緑の光線

Top Page › 本のこと › 『カラマーゾフの兄弟』(本)
2015-05-27 (Wed)  12:32

『カラマーゾフの兄弟』(本)

『カラマーゾフの兄弟』  ドストエフスキー   原 卓也 訳

読み始めたのは、確か去年の3月くらい(笑)
1年以上かけて、やっと読み終わりました。

読んでどうだったか、といよりは、私にとっては、完読したこと自体に意味があるような。。。

「ドストエフスキーの最高傑作」だとか、
「世界の十大小説」だとか、称されていますが、
正直なところ、「よくわからん!!」です。

だいたい、ロシア文学自体が、私から遠いわけで、
しかも、時代も違うし、歴史的背景もよくわかってないし、
そして何より根底にあるのは、信仰、教会・・・
だから、ものすごく想像力が必要なんです。

ですが、信仰だとか、神だとかを抜きにすれば、登場人物の「人間臭さ」みたいなものが、結構おもしろいです。

特に女性ですね。
カテリーナも、グルーシェンカも、キャラの違いはありますが、ふたりとも、プライドが高い。
でも、グルーシェンカのほうが、わかりやすい、というか素直かな?
ホフラコワ夫人も結構おもしろいおばちゃんだった(笑)

もっと、深いところまで読み取れればいいんでしょうけど、私の読解力には限界がありあして・・・
ほんとうに理解したいのであれば、『カラマーゾフの兄弟を読み解く!』みたいな講座に参加して、
教えてもらった方がいいのかもしれません。

もう一回読めば、理解も深まるかな~~~~
でも、その時間があったら、別の本を読みたい!!

あ、解説本みたいなのを読めばいいかな?
今度図書館で探してみよう!!






スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-06-08

No title * by はなまめ
一度読んでみたいと思いながら、手が出ない本の一つです。
何だか難しそうで・・・。やっぱり難解なんですね。
ロシア文学で一番好きなのは、「アンナ・カレーニナ」です。
こちらは恋愛小説なので、読みやすかったです。

No title * by green
はなまめさん、『アンナ・カレーニナ』トルストイですね!
読んだことないです~~なんだか読みたくなってきました。
ロシア文学、読んだことがあるのは、ツルゲーネフの『初恋』くらいでしょうか・・・

Comment







管理者にだけ表示を許可

No title

一度読んでみたいと思いながら、手が出ない本の一つです。
何だか難しそうで・・・。やっぱり難解なんですね。
ロシア文学で一番好きなのは、「アンナ・カレーニナ」です。
こちらは恋愛小説なので、読みやすかったです。
2015-05-29-09:00 * はなまめ [ 編集 ]

No title

はなまめさん、『アンナ・カレーニナ』トルストイですね!
読んだことないです~~なんだか読みたくなってきました。
ロシア文学、読んだことがあるのは、ツルゲーネフの『初恋』くらいでしょうか・・・
2015-05-29-11:46 * green [ 編集 ]