緑の光線

Top Page › 『그래도 나는 ing』 › 「チャンスをつかむ人たちの秘密」
2011-10-05 (Wed)  11:51

「チャンスをつかむ人たちの秘密」

フィソン著 『그래도 나는 ing』より
 
WHEE SUNG'S STORY 05
길을 찾는 당신에게  道を探すあなたに
 
 
기회를 잡는 사람들의 비밀
チャンスをつかむ人たちの秘密

 
人々は、私がどうやってYGという大型企画社に入ることになったのか、とても気にする。 
運がとてもよかった。 そうだ。 運が本当によかった。 だが、何もせずに待つばかりであったら、
そんな運が私にやって来ただろうか? そんなチャンスが私のところにやって来ただろうか? 
いや、チャンスというものは、準備しているものだけにやって来て、運もチャンスと並んでやって来るのだ。

 音楽学院を出た後、2ヶ月ほどアルバイトをしていて、バンドを結成した。 Mame。 パンクバンド
だった。 クラブにオーディションを受けに通っているうちに강변歌謡祭のニュースを聞いて、
自作曲で出場した。 その時、私は、レゲエのヘアスタイルと、ヒップホップスタイルでステージに
立ち、ラップと歌を歌いながら、ダンスを踊った。 一次、合格。 二次、合格。 だが、三次で
落ちてしまった。 自分達が最高だと思っていたので、信じることができなかったが、受け入れる
しかない。 だが、私に連絡が来た。 三次で審査委員だった方が、私に目を留めて、歌手に
ならないかと言い、練習生として来ないかという提案をしてきた。 意外な提議に悩み始めた。
練習室代の金もない状態で、果たしてどんな選択をしなければならないのだろうか。 決断を
下さなければならなかった。 結局メンバー達にとても申し訳なかったのだが、バンドを脱退した。

 それからは、すぐに練習生として入り、ボーカルトレーナーの助けを受けながら、歌の練習を
始めた。 その時、私は、シスコの<incomplete>を練習していて、投資者達が来れば、歌を
歌ったりしたが、反応がとてもよかった。 実はその歌は、私がとても好きな曲で、初めて歌った
時は、一番の半分を歌うとのどがかすれてしまった。 それくらいたいへんな歌だ。 その一曲を
まともに歌うために、実に6ヶ月間狂ったように練習して、その間、歌の実力がとても伸びた。

 練習生でいる間、そこの企画室長の情熱に引かれ、その方について会社を出てきた。 当時、
私には、その方の情熱と推進力が必要だった。 共に暮らしながら、 デモテープを準備したが、
その場所が、仁川文学競技場の横だった。 なんとよいチャンスなのか。 その時、その場所は
ほとんどが農村だったのだ。 私は、そこで、警察に会う心配をせずに、歌の練習だけを
思う存分しながら、未来の準備をした。

 デモテープを配り、苛立ちながら待っていたところ、ついにあるところから連絡が来た。
私達は喜びいさんで訪ねて行ったが、少し変なところだった。 無駄な苦労をすることになると
思い、大急ぎでその場を去って、また、ひたすら連絡を待っていた時、連絡が来たのだが、
それがまさに、YGだった。 ヒョンソク先輩に会ったときの嬉しさと言ったら。

 ここまでが、これといった特別な才能もなく、この世界に知り合いもいなかった私が、YG
という大型企画者に入った過程だ。 振り返ってみると、私が見ても息切れがする。 重要なのは
私は少しの間も立ち止まることをしなかったということだ。 挫折の瞬間にも少しずつ、歌手になる
ための準備をした。 学院に通ったり、バンドを作ったり、歌謡祭に参加したりしながら。 他人が
見るとたいしたことでない、そんな小さな動きがなかったなら、私とYGは絶対に結びつくことは
なかっただろう。 貧しい町の、才能のない、チェ・フィソンと、大型企画社YGは、絶対に似合わない
組み合わせだから。

