緑の光線

Top Page › 映画のこと › 「スター・ランナー」
2010-06-07 (Mon)  22:23

「スター・ランナー」

「スター・ランナー」  STAR RUNNER 少年阿虎   2003年 香港/韓国
 監督:ダニエル・リー
 出演:ヴァネス・ウー、 キム・ヒョンジュ

またまた、可愛い男の子が出てきます
今回の映画に出てくるのは、ヴァネス・ウー
F4のひとりらしいです。
私、F4といえば、ジェリーしか知らなかったんです。
映画を見ながら、「この男の子、なんて、可愛いの!!」と思い、見終わった後に調べてみて、
初めてF4のメンバーであることを知りました。
ものすごくハンサムくん、というわけでもないんだけど、その辺にいるような普通の男の子っぽい
ところが、とても好感が持てます。
この作品、香港、韓国の合作なんですね。
で、韓国の女優、キム・ヒョンジュさんが出ています。
彼女は、ヴァネス演じるボンドという男の子が通う高校に、
臨時の韓国語教師としてやってくるわけです。
そして、教師と生徒の恋!なんですね~~~
でも、ただの恋愛映画ではなく、このボンドくん、ボクシングジムに通ってまして、
(あ、正式にはボクシングじゃないのかもしれないけど)
ある格闘技の大会(日本でいうk-1みたいなもの)に出場して、
タンクという最強の男を倒すために戦う!!という格闘技の映画でもあるんです。

ボンドは、自分の通っていたジムを飛び出し、ある一人の指導者と出会います。
そして、その指導者から、カンフーの技を教わるんです。
そして、タンクを倒すために、日々鍛錬に励みます
 
この試合の格闘シーンがすごいです!!
私は人を痛めつけたり、喧嘩して殴り合ったり、バンバン撃ちあったり・・・というのは、
あまり好きじゃないのですが(というより苦手)この格闘技の試合シーンは、迫力満点で
思わず手に汗握りました。
余談ですが・・・「試合」って、試し合うって書くんですよね。
自分の実力がどれほどのものかを知るために、相手になってもらって試すんです。
だから、相手になってくれた人には、試し合いをしてくれて、ありがとうと、
感謝をしなければならない。だから、試合は礼に始まって礼に終わるんですね。
(これは、義父の受け売りですが・・・)

ボンドくんが、韓国語教師に、「頑張れって、韓国語で何て言うの?」
って聞くシーンがあります。
彼女は答えます。「최선을 다 해야 되
直訳すると、「最善を尽くしなさい」という意味。
キム・ヒョンジュさんは、全編ほぼ中国語をしゃべっていますが、本人がしゃべっているのか、
吹き替えなのか、定かではありません。
최선을 다 해야 되の韓国語も、なんとなくぎこちなく聞こえたので、もしかしたら、吹き替えかも・・・
 
それにしても、アジアの男の子って、何でこんなに可愛いんでしょ。
ヴァネスくん見たさに、流星学園・花より男子を、一話だけ見てみました。
(ちなみに、「花より男子」は、台湾版はもちろん、韓国版、日本版も、全く見ていません)
あ、なんか、おもしろそ~~見てしまうかも・・・・
 
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-06-08

Comment







管理者にだけ表示を許可