緑の光線

Top Page › 本のこと › 『さぶ』 山本周五郎 
2019-03-19 (Tue)  11:23

『さぶ』 山本周五郎 

以前、『赤ひげ診療譚』の記事をあげましたが、今回は、『さぶ』です。
テレビドラマ化されたこともあってか、タイトルだけは知っていましたので、読んでみました。


『さぶ』なだけに、主人公は『さぶ』かと思いきや、
本を読んでみると、どう考えてもさぶの兄貴分、
栄二のお話なんですよね。

栄二の話なのに、なぜタイトルが『さぶ』なんだろう・・と不思議に思いながら読み進めるうちに、
『さぶ』がタイトルになっていることの意味が、わかってきます。








『赤ひげ診療譚』もそうでしたが、これは栄二が人間として成長していくお話です。
真面目に生きてきたのに、理不尽な目に遭ってしまったことで、
やけになってしまい、生きる道を見失ってしまった栄二ですが、
いろいろな人との関りや、そこでの経験を通して、いろんなことに気づきながら成長していくんです。
そして、自分にとってさぶの存在がいかに重要であったことにも気づくんですね。

栄二の気づきに触れながら、読んでる方も、普段忘れそうになってしまいそうな大事なことに気づけたような
気がします。

栄二の成長に関わった人たちのなかのひとり、与平さんの言った言葉・・・・
思わず線を引きたくなりました・・・

「栄さんはきっと一流の職人になるだろうし、そういう人柄だからね、尤も、栄さんだけじゃあない、
世の中には生れつき一流になるような能を備えたものがたくさんいるよ、けれどもねえ、そういう
生れつきの能を持っている人間でも、自分ひとりだけじゃあなんにもできやしない、能のある
一人の人間が、その能を生かすためには、能のない幾十人という人間が、眼に見えない力を
かしているんだよ、ここをよく考えておくれ、栄さん」

山本周五郎の作品、まだまだ読んでみたいです。
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-06-08

No title * by green_green
こんにちは。与平さんの言葉・・・とてもココロに残る言葉です。世の中では突出した能力を持つ人、天才と言われるひとだけがもてはやされる傾向にありますが、ある人が以前、「誰にもその人なりの役割があって不要な人なんていない」と仰っていたことがずっと記憶に残っていました。たとえば仕事ができない、物覚えが悪い・・・そこだけ観ていると職場やコミュニティの足手まといになっているように思えますが、社会全体ではそれだからこそ調和がとれてうまくいくのだからと。そんな言葉を思い出しました。「さぶ」の文庫本、私の本棚にも以前からあるんです。でもなんとなく読む気になれず今に至っています。greenさんの感想を読んだらがぜん読む気になってきました。ぜひ手にとってみたいと思います。素敵なご紹介ありがとうございます!

No title * by green
Greenさん、さぶという人物が、Greenさんがおっしゃったような「足手まといになっているような」人なんですよね。だけど、栄二にとってはとても大切な存在となるんです。
世の中には、前に出て目立っている人、その活躍をみんなに認められる人がいる一方で、目立たないけど、縁の下の力持ち的存在の人がいますよね。でも、そういう人たちがいないと世の中がうまく回って行かなかったりします。
「さぶ」是非読んでみてくださいね♪

No title * by おんだなみ
周りの人が居てこそ、その人の能力が活かせるのでしょうね、
結局、世の中の全ての事は1人だけでは、出来ないですからね。

No title * by green
おんだなみさん、周りの人の支えや助けがあってこそ自分の能力を活かせる、ということを忘れないでいることが大切ですよね。人はついついそのことを忘れがちになってしまいますが・・・

Comment







管理者にだけ表示を許可

No title

こんにちは。与平さんの言葉・・・とてもココロに残る言葉です。世の中では突出した能力を持つ人、天才と言われるひとだけがもてはやされる傾向にありますが、ある人が以前、「誰にもその人なりの役割があって不要な人なんていない」と仰っていたことがずっと記憶に残っていました。たとえば仕事ができない、物覚えが悪い・・・そこだけ観ていると職場やコミュニティの足手まといになっているように思えますが、社会全体ではそれだからこそ調和がとれてうまくいくのだからと。そんな言葉を思い出しました。「さぶ」の文庫本、私の本棚にも以前からあるんです。でもなんとなく読む気になれず今に至っています。greenさんの感想を読んだらがぜん読む気になってきました。ぜひ手にとってみたいと思います。素敵なご紹介ありがとうございます!
2019-03-19-13:50 * green_green [ 編集 ]

No title

Greenさん、さぶという人物が、Greenさんがおっしゃったような「足手まといになっているような」人なんですよね。だけど、栄二にとってはとても大切な存在となるんです。
世の中には、前に出て目立っている人、その活躍をみんなに認められる人がいる一方で、目立たないけど、縁の下の力持ち的存在の人がいますよね。でも、そういう人たちがいないと世の中がうまく回って行かなかったりします。
「さぶ」是非読んでみてくださいね♪
2019-03-20-19:59 * green [ 編集 ]

No title

周りの人が居てこそ、その人の能力が活かせるのでしょうね、
結局、世の中の全ての事は1人だけでは、出来ないですからね。
2019-03-23-05:15 * おんだなみ [ 編集 ]

No title

おんだなみさん、周りの人の支えや助けがあってこそ自分の能力を活かせる、ということを忘れないでいることが大切ですよね。人はついついそのことを忘れがちになってしまいますが・・・
2019-03-23-19:37 * green [ 編集 ]