緑の光線

Top Page › 『그래도 나는 ing』 › 「恋愛できない男、フィソン」
2011-05-12 (Thu)  11:54

「恋愛できない男、フィソン」

フィソン著 『그래도 나는 ing』 より
 
연애 못하는 남자, 휘성
恋愛できない男、フィソン
 
 これまで続いている私の不器用な恋愛の始まりは、高校3年生の時だ。他の男達が何度かの
恋愛経験をしている間、私は一度も女の子と付き合うことができなかった。誰が私のような男と
付き合うのだろうかという深い敗北感が、いつも頭から離れないために、試みることもできな
かった。最初から自信感というものを持てない私の劣等感は、こうやって私の人生の全ての
部分を掌握していた。

 突然1人の友だちが2対2の合コンだと言って、私をその場に引っ張り出した。出たくは
なかったので、うまくいくという考えもなかった。いや、うまくいくという考えがないから、
出たくなかったという方が合っている。一緒に出席した奴は、金持ちの息子で、私はそいつの
横で、くたびれた服を着て、うまく話すこともできないまま座っていた。だが、別れる頃に
なって、1人の女の子が 「ねえ、私の連絡先をあげたら、電話してくれますか」 と聞いた。
私はただの社交辞令だと思った。だが、私の連絡先を知りたいということなのではないのか?
その時、私は携帯電話を持っていなかった。若い子達のほとんどは携帯電話を持っていたが、
私はそんなお金を持っておらずポケベルを持ち歩いていた。私がどうしたものかと困っていると
世話役の友だちが 「フィソンが携帯をなくしちゃって。今とりあえずポケベルを持ってるんだ」
と、代わりに言った。

 ところが、何日か後、その女の子からのポケベルが鳴った。本当に考えもしなかった連絡
だった。とても人気があって、いい子だったのに、自分に連絡してくるなんて。してはいけない
期待なのだと考えながらも、期待を持ち始めた。だが、本当に私を好きなのか、ちょとした
遊びなのかわからなかった。だから、付き合おうとも言わなかった。その子だけに限らず、
その後も自分から先に付き合おうとは言えなかった。
 「ねえ、どうして、私に付き合おうって言わないの?私のこと嫌い?」
待ちくたびれた女の子が先に切り出して、そうやって付き合うことになった。最初からガタガタ。
そうでなくても、人間関係に不器用な私が女の子と初めて付き合うのだから、仕方のない役割
だった。だが、ついに恋愛の始まり! こうなると、急にどうすればいいのか道に迷ってしまった。
会えば、話もできず、??のように慌てふためいているうちに別れたりした。会えば会うほど、
私をうっとうしがり、つまらないと感じていることを感じていたが、解決の方法がわからなかった。
 
 その上、決定的にお金がなかった。プレゼントも買ってあげたいのだが、お金はなく、そうすると
プライドばかり強くなって、電話がかかってこなければ、私からもかけることはなく、そうやって
バカみたいにふるまった。ある日、おばから小遣いを2万ウォンもらって、デートしながら
楽しんでいたのだが、そんな私の姿を情けないような目で見つめた。元々人気があって、別の男とも
お似合いだったが、そんな姿を見ては、私はまた泣いた。
 
 男らしくできず、恋愛経験も少ない私に疲れたのか、その子は、別れを選んだ。高3になると会えなく
なるだろうという話をしてきたのだが、私はその言葉を別れの通告であると理解できなかった。
だから、連絡しても連絡がとれず、メールも送れずにいた。そうしたころで、メールが来た。
 「私たち、別れたんじゃなかった?私はもう全部忘れたから、あなたも早く忘れて」
 
 そのメールをもらって、とても寒い冬だったのに、コートを着るのも忘れ、そのままその子の
家に走って行った。がたがた震えながら、2時間以上ねばったが、受け入れられなかった。
どれほど厳重なのか、その感覚がまるでアメリカの入国審査台に立っても、資格がなく入れない、
そんな感じだった。私はとても切迫していたのに、相手側はとても強硬な、そんな感じ。
 
 別れるつもりはなかったのに、別れを通告されて6ヶ月間、とても辛かった。戻ってきてくれ
と頼んだりもしたし、哀願したりもしたが、それで終わりだった。その時、毎晩運動場を
走りながら心の中で誓った。今に見てろ、いつの日か復讐するのだと。いつか自分を捨てた
ことを後悔させてやるのだと。
 
