緑の光線

Top Page › 本のこと › 『赤ひげ診療譚』山本周五郎著
2018-11-02 (Fri)  10:36

『赤ひげ診療譚』山本周五郎著

『赤ひげ診療譚』      山本周五郎 著

先日、黒澤明監督の『赤ひげ』を見て、是非原作を読んでみたくなり、早速図書館で借りて読みました。
映画同様、小説もなかなか読み応えがあり、おもしろかったです。



これは、江戸時代後期、
小石川の養生所でのお話ですが、
病気自体の話はほとんど出てきません。
病気を通して見える、人間の生き方、生き様、
のようなものを描いた小説です。







もちろん病に侵され苦しむ人も出てきますが、
荒れた生き方をするもの、人の道理に外れた生き方をするものも出てきます。
赤ひげ先生の言葉の中で、心にささったものがありました。
この世から背徳や罪悪を無くすことはできないかもしれない。
しかし、それらの大部分が貧困と無智からきているとすれば、
少なくとも貧困と無智を克服するような努力がはらわなければならないはずだ。

今の時代でも言えることですよね。

映画に出てきた登場人物の芯の強さを、小説を読んで改めてそれを感じることができ、
自分の生き方を振り返る機会にもなったような気がします。

現代の小説も、もちろん読みますが、やっぱり私は古い時代の小説が好きです。
現代人がどう生きているのか、よりも、過去の人がどう生きてきたのか、の方に関心がありますし、
過去の人の生き方から多くを学べるような気がします・・・・

江戸時代の人々を描いた時代小説、今回初めて読みました。
山本周五郎の他の作品も、是非読んでみようと思います!


スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-06-08

No title * by おんだなみ
映画以来、赤ひげにハマってますね。
赤ひげの言葉を読むと、時代が進んでも、人って、今と変わらななぁ~と思います。
私も、何か読みたくなりました。

No title * by green
おんだなみさん、赤ひげ、確か少し前までNHKドラマでもやってたんですよね。
ほんと、人間って、変わらないですよね・・・
時代は変わっても、抱える問題、悩みは、本質的に変わらないような気がします。

Comment







管理者にだけ表示を許可

No title

映画以来、赤ひげにハマってますね。
赤ひげの言葉を読むと、時代が進んでも、人って、今と変わらななぁ~と思います。
私も、何か読みたくなりました。
2018-11-03-05:53 * おんだなみ [ 編集 ]

No title

おんだなみさん、赤ひげ、確か少し前までNHKドラマでもやってたんですよね。
ほんと、人間って、変わらないですよね・・・
時代は変わっても、抱える問題、悩みは、本質的に変わらないような気がします。
2018-11-03-08:40 * green [ 編集 ]