緑の光線

Top Page › 音楽のこと › 朝井リョウ⇔スガシカオ
2015-12-18 (Fri)  10:09

朝井リョウ⇔スガシカオ

ここ2,3日、スガシカオを聴いています。。。

そのいきさつといいますか・・・

44 MAGNUMのJIMMYが、『YOUNG GUITAR 12月号』のインタビューの中で、
BITE IT BACKという曲に関して、80年代にファンクにはまっていて・・・・アルバムの方向性を変えるちょっと前の
過渡期にあった曲の再構築の曲だと語っていて、
ファンクと言えば、スガシカオだよな~~~と、スガシカオの音楽が思い浮かび、
しばらく聴いていなかった”スガシカオ”が頭の片隅に残るようになった。

そして、朝井リョウの『何者』を読んでいるとき、
スガシカオを聴いているときと、同じ感覚に襲われてしまった。
そして、先日『何者』について、ブログ記事を書いているときも、「スガシカオを聴いているときの感覚」を
感じてしまった。

そして、久しぶりにスガシカオを聴いてみた、というわけです。

スガシカオは、SMILE と、PARADEの2枚しか持ってないのですが、
シカオワールド、なんとも言えない魅力があります。
甘くのっぺりしたファンキーなビートとメロディも魅力ですが、
そこにのっかる歌詞がよい!!
「誰にでも書けそうな歌詞」では決してなく、
そう、「スガシカオにしか書けない歌詞」!
まさしくシカオワールドです。

私はシカオちゃんの歌詞から、
「男の人ってそんなふうに考えるのね~~」
と学んだことがいくつかあります(笑)

男の本心、人間の弱さ、狡さ、醜さ、それらが、
シカオちゃん独特の言葉遣いによって表現されます。


SMILE というアルバムの中に、アシンメトリーという曲があるのですが、
その中の一節に、

半分に割った赤いリンゴの、いびつな方を僕がもらうよ。
ふたりはそれで、大概うまくいく。

という歌詞があります。
もう、たまりません!
僕が少し我慢すればいいんだよね、みたいな・・・うぅ切ない・・・

改めて、スガシカオを聴いていると、朝井リョウと共通するものがあるような気がするんです。
(スガシカオのアルバム一枚聴くことは、ある意味小説を一冊読むことに匹敵するのかも・・)
なんというか、こう痛いところを突いてくるというか、苦いものがこみ上げてくるというか・・・

それで、きっと朝井リョウも、スガシカオの音楽が好きなのでは・・・と勝手に想像してしまいました。
スガシカオは朝井リョウの小説を読んでるかもしれない!?

何かを伝えようとする点では、音楽家も小説家も同じだもんね。
自分の想いを音楽にするのか、小説にするのかの違い・・・

しばらくスガシカオワールドにはまります・・・・・
スガシカオ : アシンメトリー
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-06-08

Comment







管理者にだけ表示を許可