緑の光線

Top Page › WHEESUNGの歌詞を訳そう♪ › 울보(泣き虫)
2010-01-09 (Sat)  22:26

울보(泣き虫)

フィソン4集"LOVE..LOVE..?LOVE..!"より。

先日、フィソンの曲の中で一番HAPPYな曲を紹介しましたが、
今日は一転、フィソンの曲の中で、「悲しみ度」が最高に高い部類に入る曲です。

この曲、なんとなく日本の演歌に通じるところがあるんです・・・私的に。
ふと、都はるみの「北の宿から」を思い出したりして・・・

韓国のバラードって、「着てはもらえぬセーターを涙こらえて編んでます・・」っぽいところ
ないですか? なんかこう、通じるところがあるような・・


울보 (泣き虫)

作詞:최 갑원

오래 전에 그대가 떠나간걸 아직도 아무도 모르고 있어요
(もうずいぶん前に、あなたが去ってしまったことを、今も何も知らずにいます)

여전히 그댄 내 곁에서 나만을 사랑한다고 알부러 거짓말했죠
(今もあなたは私のそばで、私の事だけを愛しているだなんて、わざと嘘をついているのでしょう)

가끔씩은 지어낸 거짓말에 나마저 속아버릴 때가 있어요
(時々はそんな作り話に、私だってだまされてしまうことがあるのです)

그러다 눈치채면 눈물이 가다린 듯이 얼굴에 흐를때면
(そのうちに、嘘だと気づき、涙が待っていたかのように、頬をつたうのです)

울어요 눈물이 많은 남자라서 그래요 난 울어야만 맘 편하죠
(泣いています、涙もろい男だから、そう、私は泣いている方が楽でいられるのです)

또 울고 또 울어서 부은 내 두 눈으로 늘 그대를 찾아 헤매요
(泣いて、また泣いて、まぶたのはれた目で、いつもあなたを探しさまようのです)

어딨나요 어딨어요 나 마워서 숨었나요
(どこなの、どこにいるの、私が憎くて身を隠してしまったの)

혹시라오 그대 소식 하나라도 내 눈에 보일까봐
(もしかして、あなたの消息がひとつでも目に入るのではないかと)

억지로 잠마저 줄었는데
(無理して眠りさえも削ったというのに)

웃어요 언제나 웃는 인형처럼 그래요 난 바보처럼 울다 웃죠
(笑っています、いつも笑っている人形のように、そう、私はばかみたいに泣いては笑うのです)

또 웃고 또 울어서 떨린 내 두 손으로 늘 가슴을 쓸어 내려요
(笑って、そしてまた泣いて、震える手で、いつも胸をなでおろすのです)

어딨나요 어딨어요 꼭 숨어서 못 찾아요
(どこなの、どこにいるの、隠れてしまって、探せないのです)

누구라도 그대 못된 여자라고 나쁜 말 하기 전에 내 곁에 서들러 돌아와줘요
(誰かがあなたのことを悪い女だと悪口を言う前に、私のそばに戻ってきて欲しいのです)

어딨나요 어딨어요 나 미워서 (내가 마워서 나만 모르는 곳으로 ) 숨었나요
(どこなの、どこにいるの、私が憎くて(私が憎くて私の知らないところで)身を隠してしまったの)

혹시라도 그대 소식 하나라도 내 눈에 보일까 봐
(もしかして、あなたの消息がひとつでも目に入るのではないかと)

억지로 잠마저 줄었는데
(無理して、眠りさえ削ったというのに)



눈물이 가다린 듯이...って素敵な表現ですね。「涙が待っていたかのように」

この曲、3拍子なんですね(正確にいうと、8分の6拍子?)
その、3拍子のリズムが、切なさを増すんです・・・
かなり暗いのですが(笑)、とってもきれいな曲です。
一緒に歌ってると、ついつい感情移入してしまう。

CDの歌声を聴いてると、「フィソン、泣いてるの?」って聞きたくなっちゃう。

フィソンは、ステージで、この曲歌ったことあるみたいだけど、
あ~~聴いてみたいな・・っていうか、歌ってるところを見てみたい。
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-06-08

No title * by kinaco
うーん、深い愛がうたわれているのですね。すごい。
こんなに愛されている女性・・・幸せですね。
想いがつうじあっていれば・・ですが~。

No title * by green
kinacoさん、深すぎすぎるでしょう~~~~
「情念」みたいなものを感じませんか??
想いが通じ合ってないがために、こんなに深いのかもしれません!!

Comment







管理者にだけ表示を許可

No title

うーん、深い愛がうたわれているのですね。すごい。
こんなに愛されている女性・・・幸せですね。
想いがつうじあっていれば・・ですが~。
2010-01-11-14:02 * kinaco [ 編集 ]

No title

kinacoさん、深すぎすぎるでしょう~~~~
「情念」みたいなものを感じませんか??
想いが通じ合ってないがために、こんなに深いのかもしれません!!
2010-01-11-21:37 * green [ 編集 ]