緑の光線

Top Page › Archive - 2021年04月
2021-04-21 (Wed)

VHSも処分しました。

VHSも処分しました。

さてさて、お片付け、持ち物整理を少しずつ進めていますが、この度思い切ってVHSを処分しました。何年か前にも一度、かなりの本数を処分したのですが、どうしても捨てきれない作品だけ未練がましく捨てきれずにとっておいたのでした。(ビデオデッキがないから見られないというのに・・・)↑これは映画のVHSですね。大好きなアル・パチーノ作品。一番のお気に入りは『狼たちの午後』です。マリリン・モンローの『お熱いのがお好き...

… 続きを読む

さてさて、お片付け、持ち物整理を少しずつ進めていますが、
この度思い切ってVHSを処分しました。
何年か前にも一度、かなりの本数を処分したのですが、どうしても捨てきれない作品だけ未練がましく捨てきれずにとっておいたのでした。(ビデオデッキがないから見られないというのに・・・)
P4110001.jpg
↑これは映画のVHSですね。
大好きなアル・パチーノ作品。一番のお気に入りは『狼たちの午後』です。
マリリン・モンローの『お熱いのがお好き』も大好きです。
『ふたりのベロニカ』とっても美しい作品でした。(あ~~見たい!!)
今は、見ようと思えばネットで簡単に映画が見られる時代ですよね。
思い入れがある作品なだけに捨てるのは本当に忍びなかったですが、思い切りました(><)
(だからビデオデッキがないんだってば!)

P4110002.jpg
↑これは音楽作品です。
THE DOORSは、もう一回見たかったな~~~
結構貴重な映像が収められてたんだけどな・・
(今、ちらっとamazonサイトを見てみたら、このDOORSのVHSが、6000円で売られていた!)
DVDになってたらいいのに・・・(見られないと思うと余計に見たい!)

本も少しだけ(←え?少しだけ??)処分しました。
処分といっても、状態のよいものは、BOOK OFFで引き取ってもらいました。
処分したのは実用書、もう絶対に読まないであろう新書のたぐいです。
小説は・・・処分できません(><)

こんな調子で片づけは進むんだろうか・・・・
頑張りまーす!



スポンサーサイト



分かります、その気持ち * by おんだなみ
確かに、引っ越しの時には、廃棄を迷っていたモノを
バッサリ処分するにはいい機会ですね。
デッキが無くて、見れなくても、何となく手放せない気持ち、
大いに分かります。
特に、若い頃に勝った時のビデオテープって、いい値段するし
思い出の品だしと、決心が着かないですよね。
映像や音楽関係は、ネットで幾らでも入手可能だけど、
モノ、その物の魅力はありますからね。

色々悩みは多そうですが、片付け、頑張って下さい。

Re: 分かります、その気持ち * by green
わかっていただけますか?おんだなみさん。
私たちの世代って、やっぱりモノなんですよね。
手元に残しておきたい、という欲がありますよね。
ビデオテープも、本当に好きな映画だけをお金を出して買ったものだけに、
思い入れも強いです。
悩みつつも、なるべくモノを減らすように頑張ります。

No Subject * by いとこいさん
大きな片づけのチャンス
頑張ってください
気持ちよく済むために・・・・

Re: No Subject * by green
いとこいさん、おそらくもう引っ越すことはないと思うので、
これが片付けの最後のチャンスだと思って頑張ります!

2021-04-13 (Tue)

やっとリフォームが始まります。

やっとリフォームが始まります。

我が新居ですが、ようやく来週からリフォーム工事が始まります。リフォーム内容を決定するのにすご~~く時間がかかってしまいました。リフォーム会社に家を見てもらったところ、今直しておかなければならない箇所が新たに見つかったり、その見積もりに時間がかかったりしたためです。リフォーム会社には、いろいろと提案してもらったのですが、すべてをやるわけにはいかず、今これだけは、という工事のみに厳選して(これを決める...

