緑の光線

Top Page › ドラマのこと › 「求婚事務所」見終わりました。
2010-07-19 (Mon)  10:04

「求婚事務所」見終わりました。

台湾ドラマ「求婚事務所」40話、全て見終わりました。
かなりはまりました。
40日間、毎日欠かさず見ました。
 
7つのお話がオムニバス形式になっています。
そしてそのタイトルには、全て映画のタイトルが使われています。
そして、全て恋愛。
決して派手な展開ではなく、誰もが悩み苦しむ恋のお話が、美しい音楽とともに描かれています。
出演している俳優さんたちも、(こんなこと言っちゃなんだけど)、めちゃくちゃ美男美女って
わけじゃないんですよ。 そこにもまた親近感を感じることができます。
 
使われているインテリア、雑貨もすごく趣味がよかったな~~
音楽ももちろん素敵でした。
 
ラストの第7章「フォー・ウェディング」は、全編を通して出演している「求婚事務所」のメンバー達の
恋のゆくえを描いたお話でしたが、この章、全5話、毎回泣きながら見ました(笑)
シャオチュンという男の子がいるのですが、口数の少ないとっても内気な青年なんですよ。
耳がちょっと不自由で自分の殻に閉じこもりがち。
彼には、秘かに想いを寄せる女性(イーペイ)がいるのですが、その彼女は自分のお姉さんの彼氏のことが好きなんです。
その彼のことをひたすた思い続けるイーペイの姿を、いつもじ~~~~~っと見つめているんです。
 
好きな気持ちを相手に伝えられず、いつも遠くから見守るだけ。
彼のいじらしいというか、健気な姿を見て、私は何度「シャオチュ~~~~~ン」と叫び、涙したことか!!
 
だけど、恋愛は人を強くするんですね・・・
イーペイは、ずっと好きだった、そのお姉さんの彼氏と一度はうまくいきそうになりますが、
その恋愛はうまくいかず、傷ついてしまうんです。
そこでシャオチュンは、その彼に「彼女をほんとに愛しているのか」と、怒りをぶつけるのです。
そして、「イーペイとあなたがどうなろうとも、僕はイーペイを想い続けます」って
自分の気持ちをはっきり言葉にするのです。
 
私はシャオチュンのイーペイを見つめる、優しくてどこか悲しげな表情を見ると、
フィソンの「アンデナヨ」が頭の中に流れてくるんですよ。
「アンデナヨ」のシチュエーションと、シャオチュンの想いがどこか重なるようで・・・・
 
最後の最後「最終回」は、私的にはいまひとつでしたが、
と~~~~~っても、素敵なドラマでした。
 
(あ~~~ん、ティッシュ、何枚使っただろう??)
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-06-08

No title * by 龍香
記事読んでいてなんだかほのぼのとした気持ちになっちゃった♪ たのしかったんだね、グリちゃん♪

こういうどっぷりはまれる楽しみがあると、ストレス緩和できるような気がします(^^)わたしは『龍馬』以外は観ていたドラマ終わっちゃったんだなぁ。。

No title * by green
ママさん、どっぷりはまってたよ~~
毎日これ見るの楽しみだったから・・・
実はもう一個台湾ドラマにはまってて・・・それはまた後日記事にしますね~~
日本のドラマでは「龍馬伝」と、今週から始まった松潤くんのドラマを見てます^^

Comment







管理者にだけ表示を許可

No title

記事読んでいてなんだかほのぼのとした気持ちになっちゃった♪ たのしかったんだね、グリちゃん♪

こういうどっぷりはまれる楽しみがあると、ストレス緩和できるような気がします(^^)わたしは『龍馬』以外は観ていたドラマ終わっちゃったんだなぁ。。
2010-07-20-14:30 * 龍香 [ 編集 ]

No title

ママさん、どっぷりはまってたよ~~
毎日これ見るの楽しみだったから・・・
実はもう一個台湾ドラマにはまってて・・・それはまた後日記事にしますね~~
日本のドラマでは「龍馬伝」と、今週から始まった松潤くんのドラマを見てます^^
2010-07-20-21:43 * green [ 編集 ]