緑の光線

Top Page › 映画のこと › 「シークレット・サンシャイン」
2011-06-24 (Fri)  11:59

「シークレット・サンシャイン」

「シークレット・サンシャイン」  밀양(密陽/ミリャン)   韓国 2007年
 監督/脚本 : イ・チャンドン
 出演 : チョン・ドヨン、ソン・ガンホ
もし、私が同じ状況になったとしても、ああいう生き方はしたくはないな・・・

そう思いました。
 
夫を交通事故で亡くし、夫の故郷である密陽(ミリャン)で、
息子と二人で暮らしていこうとするシネ。

だけど、このシネさん、ちょっと変わった人。

特別変なことをするわけでもないんですけど、
行動が妙に浮くんですよ・・・・

普通、初めての土地に越してきたら、その街のことをよく知ろうとし、
その街の人々に馴染もうとしますよね。
そういうのが感じられないんですよ。

お金を持ってるわけでもないのに、「土地を探してるの~~」なんて見栄を張ったりする。
そんな軽率な行動のせいで、息子が誘拐され、殺されてしまう・・・・
茫然自失となったシネは、以前から誘われていたキリスト教の集会にふと足を踏み入れ、
「神に祈ることで私は救われる」とあっという間に信じてしまうのです。
 
心が空洞になった分、そういう宗教的なものは、すんなりと人の心に入り込んでしまうんでしょうね。
でも、これっておそらく、悲しみからの、現実からの「逃げ」ともとれます・・・・
 
信仰の力で元気を取り戻したシネは、「私は犯人を赦す」という考えに至ります。
周りの信者から「あなたえらいわ~~~」「よく考えたわね」と褒められ、
私が思うに「多少舞い上がった気持ちで」犯人に面会に行きます。

ところが、「私はあなたを赦します」とシネが言う前に、犯人の方から先に
「私は神と出会い、そして神に赦されました」と告げられてしまったのです。
それも、妙にスッキリとした表情で!!

シネは愕然とします。
「なんで、私が赦す前に、勝手に赦されてるの???」
「神って、何???」
突然自分の信じてきたものが信じられなくなったのです。
そしてシネは壊れていきます・・・・・
 
この壊れ方が尋常ではなく、その尋常ではない様を演じるチョン・ドヨンさんがすごい!!
女優魂を感じます!!
そして、やっぱりソン・ガンホさんでしょう!!!
ソン・ガンホさん自体、存在感ありありですよね。
でも、映画の中のソン・ガンホさんは、ソン・ガンホという個性を見事に消すんですよね。
そこにいるのは、「俳優」ではなくて、「人間」なんです。
自分の個性を消せる俳優さんが、本物の俳優さんなんじゃないかな~~って私は思うんですけど。
 
シネは心の弱い人だったんですね。
もがき苦しんだ果てに、やっとゼロの地点に戻ることができたところで映画は終わります。
この後、どうやって生きていくのかな・・・・・
 
密陽(ミリャン)は韓国に実際にある市です。
ロケも密陽市で行われたようです。
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-06-08

No title * by 愛の救世主★なすり
はじめまして♪ ランダムこんにちは訪問です☆この映画を観たのは
ソン・ガンホが大好きですから…。ただそれだけの理由で見ました。
はずれた~~~っと思いましたがラストまで見ました。女優さんの方の描写が薄っぺらいのでがっくりしたのを覚えてます。ポチッ

No title * by green
なすりさん、コメントを残してくださり、ありがとうございます♪
ソン・ガンホさんがお好きなんですね。
私も好きです^^
チョン・ダヨンさんは、体を張っての演技でしたが、かえってそれが浮いてしまって、中身が薄く見えてしまった・・のかもしれませんよね。ちょっぴり現実味に欠けてたような気がします。

No title * by Tatsu
チョン・ドヨンは「私にも妻がいたらいいのに」に出てましたね。
あれ以降の作品は見たことないんです。
紹介して頂いたこの作品はシリアスな感じのようですね。
僕はほのぼのとするような映画が好みなんでちょっと趣向が違うかも知れません。。。^^;
ところでイ・ビョンホンを最近見なくなったような気がしますが最近は映画やドラマに出てませんか?

No title * by green
Tatsuさん、「私にも妻がいたらいいのに」は観てないです・・・
チョン・ドヨンさんの映画作品はこれが初めてでした。
「ほのぼの」とはかなり遠い内容の映画でした。観るとちょっと疲れるかもです(笑)
イ・ビョンホン、映画は「G.I.ジョー」のパートⅡがあるとか、ないとか聞いたことありますけど、どうなんでしょう? 少なくともドラマの話はないと思いますよ~~

Comment







管理者にだけ表示を許可

No title

はじめまして♪ ランダムこんにちは訪問です☆この映画を観たのは
ソン・ガンホが大好きですから…。ただそれだけの理由で見ました。
はずれた~~~っと思いましたがラストまで見ました。女優さんの方の描写が薄っぺらいのでがっくりしたのを覚えてます。ポチッ
2011-06-24-14:11 * 愛の救世主★なすり [ 編集 ]

No title

なすりさん、コメントを残してくださり、ありがとうございます♪
ソン・ガンホさんがお好きなんですね。
私も好きです^^
チョン・ダヨンさんは、体を張っての演技でしたが、かえってそれが浮いてしまって、中身が薄く見えてしまった・・のかもしれませんよね。ちょっぴり現実味に欠けてたような気がします。
2011-06-24-21:47 * green [ 編集 ]

No title

チョン・ドヨンは「私にも妻がいたらいいのに」に出てましたね。
あれ以降の作品は見たことないんです。
紹介して頂いたこの作品はシリアスな感じのようですね。
僕はほのぼのとするような映画が好みなんでちょっと趣向が違うかも知れません。。。^^;
ところでイ・ビョンホンを最近見なくなったような気がしますが最近は映画やドラマに出てませんか?
2011-06-24-22:45 * Tatsu [ 編集 ]

No title

Tatsuさん、「私にも妻がいたらいいのに」は観てないです・・・
チョン・ドヨンさんの映画作品はこれが初めてでした。
「ほのぼの」とはかなり遠い内容の映画でした。観るとちょっと疲れるかもです(笑)
イ・ビョンホン、映画は「G.I.ジョー」のパートⅡがあるとか、ないとか聞いたことありますけど、どうなんでしょう? 少なくともドラマの話はないと思いますよ~~
2011-06-25-21:55 * green [ 編集 ]