… 続きを読む

我が新居ですが、ようやく来週からリフォーム工事が始まります。
リフォーム内容を決定するのにすご~~く時間がかかってしまいました。
リフォーム会社に家を見てもらったところ、今直しておかなければならない箇所が新たに見つかったり、その見積もりに時間がかかったりしたためです。
リフォーム会社には、いろいろと提案してもらったのですが、すべてをやるわけにはいかず、
今これだけは、という工事のみに厳選して(これを決めるのにいろいろと悩みまくりました)、
ようやくリフォーム契約に至りました。
それでも、当初考えていた予算をはるかにオーバー💦
我が家の家計、大丈夫か??と心配になりますが、もう腹をくくるしかありません。

来週から始まる工事のために、昨日は、水道と電気の新規契約をしました。(今はネットでできちゃう)
さて、いよいよ引っ越しの準備にかからなければ・・・
新居が決まったときから、要らないものを処分したりと、少しずつ片づけを進めてはいますが、本格的にとりかからなくてはいけません。忙しくなるな~~~~

先日新居を見に行ったときにお庭の写真を撮ってみました。(2階のベランダから撮影)
去年の秋には気づかなかったのですが、なんとモクレンの花が咲いていました。
(お向かいの家の屋根が写ってしまったのでスモーク処理してます)
P4020001_20210413095608cc8.jpg
モクレンの左側で葉を茂らせているのは杉の木、この杉の木は伐根の予定です(杉の木さん、ごめんなさい)

そしてこれはビワの木です。
P4020002.jpg
まだ実はなってないかな・・・よ~~く見ると花が少しずつ咲き始めているような・・・

お庭、雑草が増えていました。
引っ越したら、早々に草むしりだな~~~~
No Subject * by いとこいさん
お金は要りますが うれしいですね。
気持ちが明るくなり ウキウキします。
お庭のモクレン素敵ですね。ビワも実がなって お高いんですよね ビワ・・。
引っ越し準備に力が入りますね。
頑張ってください。

やっと工事 * by おんだなみ
リフォームに至るまでの設計検討、お疲れ様でした。
必要性と予算のバランスは難しいですね。

引っ越しも一家族分は、大変そうです。

庭の雑草の駆除も大変ですが、それも良い庭を作るためと思えば
頑張りがいもありますね。

Re: やっと工事 * by green
おんだなみさん、こんなに時間がかかるとは予想外でした。
リフォーム会社の都合もあったので仕方がないのですが・・
やっと先が見えてきました!

広いお庭 * by はなまめ
お庭のモクレン、いいですね~。
これからお手入れや草取りは手間がかかるでしょうが、楽しみも増えますね。
引っ越しは荷物整理が大変でしょうが、体調にはお気をつけて、乗り切ってください~

Re: 広いお庭 * by green
はなまめさん、実は昨日も家を見に行ったのですが、さらに雑草が勢いを増していました。
これから気温があがるとますます雑草が成長しそうです💦

2021-04-06 (Tue)

お気に入りのテレビ番組が次々と終了・・・

お気に入りのテレビ番組が次々と終了・・・

新年度になりましたね。我が家の新大学生は、今日から大学での授業が始まります。いきなりネイティブの先生の授業だそうで(我が家の息子は外国語学部)「緊張する~~~」と言いながら出かけました。息子が通う大学では学部の必修科目はほぼ対面授業で、一般教養科目はオンラインで行われるみたいです。全体の7割くらいは対面での授業となるみたいで、ありがたいです。学食でご飯たべるときは感染対策しっかりね~~~と念を押し...

