緑の光線

Top Page › 本のこと › 現代語訳「学問のすすめ」齋藤孝訳
2013-09-06 (Fri)  13:01

現代語訳「学問のすすめ」齋藤孝訳

現代語訳 「学問のすすめ」 福澤諭吉 齋藤孝 訳
読んでみました!「学問のすすめ」
「天は人の上に人を造らず、 人の下に人を造らず」 
この書き出しは有名ですが、
それ以降は、読んだことがありませんし、
どういったことを書いた本なのか、その概要すら
知りませんでした。
 
「天は人の上に・・・」の言葉から想像すると、
人間皆平等である・・・ことについて書いた本なのかと
思いきや、
「学問のすすめ」のタイトルどおり、
人は何のために学ぶのか・・・という本であるように思います。
 
人は何のために学ぶのか、
まず諭吉先生がおっしゃっていることは、
「社会をよくするために学ぶ」ということです。
 
そして、個人が、国が、独立するために学ぶ、ということです。
明治になって開国して間もない頃の日本ですから、
世界の強国に追いつき、近代化をはからなければならない。
そういう状況の中で、西洋のよいところはどしどし取り入れて、
科学、経済、政治・・・・いろんな知識を身につけて、日本を立派な国にしなければならない、
だから、学ぶのだ!! と、日本国民にはっぱをかけるために書いた本なのではないでしょうか・・
 
当時、この本はベストセラーとなり、多くの人々に読まれたそうですから、
日本が近代化に成功したのも、諭吉先生がこうやって、日本国民をひっぱってくれたからかもしれませんね。
 
福澤諭吉に関しては、「学問のすすめ」を書いた人、慶応義塾大学をつくった人、くらいの予備知識しか
ありませんが、この本を読む限り、
とっても潔い人ですね。
思ったことは、歯に衣をきせず、ずばっと言う。
時々、「そりゃ、ちょっと言いすぎなんじゃないの~~~~」と思ってしまうほどの毒舌が出てきますが(笑)
 
 
うちの子(中二の長男)も、「こんなこと勉強して何になるの~~~~~」とよく言ってますが、
今の時代は、勉強することの意義を見出すのが難しくなっていると思います。
科学技術も十分発達し、とりあえず平和で、危機感というものを感じてないからだと思います。
でも、でも、社会の中には、解決しなきゃならない問題がたくさんあるのです。
今の子供達に、「社会をよくしよう」なんていう気持ちは持ちづらいのでしょうけど、
自分の身の回りだけじゃなく、もっと広い視野で、社会の問題や、世界の問題に対して
意識を持って欲しいな~~~~
勉強の意義を見出せるようにしてあげるのは、私達大人の務めなのかもしれません。
 
 
 
 
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-06-08

No title * by -
福沢諭吉・・私も「天は人の上に人を造らず、 人の下に人を造らず」 と、慶応義塾大学をつくった人くらいの知識しかありませんでしたヾ(;´▽`A``アセアセ

勉強の意義・・・
私自身も、どこか曖昧なとこがあります・・
親が、そこをしっかり信念を持っていないと、子供もついてきませんよね(-ω-;)ウーン

No title * by 龍香
お久しぶりです。夏休み長いようであっというまだったねー。
相変わらずむずかしそうなの読んでる。(笑)きっと読書がグリちゃんのストレス発散方法の1つなのね?

本の内容はむずかしそうなんだけど、明治維新の前後って日本人がものすごく変化したし、するために努力や犠牲を惜しまなかった人間で溢れてた時代ってイメージです。

No title * by うーこ
『福沢諭吉』と言えば、柴田恭平やったっけな?ファンクラブに入ってた友達が当時いて、付き合いで映画を観に行ったんですが、
思っていた以上に面白くて感動したことを覚えています!

No title * by green
ひまわりさん、息子が、「勉強して何になるんだ~~」「勉強、つまんね~~」とか言っております・・・トホホです・・・
息子のことは悩みが尽きません・・
このことはまた記事にしますね~~~

No title * by green
ママさん、ほんと、夏休みあっという間だったよ~~
いろいろ大変だったけどね(笑)

これは、齋藤孝さんの訳が、とても読みやすかったので、そんなに「難しさ」を感じなかったよ~~~
あ、でも、ちょっと難しい本を読むのは好きかも。
難しい本に挑戦してる自分に、ちょっと酔ってるところあるかも(笑)
そうだね~~~この頃の、頑張ってくれた日本人に感謝、だよね。
あの時代に、福澤諭吉さんのような思想を持てた、っていうところからして、すごいことだと思いました!!

No title * by green
うーこさん、『福澤諭吉』っていう映画があったんでしょうか?
そして福澤諭吉の役を柴田恭平が??
ふくよかな諭吉先生と、華奢なイメージの柴田恭平が、ちょっと結びつきにくいですけど~~~
映画の内容、興味があります!!

Comment







管理者にだけ表示を許可

No title

福沢諭吉・・私も「天は人の上に人を造らず、 人の下に人を造らず」 と、慶応義塾大学をつくった人くらいの知識しかありませんでしたヾ(;´▽`A``アセアセ

勉強の意義・・・
私自身も、どこか曖昧なとこがあります・・
親が、そこをしっかり信念を持っていないと、子供もついてきませんよね(-ω-;)ウーン
2013-09-07-14:30 * - [ 編集 ]

No title

お久しぶりです。夏休み長いようであっというまだったねー。
相変わらずむずかしそうなの読んでる。(笑)きっと読書がグリちゃんのストレス発散方法の1つなのね?

本の内容はむずかしそうなんだけど、明治維新の前後って日本人がものすごく変化したし、するために努力や犠牲を惜しまなかった人間で溢れてた時代ってイメージです。
2013-09-08-00:10 * 龍香 [ 編集 ]

No title

『福沢諭吉』と言えば、柴田恭平やったっけな?ファンクラブに入ってた友達が当時いて、付き合いで映画を観に行ったんですが、
思っていた以上に面白くて感動したことを覚えています!
2013-09-09-09:16 * うーこ [ 編集 ]

No title

ひまわりさん、息子が、「勉強して何になるんだ~~」「勉強、つまんね~~」とか言っております・・・トホホです・・・
息子のことは悩みが尽きません・・
このことはまた記事にしますね~~~
2013-09-09-12:11 * green [ 編集 ]

No title

ママさん、ほんと、夏休みあっという間だったよ~~
いろいろ大変だったけどね(笑)

これは、齋藤孝さんの訳が、とても読みやすかったので、そんなに「難しさ」を感じなかったよ~~~
あ、でも、ちょっと難しい本を読むのは好きかも。
難しい本に挑戦してる自分に、ちょっと酔ってるところあるかも(笑)
そうだね~~~この頃の、頑張ってくれた日本人に感謝、だよね。
あの時代に、福澤諭吉さんのような思想を持てた、っていうところからして、すごいことだと思いました!!
2013-09-09-12:14 * green [ 編集 ]

No title

うーこさん、『福澤諭吉』っていう映画があったんでしょうか?
そして福澤諭吉の役を柴田恭平が??
ふくよかな諭吉先生と、華奢なイメージの柴田恭平が、ちょっと結びつきにくいですけど~~~
映画の内容、興味があります!!
2013-09-09-12:16 * green [ 編集 ]