緑の光線

Top Page › 映画のこと › 『ジュリアス・シーザー』
2019-04-26 (Fri)  12:27

『ジュリアス・シーザー』

『ジュリアス・シーザー』      1953年 アメリカ映画
 監督 : ジョーゼフ・L・マンキーウイッツ
 出演 : マーロン・ブランド、ジェームズ・メイソン

シェークスピアの戯曲「ジュリアス・シーザー」の映画化作品ですね。
あの、「ブルータス、おまえもか」というセリフが有名です。

シェークスピアの世界を堪能できる映画だと思います。
シェークスピア英語、聞いてて心地いいんです。
独特な隠喩表現がてんこ盛り!

これは、ストーリーがどうこうという作品ではなく、お芝居として楽しむ映画作品だと思います。
なんといっても圧巻なのが、マーロン・ブランド演じるアントニーの演説シーンです。
もう、聞き入っちゃいます。

















シーザーがブルータスらに暗殺された後、ブルータスはシーザー暗殺の理由を、ローマ市民の前で語ります。
シーザーの死に、怒りと悲しみをあらわにしていたローマ市民も、
ブルータスの言葉に一時はブルータス支持に傾きますす。

ところが、ブルータスの後に現れたアントニーの熱弁によって、市民はアントニーを支持するようになるのです。
いやはや、演説の力ってすごいですね。
アントニー、表面的にはブルータスを批判しないんですよ。
だけど、言葉の魔法を使って、民衆の心を操り、「いやいや、ブルータスじゃだめだ!、アントニーだろう!!」
って民衆に思わせるんですね。

やっぱりマーロン・ブランドって、すごい俳優さんなんだな~~とつくづく実感させられた作品でした。


スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-06-08

No title * by おんだなみ
私のマーロン・ブランドの印象は、ゴッドファーザーのビトー・コルレオーネですが、
若かりし日の頃も、しっかりした存在感を持った役者なんですよね。
その演説、一度、見たいモノです。

No title * by green
おんだなみさん、私も、ゴッドファーザーが一番印象が強いです。
こんな若々しいマーロン・ブランドは初めてかもしれません。
若い時も、存在感が際立っていますね!

Comment







管理者にだけ表示を許可

No title

私のマーロン・ブランドの印象は、ゴッドファーザーのビトー・コルレオーネですが、
若かりし日の頃も、しっかりした存在感を持った役者なんですよね。
その演説、一度、見たいモノです。
2019-04-29-07:36 * おんだなみ [ 編集 ]

No title

おんだなみさん、私も、ゴッドファーザーが一番印象が強いです。
こんな若々しいマーロン・ブランドは初めてかもしれません。
若い時も、存在感が際立っていますね!
2019-05-06-18:14 * green [ 編集 ]