緑の光線

Top Page › 音楽のこと › 阿久悠リスペクトコンサートを見て。
2018-08-15 (Wed)  12:51

阿久悠リスペクトコンサートを見て。

1か月近くブログを書けないでいました・・・
子どもが夏休みに入るとね・・なんとなく生活のリズムが狂って・・・

例年以上に暑い日が続いていますが、なんとか元気にやっています。

2週間前くらいだったかな・・・
NHKのBSで、二日間にわたって、阿久悠さんのリスペクトコンサートが放送されていたので録画して
見ました。
(実際のコンサートは去年行われたもので、放送自体も再放送だったみたいですが)
いろんな歌手の方が次々に阿久悠さんに書いてもらった、自分の持ち歌を歌ってくれるのですが、
改めて・・阿久悠さんって、すごいですね💦
阿久悠さんは、生涯5000曲の歌詞を書いたそうなんですが、
特に70年代のヒット歌謡曲、ほとんど阿久悠さんが書いたのではないかと、思えるほどでした。

ピンクレディー、フィンガー5のヒット曲を始め、石川さゆりさんの津軽海峡冬景色だとか、
沢田研二さんの勝手にしやがれとか、八代亜紀さんの舟歌だとか、もう大ヒット曲のオンパレードです。
この曲もそうだったの?? これもそうなの??という驚きと、
阿久悠さんの歌詞の世界観というか、そのドラマ性にも感嘆しながら、70年代の素晴らしい歌謡曲の数々に
酔いしれました。

特に私の心にじ~~~んと来たのが、岩崎宏美さんの、『思秋期』という曲です。
10代終わりの、幼い恋の記憶がさ~~~っとよみがえるようなそんな気分になり、なんだか泣けてきます。
卒業式の前の日に、心を告げに来た人は、私の悩む顔見て、肩をすぼめた
この1行だけでも、女の子が返事を言いあぐねたときの想いとか、肩をすぼめるしかなかった男の子の心境なんかをいろいろ想像しちゃいます。。。
ほんとうにいい曲。

そしてもう1曲、大橋純子さんの『たそがれマイ・ラブ』という曲です。
作曲は、筒美京平さん(あの、サザエさんのオープニング・エンディングを作った人ですね。あ、もちろんそのほかにもたくさん作曲されていますが)
もう、これも本当にいい曲。
よかったら、you tubeで聴いてみてくださいね。https://www.youtube.com/watch?v=42qbdaMULwo
しびれた指、滑り落ちた、珈琲カップ、砕け散って
別れを告げられた女性の動揺が伝わりますよね・・・(と勝手に想像)
そして、大橋純子さん、本当に歌がうまい!!

改めて、70年代ってよかったな~~って思う。
ここ数年、80年代がブームになってるけど、
私は、肩パッドが入った、イケイケでキラキラな80年代よりも、
70年代の、しっとりした歌謡曲が好きです。
小学生のとき、久保田早紀さんの『異邦人』とか、渡辺真知子さんの『カモメが飛んだ日』とか、
こたつの上に立ってよく歌ってました。(あ、これは阿久悠さんではないですが)

阿久悠さんのリスペクトコンサート、
もし、ヒデキの体調が悪くなかったら、きっとこのコンサートにも出場して歌ってたんだろうなと思うと、
また悲しくなってしまった。
きっと、『若き獅子たち』を歌っただろうに・・・

ヒデキが亡くなってから3か月が経ちますが、毎日のようにヒデキの歌を聴き、歌う姿を見つめて、
泣いてしまったり、元気をもらったり・・・しています。

大橋純子さんのCDも欲しいな・・・・


スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-06-08

No title * by おんだなみ
子供の夏休みは、お母さんにとっては更に忙しいですよね、お疲れ様です。
小学生~中学生の頃は、阿久悠さんの歌を聞かない日は、無かった気がします。
当たり前すぎて、普通に聞いていたけど、すっと心に沁みていたのか、
今でも、口ずさむ事が出来ます。
シンガーソングライターを否定するモノではありませんが、
詩を作る人、曲を作る人、それを歌う人 それぞれの職人のおかげで
力強い歌に成っていたのかも知れないと思います。

No title * by green
おんだなみさん、私の言いたいことを言ってくださいました。
本当に同感です!
シンガーソングライターももちろん素敵ですが、以前は、プロの作詞家、プロの作曲家、そしてプロの歌い手が、分離分業で素晴らしい仕事をして、素晴らしい作品が出来上がっていたように思います
そうそう、演奏も一流でしたね。
1970年代のヒット曲、今でもすらすら歌えちゃいます。

Comment







管理者にだけ表示を許可

No title

子供の夏休みは、お母さんにとっては更に忙しいですよね、お疲れ様です。
小学生~中学生の頃は、阿久悠さんの歌を聞かない日は、無かった気がします。
当たり前すぎて、普通に聞いていたけど、すっと心に沁みていたのか、
今でも、口ずさむ事が出来ます。
シンガーソングライターを否定するモノではありませんが、
詩を作る人、曲を作る人、それを歌う人 それぞれの職人のおかげで
力強い歌に成っていたのかも知れないと思います。
2018-08-16-10:25 * おんだなみ [ 編集 ]

No title

おんだなみさん、私の言いたいことを言ってくださいました。
本当に同感です!
シンガーソングライターももちろん素敵ですが、以前は、プロの作詞家、プロの作曲家、そしてプロの歌い手が、分離分業で素晴らしい仕事をして、素晴らしい作品が出来上がっていたように思います
そうそう、演奏も一流でしたね。
1970年代のヒット曲、今でもすらすら歌えちゃいます。
2018-08-16-20:49 * green [ 編集 ]