緑の光線

Top Page › 映画のこと › 「誰かがあなたを愛している」
2013-12-06 (Fri)  11:39

「誰かがあなたを愛している」

「誰かがあなたを愛してる」      秋天的童話   1987年 香港映画
 監督 : メイベル・チャン
 脚本 : アレックス・ロウ
 出演 : チョウ・ユンファ、 チェリー・チェン
香港映画ですが、舞台はニューヨークです。
原題が「秋の童話」となっているように、秋のニューヨークの風景、ブルックリン橋が美しいです。
 
香港映画は、なかなか見る機会もなく、チョウ・ユンファさんの出演作は、「グリーン・デスティニ」しか
見たことがありません。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ニューヨークに、演劇の勉強のためにやって来たジェニファー(チェリー・チェン)は、
遠縁のサミュエル(チョウ・ユンファ)にいろいろと世話してもらうんだけど、
住むところといったら、ボロ~~いアパート。
窓のすぐ向こうには、鉄道が走っていてて、がたんごとんとうるさい。
アルバイトもして勉強もして・・・というジェニファーとは違って、
サミュエルは、「持ってるお金は全部使っちゃえ」を信条とする大のギャンブル好き。
 
そんな「違いすぎる」ふたりが、徐々に恋心を抱く・・・というお話。
 
サミュエルの純情さがいいです。
喧嘩っ早いのが玉に瑕なんだけど、ジェニファーのことが心配でたまらなくて、
いろいろと世話をやいてあげるんです。
だけど、恥ずかしさもあって自分の気持ちをちゃんと伝えられない・・・
 
サミュエルは、ジェニファーのことを「チャーボー」と呼びます。
「女は問題ばかり起こす」→「トラブル」→「チャーボー」なんです(笑)
 
ジェニファーが、最初殺風景で薄汚れていた部屋を、少しずつ綺麗にし、
壁やら、冷蔵庫やらを赤のペンキで塗って、可愛い部屋へと変えていきます。
「棚が欲しい」ってジェニファーが言うと、「そんなのオレが作ってやる」と言って、
棚を作ってあげたり、バスタブの上に板をのっけて机にしてあげたり・・・
彼女の役に立つことが、とても嬉しくてたまらにサミュエルなのでした。
 
ラスト、別れのシーン。
泣けました。
ブルックリン橋に向かう車を追いかけ、猛ダッシュするサミュエル!!
 
恋愛は人を変えますね!
 
香港や台湾の映画をもっと観たいです~~~
NHKさん、宜しくおねがいしまっす!!
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-06-08

Comment







管理者にだけ表示を許可