緑の光線

Top Page › 映画のこと › 「エリザベスタウン」
2013-11-26 (Tue)  12:22

「エリザベスタウン」

「エリザベスタウン」   Elizabethtown     2005年 アメリカ映画
 監督/脚本 : キャメロン・クロウ
 出演 : オーランド・ブルーム、 キルスティン・ダンスト、 アレック・ボールドウィン、 
       スーザン・サランドン
かなり笑える映画なんだけど、
それでいて、なんとなく泣きたくなっちゃうような、そんな映画でした。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
オーランド・ブルーム演じるドリューは、仕事で大失敗をしちゃって、自殺を考えほどに
落ち込んじゃうんですね。
そんなところに、故郷で暮らしていた父さんの訃報が入り、
家族を代表して、葬儀に駆けつけるのですが、
飛行機で知り合ったクレアという女性と知り合い、
故郷に住む親戚のみんなとわいわいがやがややっているうちに、
気持ちが前向きになっていく・・・・というお話。
 
とにかく、いろんなところでぶっ飛んでる映画です。
クレアも結構ぶっ飛んでるし、親戚のおじさんや、いとこもちょっと変わってるし・・
一番ぶっ飛んでるのが、お母さんかも!!
葬儀での、お母さんのスピーチシーンが、かなり笑えます。
これが、お葬式なのか?っていうくらい、みんな大爆笑します。
 
そして、この映画、音楽がよい!!
そりゃもう、たくさんの音楽が、がんがん流れるのですが、
みんないいんです。
そのシーンにとっても合った、心地よい音楽が流れてくるので、
すご~~くいい気分で映画を楽しめます。
(サントラが是非とも欲しい!!)
同じくキャメロン・クロウ監督の「あの頃ペニー・レインと」 という映画も、すごく音楽が良かった印象があります。
 「あの頃ペニー・レインと」の過去記事 →http://blogs.yahoo.co.jp/greenflowers2831/45057239.html
 
私、ロード・オブ・ザ・リングも、パイレーツ・オブ・カリビアンも観ていないので、
今回、初めてオーランド・ブルームにお目にかかりました。
まあ、なんといいましょうか、母性本能をくすぐる顔立ちです(笑)
 
仕事で失敗しちゃって、落ち込んじゃってる男性諸君に是非観ていただきたい!
ちょっぴり泣いて、元気になれる映画だと思います。
 
お気に入りの映画となりました。
次回観る機会があれば、是非観たい作品です!!
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-06-08

Comment







管理者にだけ表示を許可