緑の光線

Top Page › ドラマのこと › 「千回のキス」
2013-06-30 (Sun)  09:46

「千回のキス」

「千回のキス」    천번의 입맞춤    2011年 韓国ドラマ 全50話
出演 : チ・ヒョヌ、 ソ・ヨンヒ、 リュ・ジン、 キム・ソウン 
 
私がここで記事にするドラマというのは、だいたい「よかった~~」と思える作品であります。
「心惹かれる」ですからね!
しかし! 今回は、例外といいますか、「心惹かれる」 どころか、かなりイライラさせられたドラマだったので、
あえて記事にすることにしました。
だって、ほんとうにイライラさせられたんです~~~
 

だいたい、こういう絵柄を見せられると、
このふたりが主人公で、
ふたりの恋の物語か!!
って想像しますよね。
 
しかし!!
実際、このふたり、主人公と言えたんでしょうか???
 
それに、「千回のキス」というタイトル
でありながら、キスシーンなんて
ほとんどなかったし・・・
なんで「千回のキス」というタイトルになったんでしょう???
 
 
確かに、前半は、ふたりの恋愛部分も多かったですが、 後半は、
どう考えたって、会長(イ・スンジェさん)と夫人(チャ・ファヨンさん)の夫婦の物語でしたよね~~~
しかも、奥さんが病で倒れないと、考え方を改められない頑固な爺さん・・・・
(病気にならないとわかってもらえないのか??!!)
 
この夫婦の話がメインになることで、ウビンとジュヨンは、半ばほったらかし状態・・・
 
ヘビンの結婚話とか、テギョンとジュニが詐欺に遭う話とか、そんなのはどうでもいいので(笑)
ウビンとジュヨンの恋愛をもっと丁寧に描いて欲しかったな~~~~
 
私が脚本家だったら・・・・
可愛いチャンノくんを大いに利用します。
例えば、ウビンがジュヨン恋しさに、チャンノと遊んでいた公園にふらりと立ち寄ると、
そこで、チャンノに偶然会う。
そこで、チャンノがウビンに訴えます。
「アジョッシ~~~~どうして、ママと結婚しなかったの?
ママ、アジョッシと最近会ってないから、とっても寂しそうだよ・・・
アジョッシ~~ママを幸せにしてあげてよ」
 
そこで、思わず、ウビンは、チャンノを抱きしめ、「ミアネ、チャンノヤ~~~ミアネ・・」
と涙を流す。
 
あるいは、
チャンノくんが、ママに訴えるという手も・・・・
「ママ、どうしてアジョッシと結婚しなかったの?
ママがアジョッシと結婚してくれたら、僕、アジョッシと毎日サッカーできるのにな~~~」
 
あ、でも、チャンノくんは、テギョンアッパのこと結構好きだからな~~~~
 
ユギョンの悪巧みも、最後まで暴かれなかったのが、非常に残念!!
結局、ユギョンと別れることにしたウビンが、最後にユギョンに謝ってましたね。
そしたらユギョンは、「謝ってくれてありがとう」なんて言ってるし・・・
謝るのは、あなたの方でしょうが!! と私はテレビのユギョンに叫びました(笑)
 
結局、一番おりこうさんだったのは、ジュミちゃんでしたね。
ジュミちゃん、いろいろと辛いことも多かったのに、
一生懸命頑張りました。
えらかったです。
その分、きっと幸せになれるでしょう~~~~
 
最終回は、お決まりの「そして一年後・・・・」
最後くらい、満足させて欲しかったのですが、
ウビンとジュヨンが偶然出会う・・・というシーンでおしまい・・・・・
なんで偶然に頼るの???
駄目よ!諦めきれないのなら、探しに行かなくちゃ~~~
一年留学したのはよしとしても、彼女の居場所を自分でつきとめ、
自分から迎えに行かなきゃ~~~~
ウビンくん、不甲斐ないよ~~~~
 
 
というわけで、ほんとうにイライラさせられたドラマでした。
と、文句ぶつぶつ言いながらも、全50話見ちゃったわけですけど(笑)
 
 
 
 
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-06-08

Comment







管理者にだけ表示を許可