緑の光線

Top Page › 映画のこと › 「マジック・キッチン」
2010-05-27 (Thu)  22:32

「マジック・キッチン」

「マジック・キッチン」     魔幻厨房/MAGIC KITCHEN  2004年 香港
 監督:リー・チー・ガイ
 出演:サミー・チェン、ジェリー・イェン、アンディ・ラウ
これ、台湾映画かと思ったら、香港映画でした(笑)
台湾、香港の映画は詳しくないのです~~~
 
いや~~~ジェリー・イェンが可愛い
正確に言うと、ジェリーが演じてるクーリーが
可愛い!
 
 
 
 
 
ま、これは、ある女性シェフ(サミー・チェン)のお話なんだけど、その助手がクーリーという年下の男の子。
秘かにこのシェフのことを想っているのです。
だけど、なかなか気づかないんですよ~~彼の恋心に!
こんなに可愛くって、よく働いてくれて、自分のことを心配なんかしてくれちゃったら、
惚れます
 
クーリーがこのシェフのために、誕生日ケーキを作るシーンがあるんだけど、
ケーキの生地に、ペプシコーラを入れてた!!
炭酸を入れると、生地がふわっとするのだろうか??
(ま、それはさておき)
それを見た彼女は、思わずぐっときちゃって、ほっぺにチュッとするんです。
(わかる~~~~
 
彼女は元カレに再会して、心が揺れるわけなんです。
で、クーリーちゃん、嫉妬してしまって、つい余計なこと言っちゃうんです。
で、夜中に彼女の部屋を訪ねて行くんです。
「ごめん、僕、嫉妬しちゃって、あんなことを・・・」って、謝るんですよ。
そこがまた、可愛い
 
ま、ふたりの周りでは、浮気だのなんだのあるんですが、
クーリーちゃんの一途な愛が、とっても胸きゅんな映画でした♪
ごちそうさま~~~
 
ところで、映画見てて、なんとなく口の動きと音声がしっくりこない・・・
と思ったら、ジェリー以外は、北京語に吹き替えてあるらしいです。
 
ジェリー・イェンは、ドラマ「ホスピタル」でしか知らないんだけど、
このドラマは日本語の吹き替えで見たので、今回初めて彼の声を聞きました。
本作品が、映画初出演だったらしいです!
 
それから、主人公演じるサミー・チェンさんも素敵な女優さんでした。
ああいう、すっとした顔好きだな~~~
 
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-06-08

No title * by 龍香
最近、恋愛ものに全く興味ひかれてなかったんだけど、グリちゃんの記事読んでたらクーリーちゃんに会いたくなっちゃいました

No title * by green
ママさん、映画的にいうと、「まあまあかな~~」的な作品なのですが、クーリーちゃんの可愛さだけでも、見る価値はあると思います~

No title * by M
これ、F4とアンディ・ラウ好きの友人に連れられて映画館で観ました^^;
川崎のチッタデッラが出てきたかと思えば都内の隠れ家みたいな場所に瞬間移動したりちょっと不思議さの残る作品でしたが、ジェリーはかっこいいし、実はマイケル・ウォン好きの私は彼も出ていて満足でした。
昔のブログに感想書いたのでTBできず残念です凹

No title * by green
Mさん、川崎が出てたのですか~~
実は、「これ、ほんとに日本なのかな?」と思いながら見てました。
あの、駅の雰囲気とか、不思議でしたよね~~~
マイケル・ウォンさんって、どの訳の人だろう??
あとでもう一度見てチェックしてみます♪

Comment







管理者にだけ表示を許可

No title

最近、恋愛ものに全く興味ひかれてなかったんだけど、グリちゃんの記事読んでたらクーリーちゃんに会いたくなっちゃいました
2010-05-28-00:03 * 龍香 [ 編集 ]

No title

ママさん、映画的にいうと、「まあまあかな~~」的な作品なのですが、クーリーちゃんの可愛さだけでも、見る価値はあると思います~
2010-05-28-08:30 * green [ 編集 ]

No title

これ、F4とアンディ・ラウ好きの友人に連れられて映画館で観ました^^;
川崎のチッタデッラが出てきたかと思えば都内の隠れ家みたいな場所に瞬間移動したりちょっと不思議さの残る作品でしたが、ジェリーはかっこいいし、実はマイケル・ウォン好きの私は彼も出ていて満足でした。
昔のブログに感想書いたのでTBできず残念です凹
2010-05-28-09:35 * M [ 編集 ]

No title

Mさん、川崎が出てたのですか~~
実は、「これ、ほんとに日本なのかな?」と思いながら見てました。
あの、駅の雰囲気とか、不思議でしたよね~~~
マイケル・ウォンさんって、どの訳の人だろう??
あとでもう一度見てチェックしてみます♪
2010-05-28-22:12 * green [ 編集 ]