスで、見事な演奏を聴かせてくれました。

いつもコンサートで、「久しぶり」の曲を聴かせてくれますが、今回の「久しぶり」は、
4集のGIRL FRIENDでした。
私は747のDVDでしか見たことがなかったので、すごく嬉しかったです♪

私は通路側の席だったのですが、途中SE7ENが舞台から降りてきて、通路を歩きながら歌ってくれました。ファンが差し出す手を、ちゃんと握りながら歌ってくれるSE7EN。
私の手もちゃんとタッチしてくれました。

その他、もうカッコイイSE7ENが目白押しです。
私は、たくさん笑い、たくさんひゅーひゅー言い、たくさん「きゃーかっこいいー」と叫び、
たくさんSE7ENと一緒に歌いました。

最後の握手会で・・・・
私は握手をしながら、즐거웠습니다~~(チュルゴウォッスムニダ~~)(楽しかったです)と言うと、
SE7ENが、고마워요~~(コマウォヨ~~)(ありがとう)と、優しく返してくれたんです。
マイクを通さないSE7ENの声を、私のすぐそばで、直に聞いたのは初めてでした。
感激です!

これから、大阪公演、名古屋公演に行かれるみなさん、思いっきり楽しんでくださいね!







No Subject * by おんだなみ
こんなに大好きな歌手がいるってのは、何とも羨ましいです。
コンサートで生歌を聴くって最高ですね。

Re: No Subject * by green
おんだなみさん、はい!私も、こんなに好きになれる歌手がいて幸せだなって思ってます。
私よりも高齢のお客さんもたくさんいらっしゃるんですが、みんなとっても楽しそうでした♪

2019-07-03 (Wed)

出来立てのビールは美味しい!

出来立てのビールは美味しい!

先週の話ですが、お友達と一緒に、某旅行会社のバスツアーに参加してきました。横浜の直売所めぐり&崎陽軒のランチバイキング&ビール工場見学です。カステラでおなじみの分明堂の直売所や、横浜のおみやげお菓子を生産している某メーカーの直売所で、切り落としなど、お値段がお得になっているお菓子をお買い物!さすがは文明堂!切り落としのカステラも、ほんと~~にしっとりしていて美味しい!思わず、ついつい買いすぎてしま...

… 続きを読む

先週の話ですが、お友達と一緒に、某旅行会社のバスツアーに参加してきました。
横浜の直売所めぐり&崎陽軒のランチバイキング&ビール工場見学です。

カステラでおなじみの分明堂の直売所や、横浜のおみやげお菓子を生産している某メーカーの直売所で、切り落としなど、お値段がお得になっているお菓子をお買い物!
さすがは文明堂!切り落としのカステラも、ほんと~~にしっとりしていて美味しい!
思わず、ついつい買いすぎてしまうほどでした。

崎陽軒のランチバイキングは、とっても人気らしく、私たちが開店直前に着いたときは、もうすでに長蛇の列!わたしたちツアー客は優先して店に入れるということで、みなさん並んでる中、先頭を切って入店させていただきました。(優越感&申し訳ない気持ち)
名物のシウマイをはじめ、どのおかずもとってもおいしかったです!

そして最後はアサヒビール工場の見学です。
神奈川県の大井松田という場所にあるのですが、わりと新しい工場で、敷地面積がとにかく広い!
緑にかこまれた素敵な環境でした。
あいにく工場は稼働していなかったのですが(その日の生産は午前4時に終了したとのこと。ビールの生産は毎日微妙に変わるので、稼働時間も毎日変わるみたいです)、見学コースがちゃんと用意されていて、ビールが出来上がる工程がよくわかりました。
ほんもののホップも、実際手に触って香りをかぐこともできました。ホップって、すごくいい香りがするんですね~~~

そうそう、工場内を案内してくださったお姉さんがおっしゃってましたが、この工場で働いているアサヒの正社員はたったの80名なんですって!関連会社やその他の従業員を含めても300名だそうです。そんな少ない人数で、こんな大きな工場を動かして、毎日すごい量のビールを生産しているだなんて!日本の技術はさすがだな~~と改めて感心してしまました。

そして、最後は皆さんお待ちかねの試飲会です!
出来立てのビールは味も格別だとか!
(輸送による振動を受けるだけで、味は変わってしまうそうです)
アルコールが苦手な私ですが、せっかくですから、私もビールをいただくことにしました。
コップに少しだけついでもらって、アサヒスーパードライを試飲です!
普段めったにビールなんて飲まない私ですが、そんな私でさえも「おいしい!」って思いました。
雑味がないというか、まろやかというか、すっきりというか・・本当においしかったです。
ビール好きのお友達も「おいしい~~~~~~」と歓喜の声をあげていました。
この工場の売店でもお買い物!
アサヒはカルピスとも提携してるみたいで、カルピス関連のお菓子もたくさん!ついつい色々買ってしまいました。
これは、バヤリースオレンジのコップ、可愛いでしょ!(少々ピンボケですみません)
P1013123.jpg

それから、ビールといえば麦、麦といえば麦茶、というわけで、麦茶も売っていたので買ってみました。まだ飲んでいなのですが、早く飲んでみたいです。普段飲んでいる麦茶と、味が違うかな?
P1013124.jpg
スマホを持っていなくて、カメラを持参したわけでもないので、全然写真がなくて、味気ない記事で申し訳ないです💦

No Subject * by いとこいさん
一日バスツアー楽しまれましたね。
工場見学ツアーは人気ですね。
出来立てビールはやはりおいしいですか
私も機会があれば飲んでみたいです。
お買い物タイムも 楽しみの一つですね。

Re: No Subject * by green
いとこいさん、ついついお財布のひもがゆるんでしまいました。
ビール、本当においしかったです。
アルコールに強ければ、もっと頂きたかったです!

No Subject * by greengreen
こんばんは。食品工場の見学ってわくわくしますね。私もできたてのビールを飲んでみたくなりました。輸送の振動だけで味が変わってしまうとはそれだけ繊細なものなのですね。崎陽軒のランチバイキングや直売所巡りなどももりだくさんで!

No Subject * by おんだなみ
工場見学のバスツアーは人気高いそうですね。
ビール工場は、行って見たいと思っているんですが、
予約等が面倒なので、実現出来ていません。
でも、出来立てのビールがそんなに美味いなら、計画しようかな~。

Re: No Subject * by green
greengreenさん、工場見学、楽しいですよね!
日本の技術ってすごいな~~と感心するばかりでした。
バスツアーは、移動がとても楽で、また別のバスツアーにも参加してみようと友達と盛り上がっています。

Re: No Subject * by green
おんだなみさん、確かに工場見学は、個人ではちょっと面倒ですよね。
その点、旅行会社のツアーで工場見学できるのはお得ですね。
ビールを飲まない私でも「おいしい!」と思えたので、ビール好きの方にはたまらないとおもいますよ~~