緑の光線

Top Page › 本のこと › 「レ・ミゼラブル」
2014-04-14 (Mon)  12:36

「レ・ミゼラブル」

「レ・ミゼラブル」 ヴィクトル・ユゴー 全5巻
読み終わってから1か月以上経ってしまいました。
全5巻、長かった~~~
結局一年ほどかけて読んだことになります。
 
登場人物の生き方がどうとかよりも、
私は、作家ユゴーの情熱をひしひしと感じました。
「書きたい!残しておきたい!」
そういう熱い思いが感じられます。
 
ていうか、そういう熱いものがなければ、
こんな長い小説、書けませんよね。
 
これって、小説というよりは、
歴史書みたいです。
とにかく補足説明みたいなのが多いんです。
 
あの、酒屋の主人テナルディエと、マリユスの父は、
ワーテルローの戦いでつながっているんですが、
そのワーテルローの戦いの説明の長いこと!!
誰々さんがどうして、誰々さんがどうしたとか、
○○軍がどうして、△△軍がどうしたとか、
そりゃあもう、こと細かに説明してあります。
地理、地形の説明も細かくて、
私はかつてベルギーに旅行に行ったときに、
ワーテルローの戦場に行ったことがあるので、
その時のことを思い出しながら読んだりしましたが、
正直、ここを読んでいるときは、寝そうになりました(笑)
そして、最後の最後に、テナルディエが出てきて、
「お~~~ここでつながるのか~~~~」とほっとしたものです。
 
とにかく、「この物語とは関係はないのだが、読者のみなさんに説明しておこう」
みたいな部分が多くて・・・・
 
でも、これって大切な記録なんでしょうね。
今の時代がどういう時代なのか、人々がどう生きているのかを、
ユゴーさんは、後世の人たちに、どうしても伝えたかったんでしょうね。
 
肝心の物語についてですが、
まあ、いろいろ感じることはありますが、
私は、ジャベールもかなり哀れな人だと感じました。
「法は正義だ」「法は常に正しい」と信じて、自分の仕事を忠実に全うしようとした人です。
なのに、「法は常に正しい」という理念が、逆に自分を苦しめることになるのです。
今まで自分が信じてきたものが、崩れてしまうのです。
なんだかその最後がすごく哀れでした。
 
 
あ~~~いつか「レ・ミゼラブル」のミュージカル版を見てみたいな・・・・
 
 
 
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-06-08

No title * by imama
読破おめでとうございます!
大好きな作品でありながら、わたしにはいまだにすべて読む忍耐がない理由がよくわかりました!
やっぱり難しいんですね。
物語以上に背景を事細かに読まなければならないとなると、歴史的背景に対する強い関心まで持たないとなかなか読みきれない気がします。
でもベルギーに旅行されていたというのはよかったですね。
小説としては読むのに難しい作品でしょうが、いつか再度挑戦してみたいですね。

No title * by うーこ
すごいすごい!こんな長い話、読み終わってすごいです!よっぽど勢いがあれば読み進めたくてしょうがなくなるけど、こういうお話だと、途中でかなりダレますよね…ちゃんと読み終わって立派だと思います~!

ところで、本の書庫をさかのぼって見させていただいたんですが、本はいつも買ってますか?よく本を読む人って図書館を利用している人も多く見かけるんですが、私は買う派なんですよね。。で、ぐり~んさんも買う派な感じがしてて!
あと、本屋さんがつけてくれるカバーはいらない派ですか?
って、しょーもない質問ばっかりですみません(^^;)

No title * by green
imamaさん、忍耐力、必要でした・・・・
フランス語の隠語の説明なんかもあるんですが、(この隠語の説明、いつまで続くの・・)なんて思いながら、必死に耐えて読みました(笑)
幼い頃に、児童文学として読んだ「レ・ミゼラブル」とは別物でした。
フランスの歴史に詳しい人が読めば、また違った面白さがあるかもしれませんね。

No title * by green
うーこさん、これはもう、「読み切る!」ことを目標に読んだようなものです(笑)

前の記事も読んでくださったのですね。ありがとうございます。
本は、基本的に「買い」ですね~~~
図書館で借りてもいいのですが、今あまり読書に費やせる時間もないので、返却期限までに読み切れないのです(笑)
といっても、読みたい本を新品で買うとお金も結構かかりますので、
私はもっぱら、amazonの中古本です。
「レ・ミゼラブル」も、上の写真を見てもわかると思いますが、表紙が違います。これは、一冊ずつ中古で買ったので、出版されていた時期によって表紙が違うんですね。
すぐに読んでしまえるような、例えばエッセーなんかは図書館で借りたりします^^
カバーですが、学生のころは、だいたいつけてもらってましたが、
今は「カバーは要りません」と言っています。主婦になったからかしら?
といっても、最近本屋さんで新しい本を買ったことがあまりありません(笑)

No title * by うーこ
おお!そうなんですね!中古本なんですか~!なるほど!
本は、特に文庫本で感じるんですが、昔よりかなり高くなりましたよね~。ハードカバーと変わらないぐらいのお値段のものも…

カバー、私も昔はつけてもらって、ずっとつけていたんですが、
ある時、ほぼ全部取ってしまって、それからはつけてないんですよ。(主婦になったからなんでしょうか?)