… 続きを読む

新年度になりましたね。
我が家の新大学生は、今日から大学での授業が始まります。
いきなりネイティブの先生の授業だそうで(我が家の息子は外国語学部)「緊張する~~~」と言いながら出かけました。
息子が通う大学では学部の必修科目はほぼ対面授業で、一般教養科目はオンラインで行われるみたいです。全体の7割くらいは対面での授業となるみたいで、ありがたいです。
学食でご飯たべるときは感染対策しっかりね~~~と念を押しておきました。

4月から新しいラジオ番組やテレビ番組が始まりましたが、3月で私が好きだったテレビ番組がいくつか終了となってしまいました。

まずは、『らららクラシック』です。
この番組のおかげで、いろんな音楽を知ることが出来、視野が広がりました。
作曲家の人生や、楽器の奥深さ、曲が作られた背景など、いろいろなことを知ることができ、大変楽しまさせていただきました。
『らららクラシック』は終わりましたが、新しく『クラシックTV』という音楽番組が始まりました。
第一回放送は録画していますが、まだ観れていません💦楽しみです!!

それから『又吉直樹のヘウレーカ』です。
この番組は、毎回科学者の方が出演されていて、日常の中の「なぜ?」「どうして?」を深堀する番組でした。これは私の小論文添削にも大いに役立ちました。
科学技術系の小論文では、「科学者に求められるものは何か」とか「これからの科学はどうあるべきか」などを考えさせる課題がよく出題されます。
番組に登場する科学者(大学の教授や研究者などなど)の方の語り、発言から、科学とはこういうものなんだな~~とか、科学者はこういうことを大事にしなきゃならないんだな~~ということに気づかされ、そして考えさせられました。
例えば、基礎研究を大切にするとか、科学に絶対はないということを常に意識するとか・・・
科学は社会に役立つものでなければならないが、社会に役立つことだけを目標にすると弊害もでてくる・・すぐには社会に役立たないような基礎研究を疎かにせず、地道に研究検証を重ねることが、将来社会に役立つ技術につながるかもしれない・・みたいなことは、科学技術系の課題文によくでてくるのですが、それを再確認できるような話を聞くことができました。
科学の事柄を、又吉直樹さんが独特な視点で解釈するところもおもしろかったです(笑)

それから、毎週土曜日の12時から放送されていた『メレンゲの気持ち』も終わってしまいました。
土曜日は、メレンゲを観ながらお昼を食べるのが私の定番だったのに~~~~~
土曜日の楽しみがなくなってしまいました。寂しい・・・・

終わる番組があれば、始まる番組があるわけで・・
今週の日曜日から、NHKBSで『ウルトラセブン』が始まりました。
(去年の再放送かな?)
私、子どもの頃、もちろん初代ウルトラマンから見ていましたが、なぜかセブンが一番好きでした。(フィギュアも持ってた)でも番組の内容はほとんど覚えていなくて、今回大人目線できちんと見てみようと思います。第一回を早速見てみましたが、小さな子供には少し難しい言葉も出てきて、子供番組とは思えないクオリティーの高さを感じました。
セブンって、他のウルトラマンよりも背がちょっぴり低いところが、なんだか好きです。

というわけで、テレビ番組あれこれでした^^
1話目が~ * by おんだなみ
新年度ですね~、いつも見ていた番組が改変されるのは、
楽しみが減りつつも、新番組に期待ですね。

「ウルトラセブン」NHKのBSでやるんですか!
あ~1話、見れなかった~、来週から欠かさず見ようっと。
セブン、実は見た事が無いんです。
情報ありがとうございました。

Re: 1話目が~ * by green
おんだなみさん、「ウルトラセブン」1話は無料で見られるサイトがあるみたいですよ~~~
放送されたのは1967年、私が生まれた年なので、おそらく子どもの頃に再放送版を観たのかと思います。
当時の自動車の型が古くて逆に新鮮でした!(1話に神奈川県警のパトカーが出てきます)

