緑の光線

Top Page › ドラマのこと › 「ロング・グッドバイ」
2014-05-22 (Thu)  10:57

「ロング・グッドバイ」

「ロング・グッドバイ」
原作 : レイモンド・チャンドラー「ロング・グッドバイ」
脚本 : 渡辺あや
出演 : 浅野忠信、綾野剛、小雪、富永愛、古田新太、遠藤憲一、柄本明・・・・・
先週の土曜日に最終回を迎えた、NHK土曜ドラマ「ロング・グッドバイ」
作り手のこだわりが感じられる上質のドラマでした。
 
もともと推理小説はほとんど読まないので、
原作者のレイモンド・チャンドラーも、「名前は聞いたことはあるけど・・・」てな程度の予備知識でした。
 
原作は、アメリカの戦後の喪失感を描いたものなのだそうですが、
それを戦後まもなくの日本に置き換えています。
 
だけど、街の雰囲気とか、どこかアメリカを思わせるようなところもあって、
「ここはどこ??」的な、どこか知らない世界に迷いこんだように気分にさせられます。
私立探偵増沢磐二が乗っている車がまたかっこいい。
私は車には詳しくないので、よくわからないのですが、左ハンドルだったので、
おそらく外国車。(無駄にエンジン音が大きくて、そこがまたよい)
たばこの煙、、雨に濡れた歩道、、革靴の足音、、ドアのしまる音、、西日が差し込む薄暗い部屋、、
こだわってる~~~~~
 
それから音楽もよかったです!!
トランペットジャズが要所要所に流れて・・・
だから余計に「ここはどこ?」感がするのです。
 
そしてまた出演陣が豪華!
中でも群を抜いた存在感の柄本明さん、一言一言のセリフに重みがあるというか、味があるというか・・
計算つくして演技しているのか、それともごく自然に演じているだけなのか、この方の演技は本当にすごい。
(余談ですが、私は、志村けんさんと柄本明さんの芸者コントが大好きだった)
 
綾野剛さんの「弱さ」もよかったですし、小雪さんの「妖しさ」もよかったですね~~~
ただ、富永愛さんの演技は、私的には、ちょっと・・・???でした(笑)
 
中身の濃い映画を2~3本観たくらいの充実感を得られる作品でした。
 
増沢磐二が入れるコーヒー、私も飲んでみたい!!
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-06-08

Comment







管理者にだけ表示を許可