ありがとうございました!

No title * by green
うーこさん、そうそう昔の文庫本は安かったですね~~~
今日書いた記事の、夏目漱石の「こころ」ですが、お値段260円でした。
高校生の頃、母親がお弁当を作れなかったときに昼食代をくれるのですが、そのお金で文庫本を買ったりしたものです。
あのころは、あまり食べることに興味がなかったんです・・・

Comment







管理者にだけ表示を許可

No title

読破おめでとうございます!
大好きな作品でありながら、わたしにはいまだにすべて読む忍耐がない理由がよくわかりました!
やっぱり難しいんですね。
物語以上に背景を事細かに読まなければならないとなると、歴史的背景に対する強い関心まで持たないとなかなか読みきれない気がします。
でもベルギーに旅行されていたというのはよかったですね。
小説としては読むのに難しい作品でしょうが、いつか再度挑戦してみたいですね。
2014-04-19-18:10 * imama [ 編集 ]

No title

すごいすごい!こんな長い話、読み終わってすごいです!よっぽど勢いがあれば読み進めたくてしょうがなくなるけど、こういうお話だと、途中でかなりダレますよね…ちゃんと読み終わって立派だと思います~!

ところで、本の書庫をさかのぼって見させていただいたんですが、本はいつも買ってますか?よく本を読む人って図書館を利用している人も多く見かけるんですが、私は買う派なんですよね。。で、ぐり~んさんも買う派な感じがしてて!
あと、本屋さんがつけてくれるカバーはいらない派ですか?
って、しょーもない質問ばっかりですみません(^^;)
2014-04-20-22:14 * うーこ [ 編集 ]

No title

imamaさん、忍耐力、必要でした・・・・
フランス語の隠語の説明なんかもあるんですが、(この隠語の説明、いつまで続くの・・)なんて思いながら、必死に耐えて読みました(笑)
幼い頃に、児童文学として読んだ「レ・ミゼラブル」とは別物でした。
フランスの歴史に詳しい人が読めば、また違った面白さがあるかもしれませんね。
2014-04-21-11:45 * green [ 編集 ]

No title

うーこさん、これはもう、「読み切る!」ことを目標に読んだようなものです(笑)

前の記事も読んでくださったのですね。ありがとうございます。
本は、基本的に「買い」ですね~~~
図書館で借りてもいいのですが、今あまり読書に費やせる時間もないので、返却期限までに読み切れないのです(笑)
といっても、読みたい本を新品で買うとお金も結構かかりますので、
私はもっぱら、amazonの中古本です。
「レ・ミゼラブル」も、上の写真を見てもわかると思いますが、表紙が違います。これは、一冊ずつ中古で買ったので、出版されていた時期によって表紙が違うんですね。
すぐに読んでしまえるような、例えばエッセーなんかは図書館で借りたりします^^
カバーですが、学生のころは、だいたいつけてもらってましたが、
今は「カバーは要りません」と言っています。主婦になったからかしら?
といっても、最近本屋さんで新しい本を買ったことがあまりありません(笑)
2014-04-21-11:51 * green [ 編集 ]

No title

おお!そうなんですね!中古本なんですか~!なるほど!
本は、特に文庫本で感じるんですが、昔よりかなり高くなりましたよね~。ハードカバーと変わらないぐらいのお値段のものも…

カバー、私も昔はつけてもらって、ずっとつけていたんですが、
ある時、ほぼ全部取ってしまって、それからはつけてないんですよ。(主婦になったからなんでしょうか?)

ありがとうございました!
2014-04-22-21:20 * うーこ [ 編集 ]

No title

うーこさん、そうそう昔の文庫本は安かったですね~~~
今日書いた記事の、夏目漱石の「こころ」ですが、お値段260円でした。
高校生の頃、母親がお弁当を作れなかったときに昼食代をくれるのですが、そのお金で文庫本を買ったりしたものです。
あのころは、あまり食べることに興味がなかったんです・・・
2014-04-22-22:13 * green [ 編集 ]