緑の光線

Top Page › 本のこと › 新聞小説「こころ」
2014-04-22 (Tue)  11:35

新聞小説「こころ」

朝日新聞で、夏目漱石の「こころ」が初めて連載されたのが、
100年前の4月20日だったとか・・・
そして100年後の今年、4月20日より、再び「こころ」の連載がスタートしました。
 
「こころ」・・・・読んだ記憶と、なんとなく面白かった、という記憶はありますが、
小説の内容はほぼ覚えていません

 
これはよいきっかけだ~~と思い、
連載の「こころ」を読むことにしました。
 
画像に写っている文庫本は、
当時私が買ったものです。
発行月日が昭和59年となってました。
私が高校生の頃ですね~~~
読んだのは、大学生のときだったような
気もするんですが、高校生だったのかな・・
(紙がすっかり赤茶けています)
 
文庫本があるのならば、わざわざ
新聞小説なんて・・という気もしますが、
朝の日課にしてしまえば、
自然と一冊本を読んだことになるんですよね。
 
いや~~~言葉の使い方というか、漢字の使い方が面白いですね~~~
お~~~この単語には、こんな漢字を使うのか!とか・・・
今は外来語となっている言葉は、もともとこういう日本語だったのか~~とか・・
日本語の美しさや、漱石さんの文章の歯切れのよさ、みたいのものを感じられます。
 
夏目漱石といえば・・・・
高校の現代国語の教科書に「文鳥」が載ってたな~~~~
 
というわけで、現在の私の朝の楽しみは・・・・
朝ごはん食べて、コーヒー飲みながら新聞をめくり、この連載「こころ」を読むこと。
そして、7時半からの、NHK朝ドラ「花子とアン」を見ることなのでした。
 
朝ドラを見るのは、「ちゅらさん」以来なので、とっても久しぶりなのです。
 
学校に出かける前の子どもたちと一緒に見ています。
子どもたちよ、勉強できることのありがたさを、少しは感じておくれ~~~~~
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-06-08

No title * by うーこ
こういう純文学(というのかな?)は、ほとんど読んだことがない私です…今日、すっごいすっごい長い記事を書いたんですが(^^;)私はずっと外国の児童文学的なものしか読んだことがなくて。
(今は、映画やドラマの原作ばかり読んでますが。)
夏目漱石、おもしろいんかな~。

No title * by green
内緒さん、コメントくださって嬉しいです!
私も当時は、あまりよくわからずに読んでたのかもしれませんが、
「よかった」という感想を持ったことは覚えています。
漱石さんの書いた文章に触れるだけでも楽しいですよ!

No title * by green
うーこさん、逆に私は、あまり児童文学は読んでこなかったような気がします。
そして、現代ものよりも、古い小説のほうが好きです。
夏目漱石、すっごく久しぶりに読みますが、読み終わったら、
面白かったかどうか、また感想書きますね^^

No title * by Tatsu
僕も朝日を取っているので読み始めています。
夏目漱石は中学時代かなりはまって読んでいて、よくノートや教科書に「則天去私」と書き込んでいました。
「花子とアン」は何となくgreenさんのイメージとかぶりますよね。^^

No title * by imama
「こころ」は大好きです!
再び朝日新聞で連載されているとはなんて素晴らしいのでしょう。
わたしのころは高校の国語で読みました。

No title * by green
Tatsuさんもお読みになってるのですね!
中学生で夏目漱石とは、Tatsuさんは大人な中学生だったのですね。。
則天去私ですか、、自分を捨てるのは難しいですよね~~~
「花子とアン」私とかぶるだなんて、嬉しいですぅ・・・
花子さんみたいに勉強熱心ではありませんでしたけどね^^;

No title * by green
imamaさん、朝日新聞では、当時の年月日つきで連載されています。
「こころ」毎日少しずつ、じっくりと読んでいきたいと思います。

Comment







管理者にだけ表示を許可

No title

こういう純文学(というのかな?)は、ほとんど読んだことがない私です…今日、すっごいすっごい長い記事を書いたんですが(^^;)私はずっと外国の児童文学的なものしか読んだことがなくて。
(今は、映画やドラマの原作ばかり読んでますが。)
夏目漱石、おもしろいんかな~。
2014-04-22-21:24 * うーこ [ 編集 ]

No title

内緒さん、コメントくださって嬉しいです!
私も当時は、あまりよくわからずに読んでたのかもしれませんが、
「よかった」という感想を持ったことは覚えています。
漱石さんの書いた文章に触れるだけでも楽しいですよ!
2014-04-22-22:08 * green [ 編集 ]

No title

うーこさん、逆に私は、あまり児童文学は読んでこなかったような気がします。
そして、現代ものよりも、古い小説のほうが好きです。
夏目漱石、すっごく久しぶりに読みますが、読み終わったら、
面白かったかどうか、また感想書きますね^^
2014-04-22-22:10 * green [ 編集 ]

No title

僕も朝日を取っているので読み始めています。
夏目漱石は中学時代かなりはまって読んでいて、よくノートや教科書に「則天去私」と書き込んでいました。
「花子とアン」は何となくgreenさんのイメージとかぶりますよね。^^
2014-04-22-23:25 * Tatsu [ 編集 ]

No title

「こころ」は大好きです!
再び朝日新聞で連載されているとはなんて素晴らしいのでしょう。
わたしのころは高校の国語で読みました。
2014-04-23-08:53 * imama [ 編集 ]

No title

Tatsuさんもお読みになってるのですね!
中学生で夏目漱石とは、Tatsuさんは大人な中学生だったのですね。。
則天去私ですか、、自分を捨てるのは難しいですよね~~~
「花子とアン」私とかぶるだなんて、嬉しいですぅ・・・
花子さんみたいに勉強熱心ではありませんでしたけどね^^;
2014-04-24-11:22 * green [ 編集 ]

No title

imamaさん、朝日新聞では、当時の年月日つきで連載されています。
「こころ」毎日少しずつ、じっくりと読んでいきたいと思います。
2014-04-24-11:23 * green [ 編集 ]