緑の光線

Top Page › ドラマのこと › 「まるごとマイ・ラブ」
2013-10-30 (Wed)  11:54

「まるごとマイ・ラブ」

「まるごとマイ・ラブ」   몽땅 내 사랑     2010~2011年  韓国ドラマ(シットコム) 全210話
 出演者: キム・ガプス、 チョン・ホビン、 チョ・グオン(2AM)、ガイン(Brown Eyed Girls)、
        ユン・ドゥジュン(Beast)、ユン・スンア、パク・ミソン、パン・ウニ、チョン・テス、チン・イハン・・・

毎日楽しみにしていた「まるごとマイ・ラブ」がとうとう終わってしまいました。
ドゥジュンくんが見たいがために見始めたシットコムでしたが、見始めたらやめられなくなってしまいました。
ただね、前半部分、ミソンとクムジがスンアを陥れようとしているところとか、ミソンが周囲に頼ってばかりで
自分で努力しようとしないところか、見ていて気分のよくない場面、道徳的にちょっとどうなの??
と疑問に思う場面も多々ありました。
正直そういうところは、子ども達にあまり見せたくありませんでした。
 
だけど、スンアが院長の娘だということがわかり、院長がミソンを許したあたりから、
あまり嫌なシーンはなくなり、純粋に楽しめるようになりました。
子どもたちとも一緒に楽しめました。
(子ども達は、このドラマのおかげで少し韓国語を覚えました)
 
いや~~ドゥジュンくんはかっこよかったですね~~~~
うちの子も「ドゥジュンくん、かっこいい~~」とちょっぴりドゥジュンくんファンになってくれたようです。
私が好きな回のひとつ・・・ドゥジュンくんがお母さんに反対されている柔道をこっそりやっていて、
大会に出たお話。
相手の選手が足を負傷していて、応援席のみんなは、「足をねらえ!足をねらえ!」って声援するんだけど、
ドゥジュンくんは、決して相手の足をねらわないの。そして結局相手に負かされてしまうんです。
みんなは、「なんで相手の足をねらわなかったの?」って聞くんだけど、ドゥジュンくんはちょっと残念そうだけど
すがすがしい顔をしている。そこへ、お母さんのウニさん登場!
「よくやった、さすが私の息子!!私は卑怯な真似をするような子には育ててないからね」って。
そしてウニさんは、ドゥジュンが柔道を続けることを許してあげるんです。
 
ドゥジュンとクムジとの空港での別れのシーンもよかったし、
スンアちゃんを好きになるも、スンアとテプンのために身をひく潔さもよかったですね~~~
 
ドゥジュンくんがスンアちゃんに友だち以上の感情を持ち始めて悩んでいたとき、
子どもが、「ドゥジュンくん、クムジはどうしたの??」と突っ込んでましたが(笑)
(確かに、完璧に別れたわけでもないのに、クムジの存在が全く消されていたのはちょっと不思議だったな~)
 
チョン・テスの代わりに、テプンくんが登場してから、
私はどうもテプンくんのキャラに馴染めなかったのですが、
だんだんテプンくんを演じているイハンさんの演技力に引き込まれてしまいました。
院長に自分の正体を明かすシーン、よかったですね~~~
それから、スンアちゃんへの想いを断ち切れず苦悩するシーンもよかったです~~~~
 
最後は、なんとも韓国ドラマらしい終わり方でしたが(笑)
みんなハッピーに落ち着いてよかったです。
 
ところで、私はウニさんがとっても羨ましかった~~~~
ウジンのような頼れる弟と、ドゥジュンくんのような優しい息子がいるんだもん!!
ウニさん、幸せだよね~~~~~
 
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-06-08

Comment







管理者にだけ表示を許可