緑の光線

Top Page › 暮らしのこと › 突き落とされても、這い上がれ!子供たち!!
2010-09-30 (Thu)  22:22

突き落とされても、這い上がれ!子供たち!!

かなり過激なタイトルですみません
今日は、うちの長男のクラスの話です。
 
うちの長男、小学5年生。
低学年の頃は、まあいろいろ問題がありまして、非常に大変な時もありましたが、
今は、先生にも恵まれ、充実した学校生活を送っています。
上級生となり、学校の代表としての活動も増えてきました。
特別活動にも積極的に取り組んでいて(地域の環境づくりから、地球環境について考える活動を
しています)大勢の人の前で注目されることも増えました。
運動会でも、今まではただ参加するだけでしたが、今年からは、自分達が運動会を運営する側に回り、
下級生をリードしながら、積極的に仕事に取り組む姿が見られました。
ほんとうに、よく成長してくれたものです。
(先生に感謝!)
 
ところが、そんな成長が見られる中でも、うちの長男の担任の先生には、
どこか引っかかるものがあったらしいのです。
「確かに、特別活動には積極的に取り組んでる。だが、普段の生活はどうなのか。
 ひとりひとりが考えて動けているのか。主体的に動いているのは一部の生徒であって、
 あとは、ただなんとなくそれに従ってやってるだけじゃないのか。
 普段の学校生活を一人ひとりがきちんと出来ていないのに、特別活動をする意味があるのか」
 
そこで先生は、子供たちを、一度突き放したのです。
 
実際、普段の学校生活がかなりおろそかになっていたそうです。
つまり基本的なことが出来ていない。
給食の片付け方。掃除の仕方。話し合いの進め方・・・・
一人一人の意識が低いことを、先生は生徒に気づいて欲しかったようです。
 
そして、今週1週間、子供たちは非常に苦しみました。
自分たちの何がいけなかったのか、どうすればいいのか、ひたすら話し合ったそうです。
先生の厳しい言葉に泣き出す生徒もいたそう。
でも、ただだまって先生の言うことを聞くだけの下級生とは違います。
5年生ともなれば、先生に反論する子もいたそうです。(←見てみたかった!!)
先生に自分の考えてることをぶつけられるなんて、すばらしいですよね!
(先生も、あえてそれを狙っていたのかもしれません。)
授業そっちのけで、トータル10時間を話し合いに費やしたそうです。
 
そして、今日はタイミングよく懇談会の日でした。
先生は、今回の事について、
「あえて、しなくてもよかったことを、やってみました。子供たちには、ちょっと早いかなという気もしましたが、
 ただ、子供たちには、もう一段上へと成長して欲しかったんです。」
と、おっしゃっていました。
 
今回の10時間の話し合いを終えての、子供たちの感想文がクラス便りに紹介されてました。
「10時間の話し合いはとてもしんどかったけど、貴重な10時間だったと思う」
「みんな、自分から変わろうとしていると感じた」
「このクラスだったらやれると思う」 などなど・・・・
 
女の子のお母さんの中には「先生、少し厳しすぎたのでは・・・」「授業をつぶしてまでも
やる必要があったのか」 という意見を持たれた方もいらっしゃったようです。
 
でも、こういう「しんどい」体験、必要ですよね。
私としては、その10時間の話し合い、どんなだったか、見てみたかったですけど(笑)
一度立ち止まって、自分達の行動を振り返り、どうするべきなのかをじっくり考える。
先生に厳しい言葉をもらって、悔しい思いをする。
よし!やってやるぞ!という気持ちになる。
 
これって、ほんとに大切だと思う。
先生、あえて突き放してくださってありがとうございます(笑)
これも、先生と子供たちの間に信頼関係があるから出来たことだと思います。
だから、子供たちも這い上がって来れるんだと思います。
 
子供たちよ!負けるな!這い上がれ~~~~!!
 
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-06-08

No title * by yonekyon
なんていい先生なの~うちのぐたぐた次男も突き落としてくれー(爆)いろんなお母さんがいるので、やりすぎと感じる方もいるかもしれないけど、いい時期な気もするよね。ほんといい先生に恵まれてよかったねーどんどん成長していきそう。あ~ついでにうちのぐたぐた長男も突き落としてーく~

No title * by green
よねきょんさん、うちの子は、この状況をちゃんと理解しているのか??そこが不安です(笑)
「先生、こえ~~」とは言っていたけど、別に嫌がってなかったし、
「先生、こえ~~」ていう感覚も必要だよね!
うちの兄弟も(特に長男)ほんとに基本的なことができてなくて、いつも家でぐだぐだしてるよ~~~
最近は私の雷にもすっかり免疫がついてしまい、私の骨折り損になっています。き~~~~イライライライラ

No title * by つ_303
いい経験だったでしょうね。長い人生の中でもこんな経験ってなかなかできないでしょうから。

行動が変わってきたんじゃないんですか?お子さん。。。
ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

No title * by green
つ303さん、うちの息子、う~~~~ん、どうでしょうか??
今回のことも、まるで人事のように話してましたから(><)
すこしでも、先生の言葉なり、みんなの行動なりが、うちの息子の心に響いてくれていることを祈ります・・・

No title * by なっちゃん
思わず「先生、ブラボー!」と叫びたくなったわ!
良い先生に巡り会えたね!
ここ迄生徒の事を親身になってくれる先生って、なかなか居ないと思う。
先生は、ちゃんと思春期に入る子供達の時期を考えて、
その時に必要な事を考えて、敢えて肌で感じさせてくれたんだね。

私も子供によく言うけど、基本的な事って地味だけど、
それをこなす意味って、ちゃんとあるんだよね。
芯になる部分だから、そこを大事にしていないと崩れ易くなるからね。