無事に * by おんだなみ
アドバイス、ありがとうございました。
無事、1話目を見る事が出来ました。

No Subject * by はなまめ
又吉さんのヘウレーカは私も見ていました。
そうそう、研究ってこんなだよね~と昔を懐かしく思い出したり、こんなことを調べている人がいるんだ!と驚きをもらったり。
ウルトラマンも懐かしい~。
今はデジタルリマスターできれいな画像で昔のコンテンツを楽しめるようになりましね~。(ウルトラセブンもそうなのでしょうか)

Re: 無事に * by green
おんだなみさん、第一話、いかがでしたか?
昨日の第2話、なかなか怖かったです(笑)

Re: No Subject * by green
はなまめさん、ヘウレーカは、植物や昆虫の生態が興味深くおもしろかったです。
科学を身近に感じることが出来ました。
ウルトラセブンは、4Kリマスター版で、綺麗な画質で楽しめますよ♪

2021-04-01 (Thu)

『飢餓海峡』 水上勉

『飢餓海峡』 水上勉

映画『飢餓海峡』を観て、原作の小説『飢餓海峡』を読んでみたくなり、図書館で借りて読みました。映画では描かれなかった登場人物の生い立ちや生き様が細かく書かれてあり、非常に読みごたえがありました。映画でも八重という女性の、純粋さ、明るさ、健気さが伝わりましたが、小説からもそれを強く感じました。今の私たちからすれば、本当に辛すぎる境遇なのですが、八重さんは本当に健気で、そしてたくましい。体を売ることでし...

… 続きを読む

映画『飢餓海峡』を観て、原作の小説『飢餓海峡』を読んでみたくなり、図書館で借りて読みました。
映画では描かれなかった登場人物の生い立ちや生き様が細かく書かれてあり、非常に読みごたえがありました。
飢餓海峡
映画でも八重という女性の、純粋さ、明るさ、健気さが伝わりましたが、小説からもそれを強く感じました。今の私たちからすれば、本当に辛すぎる境遇なのですが、八重さんは本当に健気で、そしてたくましい。体を売ることでしか生きていけない、しかも自分が生きていくためではなく、家族を養うために、年老いた父や幼い弟のために自分の体を犠牲にするのです。
同郷の時子さんの人生も辛かったな・・・読んでいて胸を締め付けられるようでした。
小説の中の人ではありますが、時子さんの冥福を祈りたい気持ちになりました。

犯罪はなぜ起こるのか、ということを深く考えさせられます。
もちろん、罪を犯す人の人間性もあるでしょうが、罪を犯さざるを得ない状況を作り出す社会にも大きな原因があることがわかります。
罪を償いいざ刑務所を出られたとしても、彼らが更生し社会できちんと生きていけるシステムが、当時の(昭和22年)日本にはほぼ皆無だったのです。
そして、罪を犯すのは、「生きて行く」ためなんです。文字通り必死で生きて行かなくてはならなかったんです。

社会が作り出した悲劇としか言いようがありません。

最後に弓坂刑事が、「事実の裏にある真実を知ることができた」と言います。
犯罪者を逮捕するだけが刑事、警察の仕事ではなく、なぜ罪を犯したのか、その裏にある真実をきちんと知らなければならない、という弓坂刑事の執念を感じました。

No Subject * by おんだなみ
映画に続き、小説も読まれたんですね。
やはり小説の方が、背景も含め詳細に描かれている様ですね。

現代の価値観で当時の事を評価する例が見掛けられますが、
それは、あまりにも表面的過ぎる様に感じます。
犯罪の理由と原因は、社会の問題、人間性など、それぞれあると思いますが、
真実を知ると言うのは、かなり難しい事の様な気もします。

ちなみに、私は、まだイントロ部分しか見れてません。

Re: No Subject * by green
おんだなみさん、小説は(映画の長さのせいもあって)最初は取っつきにくいかなと思ったのですが、
いい意味で予想外れで、ぐいぐいと引き込まれてしまいました。
状況説明が長いといえば長いのですが、その説明があってこそ事件の裏にあるものが
わかるような気がします。