緑の光線

Top Page › 『그래도 나는 ing』 › 「他人が悪口を言っても、私には愛だ」
2010-01-10 (Sun)  09:45

「他人が悪口を言っても、私には愛だ」

フィソン著、『그래도 나는 ing』の続き・・

STORY 02 より、「他人が悪口を言っても、私には愛だ」

この章では、フィソンの恋愛観、というよりは、過去の恋愛スキャンダルでの
辛い経験についてが、メインに書かれてあります。

「愛は○○だ」と定義するのは難しい・・言葉では表現できない・・・なんて言いながらも、
フィソンらしい言葉で「愛」を表現しています。
たとえば、

무한대의 행복과 그만큼의 절망감, 둘의 간극을 롤러코스터 타듯 오르내리는
그 감정의 이미지를 언어로 표현할 재주가 내겐 없다. 마음에 천국을 세울 수도
또 모든 것을 초토화시킬 만큼 큰 전쟁을 일으킬 수도 있는 그 어마어마한 에너지
덩어리를 과연 사람의 말로 표현할 수 있을까? フィソン著、『그래도 나는 ing』より

無限大の幸福と、それと同じほどの絶望感、二つの間をローラーコースターに乗っているように
上り下りする、その感情のイメージを、言葉で表現する才能が私にはない。心に天国を
立てることも、また、全ての事を焦土化させるほどの大きな戦争を起こすこともできる、
そんなものものしいエネルギーの塊を、果たして人の話す言葉で表現できるだろうか。 訳:green

って、フィソン、充分表現してると思いますが・・・
愛には、最大の幸福と、最大の絶望感が存在するんですね。
そんなジェットコースターに乗っているような恋をしてたら、すごく疲れてしまいそうです。。。


そして、スキャンダルの話。
終わってしまった恋愛に辛い思いをしているのに、他人は自分を非難する、
それがさらに辛かったと言います。
そして、世の中はまるでパズルを合わせる様に、フィソン自身が話した言葉を組み合わせていきます。
過去にフィソンが女性について話していた言葉を、あちらこちらからかき集めて・・

내 잘못이었다. 사랑한 것은 잘못이 아니지만 함부로 입에 올려선 안 되는 건이었다.
フィソン著、『그래도 나는 ing』より
私の間違いだった。愛したことは間違いではないが、むやみに口に出してはいけなかったのだ。訳:green

何を話し、何を秘密にするべきかわからずにいた、フィソン・・・自分の話した事が
様々な誤解を生んでしまい、状況はさらにこじれていきます。
そして、自分が書いた歌詞までもが、その恋愛に結び付けられてしまう。
「사랑은 맛있다」のロックバージョン「사랑은 맛없다」(愛はまずい)を歌っても、
新曲の、「별이 지다」を歌っても、全て、彼女に結ぶつけられてしまう。

나는 아픈 과거라 그 사랑을 앚고 싶은데 사람들은 나를 자꾸 그 사랑앞으로
끌고 가 무릎을 꿇렸다. 누가 나에 대해 한 마디만 해도 전전긍긍 하는 내게 사람들의 힐난은
참기 힘든 형벌이였다. 나도 이렇게 아프고 힘든데, 왜 비난받아야 하지? 내가 한 사랑이 그들에게
무슨 피해를 주었을까? フィソン著、『그래도 나는 ing』より
私は辛い過去やその恋愛を忘れたいのに、人々は私をしきりに、その愛の前に引きずりだしては
ひざまづかせた。誰かが私に対して一言でも言えば戦々恐々とする私に、人々の問い詰めは
耐えられない刑罰だった。私もこんなに辛いのに、なぜ非難を受けなければならない?
私の愛が彼らに何の被害を与えたのか?             訳:green

そして、フィソンは薬の量を増やしていきます・・・・

そして、自分が何を言っても誤解を生むばかりだと悟ったフィソンは、そのまま放置しておっくことが
一番よいのだと考えます。(最初からそうしておけばよかったのに。。。。。)

어떤 사연으로 끝난 사랑이든, 한 번 끝난 사랑이 타인에 의해 더렵혀지는 것은 원하니 않았다.
フィソン著、『그래도 나는 ing』より
どんな事情で終わった愛であっても、一度終わった愛が、第三者によってけがされてしまうことは
望まなかった。                      訳:green

芸能界という世界で生きていくのに、フィソンはあまりにもデリケートで、傷つきやすい心の
持ち主なのだと思います。

그렇지만 나는 사랑을 버리지 않을 것이다. 상처받는 건 두렵지만 사랑하지 않고 살 자신은 없다.
사랑에 서툴고 이별에 대치하는 법에 서툴러 매번 상처를 입지만, 그래서 겁도 나지만, 그래도
사랑을 계속할 것이다. フィソン著、『그래도 나는 ing』より
だが、私は愛を捨てたりしない。傷つくことは恐いが、愛さずして生きていく自信はない。
愛に未熟で、別れの対処法に未熟で、毎回傷を負い、そして怖気づくのだが、それでも
愛を続けるのだ。                   訳:green

そして最後にこう締めくくっています。

사랑이 지나고 나면 언제나 상처가 남지만 그와 더불어 행복한 추억을 얻는단.
그녀가 내게 해준 말, 나를 바가보던 눈빛. 그건 진심이었으니까.
그래서 나는 사랑을 사랑한다. フィソン著、『그래도 나는 ing』より
愛が通り過ぎれば、いつも傷が残るが、それとともに幸せな思い出を得る。
彼女が私にくれた言葉、私を見つめてくれたまなざし。それは、心からのものだったのだから。
だから、私は愛を愛するのだ。              訳:green

たとえ、愛したことで傷ついたとしても、それが本物の愛であれば、いつかそれは
素敵な思い出に変わると思います。私は・・・

フィソンは、とっても真面目な人なんだろうね。
愛に深~~~~~くはまる分、受ける傷もそれだけ大きいんだろうな・・・

スキャンダルになってしまうのは、仕方ないといえば仕方ないことだよね。
でも、やっぱり「恋愛」という、最もプライベートな事を、見ず知らずの赤の他人から、
あーだこーだ言われるのは、辛いよね。多分想像以上の辛さなんだろうな。

精神的にタフな人であれば、すっと流せることであっても、
純粋なフィソンは、それがまだ出来なかったんだろうね。

フィソン、happyな恋愛をしてね~~♪


次の章では、フィソン、友達について語ります。
といっても、人間の友達じゃないんだな・・・(涙)
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-06-08

No title * by kinaco
ほんとう、まじめな人なんでしょうね~。
愛を続ける、愛を愛する・・・愛はジェットコースターみたいなもの・・・わかるような気がします。。。って私はこんなに深い愛を体験したことのない未熟者だわ^^

No title * by green
kinacoさん、読んでくれてありがとう~~
真面目な人ほど愛に疲れてしまいそうです・・
あ、私もジェットコースターのような愛は未体験です♪

Comment







管理者にだけ表示を許可

No title

ほんとう、まじめな人なんでしょうね~。
愛を続ける、愛を愛する・・・愛はジェットコースターみたいなもの・・・わかるような気がします。。。って私はこんなに深い愛を体験したことのない未熟者だわ^^
2010-01-11-14:06 * kinaco [ 編集 ]

No title

kinacoさん、読んでくれてありがとう~~
真面目な人ほど愛に疲れてしまいそうです・・
あ、私もジェットコースターのような愛は未体験です♪
2010-01-11-21:40 * green [ 編集 ]