緑の光線

Top Page › 映画のこと › 「ラウンド・ミッドナイト」
2010-03-24 (Wed)  09:35

「ラウンド・ミッドナイト」

「ラウンド・ミッドナイト」 ROUNDO MIDNIGHT 1986年
監督:ベルトラン・タヴェルニエ
出演:デクスター・ゴードン、フランソワ・クリジャズがお好きな方には、たまらない作品でしょう。
私はジャズには詳しくないのですが、
実在したピアノ奏者バド・パウエルの実話をもとに作られているようです。
主人公のテナーサックス奏者デール・ターナーを演じるのは
デクスター・ゴードン、ピアノ奏者として、ハービー・ハンコックも出演。
ハービー・ハンコックは、本作品でオスカー・オリジナル作曲賞を受賞しています。
舞台は1959年のパリ。
デール・ターナーは、すっかりアルコール中毒で、マネージャーからお酒を禁じられて
ギャラさえも、本人には渡されずマネージャーに管理されてるんです。
そんなデール・ターナーを神のように崇めるのが、パリジャンのフランシス。
彼は、デールに献身的に尽くし、面倒を見てあげるのです。
音楽を心底愛する人間が言葉を交わす・・
言葉数は少ないんだけど、デクスター・ゴードンの語り口がなんともいえず
よかったです。
(私はこれを見ながら、もしこれを日本の俳優さんが演じるなら
 いかりや長介さんがぴったりなのではないかと思いました。)
フランシスのひとり娘、ベランジェール、おそらく設定では小学校4~5年生くらいかな?
彼女がね、可愛いんだけど、いっぱしの大人なんですよ。
なんで、パリっ娘は、こんなに大人っぽいんだろうね~~~
綿のワンピースに白のカーディガンをはおって、デールと海岸を散歩する
シーンが好きでした。
私はこの映画、てっきりマーティン・スコセッシが監督しているものだと
思い込んでました。
監督ではなく、実際に出演してたんですね~~
私はイメージとして、もっと大柄な人を想像していたのですが、
案外小柄でした(笑)
映画の一場面です。ジャズがお好きな方、どうぞ~~~
簡単モード、慣れません!
見出しのつけかたが、わからず、どうやって元に戻したらいいのかもわからず、
変な風になってしまった!!すみませ~~~んㅠㅠ
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-06-08

Comment







管理者にだけ表示を許可