緑の光線

Top Page › 映画のこと › 「僕の彼女を紹介します」
2013-11-18 (Mon)  11:49

「僕の彼女を紹介します」

「僕の彼女を紹介します」   내 여자친구를 소개합니다 2004年 韓国映画
 監督/脚本 : クァク・ジェヨン
 出演 : チョン・ジヒョン、 チャン・ヒョク
この映画を見るのは、2回目です。
ただ、今回、映画が始まるまで、すでに視聴済みであることをすっかり忘れておりました。
ソウルの夜の上空が映し出され、チョン・ジヒョンがビルの上から飛び降りようとしているシーン、
BGMは、Knockin' on heaven's door・・・・
あれ~~~、これ、どこかで見たことがあるかも~~~~
もしかして、私、前にこれ見た??
 
どうやら、最初に見たときは、そんなに印象が残らなかったようで、
ところどころ見覚えのあるシーンは出てくるのですが、ストーリー自体はすっかり忘れてました
ふたりが旅行に出かけた先で、チャン・ヒョク演じるミョンウが風に吹かれながら手を広げ、
「オレは死んだら風になるんだ~~~」と叫ぶシーンで、
やっと映画全体のテーマみたいなのを思い出しました。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そうそう、死んだ後、49日間、魂がさまようんですよね。
そして、風になって現れるんです。
 
チョン・ジヒョン演じるギョンジンが一命をとりとめ、自宅に帰ってきて、
窓から、すごい勢いで風が入ってくるシーン。
部屋の中の風車がくるくる回るシーン。
ギョンジンがミョンウを感じるシーンですね。
너, 바람이 된거야?  (あなた、風になったの?)
この一番盛り上がるシーンで、X-JAPANの Tears という曲が流れるんです。
 
なんでも、監督のクァク・ジェヨンは、X-JAPANの大ファンとかで、
この曲からイメージをふくらませて、チョン・ジヒョンのためにこの映画を作ったとか・・・・
 
愛し合っていれば、つながっていれば、たとえ死んでしまっても、
私達は再び会える・・・・
韓国には、こういう概念がベースになったドラマや映画が多いですよね~~~
 
韓国の方はよく「日本人は、ファンタジー的なものが好きだ」と言いますが、
私個人的には、韓国の作品にも「ファンタジー的なもの」をよく感じたりします・・・・・
 
 
 
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-06-08

No title * by momo
こんばんは♫
この映画大好きです~~
涙が止まらなくなるんです。
亡くなってもなおずっと彼女を見守り続ける男性の大きな愛が心に響きます
題名の意味が最後のシーンで初めてわかりましたができれば二人でずっと幸せでいて欲しかったです。

No title * by green
ももさん、この映画お好きなんですね~~~
チャン・ヒョクさん、よかったですね。
ジヒョンさんも、今回改めて、魅力的な女性なんだなと感じました。
彼女は、これから風が吹くたびに、彼の事を感じながら生きていくんでしょうね^^

Comment







管理者にだけ表示を許可

No title

こんばんは♫
この映画大好きです~~
涙が止まらなくなるんです。
亡くなってもなおずっと彼女を見守り続ける男性の大きな愛が心に響きます
題名の意味が最後のシーンで初めてわかりましたができれば二人でずっと幸せでいて欲しかったです。
2013-11-20-01:03 * momo [ 編集 ]

No title

ももさん、この映画お好きなんですね~~~
チャン・ヒョクさん、よかったですね。
ジヒョンさんも、今回改めて、魅力的な女性なんだなと感じました。
彼女は、これから風が吹くたびに、彼の事を感じながら生きていくんでしょうね^^
2013-11-22-11:28 * green [ 編集 ]