 「なぜ私にはチャンスが来ないんだ? 私も一生懸命やっているのに」 こんなふうに考える
のなら、まだ準備が整っていないということだ。 準備がちゃんと整って、経済力を備えたなら
チャンスは必ず来る。 この世は不公平だが、一生懸命に準備した人に、一度のチャンスさえ
与えないほど、けちな世の中ではない。 私は考える。 準備が出来ていない人は、単に
チャンスを待つだけだが、準備ができている人は、チャンスを選び取るのだ。 とても平凡で
つまらない状況でも、すべてがチャンスに見えるのだ。 このように言えるのは、私が
そのような経験を何度もしたからだ。 休まずに準備しているうちに、私の中で何かがしきりに
生まれることを何度も感じる。 自分が知らなかった潜在能力が、努力する過程で何度も
発見されること、それはまた、準備する人々に与えられる、小さな贈り物だ。

 私にとってのチャンスは、「歌が上手くなりたい」というこの文章一つを抱いて、駆けて来ながら
出会ったものたちだ。 ただ歌が上手くなりたくて、練習をしているうちに、私の中の隠れた能力
が顔を出し、それらを集めて準備しながら、またチャンスを待った。 重要なことは、どんな
瞬間でも、少しも自分を見放さない、ということだ。 そうやって、夢一つを信じて、前へ進んで
いくうちに、多くのチャンスがついてきた。 自分が動き、準備をしなかったなら、夢も見ることが
できないチャンスだ。 だから、ただ座って、チャンスを待つのではなく、チャンスを選び取るため、
たゆまず準備するのだ。 座って、夢ばかり見ていても、それは永遠に夢としてしか、
残らないのだから。  

訳 : green
 
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-06-08

No title * by Tatsu
なかなかの力作ですね。
日本語としての文章もかなりの出来栄えだと思います。
これからも頑張って下さい。^^

No title * by -
準備が出来ていない人は、単に
チャンスを待つだけだが、準備ができている人は、チャンスを選び取るのだ。 とても平凡で
つまらない状況でも、すべてがチャンスに見えるのだ。

の部分に感銘をうけました!!すごい人だね!(^^)!

No title * by green
Tatsuさん、ありがとうございます。
なるべく、韓国語そのままに訳すようにしながら、日本語としても
きちんと意味が通るようにするのは、結構たいへんですが、
言葉の勉強だと思って頑張ってます!!

No title * by green
ひまわりさん、読んでくださってありがとう。
自分の実体験に基づいた言葉だから、真実味があるし、重みがあります。
「その通り!」って言うのは簡単なことなのですが、こういう言葉が自分の中から出てくるのって、やっぱりスゴイことですよね。

Comment







管理者にだけ表示を許可

No title

なかなかの力作ですね。
日本語としての文章もかなりの出来栄えだと思います。
これからも頑張って下さい。^^
2011-10-05-21:58 * Tatsu [ 編集 ]

No title

準備が出来ていない人は、単に
チャンスを待つだけだが、準備ができている人は、チャンスを選び取るのだ。 とても平凡で
つまらない状況でも、すべてがチャンスに見えるのだ。

の部分に感銘をうけました!!すごい人だね!(^^)!
2011-10-06-20:39 * - [ 編集 ]

No title

Tatsuさん、ありがとうございます。
なるべく、韓国語そのままに訳すようにしながら、日本語としても
きちんと意味が通るようにするのは、結構たいへんですが、
言葉の勉強だと思って頑張ってます!!
2011-10-07-11:20 * green [ 編集 ]

No title

ひまわりさん、読んでくださってありがとう。
自分の実体験に基づいた言葉だから、真実味があるし、重みがあります。
「その通り!」って言うのは簡単なことなのですが、こういう言葉が自分の中から出てくるのって、やっぱりスゴイことですよね。
2011-10-07-11:22 * green [ 編集 ]