緑の光線

Top Page › 音楽のこと › 「不朽の名曲」に感動する。
2011-11-16 (Wed)  12:13

「不朽の名曲」に感動する。

以前、韓国のテレビ番組『不朽の名曲』 で、
フィソンが『黄色いシャツの男』を歌った動画を紹介しましたが・・・・
その時のテレビ番組を録画したものを、ある方が貸してくださいました!!
 
韓国を代表する最高の男性ボーカリスト8人による歌の熱演!!
もう、「感動」の一言です!!
みんなすごすぎです!!
一応番組では、誰が優勝するのかを決めるのですが、そんなの無意味です。
誰がよいとか、どっちがよいとか、そんなの決められません。
 
私、韓国の歌手、ほとんど知らないんですよ。
今回ちゃんと歌を聴いたことのある人は、(フィソン以外で)k.willさんだけ。
キム・テウさんの歌も今回初めてまともに聴きました。
キム・テウさん、声が素晴らしいですね~~~
パフォーマンスも素晴らしい!! 圧倒されます。
 
ミュージカル歌手のイム・テギョンさんも素晴らしかったです。
思わずテレビの前で正座してしまうほどです。
歌い終わったときには、思わず「ブラボー!!」ですよ。
 
そして、私が一番びっくりしたのが、フィソンの次に歌った、イ・ヒョクさん。
この方、NORAZOという二人組みのバンドの1人なのですが、
(私は「NORAZO」も初耳でした。NORAZOの音楽は、かなりおもしろいです。)
このイ・ヒョクさんのボーカルが、また素晴らしいのです。
ロック大好きな私としては、やっぱり惹かれます!!
この高音のシャウト、めちゃくちゃ綺麗です。 ゆるぎない、ぶれない、シャウト!!
「新羅の月夜」という曲をロックにアレンジ。
ロック好きな方はどうぞ~~~~
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
すごいでしょ~~~
こんなスタイルで歌う歌手もいるんですね!!
感動しまくりの1時間でした!!
 
 
 
 
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-06-08

Comment







管理者にだけ表示を許可