緑の光線

Top Page › 映画のこと › 『愛と哀しみの果て』
2018-04-13 (Fri)  09:30

『愛と哀しみの果て』

『愛と哀しみの果て』  Out Of Africa       1985年 アメリカ映画
 監督 : シドニー・ポラック
 出演 : メリル・ストリープ、ロバート・レッドフォード

この映画、私の思い出の映画でして・・・・
この映画が日本で公開されたのは、私が大学1年生のとき、ゴールデンウィークでしたね。
実は、初めて男の人と二人で観た映画が、この『愛と哀しみの果て』だったんです。
その時見て以来、なぜか再び見る機会がなくて・・・(もう一度見たい、という思いはあったのですが)
今回約32年ぶりの再視聴です。

あの時は、めちゃくちゃ緊張しながら映画を観ていたような気がしますが、
それでも、アフリカの大自然の美しさや、メリル・ストリープが物語を話すシーンなどは、
なぜか鮮明に覚えていて、見終わった後、「ふたりで飛行機に乗るシーン、よかったよね」なんていう感想を
ふたりで言い合ったこともしっかりと覚えています。















そう、ロバート・レッドフォードが、川辺で、メリル・ストリープの髪を洗ってあげるシーンも印象的でしたね。
若い頃は、ロバート・レッドフォードを見て「かっこいい」「素敵」って思ったことはなかったのですが、
今回、とっても素敵に見えました。
この年齢になったからこそ、彼の良さを知ることができた、ってことでしょうか。

当時は、アフリカの自然の美しさや厳しさ、ばかりに目が行っていたような気がしますが、
今改めて観てみると、やはり男女の恋愛感情や心の行き違い、人としての生き方なんかを
深く考えてしまいます。
ロバート・レッドフォード演じるデニスは、とても素敵な人で、多分私が同じ境遇にいても恋に落ちると思います(笑)
メリル・ストリープ演じるカレンは、とても強い女性ですが、好きな人には、「そばにいてほしい」「自分の人であって欲しい」と求めてしまいます。でも、デニスは「僕は誰のものでもない」「自由でいたい」と考える人なんですね。

デニスのお葬式で、カレンが弔辞を読むシーンがありますが、
最後に、
「彼は、誰のものでもなかった、私のものでも・・・」と言います。

あの時一緒に映画を観た彼と、もしも、もしも、また一緒に映画を観れるなら、
「デニスの生き方をどう思う?」とか、「カレンみたいな女性はどう?」なんて質問もできるのにな~~
(当時の私にはできなかったから)
なんておバカな空想をしながら、一人家のソファに寝そべって映画を観終えました。

スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-06-08

No title * by green_green
わあ~この映画、懐かしい😆映画の好みが似ているのか?毎回取り上げられる作品が楽しみです。私も10代の頃にみたっきり。二人で飛行機に乗って前と後ろで手を繋いだ場面がとても印象に残っています。仰る通り、当時はそれ以上深いことはなかなかわからなかったけれど今、観賞してみたらもっと深い部分に共感できるのかなと思います。ロバートレッドフォードというとこのほかではギャツビー、追憶など懐かしいです。

No title * by おんだなみ
32年ぶりですか~、
同じ映画でも、年齢によって見方が変わりますね。
今の方が、色んな部分に関心が持てて更に楽しめる気もしますが、
若い時に見たキラキラした感じやドキドキ感は、
当時しか感じれないかも知れませんね。

No title * by green
Greenさんから映画の好みが似ていると言ってもらえて、なんだか光栄です♪
映画を観て、原作を読みたくなり、早速amazonで注文してしまいました。
ロバート・レッドフォードの追憶もいいですね!
見たくなりました。

No title * by green
おんだなみさん、あの頃は、確かにキラキラしていたかもしれませんね。
自分で言うのも何ですが、初々しいです(笑)
若い頃にみた映画を、今になって見返すのもまた新たな楽しみです。

No title * by はなまめ
私もこの映画、昔見ました~。
髪を洗ってもらうシーンは印象的でしたね~。
当時は、「こういう恋愛もあるのか・・・」で終わっていましたが、今見るとまた違う感想になるのでしょうね。

No title * by green
はなめさんもご覧になったのですね!
歳をとると人生観も変われば恋愛観も変わるんでしょうか??
最近は、過去に見た映画を見返すことが多くなりましたが、それも映画の楽しみのひとつですね♪

Comment







管理者にだけ表示を許可

No title

わあ~この映画、懐かしい😆映画の好みが似ているのか?毎回取り上げられる作品が楽しみです。私も10代の頃にみたっきり。二人で飛行機に乗って前と後ろで手を繋いだ場面がとても印象に残っています。仰る通り、当時はそれ以上深いことはなかなかわからなかったけれど今、観賞してみたらもっと深い部分に共感できるのかなと思います。ロバートレッドフォードというとこのほかではギャツビー、追憶など懐かしいです。
2018-04-13-14:53 * green_green [ 編集 ]

No title

32年ぶりですか~、
同じ映画でも、年齢によって見方が変わりますね。
今の方が、色んな部分に関心が持てて更に楽しめる気もしますが、
若い時に見たキラキラした感じやドキドキ感は、
当時しか感じれないかも知れませんね。
2018-04-14-07:37 * おんだなみ [ 編集 ]

No title

Greenさんから映画の好みが似ていると言ってもらえて、なんだか光栄です♪
映画を観て、原作を読みたくなり、早速amazonで注文してしまいました。
ロバート・レッドフォードの追憶もいいですね!
見たくなりました。
2018-04-14-09:03 * green [ 編集 ]

No title

おんだなみさん、あの頃は、確かにキラキラしていたかもしれませんね。
自分で言うのも何ですが、初々しいです(笑)
若い頃にみた映画を、今になって見返すのもまた新たな楽しみです。
2018-04-14-09:04 * green [ 編集 ]

No title

私もこの映画、昔見ました~。
髪を洗ってもらうシーンは印象的でしたね~。
当時は、「こういう恋愛もあるのか・・・」で終わっていましたが、今見るとまた違う感想になるのでしょうね。
2018-04-17-06:31 * はなまめ [ 編集 ]

No title

はなめさんもご覧になったのですね!
歳をとると人生観も変われば恋愛観も変わるんでしょうか??
最近は、過去に見た映画を見返すことが多くなりましたが、それも映画の楽しみのひとつですね♪
2018-04-20-11:17 * green [ 編集 ]