緑の光線

Top Page › 音楽のこと › LED ZEPPELINにシビれる。
2019-10-23 (Wed)  12:27

LED ZEPPELINにシビれる。

我が家の高校2年生の次男は、高校でバンドを組んでいてベースを担当しているわけですが、家ではベースだけでなくギターも好きで弾いたりしています。自分が好きなバンドの曲がほとんどですが、たまに私が好きな往年のロックナンバーのギターソロなんかもちょっぴり弾いてくれます(全然未完成ですが)
ここ最近弾いているのが、LED ZEPPELINの『天国への階段』のギターのアルペジオです。
息子のギターをきっかけに、最近LED ZEPPELINを改めて聞き込んでいますが・・・・

ZEPPELIN、やっぱりかっこいい!!深い!!
高校生の時に初めてZEPPELINを知って今まで聞いてきたけど、50代になって初めて、ようやく、ZEPPELINの真のよさを知ったような気がします。
若い頃に観た映画を今改めて観ることで、若い頃に気づけなかったことに気づけたり、昔読んだ小説を今改めて読み直すと、最初読んだときとは違う感想を抱いたり、そういう感覚です。

ものすごく複雑に聞こえて実は単純なコード進行だったり、ぎゅい~~んぎゅい~~んなロックナンバーの次にいきなり民族的、牧歌的な音色になったり、驚きの連続です。

私は、音楽を聴いていて、どこか違う世界に連れていかれそうになる感覚が好きです。体の内のうち、心の奥底にあるものをぎゅ~~っとつかまれるような感覚。ZEPPELINの音楽はそういう感覚を味わわせてくれます。
他のどのバンドとも違う、独特なパワーとオーラです。

ZEPPELINの2枚目のアルバムに、LEMON SONGという曲があるのですが、この曲ベースがとってもかっこいいんです。
(このベースのかっこよさも、今回初めて気づいた!)
息子に「聞いてみて」と勧めたところ、「かっこいい~~」と共感してくれました。
今どきの高校生、音楽やってる子でもZEPPELINを知っている人はあまりいないみたいで・・・
息子のバンド仲間もほとんど知らないらしい。
軽音部の顧問の先生が、実はZEPPELINが好きらしく、「ZEPPELINを知っているか」との問いに、唯一うちの息子だけが「知っている」と答えて、とても喜んでくれたらしいです。そして、休み時間にその先生がZEPPELINのWHOLE LOTTA LOVEのギターソロを弾いてくれたそうです♪

しばらくZEPPELINを聞き込むつもりです。また新たな発見があるかも~~~
(息子よ! 『天国への階段』を聴かせて!)

↓高校生のときに買ったLED ZEPPELINのデビューアルバム。
この頃は、本当に好きで買った、というよりは、ちょっぴり背伸びして買ったのでした。今思えばですけど・・
zeppelin.jpg
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-10-23

No Subject * by greengreen
「天国への階段」、すごく懐かしいです。息子さん世代も感動させているということは、時代をとわない普遍的な魅力がツェッペリンにはあるのですね。映画も本も・・今あらためて鑑賞しなおしてみると昔気づかなかった小さな機微に気がついたりします。そんな素敵な発見がありそうで・・私もしばらくぶりに聴いてみようかな。

greengreenさん。 * by green
おっしゃる通り、普遍的な魅力ですね。ロバート・プラントのボーカルは、これぞボーカル、魂の歌声、と膝を打ちたくなります。
天国の階段は、まさしく名曲ですが、それ以外にもかっこいい楽曲がたくさんあります。是非聞いてみてください♪

No Subject * by いとこいさん
懐かしいです
レッドツェッペリン「移民の歌」の
レコードを持っていました。
私が高校生の時?だったかな?
今も流行っているんですか・・・・
頑張ってもらいたいですね。

変わらない良さ・・ * by おんだなみ
レッドツェッペリンは、同級生が大好きだった思い出があります。
小説や映画は、年齢を重ねると、受け方が違ったりしますが、何故か音楽は、当時のままの感動を替えずに聞けないですか?
そんな大好きな音楽を、息子さんも「いい」と言ってくれるのは、何とも感慨深いですね。 

いとこいさん。 * by green
「移民の歌」をお持ちなんですね!シングルレコードでしょうか・・
この曲が入った3枚目のアルバムも名曲ぞろいですよね。
よい音楽は時を経ても人の心を打ちます。

Re: 変わらない良さ・・ * by green
おんだなみさん、確かに覚える感動は昔も今もそんなに変わらないかもしれませんね~~
ただし、昔気づけなかった良さを、今の歳だからこそ気づける、ということはあるようです。
息子とは、好きな音楽の話で盛り上がれるので嬉しいですね^^

Comment







管理者にだけ表示を許可

No Subject

「天国への階段」、すごく懐かしいです。息子さん世代も感動させているということは、時代をとわない普遍的な魅力がツェッペリンにはあるのですね。映画も本も・・今あらためて鑑賞しなおしてみると昔気づかなかった小さな機微に気がついたりします。そんな素敵な発見がありそうで・・私もしばらくぶりに聴いてみようかな。
2019-10-23-13:28 * greengreen [ 編集 ]

greengreenさん。

おっしゃる通り、普遍的な魅力ですね。ロバート・プラントのボーカルは、これぞボーカル、魂の歌声、と膝を打ちたくなります。
天国の階段は、まさしく名曲ですが、それ以外にもかっこいい楽曲がたくさんあります。是非聞いてみてください♪
2019-10-23-21:05 * green [ 編集 ]

No Subject

懐かしいです
レッドツェッペリン「移民の歌」の
レコードを持っていました。
私が高校生の時?だったかな?
今も流行っているんですか・・・・
頑張ってもらいたいですね。
2019-10-23-21:07 * いとこいさん [ 編集 ]

変わらない良さ・・

レッドツェッペリンは、同級生が大好きだった思い出があります。
小説や映画は、年齢を重ねると、受け方が違ったりしますが、何故か音楽は、当時のままの感動を替えずに聞けないですか?
そんな大好きな音楽を、息子さんも「いい」と言ってくれるのは、何とも感慨深いですね。 
2019-10-24-21:29 * おんだなみ [ 編集 ]

いとこいさん。

「移民の歌」をお持ちなんですね!シングルレコードでしょうか・・
この曲が入った3枚目のアルバムも名曲ぞろいですよね。
よい音楽は時を経ても人の心を打ちます。
2019-10-25-12:36 * green [ 編集 ]

Re: 変わらない良さ・・

おんだなみさん、確かに覚える感動は昔も今もそんなに変わらないかもしれませんね~~
ただし、昔気づけなかった良さを、今の歳だからこそ気づける、ということはあるようです。
息子とは、好きな音楽の話で盛り上がれるので嬉しいですね^^
2019-10-25-12:40 * green [ 編集 ]