緑の光線

Top Page › 映画のこと › 「秋のソナタ」後記
2010-12-07 (Tue)  08:45

「秋のソナタ」後記

直接映画には関係することではないのですが、あの記事を書いたあとに、ちょっと思うことが
あったので、書き足しておこうと思います。
 
映画やドラマの中のセリフよりも、実際に人によって語られる言葉の方が、より真実味があったり、
説得力があったりします。
 
私は毎日一通り新聞に目を通していますが、特に興味深く読んでいるのが、読者の投稿欄や、
私達の毎日の暮らしに関すること(生活の知恵とか料理)、それから医療など。

私が購読している新聞には「患者を生きる」というコーナーがあって、いろんな病気と向き合ってる
患者さんやその家族の方々が紹介されています。
あ~~こんな病気があるんだ、こんな病気に苦しんでる人がいるんだ・・と、
いろいろなことを考えさせられます。

読者の投稿では、「語り継ぐ戦争」という特集もあり、様々な戦争体験をされた方の
生の言葉を読むことができます。
 
昨日の読者からの投書欄にこんな投書が紹介されていました。

大阪に住んでいらっしゃる40歳代の主婦の方から。
この女性は、母子家庭で育ったそうなのですが、お母さんはほとんと家によりつかず、
いつもちゃぶ台の上に、お金が入った茶封筒がおいてあって、幼い頃から、そのお金で
ひとりで生活してきたそうです。
ですが、近所に住んでいるおばちゃんたちが、とても親切にしてくれて、
温かいご飯を用意してくれたり、寒い日にはお風呂を沸かして待っていてくれたりと、
とてもよくしてくれたんだそうです。
あるおばちゃんの、「18歳になったら家を出たらええ、それまでの辛抱や」の言葉通り、
一生懸命勉強して、18歳で家を出たそうです。
「私の一生は私のもの。私の人生は私が守る。親のせいでこうなりましたと言い訳する人生なんか絶対嫌。」
この女性は、高校生のとき、こう日記に記したそうです。
そして、恵まれない環境に生きている子供たちに向けて、「一生懸命勉強し、立派な大人に
なってください。誰であれ、人のせいにする人生なんてつまりません」という言葉で
しめくくっていました。
 
不遇な状況にありながらも、こうやって強く生きてこられた人もいるんですよね。
 
誰でも自分の不運は嘆いてしまいたくなるもの。
だけど、嘆いてばかりじゃ前に進めませんよね。
 
私は昨日、この女性の投書を何度も何度も読み返し、胸に刻みました。
 
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-06-08

No title * by 龍香
淋しい子供時代を過ごされた方。でも、だからこそ今があって、自分の人生しっかり生きようと考えてるんですね。不器用や怖がりな部分があっても、自分でなんとか少しづつ切り開いていこうっていう意志、素敵ですね。私もそうありたいです!

No title * by green
ママさん、この女性の方の言葉を読んで、「あ~~前向いて生きなくっちゃ」って、元気をもらいました。
背筋がぴ~~んとする感じ。
ほんとに素敵ですよね!

No title * by green
内緒さん、大阪の女性も、こんなふうに考えられるようになるまでには、いろいろと辛いことがあったでしょうね・・・
この投書のタイトルには「虐待に負けない社会作ろう」だったの。
おそらく新聞社がつけたものなんだろうけど、
この女性がこんなふうに強く生きられたのは、きっと情の厚い
おばちゃん達のおかげもあるよね。
不遇な人々に、手を差し伸べてくれる人が増えていけば、
もっと人々が生きやすい社会になるのでは・・と思います。

No title * by kinaco
大人になってから気が付くようなことを 高校生の時に思った彼女。きっと自分らしく納得のいくような人生を過ごされていると思います♪ 苦しいとき、ついつい他のせいにして最後には愚痴ってしまうわたし・・・子供に恥ずかしくないような大人でありたいってますます思いました^^

No title * by green
kinacoさん、子供に恥ずかしくない大人・・・・
そうですね~~でも、私、自分の恥ずかしい部分や駄目な部分、
子供に一番見せてるかもしれません(><)
おかげで、しょっちゅう子供に謝っています^^;

No title * by sar*n_h*y*40
初めまして、履歴にあなたのお名前を見てお邪魔します。
アップ記事に書かれている女性は生まれや親はどうであれ
自分の生い立ちや親や世の中のせいにしないで自分の生きる道は自分で決める・・・
立派な女性です。
世の中成功する人はいろいろとサクセスストーリーを描きたがりますが市井のとある決して恵まれない環境でも周囲の温かさを素直に受け入れて素敵な女性に成長された記事には感動しました。

