緑の光線

Top Page › 映画のこと › 「桜桃の味」
2010-09-24 (Fri)  08:49

「桜桃の味」

「桜桃の味」    Ta'm e guilass/The Taste of Cherry  1997年 イラン
 監督:アッパス・キアロスタミ
 
これは、ある自殺志願の男の映画です。
こう書くと、すごく重~~~~い空気がする映画なのかと思われるかもしれません。
確かに明るい映画ではありませんが、重い映画かと聞かれると、果たしてそうとも
言えないような映画なのです。
 
ひとりの男が、ある仕事を引き受けてくれる人を必死になって探しています。
最初に目をつけたのは、若い兵士。
「簡単な仕事で、お金になる。やらないか。」と執拗に頼み込みます。
兵士は、「どんな仕事なのか。内容を知りたい」と聞くのですが、
「内容なんて問題じゃない。ただ言われたとおりにやって、金をもらえばいいんだ」
とその男は答えるばかり。
こういうふうに言われると、「こりゃ、やぱい」って恐ろしくなりますよね。
そして連れて来られたのが、小高い丘の斜面。
山の斜面の穴に自分が入るから、朝になったら自分の上に土をかぶせて埋めてくれと
言うのです。つまりは自殺の幇助。
怖くなった兵士は逃げてしまいます。
 
そして、次に目をつけたのは、若い神学生。
その自殺志願の男は、「自分が生きていたら、周りのみんなを苦しめてしまう。
だから、自分が死ぬのは、みんなの幸せのためなんだ」と、自分の自殺の意味を
必死で説明しますが、神学生は、「私は人を殺せない」と、やはり拒否されてしまいます。
 
そして、3人目に目をつけたのが、ひとりの老人。
この老人は、一応男の依頼を引き受けるのですが、車に乗って、丘に連れて行かれる
間に、いろんな話を男にするのです。
 
「私もある時、自殺を試みた。だかそのとき、ふと手に桑の実が触れた。そしてその実を
口に入れると、とても甘かった。桑の実が自分を救ってくれた」

「太陽の光を見たいと思わないのか、月の美しさを見たいと思わないのか、桜桃の味を無視できるのか」 
 
そういって、自殺を思いとどまるように語りかけるのです。
 
老人は、自殺はなぜいけないのか、生きるとはこういうことなんだ、とか、難しい話は一切しません。
でも、↑の「太陽の光・・・・・」の言葉が、人生の意味を物語ってるような気がします。
「桜桃の味」それは、生きていく上での喜び、を表してるんでしょうね。
 
結局は、自殺幇助の以来を引き受けるのですが・・・・・
映画の結末は????^^
 
この映画、ほとんどが、砂漠のような小高い丘を車が走るシーンが占めているのですが、
車が走るたびに、細かい砂が舞い上がり、まさに「乾いて」いて、「荒涼」としているのです。
緑がほとんど見当たらないのです。一面が乾いた黄土色・・・・
多分、これは自殺志願の男の心の中を表してるのではないかと思います。
ですが、これは私の気のせいかもしれませんが、3人目の老人を車に乗せて走っているうちに、
なんだか、少しずつ緑の量が増えていくような気がするのです。
ぽつぽつとではありますが、木が一本、そして二本と・・・・
そして、映画の結末では・・・
あの黄土色の大地が、なんと緑に覆われているのです!
そして、映画が始まってから、一度も音楽が流れることはなかったのに、
最後の最後に音楽が流れて終わるのです。
 
この映画、終わり方が素晴らしいです!

 
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-06-08

No title * by ***キッドママ***
映画の結末が気になります。
タイトルの「桜桃の味」とどこで結びつくのか、
ぜひ、観たくなりました^^
映画の終わり方も気になるなぁ~。

No title * by 龍香
グリちゃん、評論家になれそう結末が気になります。

しかし、いつもこういう映画をよく見つけてくるね!

No title * by kinaco
こんばんは♪ 読みながらすっかり頭の中で映画の場面ができあがってしまったくらい。説明がとてもお上手です。パチパチ^^
しぶい色合いの映画のようですね!

No title * by yonekyon
これ知らなかったです。私も見たくなりました~素晴らしい終わり方・・・めちゃ気になる~

No title * by green
キッドママさん、結末、気になりますか??
「監督、やるな~~~」「そう、きたか~~~」みたいな終わり方です(笑)
地味ではありますが、なかなかよい映画だと思います。

No title * by green
ママさん、終わり方が気になるでしょ??
私が観る映画のほとんどが、NHKBSで放送されたもの。
よほど、自分の好みでない限り、どんな映画でも録画して、
観るようにしていま~~す。

No title * by green
kinacoさん、説明が上手だなんて、褒めてくださってありがとです。
しぶい、というよりは、ほとんどが「黄土色」なんですよ・・・

No title * by green
よねきょんさん、終わり方は、監督にやられちゃった~~
という終わり方です(笑)

Comment







管理者にだけ表示を許可

No title

映画の結末が気になります。
タイトルの「桜桃の味」とどこで結びつくのか、
ぜひ、観たくなりました^^
映画の終わり方も気になるなぁ~。
2010-09-24-14:39 * ***キッドママ*** [ 編集 ]

No title

グリちゃん、評論家になれそう結末が気になります。

しかし、いつもこういう映画をよく見つけてくるね!
2010-09-24-15:27 * 龍香 [ 編集 ]

No title

こんばんは♪ 読みながらすっかり頭の中で映画の場面ができあがってしまったくらい。説明がとてもお上手です。パチパチ^^
しぶい色合いの映画のようですね!
2010-09-25-20:38 * kinaco [ 編集 ]

No title

これ知らなかったです。私も見たくなりました~素晴らしい終わり方・・・めちゃ気になる~
2010-09-25-20:52 * yonekyon [ 編集 ]

No title

キッドママさん、結末、気になりますか??
「監督、やるな~~~」「そう、きたか~~~」みたいな終わり方です(笑)
地味ではありますが、なかなかよい映画だと思います。
2010-09-25-21:42 * green [ 編集 ]

No title

ママさん、終わり方が気になるでしょ??
私が観る映画のほとんどが、NHKBSで放送されたもの。
よほど、自分の好みでない限り、どんな映画でも録画して、
観るようにしていま~~す。
2010-09-25-21:45 * green [ 編集 ]

No title

kinacoさん、説明が上手だなんて、褒めてくださってありがとです。
しぶい、というよりは、ほとんどが「黄土色」なんですよ・・・
2010-09-25-21:46 * green [ 編集 ]

No title

よねきょんさん、終わり方は、監督にやられちゃった~~
という終わり方です(笑)
2010-09-25-21:47 * green [ 編集 ]