緑の光線

Top Page › 音楽のこと › 仲道郁代ベートーヴェン:ピアノソナタ演奏会。
2020-07-19 (Sun)  07:32

仲道郁代ベートーヴェン:ピアノソナタ演奏会。

昨日、久しぶりのコンサートに行ってきました。
仲道郁代さんのピアノコンサートです。
今年はベートーヴェン生誕250年のベートーヴェンイヤーなんですね。
おそらく数多くのベートーヴェンコンサートが企画され、その多くが中止、または延期になったのではないでしょうか。
P7190023.jpg
6月の終わりに生協のチケットガイドでこのコンサートの案内を見て、その頃はまだ感染者が低い数字で推移していたので、大丈夫だよね、という気持ちでチケットを買いました。
ところがここ最近感染者が再急増してきて、正直なところ、昨日出かける直前まで、行こうか行くまいか悩みました。リスクを極力ゼロにするには家にいるのが一番ですし・・
ですが、息子が「そういうちゃんとしたホールなら大丈夫じゃない?行ってくれば?」と背中を押してくれ、単純な私はその一言で気持ちが楽になり、思い切って出かけました。

結論から言うと、行って本当によかったです!

やっぱり、ピアノの生音はいいですね♪
一曲目はワルトシュタインでしたが、あの出だしの低音の連打を聞いたとき、その音の響きに体がシビレました。
当たり前ですが、CDで聴くピアノと生で聴くピアノは全然違います!

最後の曲目は『熱情』でした。
仲道郁代さんは、弾く前に、「したたかに、粛々と前に進んでいく、というメッセージを感じる」とおっしゃっていました。
CDで聴くときは、第2楽章はついさらっと聞き流してしまうのですが、仲道郁代さんの演奏を聴いて、第2楽章がとても心に響きました。「したたかに粛々と前に進んでいきなさい」と言われているような気分になりました。
そして、大好きな第3楽章、よかったです!!(言葉では表現できないので、余計なことは書かないで置きます)

仲道郁代さんは、約5か月振りのステージだとおっしゃってました。
久しぶりにお客さんを前にしての演奏で、いろいろと思うところ、感じるものがあったようです。
忘れられない日になったともおっしゃってました。

私も久しぶりに生の音楽に触れることができて、自分の内側の何かが変わったような気がしました。

ちなみに、演奏会場は、横浜みなとみらいホール。
収容人数50%以下で、席の左右前後が開けられており、感染症対策もしっかり行われていて、安心してコンサートを楽しめました。
あ~~~行ってよかった^^

せっかくみなとみらいまで行ったというのに、どこにも立ち寄らず真っすぐ帰宅しました(笑)

演奏された曲目:
ピアノソナタ第21番「ワルトシュタイン」
ピアノソナタ第30番
ピアノソナタ第5番
ピアノソナタ第25番「かっこう」
ピアノソナタ第23番「熱情」


スポンサーサイト



最終更新日 : 2020-07-19

ピアノの生音 * by おんだなみ
ベートーヴェンイヤーなのに様々な企画が延期・中止に成るのは
この時期、残念ですが、しょうがない所もあります。
それでも目的のコンサートに行く事が出来たのは良かったですね。
やはり、CDで聴くより生のピアノ演奏は全然違うでしょう、
観客の少ないホールでの演奏って、普段とは響きが
違うのかな?と言う素朴な疑問が湧いてしまいます。

Re: ピアノの生音 * by green
おんだなみさん、確かに観客の数と音の響きって、何か関係があるかもしれませんね。
ただ、久しぶりにグランドピアノの生音を聞き、弦の響きを生で感じることができて
よかったです。

Comment







管理者にだけ表示を許可

ピアノの生音

ベートーヴェンイヤーなのに様々な企画が延期・中止に成るのは
この時期、残念ですが、しょうがない所もあります。
それでも目的のコンサートに行く事が出来たのは良かったですね。
やはり、CDで聴くより生のピアノ演奏は全然違うでしょう、
観客の少ないホールでの演奏って、普段とは響きが
違うのかな?と言う素朴な疑問が湧いてしまいます。
2020-07-20-13:17 * おんだなみ [ 編集 ]

Re: ピアノの生音

おんだなみさん、確かに観客の数と音の響きって、何か関係があるかもしれませんね。
ただ、久しぶりにグランドピアノの生音を聞き、弦の響きを生で感じることができて
よかったです。
2020-07-21-10:29 * green [ 編集 ]