緑の光線

Top Page › 映画のこと › 「明かりを灯す人」
2013-12-05 (Thu)  12:06

「明かりを灯す人」

「明かりを灯す人」    THE LIGHT THIEF 2010年 キルギス、フランス、ドイツ、イタリア、オランダ制作
 監督/脚本/主演 : アクタン・アリム・クバト
 
キルギスの映画、初めてです。
キルギス共和国のある村・・・・
山脈と、広大な大地が広がっていて
いつも風がびゅーびゅー吹いている。
主人公の男は、電気技師(?)で、いつか村にたくさん風車をたて、
村中に明かりを灯したいという夢を持っている心優しき人。
毎日、電気のアンテナを調節したり、
時には、電気代を払えない貧しい人が、タダで電気を使えるように
小細工とかしてあげてる。
そうやって、毎日をつつましく生きている人。
 
 
 
そんな村に、村の土地をねらっている資本家がやってくる。
のどかな村の雰囲気が、ちょっとざわついてくる。
 
「そっとしておいてくれ」というのが、村人達の本心でしょうし、
「貧しいのは嫌だ」「収入を得たい」というのもまた、本心でしょう。
 
 
ちゃんとした道路なんかないようなところに、中国の資本家は車で乗り付けてくる・・・
 
結局、村はどうなってしまったのか、映画では描かれていません。
ただ、最後に、明かりを灯す人が自転車をこぐシーンが写しだされ、
「孫達が幸せでありますように」というメッセージが表示されます。
 
「明かりを灯す人」の優しさが伝わるようなエピソードもいくつか挿入されています。
 
また、「明かりを灯す人」の奥さんが歌う歌がとっても素敵でした。
キルギスの民族的な歌なのでしょうか。
 
ところで・・・・
これは、この映画とは直接関係のない話なのですが、
12月3日の朝日新聞夕刊に、「誘拐結婚、キルギスの文化か」
という記事がありました。
キルギスの映画を見たあとだけに、興味深く読みました。
キルギスには、女性を強引に連れ去り、結婚を強要する「誘拐結婚」という文化があるそうです。
もちろん、誘拐結婚は、国が違法だとしているそうなのですが、
実際に行われているのも事実だそうで・・・・
「私は誘拐結婚だったけど、今は幸せに暮らしている」という人もいれば、
誘拐結婚させられて自殺を図った女性もいるそうです。
なぜこんな文化がおこり、そしていまだに残っているのか、まあいろいろと原因はあるのでしょうけど・・・
びっくりさせられる記事でした。
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-06-08

No title * by imama
素敵な映画ですね。

中央アジアから東欧にかけては今でも女性や子どもを誘拐して利用するという恐ろしいことが行われていますよね。男尊女卑が続いているところは本当に怖いと思います。

No title * by -
この映画、観てみたいですね!

「誘拐結婚」って初めて知りました・・・
そんな恐ろしいことが同じ地球で行われているんですね。

No title * by green
imamaさん、人権を全く無視した行為ですよね・・・・
そして、その対象となるのは、女性や子どもです。

男尊女卑というわけではありませんが、この映画の主人公には、娘が4人いるんですけど、秘かに息子が欲しいと思っているんです。それで、友だちに「おまえが、妻に息子を産ませてやってくれ」って頼むシーンがあるんです。どうしても自分の後を継がせる息子が欲しかったようなんですけどね・・・

No title * by green
ひまわりさん、DVDレンタルにあるでしょうか・・・
キルギスの映画なんて、珍しいですよね。
私も「誘拐結婚」なんて言葉、初めて知りました。
新聞の見出しで見たとき、ほんとうにびっくりしました。

No title * by はなまめ
「誘拐結婚」、ずっと前に本で知った時、びっくりしました。
その本には、今は地域によっては、形だけの誘拐結婚になっているとありました。
両家、当人合意の結婚だけど、花嫁さんは強引に連れ去られる形でお婿さんの家に行くのだそうです。
今も本当の「誘拐結婚」もあるんですね。女性としては怒りを感じます。

Comment







管理者にだけ表示を許可

No title

素敵な映画ですね。

中央アジアから東欧にかけては今でも女性や子どもを誘拐して利用するという恐ろしいことが行われていますよね。男尊女卑が続いているところは本当に怖いと思います。
2013-12-05-14:57 * imama [ 編集 ]

No title

この映画、観てみたいですね!

「誘拐結婚」って初めて知りました・・・
そんな恐ろしいことが同じ地球で行われているんですね。
2013-12-05-19:46 * - [ 編集 ]

No title

imamaさん、人権を全く無視した行為ですよね・・・・
そして、その対象となるのは、女性や子どもです。

男尊女卑というわけではありませんが、この映画の主人公には、娘が4人いるんですけど、秘かに息子が欲しいと思っているんです。それで、友だちに「おまえが、妻に息子を産ませてやってくれ」って頼むシーンがあるんです。どうしても自分の後を継がせる息子が欲しかったようなんですけどね・・・
2013-12-06-11:08 * green [ 編集 ]

No title

ひまわりさん、DVDレンタルにあるでしょうか・・・
キルギスの映画なんて、珍しいですよね。
私も「誘拐結婚」なんて言葉、初めて知りました。
新聞の見出しで見たとき、ほんとうにびっくりしました。
2013-12-06-11:09 * green [ 編集 ]

No title

「誘拐結婚」、ずっと前に本で知った時、びっくりしました。
その本には、今は地域によっては、形だけの誘拐結婚になっているとありました。
両家、当人合意の結婚だけど、花嫁さんは強引に連れ去られる形でお婿さんの家に行くのだそうです。
今も本当の「誘拐結婚」もあるんですね。女性としては怒りを感じます。
2013-12-11-18:11 * はなまめ [ 編集 ]