でもそれにかえて私は今自分の置かれた環境を嘆いています。
決して好きでこうなったのではないと頭では理解しつつ心と体が
一つになってない自分が辛くて逃げるにも逃げられない現状に
毎日憂いている自分がいます。

今はこれだけしかコメントできませんがまた機会があったら違った視点でコメントしたいと思います。
greenさんのブログによせて頂きありがとうございます。

No title * by green
ふくはなさん、ご訪問&コメント、ありがとうございます。
おそらく、「セカンドバージン」の記事を上げた時に、関連記事として、ふくはなさんのブログが挙げられていて、それで、お伺いしたのだと思います。
記事の女性のように生きられる人は、そんなに多くはないと思います。また、そんな強い心を持てるようになるまでには、いろいろなことがあったのだと想像します。
今ふくはなさんは、少しお辛い状況にいらっしゃるようですが、
「頭では解っていても、それを受け入れる」ことは難しいですよね。
ご自身のブログや、記事へのコメントなど、どんな形であれ、「書く」ことによって、心の整理がつくこともあるかと思います。
少しでも今のふくはなさんの状況がよくなりますように。

Comment







管理者にだけ表示を許可

No title

淋しい子供時代を過ごされた方。でも、だからこそ今があって、自分の人生しっかり生きようと考えてるんですね。不器用や怖がりな部分があっても、自分でなんとか少しづつ切り開いていこうっていう意志、素敵ですね。私もそうありたいです!
2010-12-07-20:46 * 龍香 [ 編集 ]

No title

ママさん、この女性の方の言葉を読んで、「あ~~前向いて生きなくっちゃ」って、元気をもらいました。
背筋がぴ~~んとする感じ。
ほんとに素敵ですよね!
2010-12-07-21:46 * green [ 編集 ]

No title

内緒さん、大阪の女性も、こんなふうに考えられるようになるまでには、いろいろと辛いことがあったでしょうね・・・
この投書のタイトルには「虐待に負けない社会作ろう」だったの。
おそらく新聞社がつけたものなんだろうけど、
この女性がこんなふうに強く生きられたのは、きっと情の厚い
おばちゃん達のおかげもあるよね。
不遇な人々に、手を差し伸べてくれる人が増えていけば、
もっと人々が生きやすい社会になるのでは・・と思います。
2010-12-08-08:44 * green [ 編集 ]

No title

大人になってから気が付くようなことを 高校生の時に思った彼女。きっと自分らしく納得のいくような人生を過ごされていると思います♪ 苦しいとき、ついつい他のせいにして最後には愚痴ってしまうわたし・・・子供に恥ずかしくないような大人でありたいってますます思いました^^
2010-12-08-14:32 * kinaco [ 編集 ]

No title

kinacoさん、子供に恥ずかしくない大人・・・・
そうですね~~でも、私、自分の恥ずかしい部分や駄目な部分、
子供に一番見せてるかもしれません(><)
おかげで、しょっちゅう子供に謝っています^^;
2010-12-09-08:28 * green [ 編集 ]

No title

初めまして、履歴にあなたのお名前を見てお邪魔します。
アップ記事に書かれている女性は生まれや親はどうであれ
自分の生い立ちや親や世の中のせいにしないで自分の生きる道は自分で決める・・・
立派な女性です。
世の中成功する人はいろいろとサクセスストーリーを描きたがりますが市井のとある決して恵まれない環境でも周囲の温かさを素直に受け入れて素敵な女性に成長された記事には感動しました。

でもそれにかえて私は今自分の置かれた環境を嘆いています。
決して好きでこうなったのではないと頭では理解しつつ心と体が
一つになってない自分が辛くて逃げるにも逃げられない現状に
毎日憂いている自分がいます。

今はこれだけしかコメントできませんがまた機会があったら違った視点でコメントしたいと思います。
greenさんのブログによせて頂きありがとうございます。
2010-12-10-10:00 * sar*n_h*y*40 [ 編集 ]

No title

ふくはなさん、ご訪問&コメント、ありがとうございます。
おそらく、「セカンドバージン」の記事を上げた時に、関連記事として、ふくはなさんのブログが挙げられていて、それで、お伺いしたのだと思います。
記事の女性のように生きられる人は、そんなに多くはないと思います。また、そんな強い心を持てるようになるまでには、いろいろなことがあったのだと想像します。
今ふくはなさんは、少しお辛い状況にいらっしゃるようですが、
「頭では解っていても、それを受け入れる」ことは難しいですよね。
ご自身のブログや、記事へのコメントなど、どんな形であれ、「書く」ことによって、心の整理がつくこともあるかと思います。
少しでも今のふくはなさんの状況がよくなりますように。
2010-12-10-21:54 * green [ 編集 ]