緑の光線

Top Page › 映画のこと › 『ブルージャスミン』
2018-10-11 (Thu)  09:26

『ブルージャスミン』

『ブルージャスミン』    Blue Jasmine     2013年 アメリカ映画
 監督 : ウディ・アレン
 出演 : ケイト・ブランシェット、 アレック・ボールドウィン、サリー・ホーキンス・・・

久しぶりのウディ・アレン映画です。



やっぱりおもしろい(笑)

ケイト・ブランシェット演じる、主人公のジャスミン、
まあはっきり言って、いけ好かない女性なのですが、
どこか憎めません(笑)
見栄っ張りで、自尊心が高くって・・・
でも、何事も一生懸命やろうとする頑張り屋さんなところもあります。
彼女にしてみたら、自分の置かれている状況をわかってはいても、それは見てみぬふり?
それは自分のせいじゃない、私はちゃんとした女性だっていうことを必死にアピールしているように見えます。

すっからかんになったというのに、パートで働くなんてまっぴら。
自分はインテリアデザイナーになるといって、インターネット通信でデザイナー講座を受講しようとする。
だけど、パソコンのことをよく知らないから、その前にパソコン教室に通って、パソコンの勉強をしようとする。
だけど、内容が専門的過ぎてちんぷんかんぷん。それでも、ちゃんと聴こうとする。
(だって私はちゃんとした女性だから)
努力はわかるかけど、見ていてちょっとイタイ・・・

もうちょっと楽に行こうよ~~~って声をかけたくなる。
人間、現実をきちんと受け止めることが大事ですね。
見栄を張って、自分を繕っても、あとが大変になります。

ジャスミンの精神状態が不安定になるときのケイト・ブランシェットの演技がよいです♪
あと、元夫を演じているアレック・ボールドウィンの変わりようにびっくりしました。
若い頃のアレック・ボールドウィンしか知らないので・・・すっかり中年太りですね。
よく言えば貫禄が出たといいましょうか・・・

さすがはウデイ・アレンの映画作品でした。


スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-06-08

No title * by green_green
アレック・ボールドウイン、初めてみたのは「フラットライナーズ」という映画だったと思います。女性にモテそうな色男・・という雰囲気でしたが・・・いまの彼はどんなになっているのでしょう。そういえばミッキー・ロークもすごい変わりようで、最初誰かわからず同じ名前の俳優さんかしら?と思ったほどです(笑)
この作品のケイト・ブランシェットが演じる女性は現実をなかなかみようとしない人物なのでしょうか。興味がわいてきました。機会があったら見てみたいと思います(#^^#)

No title * by green
Greenさん、アレック・ボールドウィンの変化は、ミッキー・ロークの変化と似ていると思います(笑)
ケイト・ブランシェット演じるジャスミンは、セレブな生活から財産ゼロの生活に急降下してしまうんですけど・・・セレブな頃の自分を失いたくないんですね。
そんなに見栄を張らなくてもいいのに~~って思っちゃいます。

Comment







管理者にだけ表示を許可

No title

アレック・ボールドウイン、初めてみたのは「フラットライナーズ」という映画だったと思います。女性にモテそうな色男・・という雰囲気でしたが・・・いまの彼はどんなになっているのでしょう。そういえばミッキー・ロークもすごい変わりようで、最初誰かわからず同じ名前の俳優さんかしら?と思ったほどです(笑)
この作品のケイト・ブランシェットが演じる女性は現実をなかなかみようとしない人物なのでしょうか。興味がわいてきました。機会があったら見てみたいと思います(#^^#)
2018-10-11-14:05 * green_green [ 編集 ]

No title

Greenさん、アレック・ボールドウィンの変化は、ミッキー・ロークの変化と似ていると思います(笑)
ケイト・ブランシェット演じるジャスミンは、セレブな生活から財産ゼロの生活に急降下してしまうんですけど・・・セレブな頃の自分を失いたくないんですね。
そんなに見栄を張らなくてもいいのに~~って思っちゃいます。
2018-10-11-21:11 * green [ 編集 ]