緑の光線

Top Page › 暮らしのこと › 実家の母のこと。(その1)
2019-07-14 (Sun)  20:51

実家の母のこと。(その1)

先週実家に帰ってきました。
実は先月の6月にも1週間ほど帰ってました。
というのも、母の認知症がかなり進み、ひとりで面倒を見ている父が限界に来ているようで、
どうしても、帰って父を休ませてあげたかったのです。

母が最初に病院を受診したのが5年くらい前だったかな・・・
元々同じことを何度も言う人だったのですが、だんだんそれが激しくなり、
親戚のおばから、お母さんを一度病院に連れて行った方がいいと言われました。
おそらく母にそういう自覚症状はなく(もしかしたらあったのかもしれないけど)
母に直接病院に行った方がいい、とは言えず、どうしたものかと悩みましたが、
母の親しいお友達のおばさんにお願いして、病院に行くように言ってもらいました。

大きな病院の、おそらく脳神経内科を受診したのだと思いますが、
そこでいろいろな検査をし、医師との面談をし、認知症と診断されました。
父が言うには、その時点で半分くらい進んでいると医師に言われたそうです。
(面談で、自分の生年月日を言えない、今日が何年何月何日か答えられませんでした・・・)

そのころから、料理が少しずつできなくなりました。
時々私のところに電話がかかってきて、「鶏のからあげって、どうやってつくるんだっけ?」
などと聞いてくるようになりました。
お金の計算ができなくなりました。
小銭を数えられないので、支払いはいつもお札を出し、カバンの中に小銭がどんどんたまるようになりました。
それでも、普通に生活できるし、父が外出してもひとりで留守番できていました。

その後、短期の記憶障害が出始めました。
少し前に話したこと、少し前に聞いたことを忘れてしまうのです。

今から3年前、父と母の金婚式の年の夏、私の家族と妹家族が一緒に帰省し、金婚式のお祝いをしました。みんなでお出かけしたりもしました。
できないことが少しずつ増えていき、記憶障害もありましたが、みんなと普通に会話ができていました。

そんな母の認知症の症状が去年の終わりごろから急に進みはじめました・・・

次回につづく・・・

スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-07-14

No Subject * by greengreen
こんばんは。ご両親を想う優しいgreenさんのお気持ちが伝わってきます。ご実家から物理的に距離があることで頻繁にご両親のそばにいられないこと、とてもお辛いのではないかと。私の周囲の人をみていて・・なのですが実の親になるとやはりとても感情的になってしまいがちだそうです。介護する側が疲れはてて共倒れになることが多々あるので、できる限りはプロのサービスに任せるようにしたほうが良いと聞いたことがあります。離れておられるだけに心配なことも多いかと思いますがどうかひとりで多くを抱え込まないようにしてくださいね。

Re: No Subject * by green
greengreenさん、ありがとうございます。そうなんです・・なにせ遠いものですから頻繁に会いにいくことができず、父に任せきりにしていることが心苦しく、もっと近いところに住んでいれば・・と何度も歯がゆい思いをしました。これから超高齢化社会に突入します。同じような思いをしている人、もっと辛い思いをしている人、たくさんいらっしゃると思います。

Comment







管理者にだけ表示を許可

No Subject

こんばんは。ご両親を想う優しいgreenさんのお気持ちが伝わってきます。ご実家から物理的に距離があることで頻繁にご両親のそばにいられないこと、とてもお辛いのではないかと。私の周囲の人をみていて・・なのですが実の親になるとやはりとても感情的になってしまいがちだそうです。介護する側が疲れはてて共倒れになることが多々あるので、できる限りはプロのサービスに任せるようにしたほうが良いと聞いたことがあります。離れておられるだけに心配なことも多いかと思いますがどうかひとりで多くを抱え込まないようにしてくださいね。
2019-07-15-00:33 * greengreen [ 編集 ]

Re: No Subject

greengreenさん、ありがとうございます。そうなんです・・なにせ遠いものですから頻繁に会いにいくことができず、父に任せきりにしていることが心苦しく、もっと近いところに住んでいれば・・と何度も歯がゆい思いをしました。これから超高齢化社会に突入します。同じような思いをしている人、もっと辛い思いをしている人、たくさんいらっしゃると思います。
2019-07-15-09:31 * green [ 編集 ]