緑の光線

Top Page › ドラマのこと › 「風の国」
2012-03-04 (Sun)  10:17

「風の国」

「風の国」   바람의나라 2008年 韓国ドラマ  全36話
 出演 : ソン・イルグク、チェ・ジョンウォン、チョン・ジニョン、パク・コニョン・・・・・
 全36話、観終わりました!!
「朱蒙」の続編となるドラマですが、私はやはり「朱蒙」の方が、奥が深かったな~~という印象を持ちました。
 
丁寧に作られてはいますが、もうちょっとストーリーを深めて欲しかったかな・・・
現代ドラマでのツッコミは、ご愛嬌ですが、歴史物は、なるべくツッコミどころは減らしてほしいもの。
それから、私は最後までヨン姫に大きな魅力を感じられずじまいでした。
ヨン姫はどんな女性だったか?と言われても、「う~~~~ん」と悩んでしまいそう。
もう少し「強いところ」「弱いところ」を強調させて、ヨン姫のキャラクターを浮かび上がらせて欲しかった。
 
ただし、俳優さんたちが皆さんすばらしかった。
ソン・イルグクさんは、もちろんですが、
私は、やはりパク・コニョン氏を強く推します!!
「ダンサーの純情」で、素敵な俳優さんだな~~
と注目していたのですが、
トジンを演じるコニョン氏も、
ほんとうに素晴らしかったです。
私は彼の演技に何度も涙しました
 
特に、高句麗軍に捕らえられ、
ムヒョルと直接対話をするときの演技!!
 
しばりつけられたまま、下からぐっとムヒョルを
にらみつけたときの、強い眼差し!!
 
愛する女性を奪われた憎しみから、ムヒョルの敵となってしまうのですが、
でも、どこかで、ムヒョルを憎みきれないところがあって、そういう微妙な感情表現がよかったですね・・・

 
それから、マロを演じる、チャン・テソンさんもよかったですね~~~
マロの最期のシーンは、やはり泣いちゃいました。
ムヒョルの仲間達、誰かひとりぐらいは死んでしまうのではないか・・
と予想はしていましたが、
まさかマロが犠牲になるとは!!
だけど、マロだからこそ、あのような重要な役回りとなったのでしょうね。
私はあの処刑のシーンの後、何日間か重苦しい気持ちに
悩まされてしまったほどです。
 
個人的には、無事に帰ってきて、ヨナちゃんと抱き合うシーンが見たかったです・・・
 

キム・ジェウク氏ですが、このドラマでは、若干三枚目な役どころ。
お酒好き、女好き、ちょっぴりビビリ屋、そして泣き虫・・・・
水戸黄門で言うところの「うっかり八兵衛」さん的な(?)存在。
クールな役柄ばかり見てきたので、別の一面を見れたのはよかったかも^^
 
 
 
この時代の歴史物は、やはり戦いのシーンが多すぎて、
つまり人が人を殺すシーンが多すぎて、
ちょっと嫌になってしまうことがあります。
「国」を築くため、領土を広げるために、ためらいもなくどんどん
人を斬っていくシーンにはやはり違和感を覚えてしまいます。
それが歴史なんでしょうけどね・・・・
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-06-08

No title * by sar*n_h*y*40
グリさん、観ましたよ~~
私の言いたいこと全部書いてあるから感想言うことなくなっちゃいました(笑)
歴史物好きですが王朝物より以前の歴史劇もいいですね、
結構勉強になるし中国との関係が今とどう関わってきているか垣間見られるようで興味深いです。
マロって最初はムヒュルと洞窟で絵の修行してた頃のちょっと間が抜けたような役柄だったのが段々と後編に行くに従って立派なムヒュルの家臣になっていくのはいいんだけどちょっと立派になりすぎてこういったところの役柄の詰めが甘いところが韓国ドラマかな?って感じたりもしました。
「朱蒙」からずっと観ましたが見ごたえはあったと思いました。
「善徳女王」もよかったと思いました。また私も書庫で感想を書きたいと思います。

No title * by green
ふくはなさん、確かに「詰めの甘さ」はありますよね~~
俳優陣の演技が素晴らしいだけに、そこがどうも勿体無いような気がします。
あの気の強い王妃はどうなったのかも気になります(笑)
マロは、どんどん変わっていきましたね~~~
人が成長していく姿を見るのは、ドラマであってても、とても気持ちのよいものです。
それだけに、最期のシーンは、見るのが辛かったです・・・
「善徳女王」はまだ観てないんですよ~~~
実は「イ・サン」の配信が始まったので、これから「イ・サン」を観ようかなと思ってるところです。
ふくはなさんのドラマの感想も楽しみにしています!

Comment







管理者にだけ表示を許可

No title

グリさん、観ましたよ~~
私の言いたいこと全部書いてあるから感想言うことなくなっちゃいました(笑)
歴史物好きですが王朝物より以前の歴史劇もいいですね、
結構勉強になるし中国との関係が今とどう関わってきているか垣間見られるようで興味深いです。
マロって最初はムヒュルと洞窟で絵の修行してた頃のちょっと間が抜けたような役柄だったのが段々と後編に行くに従って立派なムヒュルの家臣になっていくのはいいんだけどちょっと立派になりすぎてこういったところの役柄の詰めが甘いところが韓国ドラマかな?って感じたりもしました。
「朱蒙」からずっと観ましたが見ごたえはあったと思いました。
「善徳女王」もよかったと思いました。また私も書庫で感想を書きたいと思います。
2012-03-04-13:47 * sar*n_h*y*40 [ 編集 ]

No title

ふくはなさん、確かに「詰めの甘さ」はありますよね~~
俳優陣の演技が素晴らしいだけに、そこがどうも勿体無いような気がします。
あの気の強い王妃はどうなったのかも気になります(笑)
マロは、どんどん変わっていきましたね~~~
人が成長していく姿を見るのは、ドラマであってても、とても気持ちのよいものです。
それだけに、最期のシーンは、見るのが辛かったです・・・
「善徳女王」はまだ観てないんですよ~~~
実は「イ・サン」の配信が始まったので、これから「イ・サン」を観ようかなと思ってるところです。
ふくはなさんのドラマの感想も楽しみにしています!
2012-03-04-21:58 * green [ 編集 ]