緑の光線

Top Page › 語学のこと › 시도 때도 없이
2013-02-01 (Fri)  11:40

시도 때도 없이

たまには、韓国語のネタでも・・・・・
 
私の大好きな、BEASTのDREAM GIRL という曲の中に、
次のような歌詞があります。
 
널 가져서 난 앞아 MY DREAM GIRL 매일 낮 밤 시도 때도 없이
가시 같은 (내게 안기고) 넌 상쳐 날 걸 알면서도
 
君を手に入れて 僕は心が痛む 僕のDREAM GIRL 毎日 昼も夜もいつもいつも
とげのような(僕に抱かれた)君は 傷つくことをわかっていても
 
この、시도 때도 없이 っていう表現がずっと気になっていました。
いつもいつも、寝ても覚めても・・・みたいな意味なんでしょうけど、
なんだかいいな~~~っと思っていて・・・・
 
日常生活でよく使われる表現なのか、それとも、どちらかというと詩的な表現なのかな~~とも思ったりして。
 
 
ところが、この表現、ドラマの中で出てきたのです!!
버이 버다(バーディバディ)というドラマの最終回、
ふたりの女性が、あるひとりの男性(ゴルフのコーチ、ふたりの女性が共に愛した人)のことについて
話しています。
 
코치님 보고 싶지 않아? (コーチに会いたくないの?)
보고 싶지. 매일 매일 시도 때도 없이 보고 싶어....(会いたいわよ。毎日毎日会いたいと思ってるわ)
 
시도 때도 없이  つまり、(その人のことを忘れる)瞬間はないくらい、いつもいつも ってことですね。
 
こうやって使うんだ~~~~
やっぱりドラマは勉強になります。
あ、歌もね!!
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-06-08

Comment







管理者にだけ表示を許可