緑の光線

Top Page › 映画のこと › 「サラバンド」
2010-11-06 (Sat)  22:31

「サラバンド」

「サラバンド」  SARABAND 2003年 スウェーデン
 監督/脚本 : イングマール・ベルイマン
 出演 : リブ・ウルマン、エルランド・ヨセフソン、
 
「ある結婚の風景」から 29年たって、2003年、
この映画は、かつて夫婦であった、ユーハンとマリアンヌが30年ぶりに再会する話。
といっても、映画のテーマは、元夫婦のその後・・というよりは、
ユーハンの息子ヘンリックと、その娘カーリンの父娘の愛憎がテーマ。
「ある結婚の~」では、夫婦の愛憎だったけど、今回は父娘の愛憎を描いています。
 (ちなみに、マリアンヌとユーハンを演じるのは、「ある結婚~」の時と同じく、リブ・ウルマンとエルランド・ヨセフソン、俳優も、映画と同じく歳を重ねているというわけ)
 
すっかりおじいちゃんになってるユーハンですが、すっかり偏屈じいさんになってます(笑)
マリアンヌの突然の来訪、まんざらでもないくせに、「何で来たんだ~~」
なんて憎まれ口を叩いてみたりしますが、マリアンヌは「あなたも相変わらずね~~」
てな感じでさらりとかわします。
マリアンヌは全てを理解しているようで、とても落ち着いて見えます。
逆にユーハンは子供っぽく見える(笑)
 
さて、ユーハンにはヘンリックという息子がいて、この親子、憎み合っているのです。
ユーハンは、「あの子のことが嫌いなのは、おそらく自分に似ているからだろう」と言います。
父の息子に対する嫌悪もすごいですが、息子の父に対する嫌悪感も不気味なものがあります・・・


そして、そのヘンリックにはカーリンとい娘がいるのですが、
このカーリンへの愛情が愛情を超え、
束縛となっているのです。
それは、愛する妻の死が原因。
妻への愛をカーリンへと向けているのです。
カーリンは父の元からなんとか旅立とうとするのですが・・・・
 
まさしく親子の愛憎です!!
 
ですが、私は、この親子愛憎劇よりも、むしろ、
マリアンヌの全てを悟ったような、包み込むような寛大さに惹かれました。
いろいろな経験を経て、喜びも悲しみも味わいつくした末の、穏やかさと寛大さ、
それがとても「美しく」感じました。
マリアンヌに人生相談したい・・そんなことを考えてしまった私でした。
 
ちなみに、「サラバンド」とは、バッハの無伴奏チェロ組曲第5番を指します。
本作が、ベルイマン監督の遺作となっています。
 
**もうしばらくベルイマン監督作品が続きます**
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-06-08

No title * by なっちゃん
現実に時間を重ねての、テーマは違えど続編なんだね。
もう~それだけで凄いと思っちゃう!

ユーハン⇔ヘンリック⇔カーリンと、愛憎が3代続くのね^^;
物語だからか、現実もそうなのか、因果関係みたいに続く事があるよね。。
育つ経過の中に、その原因が生まれてしまうんだろうかね?^^;

どんな経験も、全て自分の身にして、
それを優しく人に放出出来る人って素敵だよね♪

No title * by green
なっちゃん、そうだね~~監督のエネルギーの凄さを感じるよね。
夫婦の愛憎、親子の愛憎、いろいろ考えさせられるよ。
実は今またベルイマン監督の「秋のソナタ」という映画を観てるんだけど、これは母娘の愛憎なんです・・・・
今の社会でも、親子関係で悩んでいる人っていっぱいいるよね。
人間には尽きない問題なんだな~と改めて思ってしまう今日この頃です。

Comment







管理者にだけ表示を許可

No title

現実に時間を重ねての、テーマは違えど続編なんだね。
もう~それだけで凄いと思っちゃう!

ユーハン⇔ヘンリック⇔カーリンと、愛憎が3代続くのね^^;
物語だからか、現実もそうなのか、因果関係みたいに続く事があるよね。。
育つ経過の中に、その原因が生まれてしまうんだろうかね?^^;

どんな経験も、全て自分の身にして、
それを優しく人に放出出来る人って素敵だよね♪
2010-11-21-08:59 * なっちゃん [ 編集 ]

No title

なっちゃん、そうだね~~監督のエネルギーの凄さを感じるよね。
夫婦の愛憎、親子の愛憎、いろいろ考えさせられるよ。
実は今またベルイマン監督の「秋のソナタ」という映画を観てるんだけど、これは母娘の愛憎なんです・・・・
今の社会でも、親子関係で悩んでいる人っていっぱいいるよね。
人間には尽きない問題なんだな~と改めて思ってしまう今日この頃です。
2010-11-21-09:33 * green [ 編集 ]