緑の光線

Top Page › 本のこと › 「辞書には書かれていないことばの話」
2014-03-18 (Tue)  12:24

「辞書には書かれていないことばの話」

「辞書には書かれていないことばの話」   仁田義雄 著
最近、電車に長時間乗る機会が多くあったおかげで、
読書が進みました。
日本語に関する本も読んでいます。
その中の一冊をご紹介します。
 
この本の要点は、
「辞書には、本来このような情報が記載されるべきである」
「文章を正しく理解したり、正しい文章を作り出したりするためには、
そのための情報、規則が必要である」
といったところでしょうか。
 
辞書には載っていないのだが、このような解説や情報があると、
より正しく日本語を読み書きできる、
といったことについて、書かれています。
 
私が一番「なるほど~~~」と思ったことは、
序章に書かれてあった、「取り返す」と「取り戻す」の違いについてです。
「取り返す」 と 「取り戻す」 の違いって、なんだかわかりますか?
お手持ちの辞書で、このふたつの意味を調べてみてください。
どちらの言葉にも、「取られたものを、再び自分のものにする」といった意味が書かれてあるかと思います。
もしかしたら、「取り返す」の項目に同義語として「取り戻す」 が記載され、
「取り戻す」の項目には同義語として「取り返す」が記載されているかもしれません。
となると、「取り返す」と「取り戻す」は全くの同義語とみなしていいのでしょうか?
どんな場合にも、ふたつの言葉は入れ替えが可能なのでしょうか?
 
ちなみに、私が持っている辞書を引いてみると・・・・
「取り戻す」の項目に、「失った意識を再び得る」「正気にかえる」という説明がありました。
 
これを読んでピンときました。
「意識を取り戻す」 とは言いますが、「意識を取り返す」とは言いませんよね~~~
 
子どもたちに、この話をすると、
「あ、わかった!! モノとして存在しないものには『取り戻す』を使うんじゃない?」
という答えが返ってきました。
 
仁田先生は、ふたつの言葉の違いをこう説明しています。
「取り返す」の場合、その対象となるのは、主体から分離可能な特徴をもつもの。
「取り戻す」の場合、その対象となるのは、主体からの分離不可能な特徴をもつもの。
 
例えば、本、お金などは、自分のもとから離れて他者に渡ったとしても、本は本のまま、
お金はお金のまま存在します。
しかし、意識、健康などは、自分のもとから離れてしまうと、存在することができないのです。
 
こういうことって、普段全く意識していませんが、私達は誤用することなく正しく使い分けてますよね。
でも、そのしくみというか、規則性というものを普段考える機会はほとんどありません。
ただ、もし日本語を勉強している外国人が、
「取り返す」 と 「取り戻す」 って同じ意味なのかな~~~
どうやって使い分けるのかな~~という疑問を抱いた時に、
このような説明、情報があれば、納得できるのではないかと思います。
 
このように、「辞書に載っていればよい」と思われるような、言葉の使い方、使われ方について
書かれている本です。
ただ・・・・言葉って移り変わるものですから、そこまで細かく辞書に記載するのは、
不可能ではないかと考えました(笑)
「誤った日本語」と言われてきた言葉や表現が、いつしか市民権を得て、「正しい日本語」に
変わってしまうこともあるでしょうし。
 
 
そうそう!!
電車に乗っていて、どうも気になる表現があるのです。
車内放送で・・・
「電車内、駅構内などで、不審な人物、不審な荷物などをお見かけになった方は、
駅係員まで、お申し出ください」
 
「お申し出ください」 って、合ってると思います?
私は、「お知らせください」の方がいいと思うんですけど・・・・・
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-06-08

No title * by 真樹
申すはへりくだった言い方なので自分に使う言葉では?