そう言えば今気付いたけど、私の最新記事内容とリンクしてるわ!(笑)
ワンランク上に成長するには、厳しい環境に身を置く事が必要な話。
そこで自分の弱さも知り、強さも身につく話。

その担任の先生とは気が合いそうです!(笑)
勉強よりも、先ず人として大事な事を教えてくれる先生だね♪
私もこの夏に経験したけど、子供達ももっと大きくなった時に、
この先生の気持ちが今以上に響いて解る日が来ると思うなo(*⌒ー⌒)o

No title * by green
なっちゃん、わが子にとっては、初めての男の先生。
「怖い」けど「好き」みたいです。やっぱり先生には「怖い」という
イメージを必要だよね~~
「やばい、先生に叱られる!!」そういう緊張感。

ほんとに今回の先生は、よい先生で、いろいろな機会、場面で、
子供たちに「生きることの大切さ」みたいなものを教えてくれてる
ような気がします。
今はよく解らなくても、何年か後に、先生が教えてくれたことが
子供の中で生きてくれるといいな~~と思います。

No title * by kinaco
うーん、貴重な体験をさせてもらえましたね。いい先生ですね、きっと^^。忙しい学校生活の中で あえて やる・・ということって 子供達にとったら本当に貴重な時間。うらやましいです★
当たり前のことは 土台になりますよね!

No title * by green
kinacoさん、ほんとによい先生に恵まれたと思っています。
基本は大事ですよね。基本はこれからの人生、生き方に影響しますよね。
忙しい毎日の中で見過ごされやすいことですが、あえて立ち止まって
生徒に考えさせる、とっても大事なことだと思いました!!

Comment







管理者にだけ表示を許可

No title

なんていい先生なの~うちのぐたぐた次男も突き落としてくれー(爆)いろんなお母さんがいるので、やりすぎと感じる方もいるかもしれないけど、いい時期な気もするよね。ほんといい先生に恵まれてよかったねーどんどん成長していきそう。あ~ついでにうちのぐたぐた長男も突き落としてーく~
2010-09-30-23:12 * yonekyon [ 編集 ]

No title

よねきょんさん、うちの子は、この状況をちゃんと理解しているのか??そこが不安です(笑)
「先生、こえ~~」とは言っていたけど、別に嫌がってなかったし、
「先生、こえ~~」ていう感覚も必要だよね!
うちの兄弟も(特に長男)ほんとに基本的なことができてなくて、いつも家でぐだぐだしてるよ~~~
最近は私の雷にもすっかり免疫がついてしまい、私の骨折り損になっています。き~~~~イライライライラ
2010-10-01-08:25 * green [ 編集 ]

No title

いい経験だったでしょうね。長い人生の中でもこんな経験ってなかなかできないでしょうから。

行動が変わってきたんじゃないんですか?お子さん。。。
ヾ(@⌒ー⌒@)ノ
2010-10-03-12:47 * つ_303 [ 編集 ]

No title

つ303さん、うちの息子、う~~~~ん、どうでしょうか??
今回のことも、まるで人事のように話してましたから(><)
すこしでも、先生の言葉なり、みんなの行動なりが、うちの息子の心に響いてくれていることを祈ります・・・
2010-10-03-21:57 * green [ 編集 ]

No title

思わず「先生、ブラボー!」と叫びたくなったわ!
良い先生に巡り会えたね!
ここ迄生徒の事を親身になってくれる先生って、なかなか居ないと思う。
先生は、ちゃんと思春期に入る子供達の時期を考えて、
その時に必要な事を考えて、敢えて肌で感じさせてくれたんだね。

私も子供によく言うけど、基本的な事って地味だけど、
それをこなす意味って、ちゃんとあるんだよね。
芯になる部分だから、そこを大事にしていないと崩れ易くなるからね。

そう言えば今気付いたけど、私の最新記事内容とリンクしてるわ!(笑)
ワンランク上に成長するには、厳しい環境に身を置く事が必要な話。
そこで自分の弱さも知り、強さも身につく話。

その担任の先生とは気が合いそうです!(笑)
勉強よりも、先ず人として大事な事を教えてくれる先生だね♪
私もこの夏に経験したけど、子供達ももっと大きくなった時に、
この先生の気持ちが今以上に響いて解る日が来ると思うなo(*⌒ー⌒)o
2010-10-15-10:03 * なっちゃん [ 編集 ]

No title

なっちゃん、わが子にとっては、初めての男の先生。
「怖い」けど「好き」みたいです。やっぱり先生には「怖い」という
イメージを必要だよね~~
「やばい、先生に叱られる!!」そういう緊張感。

ほんとに今回の先生は、よい先生で、いろいろな機会、場面で、
子供たちに「生きることの大切さ」みたいなものを教えてくれてる
ような気がします。
今はよく解らなくても、何年か後に、先生が教えてくれたことが
子供の中で生きてくれるといいな~~と思います。
2010-10-25-09:34 * green [ 編集 ]

No title

うーん、貴重な体験をさせてもらえましたね。いい先生ですね、きっと^^。忙しい学校生活の中で あえて やる・・ということって 子供達にとったら本当に貴重な時間。うらやましいです★
当たり前のことは 土台になりますよね!
2010-10-28-14:34 * kinaco [ 編集 ]

No title

kinacoさん、ほんとによい先生に恵まれたと思っています。
基本は大事ですよね。基本はこれからの人生、生き方に影響しますよね。
忙しい毎日の中で見過ごされやすいことですが、あえて立ち止まって
生徒に考えさせる、とっても大事なことだと思いました!!
2010-10-30-21:59 * green [ 編集 ]