緑の光線

Top Page › 本のこと › 『ゆうべのカレー、明日のパン』木皿泉著
2018-11-15 (Thu)  09:25

『ゆうべのカレー、明日のパン』木皿泉著

『ゆうべのカレー、明日のパン』 木皿泉 著


自分で本を選んでいると、
どうしてもジャンルに偏りが生じてしまいます。

ですから、人が薦めてくれた本や
貸してくれた本も、
なるべく進んで読むようにしています。
新たな発見があるかもしれませんし・・・







今回は、ブロ友さんが記事で紹介されていた本を読んでみました。
木皿泉・・・初めて聞く名前でしたが、どうやらご夫婦らしく、ふたり一組で木皿泉・・のようです。
読んだ後で知ったのですが、元々は脚本家なようで、
読みながら「なんだかドラマみたいだな~~」って思ったのも納得です。

とりたてて大きな事件が起きるわけでもなく、劇的な展開があるわけでもないのですが、
日常生活での、「ちくっ」とするようなこと、一瞬心にささるけれども、それ以上深く考えないままに
なってしまうようなことをすくいあげて、丁寧に描いているような気がします。

愛する人を亡くしてしまうことがあっても、生き残っていくものたちの日常生活は続いていきます。
みんな普通に毎日を過ごしていても、人には見せることもない、語ることもないような思い、感情を
心の奥深くに抱えて生きている・・・そんなことに改めて気づかされるような思いで読みました。

この小説、ドラマ化もされていたようで、キャストもなかなか良い・・・
NHKオンデマンドとかで見られないかな・・・・

スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-06-08

No title * by なるみ
元々木皿泉さんは、脚本家だったと思います。
ですのでいくつかドラマの脚本を手がけてます。
まあまあ古い作品ですが
小林聡美さん主演のすいかという作品確か木皿さん脚本だったと思います。

この方はエッセイなども書かれていると思います。

No title * by green
ぬるくまさん、小説の雰囲気と、小林聡美さんのイメージ、なんだかマッチします。
「すいか」作品名だけは聞いたことがあります。
ドラマも気になりますね~~

No title * by おんだなみ
読まれたんですね~、
ふと、感じる寂しさや悲しさが丁寧に描かれていて、なんか好きです。
ドラマも縁があれば見たいですね。
私も、ブロ友さんのおすすめ本を試して見ると、新しい発見があります。

No title * by green
おんだなみさん、なかなかよかったです。
読んでいるときに、あれこれ考えてしまいました。
本で世界が広がりますね^^

Comment







管理者にだけ表示を許可

No title

元々木皿泉さんは、脚本家だったと思います。
ですのでいくつかドラマの脚本を手がけてます。
まあまあ古い作品ですが
小林聡美さん主演のすいかという作品確か木皿さん脚本だったと思います。

この方はエッセイなども書かれていると思います。
2018-11-15-13:48 * なるみ [ 編集 ]

No title

ぬるくまさん、小説の雰囲気と、小林聡美さんのイメージ、なんだかマッチします。
「すいか」作品名だけは聞いたことがあります。
ドラマも気になりますね~~
2018-11-16-19:59 * green [ 編集 ]

No title

読まれたんですね~、
ふと、感じる寂しさや悲しさが丁寧に描かれていて、なんか好きです。
ドラマも縁があれば見たいですね。
私も、ブロ友さんのおすすめ本を試して見ると、新しい発見があります。
2018-11-18-06:29 * おんだなみ [ 編集 ]

No title

おんだなみさん、なかなかよかったです。
読んでいるときに、あれこれ考えてしまいました。
本で世界が広がりますね^^
2018-11-23-20:26 * green [ 編集 ]