緑の光線

Top Page › 『그래도 나는 ing』 › 「人魚姫」 「偶然」
2010-05-26 (Wed)  09:01

「人魚姫」 「偶然」

フィソン著 『그래도 나는 ing』より。

WHEE SUNG'S LETTER 01


일어 공주


실은 난 마음의 무게를 재어낼 줄 알아요.

너무 놀라지 말고 진지하게 들어줘요.

사랑하는 사람을 눈을 감고 감싸아 안으면

그 맘이 얼마큼 무거운지 느낄 수 있죠.

헤헤.. 동화 같죠?

그 무거움에 내 마음을 꼬옥 매어놓지요.

나를 향한 사랑이 가벼워지면 내 마음도 날아가게요.

당신은 참 달라요. 신기하죠.

그 누구보다 크고 무거운 마음으로 나를 붙들어 놓고 있어서

난 날아갈 수 없고 날아가기 싫었어요. 정말..

나 언젠가 부터 눈으로도 볼 줄 알게 되었어요.

당신의 '이상하게 무거웠던' 뜨거운 마음

남들과 너무 달라서 신기한 그 마음.

그 '두 개의 마음' 말이에요.

지금 내 마음이 날아가기 시작하네요.

  人魚姫

  実は 僕は 心の重さを量れるんだよ。
  あまり驚かないで真面目に聞いてほしんだ。
  愛している人を 目を閉じて 包み込むように抱いたなら
  その心が どれくらい重いのか 感じることができるんだ。
  へへ 童話みたいでしょ?
  その重さに僕の心をぎゅーっと結びつけておくんだ。
  僕に向けられた愛が軽くなれば 僕の心も飛んでいくんだ。
  あなたはほんとうに変わった人だ。不思議だよ。
  その誰より 大きく重い心で 僕をつかまえてしまっているから
  僕は飛んでいけないし、飛んで行きたくなかったんだ。本当に・・・
  僕はいつからか 目で見てもわかるようになったんだ。
  あなたの「不思議なほどに重かった」熱い心
  他人とはまるで違っていて 不思議なその心
  その「ふたつの心」のことだよ。
  今僕の心が飛んでいこうとしているね。

  訳:green


우연


우리 눈이 참 자주 마주친다고요?

몇변이나 마주쳤는 줄 아세요?

음...

당신이 어쩌다 내 쪽을 볼 때면 꼭 마주치니까

내가 바라본 순간부터 지금까지 100번 쯤 마주쳤군요.

  偶然
 
  僕達 ほんとうによく目が合うって?
  何回ぐらい目が合ったと思いますか?
  うーん・・・
  あなたが偶然に僕の方を見たときには必ず目が合うから
  僕が視線を送った瞬間から 今まで 100回ぐらいは目が合ってるんです。

  訳:green


↑ 好きな人と目が合ってどきどきしていた、高校生の頃を思い出してしまった(笑)


次回からは、WHEE SUNG STORY 03に入ります。
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-06-08

Comment







管理者にだけ表示を許可