 だが、私が見ても、別れる理由は十分にあった。優柔不断で健全すぎるからつまらなくて。
そんな男とどんな女性がつき合い続けるのか。その上、満足に女性をリードすることもできない
小心な男、それこそ恋愛できない男の典型だった。
 
 高3の男子生徒は、未熟なために、彼女の心を読むこともできなかった。

 デビューする前に、私に愛がもう一度訪れたことがあった。はたして、基本的に、
誰が私を好きなのかという考えを持った、自信感のない私に、再び近づいてくれた女性。
ただの顔見知りの仲だった女の子だったが、ある日メールが来た。
 「フィソン、私あなたが好きみたい。だけど、このまま私1人で忘れるから」
 
 これはまたどういうことだ。そうだったらそうと言わなきゃ。私を好きだという女性を
放っておくこともできず、付き合い始めた。実際彼女は別の男性に片思いしていて、
辛い状態から、私に安息の場を求めたかったのだ。だが、私はそんな状況を全て
知っていながらも、彼女を愛し始めた。どういうつもりでそんな恋愛を始めたのか。
私は彼女の騎士になってあげたかったのだが、結局私に心が向かわなかった彼女。

 最初から最後まで彼女は私を見つめることはなく、別の男ばかりを見つめていた。片思いに
疲れ、少しの間休む場所を探していた女性を、それを知っていながら、私はなぜ愛したのだろうか。
私の愛はなぜいつもこんなに未熟で、至らないのか。

 初恋以降もう10年の時間が流れても、恋愛においてはあまり進歩が見られない。
相変わらず女性の心を読めず、傷つくのだが、また、あまりに未熟がゆえに傷つけてしまうこともある。
だからといって、傷つくことを恐れて、愛することをやめることはないのだ。愛も結局学ばなければ
ならないものだから。人は結局愛する方法を学ぶために生まれてきたのだから。だが、一瞬の
甘美を貪れば、結局何も学ぶことはできないのだ。きちんと愛する方法を学んでいけば、
ある瞬間、最後の人との愛は守ることができるだろう。最後の愛を守る力を得ようと、こうやって
多くの別れと苦痛を経験しているのだと考える。
 
 愛を学んでこそ、愛を守る力を得ることができる。

訳 : green
 
途中一ヶ所だけ、どうしてもわからないところがあって??になってます・・・・・
 
これで、過去の恋愛話は終わりです。
 
最後に一言・・・
「愛する方法を学ぶ」사랑하는 법을 배우다 っていう言葉には、ちょっと違和感を感じるな・・
愛するのに方法なんてあるのかな。
いいじゃん、女性の心なんて読めなくたって。
女性の心を読めないことを理解してくれる女性に愛されればいいんじゃないかな~~~なんて
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-06-08

No title * by Tarimu
greenさん、お久しぶりです^^
もう그래도も本当に終わりに近いですね~♪素晴らしい、素晴らしい!!あと3~4章節ほどですよね。頑張って下さい^^
「??」の部分って「숙맥처럼」って部分でしょうか?
私が読んだとき調べたんですが、元々は「숙맥 불변」で比喩的に
「物の区別が付かない愚かな人」を意味するようです。
숙맥だけで「豆と麦」って意味でした。

No title * by green
鉄さん、ほんとにお久しぶりです。
もうお帰りになられたのでしょうか?
カメの歩みでここまで来ました^^;
そうです。숙맥처럼です。
そんな意味があるんですね~~~
맥の麦はわかりますが、숙は、豆なんですね。
豆と麦から、そんな意味になるとは・・・・
ありがとうございました。

最後まで頑張ります!!

Comment







管理者にだけ表示を許可

No title

greenさん、お久しぶりです^^
もう그래도も本当に終わりに近いですね~♪素晴らしい、素晴らしい!!あと3~4章節ほどですよね。頑張って下さい^^
「??」の部分って「숙맥처럼」って部分でしょうか?
私が読んだとき調べたんですが、元々は「숙맥 불변」で比喩的に
「物の区別が付かない愚かな人」を意味するようです。
숙맥だけで「豆と麦」って意味でした。
2011-05-13-10:06 * Tarimu [ 編集 ]

No title

鉄さん、ほんとにお久しぶりです。
もうお帰りになられたのでしょうか?
カメの歩みでここまで来ました^^;
そうです。숙맥처럼です。
そんな意味があるんですね~~~
맥の麦はわかりますが、숙は、豆なんですね。
豆と麦から、そんな意味になるとは・・・・
ありがとうございました。

最後まで頑張ります!!
2011-05-14-21:50 * green [ 編集 ]