日本語,私が日本を離れて17年ですが,その間にいろいろ変わりました。
私がいた頃は心が折れると言う表現,へこむと言う表現はなかったような…
くじけるとか,落ち込むとかでした。

言葉の移り変わりは昔からで,
あたらしいはもともと"あらたしい"だったと昔,古典の授業で聞きました。
いいまちがっているうちに
まかり通ったそうです。

No title * by green
MAKIさん、ですよね~~~
「お申し出ください」というアナウンスを聞く度に、違和感を感じます(笑)
エレベーターに乗ったときに「上へ参ります」っていう音声が流れるんですけど、なんだかそれも気になります~~~

No title * by つ_303
日本語って意外と知らないことが多いですね。正しい日本語を話したいですが、、、、勉強しないとね!(^_^)

No title * by imama
とてもおもしろい記事でした!
取り戻す、言われるまで思い出せませんでした!
でもそうでないと日本語学習者に説明できませんよね。
難しいことです。各言語にそのような難しさがあるのですよね。
申し出る、に関してはわたしもいつも違和感を覚えます。
あれは何なんでしょうね。
何であんなことを言うようになったのか・・・。
でも結構な大人でも人に向かって、お会いしたのですか。とか、身内(特に組織内の誰か)に対する尊敬語を使って人に話してしまうとかありますよね。

No title * by green
つ303さん、普段何気なく使っている日本語ですが、
改めて学問として向き合ってみると、知らないこと、なるほど~~と考えさせられること、多いです。

No title * by green
imamaさん、取り返すと取り戻すの違い、おもしろいですよね!
こういうのって、私たちは長年日本語を聞いたり使ったりして自然と身につけていますが、第二外国語として理解しようとるすのは、難しいですよね。
「お申し出ください」違和感ありますよね~~~
気になって仕方ありません。鉄道会社にひとこと言ってあげたほうがいいのかしら・・とまで考えています。

Comment







管理者にだけ表示を許可

No title

申すはへりくだった言い方なので自分に使う言葉では?

日本語,私が日本を離れて17年ですが,その間にいろいろ変わりました。
私がいた頃は心が折れると言う表現,へこむと言う表現はなかったような…
くじけるとか,落ち込むとかでした。

言葉の移り変わりは昔からで,
あたらしいはもともと"あらたしい"だったと昔,古典の授業で聞きました。
いいまちがっているうちに
まかり通ったそうです。
2014-03-18-15:11 * 真樹 [ 編集 ]

No title

MAKIさん、ですよね~~~
「お申し出ください」というアナウンスを聞く度に、違和感を感じます(笑)
エレベーターに乗ったときに「上へ参ります」っていう音声が流れるんですけど、なんだかそれも気になります~~~
2014-03-19-08:18 * green [ 編集 ]

No title

日本語って意外と知らないことが多いですね。正しい日本語を話したいですが、、、、勉強しないとね!(^_^)
2014-03-21-10:58 * つ_303 [ 編集 ]

No title

とてもおもしろい記事でした!
取り戻す、言われるまで思い出せませんでした!
でもそうでないと日本語学習者に説明できませんよね。
難しいことです。各言語にそのような難しさがあるのですよね。
申し出る、に関してはわたしもいつも違和感を覚えます。
あれは何なんでしょうね。
何であんなことを言うようになったのか・・・。
でも結構な大人でも人に向かって、お会いしたのですか。とか、身内(特に組織内の誰か)に対する尊敬語を使って人に話してしまうとかありますよね。
2014-03-22-09:36 * imama [ 編集 ]

No title

つ303さん、普段何気なく使っている日本語ですが、
改めて学問として向き合ってみると、知らないこと、なるほど~~と考えさせられること、多いです。
2014-03-23-09:31 * green [ 編集 ]

No title

imamaさん、取り返すと取り戻すの違い、おもしろいですよね!
こういうのって、私たちは長年日本語を聞いたり使ったりして自然と身につけていますが、第二外国語として理解しようとるすのは、難しいですよね。
「お申し出ください」違和感ありますよね~~~
気になって仕方ありません。鉄道会社にひとこと言ってあげたほうがいいのかしら・・とまで考えています。
2014-03-23-09:35 * green [ 編集 ]